偽音楽番組の特徴

提供: chakuwiki
2018年6月9日 (土) 04:47時点における富士見野男 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
Ambox warning yellow.png 必然性のない指示語、Wikiリンクの使用はおやめください。

独立項目

あ行

偽合言葉は音楽気分!の特徴

  1. 提供は資生堂
  2. 放送期間が長かった。
  3. 誰に聞いてもどんな番組だったかを思い出す。

偽歌のトップテンの特徴

  1. 2014年4月現在も放送。
  2. 司会が島田紳助と和田アキ子になってからの回も、普通にファミリー劇場で再放送されている。
  3. 司会は研ナオコと明石家さんま。

偽NTV紅白歌のベストテンの特徴

  1. 白組のキャプテンは井上順であった。
  2. 恋人選びのコーナーもあった。

偽FNS歌の夏まつりの特徴

  1. 司会者は大野智と倉田大誠だ。
    • 2013年は加藤剛だった。
    • ミタパンが出たこともあった。
    • かつては椎野茂や高橋英樹、三宅正治が担当した。
  2. サントリーの一社提供番組だ。
  3. 出演アーティストのほとんどが演歌歌手だ。
  4. 生田竜聖がナレーションを担当している。

偽FNS歌謡祭の特徴

  1. よく見たら「FMS歌謡祭」だった。
    • FMラジオで放送されている。
  2. 昔から2週に渡って放送されていた。

偽おかあさんといっしょの特徴

  1. レギュラー出演者が番組放送開始以来全く変わっていない。
    • 人形劇やコーナーも全く変わっていない。
  2. この番組で活躍した歌のお兄さんやお姉さんなどが卒業後に他局の番組に出演することは無い。
    • むしろ現役中も民法の番組にたくさん出演している。
  3. 2017年現在の歌のお姉さんは前田敦子である。
    • 体操のお兄さんは小林よしのりだ。
  4. 関連番組に「おばあちゃんといっしょ」「おじいちゃんといっしょ」「おねえさんといっしょ」「おにいさんといっしょ」などが存在する。
    • 但し「おとうさんといっしょ」は存在しない。
    • 更には「おやごさんといっしょ」「いもうとさんといっしょ」「おとうとさんといっしょ」もある。
  5. 一時期嵐の大野が歌のお兄さんを務めていた時期がある。
  6. 実は「岡田さんといっしょ」だ。
  7. 歌のお兄さん、歌のお姉さんは10年に1度程度の頻度で交代する。
    • ただし体操のお兄さんは5年くらいで交代する。
    • もしくは出演者全員が毎年交代している。
  8. この番組を代表する人形劇といえばモノランモノランである。
    • モノランモノランは約10年続いた。
    • 逆にグーチョコランタンは放映期間が2年程度で、とても知名度が低い。
    • にこにこぷんも2年程度で終わった。
  9. 旬のアーティストが次々と出演している。
  10. BSで放送されていたことは無い。
    • CSならある。
  11. だんご三兄弟とは無縁だ。
  12. レギュラー出演者が紅白歌合戦に出場したことは無い。
  13. 未だにぱわわぷたいそうが流れている。
    • もしくはあいうーだ。
    • 人形劇は未だにグ~チョコランタンだ。
    • 現在も歌のお兄さんは横山だいすけで、歌のお姉さんは三谷たくみである。
  14. 放送開始から5年程度で終わったマイナーな番組である。

か行

偽火曜曲!の特徴

  1. 制作著作:毎日放送。
    • 制作著作:朝日放送。
    • 制作著作:読売テレビ。
    • もちろんスタジオは大阪にある。
  2. ゲスト子役には鈴木福を起用した。
    • 一時期に小林星蘭もゲスト出演した。
  3. 収録は名古屋で行われている。
  4. 司会は木村拓哉と久本雅美とスーパー☆ガールズ。
    • 進行役は田中みな実。
  5. ゲストのほとんどが演歌歌手だ。
    • 舟木一夫らも出演したことがある。
    • 昭和アニソン歌手も出演した。
    • 逆に前田敦子は出演したことがない。
    • おニャン子クラブが出演したこともある。
    • もちろんささきいさおも出演した。
  6. フジテレビ系列で放送されている。
    • もしくはテレビ東京枠で放送。
  7. 現在は水曜日に放送されている。
    • タイトル名も「水曜曲!」に。
  8. AKB48が嫌い。

偽歌謡ドッキリ大放送の特徴

  1. 製作著作・テレビ東京
    • ゆえに、番販ネットで放送された局が多かった。
  2. 関西地区ではABCテレビで放送された。

偽クボタ民謡お国めぐりの特徴

  1. 全国で放送されている。
  2. 司会は鈴木杏樹・恵 俊彰。

偽クリスマスの約束の特徴

  1. 放送開始以来視聴率は4%未満と低迷している。
  2. 小田和正以外のアーティストは絶対に出ない。
  3. アーティストをお互いに汚しあう音楽番組。

さ行

偽sakusakuの特徴

  1. 正統派音楽番組である。
    • 音楽に関係のないことなんて、一切しない。
    • だいたいこの項目がバラエティ番組のページに入ってなくて音楽番組の方に入っていることの方が偽物に思えてくる。
  2. 4代目MCの正体は、秘密諜報部のメンバーだ。
  3. 神奈川県民にしか知られていないマイナーな番組だ。
  4. いきものがかりは出禁
  5. '13年度まで、屋根の上で右端にいるのがマスコットでなくてメインMCで、真ん中にいる女性がMCでなくてマスコットである。 …あれ?全然偽物じゃないな、これ。

偽ザ・トップテンの特徴

  1. 『ザ・トップワン』から『ザ・トップナイン』までは黒歴史。
  2. 司会は堺雅人と勅使川原郁恵。
  3. 「ザ・ベストテン」よりも早くからやっていた。

偽ザ・ベストテンの特徴

  1. 制作:テレビ朝日
  2. 司会は井上順と芳村真理。
  3. 視聴者からのリクエストはなかった。
  4. 有線放送のポイントは加味されていなかった。
    • そのため、演歌は全くランクインしなかった。
  5. おニャン子クラブも出演していた。
    • 中島みゆきも。
  6. オリコン全面協力だった。
  7. 現在でも放送が続いている。
  8. ザ・ベストワンからザ・ベストナインまで黒歴史。
    • ザ・ベストナインは記者が選んだ今週のプロ野球ベストナインを放送する番組だった。
    • 後継番組は「ザ・ベストイレブン」である。

たな行

偽題名のない音楽会の特徴

  1. 実は「題名のある音楽会」である。
    • 毎週番組タイトルが変わる。
  2. TBS系列でオンエアされている。
    • FNN系列だろ?
  3. 一度も放送を打ち切っていない。
  4. ENEOS一社提供。
  5. 2代目の司会者は関口宏であった。
    • そして現在は高島彩が担当している。
  6. 「題名の無い音楽会」はテレビ欄に表記するための仮の名前。本来は「」。
    • 当然オープニングでタイトルが出ることもない。
  7. 本当にタイトルがない。

偽日本有線大賞の特徴

  1. 出光興産の一社提供番組だ。
  2. 第45回のナレーションは大塚芳忠。
    • あるいは中村光宏。
  3. 過去に「青春アミーゴ」が受賞された。
  4. 2011年の司会者はバナナマン日村と木村文乃。
    • 進行役は枡田絵理奈が担当。
      • 第45回は神田愛花が担当した。
  5. 福井舞は一度も選ばれていない。
    • 氷川きよしもお忘れなく。
  6. よく見たら「日本有泉大賞」だった。
    • あるいは「日本有馬温泉大賞」で、文字通り有馬温泉のホテルが会場だ。

は行

偽HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMPの特徴

  1. 2時間あるいは3時間のスペシャルがあってもローカル番組で消されることはない。
    • もちろん関西テレビでもフルネットされる。
    • あるいは関西テレビに配慮してスペシャルでも夜8時開始。
  2. 司会はウッチャンナンチャン。
  3. 収録は大阪で行われている。
  4. 実は「塀!塀!塀!」だ。
    • その名の通りスタジオ内は塀が張り巡らされている。
    • 実は「HEI!HEI!HEI!」だ。

偽ビッグベストテンの特徴

  1. 誰に聞いてもどんな番組だったかを思い出す。
  2. 放送期間が長かった。

まやらわ行

偽ミュージックフェアの特徴

  1. 武田薬品工業一社提供。
    • もちろんタケダ連呼のオープニングも流れる。
  2. タイトルは放送開始から一貫して単に「ミュージックフェア」である。
  3. 制作著作は関西テレビ
  4. 野球中継でつぶれることがある。
    • その場合も中止となった場合に備えてスタンバイしている。
  5. 実は深夜に放送されている。
  6. FNS全局で放送されている。
    • スポンサーの意向で放送されない局なんてあるわけがない。
    • 政令指定都市で放送されない市なんてあるわけがない。
  7. 司会はMEGUMIと鈴木杏。
  8. 製作が秋田テレビで、東北地方でしか放送されていない。

偽みんなのうたの特徴

  1. 1時間に1回は放送している。
    • 毎時55分から5分間放送。
  2. ラジオ第1やFM、BS2で放送されている。
  3. 大人向けの曲はない。
  4. テレビでの放送回数は年々増えてきている。
  5. 歌唱はサザンオールスターズ。
  6. 「観んなのうた」なので、テレビでは一切放送されたことがない。

偽木曜8時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌の特徴

  1. サブタイトルは「名曲!せかいの歌」。
    • もちろん洋楽アーティストしか出演しない。
    • あるいはJ-POPアーティストのみが出演する。
    • 逆に演歌はまるで登場しない。
      • なので若者に人気が高く、高齢者には人気がない。
  2. 朝日放送が製作している。
  3. メインスポンサーはENEOSとダイワハウスだ。
  4. テレビ東京ミュージックは番組制作に関わっていない。
  5. 現在は土曜日19:00~19:57に放送されている。
    • タイトルも「土曜7時のコンサート」に。
    • もしくは木曜の朝8:00〜8:57に放送されている。
  6. 司会者は古館伊知郎と森崎友紀。
    • いまは田村淳と徳島えりかだ。
  7. BOAT RACE振興会の一社堤供番組だ。
  8. AKB48からは小野恵令奈が出演した。
  9. ナレーションは立木文彦と篠原まさのり。
    • かつては中田譲治と銀河万丈が担当していた。
  10. 公開収録は行われていない。
  11. 番組ロゴに使われている文字は江利チエミの文字だ。
    • または雪村いづみである。

偽夜のヒットスタジオの特徴

  1. 放送開始当初からカラー放送だった。
  2. 嘘発見器コーナーがあった。
    • 恋人選びなどもってのほか。
  3. 城みちるも数回出演していた。
  4. 製作著作 日本テレビ
  5. 司会は黒柳徹子が担当していた。
  6. 現在でも番組が続いている。
  7. 放送中に日米半導体摩擦の交渉が行われた。
  8. 歌謡ドラマは1980年代まで続いた。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク