偽ポケットモンスターの特徴

提供: chakuwiki
2014年4月9日 (水) 21:52時点における180.22.86.164 (トーク)による版
移動先: 案内検索

偽ポケモン世界の特徴

共通

  1. トレーナーや博士、ジムリーダーなどがちゃんとした本名で表記する。
    • 苗字も公表。
    • ちなみにカントーの博士の名前は「大木戸博士(おおきどひろし)」という名前。
  2. 地名が現実世界そのもの。
    • もちろん、GBA以降は漢字表記。
      • 5世代ではマジで漢字表記が使えるようになったぞ。
    • 日本の全地域をモデルにしている。
    • 滋賀に行くとタニグチと名乗る人が来る。
      • ジムリーダーで、肩書きは「バカ」だ。
  3. 主人公が大人。
  4. ひょっとして現実でいうと「デジモン」では・・・
  5. 幻のポケモンの名前はすべて方言由来。
    • 「ミュウ」「セヤケド」「テルベ」「ダバナンナ」etc...
  6. ボールの投げ方で捕まえやすさが変わる。
    • フォークボールが一番捕まえやすい。
    • あまりボールを投げすぎると肩を壊してしまう。
    • たまに打ち返され、味方のポケモンがダメージを受ける。
    • 地方によって投げ方が違うとの話。
      • ボール自体の呼び名も違う。
  7. セキエイ高原が「国立霞ヶ関競技場」そのものであり所在地もヤマブキ(東京)都内
  8. ドラえもんが登場する。
    • クレヨンしんちゃんも登場する。
    • デジモンも登場する。
    • ドラクエのモンスターも登場する。
    • チョコボとモーグリ(いずれもFF)も登場する。
  9. ポケモンが戦いの時だけ進化する。
  10. よく見ると「バケットモンスター」、縮めて「バケモン」だ。
  11. カンナギタウンでナギ様とざんげちゃんが出てくる。

ゲーム版

  1. オス・メスがあるポケモンは両方集めないと図鑑に載らない。
    • しかも逃がしたり進化させたりするとデータが消えてしまう。
      • 色違いも集めなきゃいけない。
    • もちろんボックスに全部入りきらない。
    • 幻のポケモンも捕まえないと「図鑑完成」にならない。
  2. ポケモンリーグが本当に総当たりのリーグ戦だ。
    • トーナメント形式で試合だとか。
    • ポケモンコンテストもアニメと同じだ。
  3. ポケモンが人間を捕まえるゲーム。
  4. 道路・鉄道が発達している。
    • 山道はムシポケの死骸ばかり。
      • その死骸に元気の塊を与え、復活。
  5. ロケット団の目的がロケットの打ち上げだ。
  6. 町が広すぎて、いつまでたっても町から出られない。
    • 町の中でもあちこちに野生のポケモンが生息している。
  7. ヤマブキシティとタマムシシティが市町村合併している。
  8. 主人公も戦う。そのため主人公のステータス・使える技もある。
  9. 主人公が積極的に発言する。
  10. 「おじさんのきんのたまだからね!」と×××を出してくるおじさんがいる。
  11. 2バージョンを出すなどもってのほかだ。

アーケードゲーム (ポケモンバトリオ)

  1. 1回500円だ。
  2. 中高生に大人気。
  3. 女の子にも大人気。
  4. パックの大きさは、直径30cm。ちょっとした荷物だ。
  5. 出てくるパックには「はずれ」と書かれていることが多い。
    • あるいは「残念賞」だ。
  6. ノーマルパックはなかなか出てこない。500枚に2枚ぐらいの割合。
  7. スキャンするときは、裏面のバーコードを読みとるので、みんな改造して使っている。
  8. メモリーキーはUSBフラッシュメモリーで代用可能。
  9. ステージの上には本物のポケモンが出てくるので、怖くて掴めない子ども多数。
    • またはポケモンの3D映像。
  10. 現在も稼働中である。

アニメ版

  1. サトシとタケシはオレンジ諸島のあとリベンジ優勝でもうとっくに降板
    • 現在はコウキとジュンとヒカリの三人三昧。
      • ジュンはジュンイチのこと?それともライバルのこと?
        • ライバルだと思う・・・
  2. タケシはとっくに結婚している。
  3. ムサシとコジロウはホウエン編の前に結婚して引退。
    • 今は田舎で育て屋を営んでいる。
  4. ムサシとコジロウはロケット団からリストラ(クビ)になってる。
  5. サトシの口癖が「落ちぶれてすまん」。
    • 「元上流家庭」と言っていながらとてつもない貧乏。
  6. ダイヤモンドパールのヒロインがグレている。
    • ストレス解消に相棒のポケモンを虐待する。
      • DPの「ポッチャマはぐれる」はその虐待に耐えかねたポッチャマがグレる回である。
  7. ピカチュウはホウエン偏以降家にあずけている。
  8. タケシは男好き。女を毛嫌いしている。
    • 真のガチホモ。口癖が「やらないか?」
  9. ハルカはブラコン。
    • そしてマサトはシスコン。
  10. 途中から恋愛ものにまで発展するはめに。
    • アニメXYで実際にそうなりそうな予感。
  11. サトシがトップコーディネーターを目指し、ヒカリがポケモンリーグ優勝を目指している。
    • ヒカリはポケッチではなく携帯電話を持ち歩いている。
      • それもドコモやAU、ソフトバンクではなくポケギア。
  12. ケンジが未だにレギュラー。
  13. 現在のメンバーは、サトシとタケシとコダマ
  14. 実写版のキャスト・・・サトシ=妻夫木聡、タケシ=つるの剛士、ハルカ=海原はるか、ヒカリ=太田光
    • ハルカは綾瀬はるかでも箕輪はるかでもOK。
    • マサト=堺雅人である。カスミは・・・?
      • アイリスも・・・?
  15. 兵庫県でしか放送しない。
  16. コーディネーターはコーディネーターでもこっちの方だ。
  17. たまごっち!のキャラクターが登場したことがある。
    • 60分番組だ。
  18. メディアファクトリーが角川傘下に入ってからは主題歌担当がここに変わっている。

偽サトシの特徴

  1. ピカチュウを無理やりモンスターボールに入れる。
  2. ポケモンリーグでは常に優勝。
  3. 女装経験なし。
    • あるいはそういう趣味。
  4. 無口。
  5. サントアンヌ号のバタフリー⇔ラッタ以来、1年に1回のペースで他人とポケモンを交換している。
    • ただし、サトシのエイパム⇔ヒカリのブイゼルの交換だけは拒否した。
  6. 相性などしっかり考えてバトルする。
    • アニメXYだと実際にその片鱗も見せている。
  7. どのポケモンも最後まで進化させる。
  8. へそ曲がりで根暗。
  9. CV:日野聡
  10. 無印の時点でとっくに降板していた。またはAGの時点で大人になっていた。

偽カスミの特徴

  1. 霞ヶ関出身。
  2. 虫ポケモンが大好き。
    • というか虫ポケモンの使い手だ。
    • 逆に、水ポケモンは大嫌い。
      • 島倉千代子も嫌い。
  3. 実家はスーパー
  4. 4人姉妹の長女であり、妹3人と合わせて、「ハナダの美少女とその出涸らし3人」である。

偽ケンジの特徴

  1. 「観察なんてするか!」と言い放つ。
  2. シンジとよく勘違いされる。
  3. よげんの書を書いたことがある。
    • サトシと一緒にともだちと対峙する
  4. 俺が最強の格闘王、KENJIだ!もう一度やるか。

偽タケシの特徴

  1. ずっと一人の女性を愛しつづける。
  2. 料理がものすごく下手。
  3. ポケモンを育てることなんか嫌い。
  4. 「つるのムチ」を覚えている草ポケモンを持っている。
  5. ポケモンをいじめたことがある。
  6. サトシやヒロインのポケモンを取り上げたり無理やり交換させたことがある。
  7. ヒロインに積極的にアタックする一方で、年上の女性には見向きもしない。
    • ジョーイさん、ジュンサーさんを見分ける事は出来ない。
  8. 実家は育て屋さんである。
  9. オレンジ諸島編でもサトシ・カスミと一緒に旅をした。
    • BWではサトシ・アイリスと共に旅をした。
  10. 落ち着きがなく冷静に考えるのが苦手。
  11. 目がパッチリ見開いている。
  12. 夢はポケモンマスター。
  13. BWでも同行。
  14. 実はドラえもんに登場するガキ大将だった。
  15. ライダーキックをしたりする。

偽ハルカの特徴

  1. 空港からやってきた。
  2. 超少食。
    • 拒食症で一度病院に担ぎ込まれた事がある。
  3. 口癖は「大丈夫!」
  4. プロレスマニアなので、「ハルカマニア」と呼ばれている。
  5. AG開始当初からポケモンコーディネーターを目指していた。
  6. CV:戸松遥
  7. トップアイドルを目指ている
  8. イエローマスクまたはセーラーウラヌス、それかレッドエンジェルに変身できる。
  9. 実は男性だ。

偽マサトの特徴

  1. サトシ達と同い年だ。
    • したがって、自分のポケモンを持っている。
  2. ポケナビを取り上げられた。
  3. 影が濃く、ファンからも人気が高い、
  4. ビートバスターに変身できる。

偽ヒカリの特徴

  1. いつも「もうダメ」「あきらめる」と弱音を吐く。
    • いや、「ダイジョブダイジョブー」が口癖。
      • 「もうダメぽ」が口癖。
  2. 夏らしい、または冬らしいファッション。
  3. かわいくないポケモンがタイプ。
  4. ノゾミは実はヒカリの妹である。そしてコダマという姉(3姉妹の長女)がいる。
  5. 実は「ヒカル」という男性のキャラクターだった。
  6. いつものシーンでパ○チラしまくる。
  7. DPでタケシの暴走を止める。
  8. 服装はホットパンツ。
  9. しずかちゃんにそっくり。

偽シンジの特徴

  1. ポケモンをとても可愛がる。
    • 弱いポケモンを捨てるような輩を侮蔑の対象にしている。
  2. いつも餃子を食べながら登場する。
  3. 実はここのシンジだった。
    • 「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ」といつも自分を勇気付ける。
  4. サトシとは大の仲良し。
  5. DP終了時点でシンジ・サトシ共に互いのことを認める気は一切なし。
  6. 誰であろうと名前でちゃんと呼ぶ。人様を「おまえ」などと呼ぶことはもってのほか。
    • ちゃんと「○○さん」と呼び捨てにしない。
    • 言うまでも無いが、人をバカにしたり落ち込ませたりするようなことは絶対にしない。
  7. 兄はポケモン研究者。よって、トバリにあるシンジの家はポケモン研究所である。
  8. 愛用のポケモンはマグカルゴだ。
    • ウルガモスだ。
  9. いつも自転車に乗っている。
  10. ポケモンは卵の時から育てる。
  11. 仮面ライダー龍騎に変身できる。

偽シゲルの特徴

  1. ポケモン研究者なんて興味ない。
  2. 実はシンジとライバルだ。
  3. トキワジムのジムリーダーになっている。
  4. CV:中原茂
  5. 城茂/仮面ライダーストロンガーの息子だ。

偽タクトの特徴

  1. 使用ポケモンは没個性なまでに平凡。
    • 故に有名になることなく忘れ去られている。
  2. 祖国。
    • 趣味は空気を読む事で、口癖は「善処します」。
  3. 登場時に「颯爽登場!銀河美少年!」と言い放った。
    • ポケモンではなくタウバーンを使用。
    • CV:宮野真守だ。

偽アイリスの特徴

  1. 口癖は「もう子供じゃ無いわね」
  2. 相棒はキバだ。
    • 茅刑事みたいに常に持ち歩いている。
  3. ロックマンにも登場している。
  4. サトシに自転車を壊された。
  5. シャガと血縁関係がある。
  6. 某人気車会社の車である
  7. ここの代表者の娘だ。
  8. CV:田村ゆかり
  9. 肌が白い。
  10. よくみたらアイリだった。
  11. 魔法少女に変身する。

偽デントの特徴

  1. 一人っ子である。
  2. かなりの料理下手。その腕前はサトシ・アイリスが悶絶するほど。
  3. 本業はワインのソムリエであり、毎回「It's tasting time!」と言ってはワインのテイスティングを始める。
    • サイエンス・探偵・釣り・映画などには一切興味を示さない。
  4. デント沿線に住んでいる。
  5. 怪奇現象を科学的ではなく非科学的に分析する。
  6. デスノートを所持している。
  7. ポケモンを食って「もみじまんじゅう!」と言って倒れる。
  8. XY編でもサトシ・セレナと共に旅をした。

偽シューティーの特徴

  1. いつも携帯電話で写真を撮っている。
  2. 口癖は「そんなのあり~?!」
  3. サトシのことを先輩トレーナーとして尊敬しており仲も良い。侮蔑したりケンカするなどもっての外。
  4. カントー地方のことを大都会だと思っている。

偽セレナの特徴

  1. 親は学校の先生である。
  2. 歌や料理が下手。
  3. 裁縫が苦手。
  4. 家事が大嫌い。
  5. ピアノが上手。
    • むしろバイオリンが上手。
  6. コスチュームは緑のチノパン。
  7. 中の人が過去にDPの映画や番外編に出ていた声優だったりと、決して有り得ない。

偽シトロンの特徴

  1. 発明が出来ないし、賢くもない。
    • その代わりドラえもんのひみつ道具を使っている。
  2. 妹に暴力を振るう。
  3. ロリコン。
  4. 料理が苦手。

偽ユリーカの特徴

  1. サトシ達と同い年だ。
    • そのため、自分のポケモンを持っている。
  2. ポケモンにケアをすることなんか嫌い。
  3. ポケモンをキープしない。
  4. 母親にいつも怒られる。
  5. 兄のシトロンからよくいじめられる。

偽ポケットモンスターSpecialの特徴

  1. レッドにとって人語を話すピッピが手持ちのポケモンのなかで一番関わりが深い。
  2. グリーンは章末に甘い言葉を言う。
    • ポケスペ女性キャラはメロメロ。
  3. ブルーがイエローとレッドの関係にヤキモチを焼いており、恋のライヴァルである。
    • それってニコニコ動画!?[1]
  4. イエローが赤い麦藁帽子を被っている。
    • イエローは初恋の人物に赤い麦藁帽子を手渡した。
      • 初恋の人=レッド
    • 『麦わら』と呼ばれやすい。
      • 海賊。
  5. シルバーは窃盗容疑で少年院にいる。
  6. クリスは『ク○トリス』の略称である。
    • 恥ずかしい名前であるため自分をいつもクリスと名乗る。
  7. サファイアは狼に育てられた。
  8. サカキが長野県出身。
    • 地元に第三セクターの鉄道が走っている。
  9. 仮面の男の正体は北朝鮮の将軍。
    • ブルーを喜び組にしたかったらしい。
    • 仮面の男はロシア生まれなので首領就任したら新生Rocket(ロケット)団はРакета(ラキェータ)団に改名され、制服のアルファベットはロシア語の『Р』になった。
    • 手持ちのポケモンはテポドン。
  10. マチスは元KGBのロシア人である。
    • そのため実はマチスと仮面の男は同じ東側陣営。
    • ラキェータ団に復帰するが粛清された。
  11. 日本テレビの木曜日の特番である。
  12. 主人公が伝説のポケモンと合体する。
  13. 名探偵コナンにおけるまじっく快斗のように、ポケモンアニメの枠(木曜19時)を借りて不定期で放映されている。

偽株式会社ポケモンの特徴

  1. 地方切り捨て配布は一切しない。
    • ポケッチは勿論、ミュウ・ルカリオ配布もDSステーション配布だ
    • 映画・イベントの抱き合わせ配布もなし。
  2. ミュウ・セレビィ・ジラーチ・デオキシス・ダークライなどの存在を始めから公表している。
    • 2007年の映画は当然「ディアルガVSパルキアVSアルセウス」。
  3. コンビニ企画は7-11だけではなくローソンも担当。
  4. 海外でも「ポケットモンスター」がソフト名だ。
  5. 改造厨より一般のユーザーに優しい。
    • 改造対策も十分されている。
  6. 人気だからといって余計なソフトを出さない。「ポケモンボックスダイヤモンド&パール」などの実用的のソフトしか出さない。
  7. ポケモンセンターにゲーム・アニメ登場人物のグッズも多数。
  8. 同人にかなり甘い。

偽穴久保版漫画の特徴

  1. 登場するポケモンの多くは喋らない。
  2. 最近連載が始まったばかり。

偽ピッピの特徴

  1. 普通のピッピだ。
  2. 痩せている。
    • 空を飛べる。
    • 少食だ。
  3. 雌だ。
    • バルキーが好意を寄せている。
  4. 不潔な事が大好き。
  5. 料理が苦手。

偽赤井勇(レッド)の特徴

  1. 赤井英和は父だ。
    • 赤井沙希は姉。
  2. 帽子はかぶらない。
  3. 実はワカバタウン出身。
  4. 母親は不在。

偽ピカチュウ(穴久保版)の特徴

  1. 言葉を喋る。
  2. ピッピとは他人である。

偽バルキーの特徴

  1. 芸術の才能がない。
  2. 一途な性格だ。
  3. BW編にも登場している。

偽緑川開(グリーン)の特徴

  1. 栃木県出身の男性声優。
  2. イブキ戦の後、頻繁に登場するようになった。

偽サカキの特徴

  1. 一人っ子だ。
    • または「サカキ兄妹」「サカキ姉弟」だ。
  2. 葉っぱだ。

関連項目

ポケットモンスターシリーズ
本編 赤緑 金銀 RS DP BW XY SM
派生作品 ポケスタ・バトレボ コロシアム・XD ダンジョン ノブナガ GO
アニメ 時代別 / 劇場版
生物として 種類別1234567 / タイプ別
ファンの噂 ポケスペファン
ベタの法則 ゲームアニメ
もしwiki 歴史のif:ゲーム作品別)・アニメ / もしも借箱
偽モノの特徴 全般 種類別(ピカチュウ)

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク