「電車が遅れているとき」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
20行目: 20行目:
 
#*もしくは鉄道を作った日帝のせいにした。
 
#*もしくは鉄道を作った日帝のせいにした。
 
#[[ドイツ]]人は時間にうるさいので駅員にクレームをつけた。
 
#[[ドイツ]]人は時間にうるさいので駅員にクレームをつけた。
 +
##[[[スイス]]人もね。
 
#[[オマーン]]人はそもそも電車自体知らなかった。
 
#[[オマーン]]人はそもそも電車自体知らなかった。
  
 
[[category:世界各国の人々の反応|てんしやかおくれている]]
 
[[category:世界各国の人々の反応|てんしやかおくれている]]

2009年5月1日 (金) 11:46時点における版

  1. 日本人はたった5分でイライラした。
    • 駅員に文句を言う人も現れた。
    • 関西人は、車掌に「お詫びの放送入れろ」という。特に新快速など。
    • 関東人は上記のようにメールなどで文句を言った。
    • 首都圏・近畿圏では2分程度でイライラし始める。
    • 最終的にはわざわざ運転席まで行って、運転士に怒鳴る。
    • 長崎市民や広島市民は気長に待つ
  2. イギリス人は1時間経ってイライラし始めた。
  3. インド人は全く気にしなかった。
  4. 北朝鮮人にとっては来る方が稀だった。
  5. ロシア人はそのまま行列を作って待つことにした。
    • そのまま全員凍死した。
      • 生き残ったものはウォッカを飲んでいた。
  6. ニューヨーカーは15分でイライラした。
    • 誰に向けるでもなく"What a f ck!!!?" とか一人叫ぶことでストレス解消。
    • 近くの人とボロ地下鉄の文句(「またかよー」、「おとといもだったぜ」とか)言いながらも結局普通に待つ。
  7. イタリア人は何も気にせずそのまま待っていたら、予定より一本前の電車が来た。
    • もちろんその間にナンパをすることは忘れなかった。
  8. 韓国人は日本に謝罪・賠償を求めた。
    • もしくは鉄道を作った日帝のせいにした。
  9. ドイツ人は時間にうるさいので駅員にクレームをつけた。
    1. [[[スイス]]人もね。
  10. オマーン人はそもそも電車自体知らなかった。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク