「松竹」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(ホームドラマチャンネルの噂)
 
4行目: 4行目:
 
#日本の映画配給・製作会社。[[東宝]]、[[東映]]に次ぐ映画業界三番手企業。
 
#日本の映画配給・製作会社。[[東宝]]、[[東映]]に次ぐ映画業界三番手企業。
 
#元は演劇の興行を行っていた会社。歌舞伎の興行をほぼ独占している。歌舞伎座は系列会社。
 
#元は演劇の興行を行っていた会社。歌舞伎の興行をほぼ独占している。歌舞伎座は系列会社。
#*[[芸能事務所#松竹芸能|松竹芸能]]はかつて大阪歌舞伎座の地下にあった演芸場に出演していた芸人を集めて作られた芸能事務所。
+
#*[[芸能事務所/さ~な行#松竹芸能|松竹芸能]]はかつて大阪歌舞伎座の地下にあった演芸場に出演していた芸人を集めて作られた芸能事務所。
 
#奥山親子追放をはじめとして、数多くの経営陣の内紛を引き起してきた会社。
 
#奥山親子追放をはじめとして、数多くの経営陣の内紛を引き起してきた会社。
 
#いまだに[[男はつらいよファン|男はつらいよ]]のイメージが強い
 
#いまだに[[男はつらいよファン|男はつらいよ]]のイメージが強い
12行目: 12行目:
  
 
==松竹芸能の噂==
 
==松竹芸能の噂==
→[[芸能事務所#松竹芸能|松竹芸能]]を参照
+
→[[芸能事務所/さ~な行#松竹芸能|松竹芸能]]を参照
 
==株式会社衛星劇場の噂==
 
==株式会社衛星劇場の噂==
 
#「衛星劇場」と「ホームドラマチャンネル」の2チャンネルを持つ。
 
#「衛星劇場」と「ホームドラマチャンネル」の2チャンネルを持つ。

2019年6月24日 (月) 10:08時点における最新版

銀座歌舞伎座

松竹公式サイト

松竹の噂

  1. 日本の映画配給・製作会社。東宝東映に次ぐ映画業界三番手企業。
  2. 元は演劇の興行を行っていた会社。歌舞伎の興行をほぼ独占している。歌舞伎座は系列会社。
    • 松竹芸能はかつて大阪歌舞伎座の地下にあった演芸場に出演していた芸人を集めて作られた芸能事務所。
  3. 奥山親子追放をはじめとして、数多くの経営陣の内紛を引き起してきた会社。
  4. いまだに男はつらいよのイメージが強い
  5. ダンサー・イン・ザ・ダークをお正月映画として公開していた。
  6. フジテレビの大株主だったがいつの間にか全株式を売ってた。
  7. テレビではやはり「必殺シリーズ」かな。

松竹芸能の噂

松竹芸能を参照

株式会社衛星劇場の噂

  1. 「衛星劇場」と「ホームドラマチャンネル」の2チャンネルを持つ。
  2. 実は松竹映画にも出資している。

衛星劇場の噂

  1. 週末には「寅さん・浜ちゃんウィークエンドロードショー」と題して「男はつらいよ」と「釣りバカ日誌」を放映。
  2. 韓国・台湾・中国などアジアの映画・ドラマも放映する。
    • 昔は松竹らしく、邦画が多数だった。アジア系を扱うようになったのは韓国ドラマが流行るようになってからで、今はそっちの方が多め。
  3. 映画だけでなく松竹新喜劇などの舞台も放送する。さらに今はなき歌舞伎チャンネルに代わって歌舞伎・能・落語などの伝統芸能も。
  4. 成人向けの時間帯ではなぜか日活ロマンポルノを放映している。
    • 成人向けはe2では差し替えられる。
  5. 昔はそれぞれの番組開始前になると放送予定を一覧で流すなど、かなり堅苦しい所があった。今は柔らかくなった・・・ような気がする。

ホームドラマチャンネルの噂

  1. 必殺シリーズ、鬼平犯科帳などの時代劇が看板。
  2. その他、名作ドラマも多数放映。アニメやバラエティも。
  3. かつてe2に存在したインターローカルTVを引き継いだため、「インターローカルアワー」と題したローカル番組の無料放送枠がある。
    • 鹿児島のいわさきグループ系の枠。
    • 一部は歌謡ポップスチャンネルに移行したらしい。
    • その枠の一部をロンブー淳に提供して「日本国憲法TV」なる番組を帯で放送していたりする。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク