ベタなドジキャラの法則

提供: chakuwiki
2017年7月26日 (水) 15:56時点におけるKivaxtuto (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
半保護中
このページは「IPユーザーによる編集強行」のため現在、半保護(匿名投稿と新規登録者の投稿を制限)されています。
詳しい経緯、及び議論はトークページへお願いします。

法則

  1. 策士気取り。
  2. ギャグキャラと兼ねている場合が多い。
  3. 基本的に自分が困るだけで、他人に迷惑をかけることは少ない。
    • が、重要な場面で仲間に迷惑をかけることになる。
    • 犯罪者と対峙する物語の場合そのドジが相手の計画を狂わせ勝機に繋げることも。
  4. 「てへっ」
    • 「またやっちゃった」
    • 男の場合「しまった!」「あーっ!」
  5. 本人曰く、「運が悪いだけ」。
  6. 泣き虫
    • 何かしでかすたびに泣いて謝る。
    • 額にたんこぶ→涙目
  7. 何も無いところでつまずいて転ぶ。
    • 石や段差があれば必ず転ぶ。
  8. かなり高い確率で天然ボケ
  9. しっかり者の親友orパートナーがいて、ツッコミorフォローを入れられる。
    • あるいはこわい人に怒られる。
      • 「また怒られたらどうしよう・・・」と萎縮してしまう。
        • しかし結局のところその怖い人が一番の理解者だったりする。
          • その予測不能なドジっぷりが結果的に本人が意図せずに親友orパートナーを助けることも。
    • 社会人の場合、その役割を担うのは上司になる。
      • その場合絶対にクビにならない。
  10. 話が進むごとに少しずつだが成長を見せるものの、本質的にはあまり変わっていない。
    • 同じ失敗を何度も繰り返したり。
    • 同じ失敗をしまいと綿密に準備を重ねるが、別の点がおろそかになってそこでドジる。
      • 要は不器用なのである。
      • 本人はふざけてやっているのではなく真面目であるが、短慮や視野が狭いが故に失敗している。
  11. 頭が良かったり、とても優れた能力を何か一つだけ持っていることも。
  12. 漫画の主人公がドジキャラの場合、話の最後は主人公のボケor失敗で終わる。
  13. 周囲の人物からへっぽこ呼ばわりされる。
  14. 朝寝坊して遅刻。
  15. 失敗を引きずってたり、自分のドジさにコンプレックスを持っていたりもする。
    • そのために落ち込み、周囲の人間に励まされるくだりが作中に出てきたりもする。
  16. 何故か機密性が高かったり失敗の許されない重要な仕事を任されてしまう事がある。
    • 当然ながら失態をしでかして、周囲に混乱を引き起こしてしまう。
    • 手違いで任されたり、失敗の責任を取らせるためにわざと任せられるなんてことも。

参考

参考キャラ追記禁止
このページへの参考キャラ追記は禁止されています。トークページのアーカイブへの編集も禁止されています。
ベタなキャラクターの法則の投稿規定を確認し、むやみなキャラ名の列挙防止にご協力ください。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク