もし数が六進法だったら

提供: chakuwiki
2019年6月13日 (木) 12:57時点における無いです (トーク | 投稿記録)による版 (とりあえず分割)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

もし数が別の位取り記数法だったら > 六進法

全般

  1. 数字は「0」から「5」までの六個だけで、六が10となり、「6」から「9」までの数字は存在しない。
    • 6という数字が存在しないので、「666」という迷信が発生しない。なお、十進法の666は、六進法では3030となる。
  2. 七から十一までの数詞は、「六に一から五までの数詞を加算」した名称になる。
    • 七は「六一」、八は「六二」、九は「六三」、十は「六四」、十一は「六五」。
      • 「九の四倍は三十六」は、「六三の四倍は溟」という命数法になる。
      • 「ロクヨン」とは十のことで、六十四は「イチヨンヨン」(64A=1446)と呼ばれる。従って、史実の「Nintendo 64」は「Nintendo 144」という名称になる。
      • 「七転び八起き」は「六一転び六二起き」、「九尾の狐」は「六三尾の狐」と呼ばれていた。
      • 「九州」ではなく、「鎮西」と呼ばれていた。
    • 七から十一までの数詞は、英語だとsixを語尾に付けた数詞になり、独語だとsechsを語尾に付けた数詞になる。
      • 英語だと、七がonesix、八がtwensix、九がthirsix、十がfoursix、十一がfifsixになる。
        • 語尾はsix→siexになって、七がonesiex、八がtwensiex、九がthirsiex、十がfoursiex、十一がfifsiexになっているかも。
      • 独語だと、七がeinsechs、八がzweisechs、九がdreisechs、十がviersechs、十一がfünfsechsになる。
      • ラテン語だと、七がunsix、八がduosix、九がtresix、十がquattuorsix、十一がquinsixになる。(語尾に-sixが付く)
  3. 数値を設定する際に、「五と十に邪魔される」なんて事はあり得ない。六が10なので、四の倍数は困難でも、三の倍数で設定することは容易になる。
    • 「二の冪数(八や十六)に邪魔される」なんて事もあり得ない。八(12=23)と九(13=32)も同じ待遇で、九個で設定される事もかなり多かっただろう。
    • 三(3)と六(10)と九(13)で個数設定される例が多数になり、数列も個数設定もスムーズになっていた。逆に、五(5)と十(14)は、「目に見えて判る、相性の悪い不便な奴」として軽視される。
  4. 桁の繰り上がりが速く、三十六で100、二百十六で1000、千二百九十六で10000になる。
  5. 「10が素数の二倍」で四で割り切れない点は十進法と同じだが、三と五のポジションが逆転する。
    • 小数では、1÷3は割り切れるが、1÷5が割り切れない。
    • 1は14(十)でも割り切れない。五分割は1/5=0.1111…、十分割は1/14=0.03333…になる。
    • 「(1/3)×3=1=0.9999…」という詭弁が横行しない代わりに、「(1/5)×5=1=0.5555…」という詭弁が横行する。
    • 「1/5の純情な感情」という曲が出されていた。
    • 「3×5」の数と同格(ため)を張る数は、三十五(十進法35、六進法55)ではなく三六三(六進法33、十進法21)。なお、「3×5」の数は、「十五」ではなく「二六三」と呼ばれる。
      • 十進法の0.15は「二分の三」「三六二分の三」だが、六進法の0.23は「二分の五」「十二分の五」になる。仲間の冪数も、十進法が1/4になる25(=52)だけに対して、六進法は1/4になる13(=32)と3/4になる43(=33)の二つになる。
  6. 2と3が約数に含まれるので、3でも10(六)でも13(九)でも割り切れる。三分割は1/3=0.2で、六分割は1/10=0.1で、九分割は1/13=0.04となる。
    • 八分割(1÷23)は1/12=0.043、二十七分割(1÷33)も1/43=0.012で割り切れる。
    • 2/3も割り切れて0.4になり、無限小数0.6666…にはならない。
    • 1/3とは逆に、3/5が0.3333…になって割り切れない小数になる。
      • 0.3333…を丸める場合は、二桁なら0.33(十進分数で21/36=7/12)、三桁なら0.332(十進分数で128/216=16/27)となる。
  7. chakuwikiに、「もし六四進法(=十進法)だったら」という題目が登場していた。書かれている内容は、「5+5=10」の外に、六進法とは真逆の、不便で住みたくない現実世界。
    • 「片手で五本、両手で六四本だから六四進法なんて、愚者のやることだ」と後指を指されるのは確実。
    • その他のN進法の掲示板でも、「5なんて端っこのくせに生意気だ」「1/3が0.3333…、1/13が0.1111…、1/43が0.037…なんて、死んでも住みたくない」「244が100かよ、待ってられない」という意見も載っているだろう。

数学

  1. 両手の指数えも、十(5 + 5)までじゃなくて三十五(5×6 + 5 = 35)まで数える方法が一般的になっていた。
    • 両手で「一の位」と「六分の一の位」、「六分の一の位」と「三十六分の一の位」が計算できるので、小数の計算も両手で容易にできる。しかも、1/6が0.1だから、1/2=0.3、1/3=0.2、1/4=0.13、1/9=0.04で、必要な分数がすんなり割り切れて、とても便利になる。
    • 当然、三十五は「五六五」という呼び方になる。
    • 両手と両足を合わせた指数えも、二十(5×4)までじゃなくて千二百九十五(六進法5555=二十進法34F=十進法1295)まで、という発想も思い衝くだろう。「右足で三十六の位」「左足で二百十六の位」というように。
      • 原始社会での数え方も、六は「もう片手が一つ」(10)、十は「もう片手が一つに、片手が四つ」(14)、「両手」は55=35A、「片足が一つ」は100=36A、「もう片足が一つ」は1000=216A、「ヒト一人」「両手両足」は5555=1295A、「二人目が出現」は10000=1296A、「ヒト二人」は55555555=1679615A、「三人目が出現」は100000000=1679616Aとする方法が一般的だったろう。
    • 幼児たちや少年たちは、両手で六進法の指数えで「桁上がり」「二分割と三分割」「小数」をスラスラ学べることになる。
      • カウントも分割も楽なので、小数の概念が、史実よりもっと早い時期に発達していた。
    • 14(六四=十)からカウントダウンなんてありえない。カウントダウンの開始数は、100(滄)、55(五六五)、20(二六)、15(六五)、10(六)、5(五)のどれかが主流。
    • 「両手で55まで、両手両足で5555まで」の方がもっと解りやすいかも。
  2. ローマ数字は、一以外には六の累乗数しかない。
    • 数字は、I(1)、V(6)、X(36A)、L(216A)、C(1296A)、D(7776A)、M(46656A)となる。
      • 加算則は、6の倍数に4を加えた数(6m+4)までに適用される。例:IIII(4)、VIIII(146=10A)、VVVVIII(436=27A)。
      • 減算則は、6の倍数から1を減らした数(6m-1)に適用される。例:IV(5)、IVV(11A)、VX(506=30A)、XLVXIV(5556=215A=(180+30+5)A)、CLLLVXIIII(130546=1978A)。
        • 減算則が使われず、そのまま5はIIIII、506=30AはVVVVVになっていたかも。
      • ラテン語で六の累乗数を意味する数詞は、decem(史実では十)が36A、centum(史実では百)が216A、mille(史実では千)が1296A、sex milia(史実では六千)が7776A、decem milia(史実では一万)が46656Aとなる。寧ろ、Xはそのまま36Aだが、Cが216A、Mが1296A、Lが7776A、Dが46656Aになるのでは。
        • C=216AとM=1296Aを適用した場合には、前述の130546=1978AはMCCCVXIIIIとなる。
        • 三十六分率が「パーディセム」、二百十六分率が「パーセント」、千二百九十六分率が「パーミル」になっていただろう。
    • 四以後の時計の表示は、IIII(4)、IV(5)、V(6)、VI(7)、VII(8)、VIII(9)、VIIII(10A)、IVV(11A)、VV(12A)となる。半周と1周がVで、1/4周と3/4周がIIIなので、かなり見やすくなる。
    • このように、ローマ数字も単純な六進法なら、カウントも分割も楽になり、少ない種類で多数を表現できるようになっていた。ローマ人が「もう片手は桁上がり、六の位」を思い衝いていれば…。
    • 三桁も四桁も五桁も判りやすくなっていた。三桁だと、64A=1446はXVVVVIIII、81A=2136はXXVIII、100A=2446はXXVVVVIIIIになる。四桁だと、500A=21526はCXVVVVVII、1000A=43446はCCCCXXXVVVVIIII、1944A=130006はMCCC、2000A=131326はMCCCXVVVIIになる。7776A=1000006以降も、十進法の81×99=8019即ち1010436もLCVVVVIIIになる。
  3. 十進法の999は、六進法だと4343で語呂番になる。
    • 六進法では101が十進法の37なので、303が十進法の111、5555が十進法の1295=64-1になる。999Aも55556も、37A=1016の倍数なのは同じ。
  4. 十も14と表記され、「六に四を加えた数」程度の価値しか無い。
  5. 画線法は、3区切りと6区切りの計二種類が用いられる。
    • 3で区切る場合は「H」が用いられる。この方法では、3は"H"、4は"H|"、5は"H||"、6(106)は"HH"、8(126)は"HH||"、9(136)は"HHH"となる。
    • 6で区切る場合は、「縦線4本を横線2本が貫く」で6とする方法や、「口の中に×」で6とする方法が用いられる。
      • 「縦線4本を横線2本が貫く」で106=6とする場合、1006=36Aや10006=216Aを丸で囲んで、100006=1296Aまで数える方法も採られているだろう。
  6. 六分率も使用されている。全体は言うまでもなく「六割」または「六分」。
  7. 1/3が割り切れるので、三者同等や「1/3:2/3」のフレーズも用いられる。
    • 「1/3:2/3」は「二分四分」。三者同等は「二分二分二分」か「三者二分」。
    • 1/3では、「盗人にも1/3の理」という意味で「盗人にも二分の理」となる。
    • 2/3では、「2/3が開花した」という意味で「四分咲き」となる。
    • 髪型は2/3と1/3で「四二分け」。
      • 「二四分け」の方が言いやすいかも。
    • 「四公六民」は「二公四民」となる。
  8. 小数化すると割り切れない分数が少なくて便利な代わり、算数の時間は繰り上がりと繰り下がりの計算に多くの時間が割かれる。
    • 「三で割ったら割り切れないんじゃないか?」って悩む児童は皆無になる。
    • 軽量で、1/2も1/3も割り切れるから、算数嫌いがかなり減っていただろう。
  9. 十(六進法で14)も百(六進法で244)も3で割り切れる。14÷3=3.2となり、244÷3=53.2(十進表記:33と1/3)となる。
    • 当然、八(126)も十六(246)も六十四(1446)も二百五十六(11046)も、全て3で割り切れる。12÷3=2.4となり、24÷3=5.2となり、144÷3=33.2となり、1104÷3=221.2となる。
  10. 二分割の末尾には3が付く。
    • 1/2=0.3、1/4=0.13、3/4=0.43、1/12(八分の一)=0.043、5/12(八分の五)=0.343となる。
    • 100のm/4は九の倍数となる。順番に、13=九、30=十八、43=二十七、100=三十六。
      • 九や二十七など3の累乗数が、十進法みたいに蔑視される事はない。寧ろ真逆で重視される。これは、100÷4=32=13(九)、100×(3/4)=33=43(二十七)となる上に、「1÷3の累乗数」が割り切れる小数になるため。
        • 13、43、130(十進法で54)、430(十進法で162)なども、「四分割で切りの好い数」になる。例えば、13000(十進法で1944)は、十進法世界の25000のような扱いになる。(六進法では13000×4=100000となる。これを十進法に換算すると1944×4=7776)
        • 数値を千前後に丸める場合、冪数の10000(十進法で1296)以外だと、5000(十進法で1080=1296の5/6)や4300(十進法で972=1296の3/4)に丸める例も起こるだろう。一方、4400(十二進法で700、十進法で1008)に丸める例は、これらに比べると少なくなる。
        • 指数えも楽で、2と3の両方が重視されるので、算数的思考が格段に好転していた。「人類の数学的・論理的思考を1000A年=43446年単位で遅らせる」どころか、「人類の数学的・論理的思考を1296A年=100006年単位で進める」記数法や単位系になっていた。
    • 2と3の冪指数が同じなので、割り算の「水膨れ」は軽くなる。
      • 太陽年は六進法で1405.1241513日になるが、この十進分数31/128(六進分数51/332)に当たる六進小数0.1241513の分母は67=279936A(=100000006)で、1/128Aの小数も0.0014043で分子は37=2187Aに過ぎない。対する十進法は、57÷37=2421875÷2187≒1107A倍の水膨れになる。
        • 上記の訂正。正しくは:57÷37=(78125÷2187)A≒36A倍=1006
        • 七桁の数字では、1223224(224、十進数で216=65536)と1241513(51×311、十進数で31×37=67797)が頻繁に登場するだろう。
      • 「2の冪数の逆数=3の冪数」「3の冪数の逆数=2の冪数」も、常識になっていた。従って、「0.3を掛ければ1/2になるでしょ」「0.2を掛ければ1/3になるでしょ」「23の逆数は33で0.043でしょ」「0.012を掛ければ1/33になるでしょ」という発想も広まっていた。
  11. 三十六分率(滄分率)は三で割り切れるので、確率1/3も33.3333…パーセントみたいな無限小数にならず、20パーヴァスト(十進表記で12パーヴァスト)となって割り切れる。税率1/9(六進表記で1/13)も11.1111…パーセントにならず、4パーヴァストになって割り切れる。
    • 逆に、三十六は五で割り切れないので、確率1/5が11.1111…パーヴァストとなって割り切れない。
    • 「十分の幾つ」は、概数が「四六三(=二十七)分の幾つ」となる数が多いので、「四六三分の幾つ」「m/33」「m/43」として呼称・表記される例が多数になる。
      • 例:十進小数の「70パーセント」「0.7」は、六進小数では「41.2(三十六分率)」や「0.412」(十進分数で152/216=19/27)に置き換えられる。これは、十進小数で0.700→19/27の概数が0.703703…→六進小数で0.412(十進分数で152/216)となるため。
      • 「十分の六」(=五分の三、六進小数で0.3333…)と「十分の七」(六進小数で0.4111…)は、「四六三分の幾つ」ではなく、統めて「六分の四」(=三分の二、六進小数で0.4)に丸められる例も発生する。
    • 三十六分率は寧ろ「パーディセム」か「パーニフ」(per nif)という呼称になっていそう。
  12. 一方で、「10000円を3人で分ける」「10000円を9人(136人)で分ける」といった三分割・六分割・九分割は楽になる。計算例:「10000円を3人で分けたら1人2000円(十進表記:1296÷3=432)」「10000円を13人で分けたら1人400円(十進表記:1296÷9=144)」。
  13. 十万(100000A)に設定される数値は46656A(10000006=66)に設定され、百万(1000000A)に設定される数値は1679616A(1000000006=68)に設定される。
  14. そろばんは、各桁の上段に1個(三珠)、下段に2個(一珠)。
    • 指数えに合わせて、「梁無しの一段構成で、珠が5個」の六進そろばんも広く使われていた。例として、8019A=1010436は、一段構成の十進そろばんだと構成が「8:0:1:9」、史実の二・五進そろばんだと構成が「13:00:01:14」となるが、一段構成の六進そろばんだと構成が「1:0:1:0:4:3」になる。同じく、十進分数33/32=六進分数53/52=六進小数1.01043も、構成が「1:0:1:0:4:3」になる。
  15. 乗算の九九は勿論「五五」で、「五五・四六一」。
    • 「が」が付くのは積が二六までとなる。例:「二四が六二(12)」「三三が六三(13)」「三四が二六(20)」「三五・二六三(23)」「五二が六四(14)」「五四・三六二(32)」。
    • 特に二と三には、「冪数五五」まで登場しているかも。例:「二の二乗は四」「二の三乗は六二」「二の四乗は二六四」「三の二乗は六三」「三の三乗は四六三」「三の四乗は二滄六三 (34=2136=81A)」。
    • 二桁五五の最大値は「15×15=321」になるが、頻繁に使われる「13」は単独で二桁五五が使用されているかも。用例:「六三が一は六三(13)」「六三が二は三六(30)」、「六三が三は四六三(43)」、「六三が四は滄(100)」。
  16. 小学生向けに出される「暗記する小数」は、二等分と三等分が含まれる六等分(0.1=1/6=1/10、0.2=1/3、0.3=1/2、0.4=2/3)、22の四等分(0.13=1/4、0.43=3/4)、32の九等分(0.04=1/9=1/13、0.12=2/9=2/13 … 0.52=8/9=12/13)の、計三種類が出される。
    • 応用編では、23の八等分(0.043=1/8=1/12)や、33の二十七等分(0.012=1/27A=1/43)も出されているだろう。
  17. 無理数の表記は、円周率は3.05033005…になり、2の平方根は1.225245314…になる。
    • 円周率の日は、3月5日になっていた。
    • 2の平方根の語呂合わせは、「ひとに にごに よごさん ひとよ」。
  18. 古代エジプト数字も、六の冪数で新しい数字が登場した。
    • 最大の数字かつ両手を広げたヒトの形は、104×2=100000000=1679616Aになっていた。
    • 5乗までは十が六に置き換わる形で、100000=7776Aはトカゲの形。
    • 追加される数字は、1010=1000000=46656Aが昆虫の形、10000000=279936Aが円から八本の線が広がる太陽の形になっていた。

国語

  1. 5は、十進法の9や十二進法のBと同じ扱いになる。
    • 「九十九点九九九九…パーセント」は、「五六五点五五五五…パーヴァスト」という呼び方になる。
    • 銀河鉄道も「銀河鉄道555」になっていた。
  2. 十二から三十五までの数詞も、十二は「二六」、十三は「二六一」、二十は「三六二」、三十は「五六」というように、「M×6 + R」という形式の命数法になる。
    • 十二から三十までの六の倍数は、英語だと接尾辞"-ix"を付けた数詞となり、独語だと接尾辞"-sig"を付けた数詞となる。
    • 十進法の5と10(A)と同じく、3と10(6)が絶対化されているかも。
    • 十二は「二六」「20」と表記されるので、端数扱いされない。
      • 十二月が「二六月」「20月」になるので、「年末なのに端数」「一から四までの全てで割り切れるのに、端数扱い」という違和感が発生しない。
    • 三陸沿岸では、十八日(=三六日=三陸日)に何かの観光イベントが開かれていた。毎月か特定月かは問わない。
      • 日常規模として、毎月三六日に安売りや朝市が実施されているかも。
    • 「"二十四"時間テレビ」ではなく、「"四六"時間テレビ」と呼ばれている。
    • 「三・一五」は「大震災」で、「三・二三」が「大量逮捕」を意味する出来事になっていた。これは、十進法の2001年3月11日が「13151年3月15日」になり、十進法の1928年3月15日が「12532年3月23日」になるため。
  3. 逆に、「列挙する」という発想を持っていれば、3が「二つに一つが加わる中立」、4が「二つの対立」、5が「二つの対立に属しない中立」、10(6)が「初めての奇数×偶数で、三つ組が二つ、二つ組が三つ」という数の性格が理解でき、絶対化はされないだろう。
  4. 216年単位は「宙年紀」、1296年単位が「millennium(ミレニアム)」「岑年紀」と呼ばれる。
  5. 「五万とある」は、「五岳もある」「五岑もある」(500006=6480A=65×(5/6))というフレーズに変わる。十進法の50000と異なり、六進法の50000は212×213(十進法で80×81)の長方形数で、24(=246=16A)でも34(=2136=81A)でも5でも割り切れる優れ者。
    • 同じ用法で、「ウソ800」「偽八百」は、「ウソ5000」「偽五宙」になっていた。十進法で意訳すると、「ウソ800」は「ウソ800/1000」「十分の八が偽」に対して、「ウソ5000」は「ウソ1080/1296」で「六分の五が偽」という発想。
      • 八百は六進法で3412となるが、それでも桁数が十進法より多いので「偽吐き」の規模が上昇する。
  6. 「八」という漢字が存在しないので、名古屋市の市章は違うものとなっていた。
    • 「九」という数詞も存在しない。よって、「3年B組金八先生」も「八」の部分が別の名称になり、坂本九は「坂本久」になっていた。
      • 「100÷4=13」なので、九(13)は独立系の数詞になっている可能性が有る。
    • 「八」ではなく、「四」が「あちこち」を意味する数として用いられていた。例:「四方美人」「四紘一宇」「一か四か」
  7. 六進法を説明する例として、サイコロなど六面体が使用される。
    • 十進法の「十指に入る」の同義語として、六進法では「六面に入る」というフレーズが使用されている。
      • 「全面完備」を意味する「六全」や、「余分なほどに充分」を意味する「六二分」(意訳すると「八分」)というフレーズも使用されている。
    • 二進法・八進法・十六進法など「二の冪数進法」の信奉者が、「立方体の欠陥は、面が10個(=六個)しか無いことだ」と六進法を嫌悪していた。
    • 半分小数を付けた次元も、「2.5次元」じゃなくて「2.3次元」になっていた。このため、小数次元は「立方体の面のうち、どれかが足りない」という判りやすい表記になっていた。
      • 「2.5次元」とは、「あと少しで3次元」という意味になっていた。
    • サイコロは、六の目が「0」の目になっていた。0の目は特別に「白い円形」で、1から5までの目は普通に「塗り潰しの円形」。
  8. 六の倍数でも、二六(十進命数法の十二)だけは独立系の数詞になっているかも。
    • 二十が十を重ねて「廿」の一字になってるのと同じで、十二も六を重ねて「袞」(音読み:こん)の一字になっている。
  9. 2は「1/3」、3は「半分」、4は「2/3」というイメージが濃厚になる。従って、2と3の両方とも、小さくて便利な「切りの好い数」になっていた。
    • 百四十四は、十二進法では100で「完全」の代名詞だが、六進法では400なので価値が「2/3」に下がる。ただし、三分割をやる際には、200(十進法で72)、400(十進法で144)、2000(十進法で432)、4000(十進法で864)などが「三分割で切りの好い数」として重視される。
    • 10÷2=3になるので、50や500よりも、30や300の方が「切りの好い数」になる。従って、30(十八。十進法で18)や300(百八。十進法で108)が切りの好い数として用いられ、後述の通り「300(百八)に丸める」事も度々起こる。
    • トリオが現実以上に多く、重視されていただろう。
    • 十進法の「四捨五入」は、六進法では「二捨三入」となる。六進法での「四捨五入」は、「4/6(=2/3)はそのままで、5/6は切り上げ」という意味になる。
  10. 数字が必要最小限なので、「十中八九」というような複数の数字を重ねた語は使用されない。「十中八九」は「六中五」、「腹八分目」は「腹五分目」というフレーズになる。
  11. 互角すなわち二者同等は「三分三分」で、一寸の虫は「一寸の虫にも三分の魂」。
  12. 陸と六が同じ発音なので、六の冪数は陸海空から連想される要素に因んだ字になる。考えられる例として、3610(6の2乗)は「浩」(広い←海)、21610(6の3乗)は「宙」、129610(6の4乗)は「岑」(峰←高い陸)だろうか。777610(6の5乗)は「六岑」というように「6×(6の4乗)」式の命数法になる。
    • 3610には「滄」(広い←海。「滄海」という熟語もある)が充てられそう。
      • 三十六に充てられる字だと、「海」の同義字で「溟」もある{用例:北溟(=北の海)、溟浪(=海の波)}。陸=六に対して海=溟で、「溟」の字には「六」が含まれてるから、「溟」の方がより似つかわしいだろう。
        • 「溟」だと「冥」(=死後の世界)が入っているから縁起が悪い。それなら「洋」とか、既出で「海のような」という意味の「滄」の方が好い。
    • 三桁規模だと、六十は「滄四六」(1406)、百は「二滄四六四」(2446)という命数法になる。
      • 三十六に「溟」を充てて大字を使った場合、十進命数法の「陸拾」は六進命数法で「壱溟肆陸」(1406)となる。同じく、二百七十は大字を使うと「壱宙壱溟参陸」(11306)で、大字を使わないと「宙溟三六」となる。
    • 六の累乗数を意味する英単語だと、三十六がvast、二百十六がeaves(宇=屋根、軒)、千二百九十六はloft、辺りか。
    • 777610(6の5乗)は「六岑」だが、4665610(6の6乗)以後は3乗区切りで数詞が作られる。4665610(6の6乗)は「埜」(林野)、1007万769610(6の9乗)は「稠」(茂る)、21億7678万233610(6の12乗)は「究」(極み)か。
      • 特に一埜(46656A=66)は「10の10乗」として盛大に盛り上がる。用例:「入場者数が一埜人を突破」「一埜ゲット」など。
      • 27万9936A(6の7乗)は「六埜」、167万9616A(6の8乗)は「滄埜」という命数法になる。
      • 21億7678万2336(612、六進表記で1020)だと「窟」(岩屋)、4701億8498万4576(615、六進表記で1023)だと「洪」が充てられるかも。
        • 地球の人口も、13143年(2007A年)で3窟人(六進数で3,000,000,000,000人=十進数で65億3034万7008人)を突破、13200年(2016A年)で3,200,000,000,000人(3窟200蔚人、三窟二滄蔚人。十進数で72億5594万1120人)と概算される。
      • 「稠」だと読みが「兆」や「宙」と重なるのでは?「茂る」という字義なら「蔚」はどうだろうか?
      • 「万」の付く語彙は、規模によって異なる。単なる四乗規模では「岳」が付くが、一万に近い規模では「埜」が付いていた。
        • 単なる四乗規模(10000=1296A)の例:岳国博覧会、岳華鏡、準備岳端、海宙山岳
          • 鶴亀も、「鶴は宙年、亀は岳年」(=鶴は216A年、亀は1296A年)。
        • 一万に近い規模(1000000=46656A)の例:埜能、埜民、埜葉集、埜古不易、蔚埜長者、岳客埜来
    • 千二百九十六(64)に充てられる字は、「岑」の類義語で「岳」もありそう。
  13. 小学1年生の算数の時間は、「1000(=216A)までの数」を覚える事になる。
    • 工程は、「六(10=6)までの数」「滄(100=36A)までの数」「宙(1000=216A)までの数」の三段階に分かれる。
    • 桝形式の数覚えは、宙(216A)を六分割して滄(36A)ごとに数える。桝も、「三滄(300=108A)まで」「四滄(400=144A)まで」というように分かれる。
  14. 四桁規模だと、三百六十(1周)は1400、七百二十(2周)は3200、千八十(3周)は5000になる。
    • 十二進法では七百二十(50012)が「あれ?5倍したんだっけ?」になるが、六進法では千八十(50006)が「あれ?5倍したんだっけ?」になる。角度の学習で、「3年で5000日」「3周は5000度」という表記を見て、「あれ?5倍したんだっけ?」と錯覚する者も続出するだろう。
    • デジタル時計の表示が三桁に。例えば、十進法の11時40分は「15時104分」になってしまう。
    • しかし、6が「10」なので、12が「20」、30が「50」、9が「13」、45が「113」になり、時計が見やすくなる。これは、文字盤の一の位が3なら、六十分数も一の位が3で一致するため。
      • 十進法の「30×6=180」「45×6=270」は、六進法では「50×10=500」「113×10=1130」になる。よって、「六を5回で50分(= 三十分)、50の六倍が500度(= 百八十度)」「13の文字盤=113分=1130度」となり、時計と角度の位置関係が解りやすくなる。
  15. 三十六が「多数」の代名詞になる。
    • 兵法三十六計以外にも、六進分類法が色んな分野で実施されていた。
    • 十進法でも「富嶽三十六景」や「三十六歌仙」のように、三十六と百が「(奇数の2乗)×(2の2乗)」として同じ使われ方をしているが、六進法でも同様。「富嶽浩景」や「浩歌仙」というように呼ばれている。
    • 当然、三十六分率も存在する。前記の「三十六=滄=vast」に則れば、「滄分率」「パーヴァスト」という名称になる。
    • 十進法36=六進法100、十進法100=六進法244なので、百は三十六とは逆で「騒ぐに値しない平凡な数」になっていた。
      • 逆に、八十一、九十九、八千十九、九千八百一など、九の倍数(それも三の冪指数が多い数)が厚遇されていた。十進法81=六進法213、十進法99=六進法243、十進法8019=六進法101043、十進法9801=六進法113213というように、九の倍数は下二桁が「13」「30」「43」「00」のどれか、八十一の倍数で奇数は下四桁が「0213」「1043」「1513」「2343」「3213」「4043」「4513」「5343」の八種類なので、非常に判りやすい。
        • 八十一の倍数が十六種類、十六の倍数も八十一種類(64÷34=24、十進法で1296÷81=16、六進法だと10000÷213=24)なので、「九九・八十一」は十六の倍数の暗記法になっていた。例:「24の倍数を10000まで列挙しなさい」(十進意訳:16の倍数を1296まで列挙しなさい)。また、「十六(24)の倍数の見分け方」「八十一(213)の倍数の見分け方」は下四桁を見れば判るので、中学受験などでもよく出されていただろう。
        • 九十九は243と表記され、十進法の275みたいな扱いになる。
  16. 数の分類用語として、「二で割り切れる数」を意味する「偶数」、「二で割り切れない数」を意味する「奇数」の他に、「三で割り切れる数」を意味する「鼎数」、「三で割り切れない数」を意味する「衍数」(えんすう。溢れた数、広げた数)も用いられる。
    • 「単偶数」「複偶数」という語は、史実通り使用されている。この他にも、六で割り切れる数は「鼎偶数」、三で割り切れるが二で割り切れない数は「鼎奇数」と呼ばれている。
      • 「一の位が0なら鼎偶数」「一の位が3なら鼎奇数」と呼ばれている。
    • 四と九(=六三)の待遇が同等になるので、「三で割り切れるが九で割り切れない数」を意味する「単鼎数」と、「九で割り切れる数」を意味する「複鼎数」も使用されている。
      • こちらも、「下二桁が13, 30, 43, 00なら複鼎数」「下二桁が03, 10, 20, 23, 33, 40, 50, 53なら単鼎数」と呼ばれている。
  17. 「滄」を用いたフレーズも多数。滄点満点、滄回記念、滄人一首etc。
    • 滄人一首は、言うまでもなく三十六人一組で実施される。
    • 100÷2=30(三六)なので、フレーズにおいて、「五十」は「三六」になる。例:「三六歩滄歩」「明日の滄より今日の三六」
  18. 五十(六進法だと122、滄二六二)区切りはなく、四十八(六進法だと120、滄二六)区切りになっていた。
    • 五十音は「滄二六音」、四十八手は「滄二六手」、赤目四十八滝は「赤目滄二六滝」、消防隊のいろは四十八組は「いろは滄二六組」になっていた。
    • 百二十(十進法120)の位置を四十八(六進法120)が担っていた。用例:「滄二六パーニフ」(類義語が十進法の「百二十パーセント」)
      • 同じく、百五十(十進法150)の位置を五十四(六進法130)が担っていた。
        • 百五十は六進法では410なので、その六つ前の百四十四(六進法400)の方が格上になる。
          • 桁上がりの構造も、「十五の十倍で150」「十五の百倍で1500」ではなく、「四六一の六倍で410」「四六一の滄倍で4100 (*41006は十進命数法だと九百)」。
        • テレビ東京は、開局55A周年ではなく、開局130周年=54A周年の記念行事を開いていた。ロゴも、「130」を変形させた物になっていた。
    • AKB48も「AKB120」で、読み方は"AKB one nif twix"。
  19. 千日前ではなく、三年の日数である「五宙日前」(50006=1080A)になっていた。(※十進法の「360×3=1080」は、六進法だと「1400×3=5000」。)
  20. 億レベルの数では、「六蔚」(10,000,000,0006=6046万6176A)がよく使われる。
    • 用例も、「進め六蔚火の玉だ」「六蔚総懺悔」「六蔚総中流」となる。

外国語

  1. 英語だと、十二はtwix、十八はthrix、二十四はfourix、三十はfifixとなる。一の位を付けた数詞も、十三はtwix-one(216)、二十はthrix-two(322)、二十七はfourix-three(436)となる。
    • 二者互角を意味する語は、fifty-fifty (五十vs五十)ではなく、thrix-thrix (三六vs三六)。
  2. ラテン語では216がcentumに、1296がmilleになるので、216年が"centennium"で、「世紀」となる108年は"tridecennium"(三十六年の三倍)や"semicentennium"(二百十六年の半分)と呼ばれている。
    • 派生語で、648年が"semimillennium"と呼ばれる。従って、第二次世界大戦の真っ只中である西暦1944年(1296の1倍半)は、"bloody semimillennium"(流血の半岑年)と呼ばれていた。
      • milleの派生語であるmillionは、勿論46656A。以降も、billionは1007万7696A(69)、trillionは21億7678万2336A(612、六進表記で1020)となっていた。
        • 10000000=279936Aが"six million"で、100000000=167万9616Aは"nif million"となる。
  3. 英語で六の冪数は、36Aはnif(nineとfourの合成、或いはンドム語より借用)かnof("nine of four"の短縮)、216Aはcusind(cubeとsixとthousandの合成)、1296Aはsyriad(sixとmyriadの合成)、7776Aはsix syriadだろう。
    • 十進2000=六進13132は"one syriad three cusind one nif thrix-two"、十進3456=六進24000は"two syriad four cusind"、十進10000=六進114144は"onesix syriad four cusind one nif fourix-four"という命数法になっていた。
    • 西暦の年数は、上二桁と下三桁に分けて呼ばれていた。例:2000A年=13132年は"thirsix one nif thrix-two"となる。
      • 空位が生じる場合は、cusind(二百十六)で区切って呼ばれる。例えば、VEデーに当たる十進表記の「1945年5月8日」=六進表記の「13001年5月12日」は、"twensixth May, thirsix cusind one"という呼び方になる。
  4. ラテン語だと七がunsix(unus + sex)、八がduosix(duo + sex)になるので、SeptemberからDecemberまでの語は存在しない。
    • September以降の月も、MayやJuneやJanuaryのように神々に因んだ呼称になっていた。

単位

  1. 様々な分野で、十進法や十二進法では「二桁が当たり前」の事(十進表記で99以下や143以下)が、「三桁が当たり前」の世界になる。また、二十進法で「三桁が当たり前」の事(十進表記で400から7999まで)は、「四桁、五桁が当たり前」の世界になる。
    • 前述の通り、デジタル時計や年齢表記は三桁になる。二桁が55(=35A)までなので、背番号も三桁が当たり前になっているだろう。
  2. 倍増は、十進表記で6倍がヘキサ、36倍がデカ、216倍がヘクト、1296倍がキロ、46656倍(66、六進表記で1010)がメガ、1007万7696倍(69)がギガ、21億7678万2336倍(612、六進表記で1020)がテラになる。百万に近い167万9616(68)は合成語でデカメガとなる。
    • 分割は、1/6がセキシ(sexi)、1/36がデシ、1/216がセンチ、1/1296がミリ、1/46656(6-6、六進表記で10-10)がマイクロ、1/1007万7696倍(6-9)がナノ、1/21億7678万2336(6-12、六進表記で10-20)がピコになる。
    • 1キロメートルは1296Aキロメートル=10000キロメートルになっていた。従って、1/3メートルは2000(=432A)ミリメートル、1/4メートルは1300(=324A)ミリメートル、1/6(=1/10)メートルは1000(=216A)ミリメートルとなる。以降も、1/16A(=1/24)メートルが213(=81A)ミリメートル、1/81A(=1/213)メートルが24(=16A)ミリメートル、になっていた。このように、2と3の冪指数が同じだから、十進法とは真逆で分割も楽になっていたはず。
      • 上記の訂正。正しくは「1キロメートルは1296Aメートル=10000メートル」
    • 4701億8498万4576A(十進表記615、六進表記1023)はペタ、1/4701億8498万4576A(十進表記6-15、六進表記10-23)はフェムトになる。
    • 167万9616A倍は「デカメガ」以外に「ダブルキロ」、2兆8211億0990万7456A倍(十進表記616、六進表記1024)は「ヘキサペタ」以外に「カドラプルキロ」もありそう。
  3. コードは「4444」や「3322」といった四桁になっていた。これは、十進法の216から1295まで(三桁の大多数)が四桁にになるため。
  4. 十進法での手法を見れば、百に近い数じゃなくて、そのまま六の冪乗で単位が作られて、63年=216A年が「世紀」になるのではなかろうか?この場合、216A年=10006年が「世紀」(centennium)で、62年=36A年=1006年は「世継」(decennium)、6年=106年はそのまま「六年紀」(sexennium)となり、1944A年は9世紀の最後(六進表記:13000年は13世紀の最後)になる。
    • 世紀の細分単位には、1/4を意味する「クォーター」(quarter:四半期)より、1/6を意味する「セクスタンス」(sextans:六分期)が用いられているかも。十進法での「1975年=20世紀の第3クォーターが終わる」に対して、こちら六進法では「13100年=14世紀の第1セクスタンスが終わる」(十進意訳:1980年=10世紀の第1セクスタンスが終わる)というように用いられる。
      • 「d分」「d半」という用法なら、25A年が「四半世紀」に対して、36A年=1006年は「六分世紀」「1/6世紀」と呼ばれる。派生語も、72A年=2006年は「三分世紀」「1/3世紀」、108A年=3006年が「半世紀」、144A年=4006年は「二三分世紀」「2/3世紀」になる。
      • 1980A年=13100年は、「m回」という用法なら「滄三六一世継」(十進意訳:55世継、三十六年紀を55回)、帯分数の用法なら「六三世紀と一世継」と呼ばれる。
    • 一世継(1006年=36A年)を三分割か四分割して、二六年(=十二年)を三回、六三年(=九年)を四回として数える発想が出されているかも。この場合、二六年は「三分世継」、六三年は「四分世継」などと呼ばれている。
      • 戦後Y年談話は、206年(=十二年=二六年)単位で発表され、1006年(=三十六年=滄年)ごとに大きな節目になっていた。
        • 冷戦後だと、13121年(1993A年、戦後120年)、13141年(2005A年、戦後140年)、13201年(2017A年、戦後200年(戦後二滄年))に談話が発表された。よって、13123年=1995A年の村山談話ではなく、13121年=1993A年に細川談話が発表された。
        • 或いは、306(=十八年=三六年)が入るように、136年(=九年=六三年)単位で発表されていた。(※六進法の13, 30, 43, 00区切り=十進法の25, 50, 75, 00区切りに相当)
          • この場合は、13114年(1990A年、戦後113年)、13131年(1999A年、戦後130年(戦後滄三六年))、13144年(2008A年、戦後143年)、13201年(2017A年、戦後200年(戦後二滄年))に談話が発表された。この場合は、13114年の海部談話、13131年の小渕談話、13144年の麻生談話、13201年の安倍談話となる。
    • 1世紀が二百十六年、13001年が14世紀の始まり(十進意訳:1945年が10世紀の始まり)になるので、「21」を付ける団体は存在しない。
      • みなとみらいやレオパレスは「21」を付けず、モー娘。の曲に「恋愛レボリューション21」は存在しない。
      • 「21エモン」ではなく、「132エモン」になっていた。舞台は、三十六年紀で13200年代(2016A年~2051A年)。
      • 逆に、第二次世界大戦の直前・直後に作られた団体は、「14」を付けていたかも。
        • 「20世紀FOX」「21世紀FOX」は存在せず、初めから「14世紀FOX」のまま。
      • 戦後復興が「新世紀」と呼ばれていた。
    • 三十六周年(1006周年)を記念する「滄年祭」「一世継祭」も実施されていた。
      • TDLであれば、13203年(2019A年)に開業100周年のイベントが実施されることになる。
      • 歴史的出来事でも、七十二周年(200周年)や百八周年(300周年)など、三十六年単位で記念行事が開かれていた。
        • 東日本大震災の発生年は「明治400年」となる。(西暦2011A年=明治144A年=明治4006年)従って、「東日本大震災は明治400年の呪い」という都市伝説が広まっていた。
    • 13120年11月4日(十進数で1992年7月4日)には、アメリカ建国1世紀祭が開催された。時の大統領は父ブッシュ。(*十進数の1776+216=1992は、六進数で12120+1000=13120)
  5. 端数処理では、百に丸められる数値は百八(3006)に丸められ、三百に丸まられる数値は二百八十八(12006)に丸められる。
    • 三百に近い数値だと、寧ろ三百二十四(13006)では。(六進法だと10000の1/4が1300=324Aなので。)
  6. 十進法で千(1000A)個、十二進法で千七百二十八(1000C=1728A)個で設定される数値は、千二百九十六(100006=1296A)個で設定される。
    • 同じく、十進法で一万(10000A)個、二十進法で八千(1000K=8000A)個で設定される数値は、七千七百七十六(1000006=7776A)個で設定される。
  7. 1キロバイトは千二十四(六進法だと4424)バイトとなるが、こちらは千二百九十六(六進法の10000)に最も近い2の累乗数が千二十四となるため。基本的な倍数接頭辞も、K(キロ)は千二百九十六倍となる。
    • 十進表記の210=1024は、六進表記では214=4424となる。一方、六進表記では210=144=64Aとなり、310=3213=729Aとなる。
  8. 通貨は、「6の累乗数」と「6の累乗数の3倍」で発行される。
    • 硬貨は1円、3円、6円(10円)、18円(30円)、36円(100円)、108円(300円)、216円(1000円)、648円(300円)の計8種類。紙幣は1296円(10000円)、3888円(30000円)、7776円(100000円)、23328円(300000円)の計4種類が使用される。
    • 札束を薄くするために46656円(1000000円)紙幣も発行されるが、六乗数の価値は十進法(百万)の約1/22、十二進法(十進表記で298万5984)の1/64に過ぎない。
      • 寧ろ逆で、六乗数の価値は百万(1000000A=332333446)や298万5984A(1000000C=1440000006)よりもずっと上じゃないか?零が六個で1000000=1010になって、二でも三でも六回割れるんだから。十二進法の1000000なんて「1.44倍(十進仮分数で64/36=16/9)も余計なんだよ!」とすら思うかもしれない。
    • 30000円札(3888A円札)と100000円札(7776A円札)の発行は、1957A年=13021年以降。根拠となった130216年当時の大卒の初任給は、140000円=12960A円が通例。300000円札(23328A円札)と1000000円札(46656A円札)の発行は、1984A年=13104年以降。
      • 夏目漱石や野口英世が10000円札(1296A円札)、新渡戸稲造や樋口一葉が30000円札(3888A円札)、福沢諭吉が100000円札(7776A円札)の肖像画になっていた。
    • 国家予算など、兆レベルでは十七桁が当たり前になる。これは、十進表記で616=2兆8211億0990万7456(六進表記だと1024=1,0000,0000,0000,0000)になるため。
    • 宝籤のキャッチフレーズ金額は一蔚円(10,0000,00006=1007,7696A)になっていた。
    • 25セント(100Aの1/4)ではなく、9ディース=13ディース(1006=36Aの1/4。36Aがdecem → dece)や54Aセント=130セント(10006=216Aの1/4)の硬貨が発行されていた。
  9. 冪数が三百万前後で来る十二進法(六乗数が298万5984)や二十進法(五乗数が320万)の場合と同じく、こちらも政令指定都市などの百万妄想は発生しない。
    • 百万に近い数だと、839808(67×3=68÷2。六進法で30000000)が目安の数字になっていた。
    • 史実の「百万円クイズハンター」は、68=1679616A円で「滄埜円クイズハンター」になっていた。
      • 「加賀百万石」ではなく、「加賀滄埜石」になっていた。
      • 十進数で意訳すると、「加賀100万石」は「加賀167万9616石」で、「100万円クイズハンター」は「167万9616円クイズハンター」。六進数で素因数分解すると、100000000=1104×50213=212×312 (=十進数:256×6561=28×38)になる。
        • 「2の冪数」信者のプログラマーが「1104は2の12乗で切りが好い」に対抗して、3分割の支持者が「50213も3の12乗で切りが好いだろ!」と唱えていた。
    • 人口統計や入場者数も、六の冪数がキリ番になっていた。即ち、7776A人(=100000人)、六進メガの46656A人(=1000000人)、279936A人(=10000000人)、1679616A人(=100000000人)がキリ番になっていた。
      • 人口466560A人(=14000000人)前後の市町村が、そのまま存続していた。
      • 「六埜人都市」(10000000人)と呼ばれる例は、東日本では盛岡、郡山、秋田、西日本では高松など。
    • 単なる六乗レベルなので、「百万ドルの夜景」ではなく、六の六乗で「埜ドルの夜景」になっていた。
  10. 年齢や年数の区切りも、六の倍数で設定されていた。
    • 六年に一回は勿論、三年に一回のイベント(トリエンナーレ)が史実より多かった。

生活

  1. 年齢表記も36歳が「100歳」になるので、「そんなに年取ったっけ?」と錯覚する者もいるだろう。
    • 逆に、100歳=36A歳を過ぎたら「年取った」と感じる人々もいるのでは。110歳=42A歳、120歳=48A歳なら尚更。
  2. 一週間は六日になる。
  3. 郵便番号も四桁(0を含めて1296個)になり、細分化番号も当初三桁(0を含めて216個)から五桁に増えていた。
    • 倍数接頭辞は、四乗までは単独だが、六乗以後は三乗ごとに設定される。
  4. 干支は、十二支と十干を並列した六十種類ではなく、六支と六四干(現実の十干)を並列した三十種類になる。
  5. メーターは、三十六分の一の位までが常用となる。例えば、十進表記の「235と2/9」kmは、「1031.12」kmとなる(2/9は六進小数で0.12=0.04×2)。
    • 一方で、道路の距離標は、六分の一の位までしか出ない。例:十進表記の「266と2/3」km →「1122.4」km。
  6. 1世紀は108年(六進法で300年;三滄年)となる。
    • 1944年が18世紀の最後(六進表記:13000年が30世紀の最後)、1998年は19世紀のど真ん中(六進表記:13130年が31世紀のど真ん中)。
      • 1944年は9世紀の最後(六進表記:13000年=13世紀の最後)では?
      • 十進表記の「1944年6月6日」は「13000年10月10日」になり、見栄えが好くて文字通りの「Dデー」「決戦に相応しい日」になっていた。
    • 1943年が「12555年」と表記され、十進法の「1999年」と同じ「キリ番一つ前」の扱いを受けていた。
    • 某大予言の指す年月も「12555年の11の月」(十進表記:1943年の7の月)となる。
  7. 十進表記の「1979年10月26日」は、六進表記で「13055年14月42日」になる。
  8. 恐怖の大王は、9・11テロ(十進表記で2001年)ではなくて原爆投下(六進表記で13001年)。
    • 十進表記の「2001年9月11日」は、六進表記で「13133年13月15日」になる。
    • 史実の9・11に相当するテロ事件は、十進表記で2001年5月7日(六進表記で13133年5月11日)に発生し、「5・11テロ」と呼ばれていた。
    • 史実で「3・11」と呼ばれる原発震災は六進表記で「13151年3月15日」となるため、2001年のテロと2011年の原発震災が同列視される事はない。
    • 十進表記で「1945年8月6日」となる広島原爆投下の日付は、「13001年12月10日」となる。一方、十進表記の「12月10日」は、六進表記で「20月14日」となる。
      • 「12月10日」は、三億円事件やノーベルの命日ではなく、原爆投下の日付として知られていた。なお、三億円事件が起こった十進表記の「1968年12月10日」は、六進表記で「13040年20月14日」となる。ノーベルの命日である十進表記の「1896年12月10日」は、六進表記で「12440年20月14日」となる。
        • 三億に最も近い「六の冪数×m」は 500,0000,0000(十進表記で3億0233万0880)なので、「五六稠円事件」と呼ばれていた。
          • 或いは、六の六五乗で「滄蔚円事件」と呼ばれていた。(六進数1015=100,000,000,000=十進数3億6279万7056=611
      • 米軍の爆撃機も、「B-29」ではなく「B-45」という通称になっていた。(十進法29=六進法45なので)
  9. グレゴリオ暦の例外平年は、432年に3回、108(3006)で割り切れて432(20006)で割り切れない西暦年となる。従って、1728年(120006年、246世紀末=16世紀末)や2160年(140006年=326世紀末=20世紀末)は閏年だが、1944年(130006年)や2052年(133006年)は平年となる。
      • 後述の通り、1世紀は63=216年だろうから、1728年は8世紀(126世紀)の最後で、2160年は10世紀(146)の最後になるのでは。
    • 単位別に、二百十六の位が偶数で下三桁が000→世紀末閏年。二百十六の位が奇数で下三桁が000→世“紀”末平年。下三桁が300→世“継”末平年。
  10. 成人年齢も十八歳(六進法で30歳)で、高度成長期の定年も五十四歳(六進法で130歳)になっていた。
    • 十進法の「18禁」も「30禁」になっていた。
      • 当然、「十八禁」じゃなくて「三六禁」と呼ばれている。
    • 小学生は「六代」(10~15)、ティーンズは「二六代」(20~25)、18A~23A歳は「三六代」(30~35)、24A~29A歳は「四六代」(40~45)、30A~35A歳は「五六代」(50~55)と呼ばれている。
  11. 「人生八十年」(十進法で80年)ではなく、「人生二滄年」(六進法で200年。人生七十二年)というフレーズが用いられていた。
    • 様々な計画も、「○○の十年」ではなく、「○○の六年」で設定されていた。
      • 家電の保証期間も、三年、六年、六三年(=九年)…というように三の倍数になっていた。
        • ケーズデンキの宣伝文句も、「三年、六年、六三年」。
      • 国勢調査も六年に一回で、成人や定年の外の年齢設定も六の倍数。
    • 「五六代」までと同様に、1006歳=36A歳以降の年齢区切りも六の倍数になる。36A~41A歳は「滄代」(100~105)、42A~47A歳は「滄六代」(110~115)、48A~53A歳は「滄二六代」(120~125)…という言い方になる。
    • 十進法100年=六進法244年のスパンなんて出されない。六進法244年の近くで出されるとしたら、十進法108年=六進法300年のスパン。
  12. 摂氏温度計は、36A℃=1006℃、72A℃=2006℃、216A℃=10006℃のどれかになっていた。
  13. コンピューターの年表示は、略式だと少なくとも下三桁が表示される。
    • 2016年に「13200年問題」が発生し、その結果として西暦年数も五桁に変更される。
    • 十進法の2000は六進法で13132なので、西暦2000A年=131326年は平凡な年になっていた。
      • 当然、ミレニアム騒ぎも発生せず、「2000」に肖った名称も付けられない。
    • 下三桁が000になる数は二百十六の倍数なので、年数表示で問題になる年は131326年=2000A年じゃなくて130006年=1944A年。
  14. 「三十」(30A)が「五六」(506)になるので、スーパーマーケットの「Xの付く日に安売り」は六種類で月に五回となる。
    • 50円も「五円」なので、当然3で割り切れる。50円÷3=14円(六四円=十円)となる。
  15. 労働法制の36協定は「100条協定」「滄条協定」、地方自治法の百条委員会は「244条委員会」と呼ばれていた。
  16. 定規は、20デシメートル(十進意訳で12デシメートル)、30デシメートル(十進意訳で18デシメートル)、100デシメートル(十進意訳で36デシメートル)の三種類が多数販売されていた。
    • 「分数定規」は、三十六分割で製造されていた。枠組みは上から、(1)三十六分割、(2)三の十二倍で100、(3)六の六倍で100、(4)二の十八倍で100、(5)三十六分割、の計五段構成で、上段目盛が六の倍数(六分割に対応:0,10,20,30,40,50,100)と九の倍数(四分割に対応:0,13,30,43,100)、下段目盛が四の倍数(九分割に対応:0,4,12,20,24,32,40,44,52,100)になっていた。
  17. ボールペンは、1/7776Aメートル(=6-5、六進法で0.00001メートル)を基準に製造されていた。
    • 十進法0.5ミリは1/1944Aメートル(六進法では0.00004メートル)に、十進法0.7ミリは1/1296Aメートル(六進法では0.00010メートル)に置き換わっていた。
      • 十進法0.7ミリは5/7776A(六進小数で0.00005メートル、十進小数だと0.000643…メートル)では。
  18. 一般道路の制限速度は、六進20km/h (十進12km/h)間隔で設定されていた。
    • 十進40km/h→六進100km/h (十進36km/h)、十進50km/h→六進120km/h (十進48km/h)、十進60km/h→そのまま六進140km/h、十進70km/h→六進200km/h (十進72km/h)、十進80km/h→220km/h (十進84km/h)になっていた。
    • 高速道路の距離確認看板も、100m(十進36m)間隔で設置されていた。
  19. 国道番号は、300号線(十進数で108号線)までが空番になり、史実の101号線が301号線(十進数で109号線)になっていた。即ち、十進数に8を加えて六進数に直した番号になっていた。例:112号線→320号線、208号線→1000号線、302号線→1234号線。
  20. 視力検査は、0.1から2.0までの二十段階じゃなくて、0.1から2.0までの二六(=十二)段階か、0.1から3.0までの三六(=十八)段階になっていた。

文化

  1. 「仮面ライダーファイズ」のコードに「555」は用いられず、代わりに「444」が用いられていた。
    • 前述の通り、十進法の216~1295までが四桁になるので、コードも四桁に。「4422」とか、「5533」とかがありそう。
  2. 妖怪ウォッチのケータの年齢設定も、少年期が「15歳の小学5年生」(=11A歳)、壮年期が「105歳」(=41A歳)と表記される。
  3. 十進法の1995は六進法で13123なので、「Windows 95」は「Windows 123」になっていた。
    • 固定電話の番号も五桁(0を含めて7776個)になり、ケータイやスマホの番号も「頭四桁-五桁-五桁」になる。
      • 自動車のナンバープレートも同じく五桁で、0から55555までの7776A種類。
  4. 「101回目のプロポーズ」は、十進換算で「37回目のプロポーズ」になる。
  5. 「こち亀」は72巻(六進法で200巻)で完結していた。
  6. 戦隊シリーズでは、「特命戦隊ゴーバスターズ」が「第100作」(十進法で第36作)の記念作として盛り上がっていた。
  7. 鉄腕アトムの生誕年は、西暦2019年(六進法で13203年)か2055年(六進法で13303年)のどれか。
  8. ドラえもんの生誕年は、史実通り西暦2112年(六進法で13440年)か2168年(六進法で14012年)のどれか。
    • 史実通り2112A年=134406年で設定された場合、2004A年=131406年に「ドラえもん生誕まであと300年(=108A年)」のイベントが実施された。
  9. 十進法の2592が「20000」でキリ番になるので、西暦1932年=皇紀2592年には「紀元二岑年」のイベントが開かれた。
    • 「零戦」も、皇紀2600A年=200126年ではなく、皇紀200006年=2592A年が由来。
    • 「皇紀20000年」に因んで、「二岳」(or二岑)を付けた施設も建設された。
    • 日本帝国軍の兵器に付けられる年号は、皇紀の下三桁になっていた。
      • 「三八式」ではなく「五一三式」(皇紀155136年=西暦1905A年)、「九九式」ではなく「零一一式」(皇紀200116年=西暦1939A年)になっていた。
  10. 百円ショップではなく、三滄円ショップ(=百八円ショップ)が流行する。
  11. 2ちゃんねるのスレッド数も1296個。
  12. 漢字練習帳の千字文は、864字の「四宙字文」(40006)、1080字の「五宙字文」(50006)、1296字の「岑字文」(100006)のどれかになっていた。
  13. 鉄腕アトムも46656A馬力で「一埜馬力」、ピカチュウも46656Aボルトで「一埜ボルト」、クイズダービーも46656A点で薬玉祝賀になっていた。
    • 100000だけど「十万」じゃなくて「七千七百七十六=六岳」なんて設定もありそう。
  14. 千(1000A=43446)ではなく千二百九十六(1296A=100006)が冪数になるので、「スナックワールド」のチャップや「パズドラ」の明石大河も「岳倍返し」「岳枚返し」(それぞれ十進法換算で1296倍返し、1296枚返し)になっていた。
    • 単純な三乗で、「宙倍返し」「宙枚返し」(10006倍=216A倍)になっているかも。
  15. 十二が「二六」という数詞で20になるので、十二点(=二六点)満点のゲームやテレビ番組も多数制作された。
    • 「欽ちゃんの仮装大賞」は二六点(=十二点、206点)満点で、及第点は六三点(=九点、136点)になっていた。
  16. パチンコのラッキーナンバーは3333(十進法の777=六進法でも3333でゾロ目)になっていた。
  17. 「ベストN」や「ワーストN」といった順位も、六件が主流になっていた。
    • 歌番組も、「ザ・ベストテン」はではなく、「ザ・ベストシックス」になっていた。
      • 特別版は、十二件まで延長されていた。この場合は、「ザ・ベストトゥイックス」(the best twix)といった呼称になる。
    • 「アド街」の順位列挙は三十件だが、「十を三回」ではなく、「六を五回」の構成になっていた。
  18. 漫画の単行本では、36A巻(六進法で100巻)の突破が、一つの指標になっていた。
  19. 13135年(2003A年)に彦根築城1500周年(396A周年)、13142年(2006A年)に平城建都10000周年(1296A周年)のイベントが開催された。(*六進法では、13135-1500=11235=1607A、13142-10000=3142=710Aになるため。)
    • “ひこにゃん”と“せんとくん”の登場は、史実より4年早かった。
    • 盛り上がりは、六進ミレニアムに当たる平城建都10000周年の方が上だったかも。

スポーツ

  1. 一桁の数詞が少ないので、スポーツなどの数字系娯楽は、十進法での現実より弱くなっていたかもしれない。
    • 1チームに七人や九人のスポーツが増え、最大でも十一人。1チームが偶数人(八人や十人)のスポーツも増えていた。
      • ラグビーは十一人(156人)、サッカーは九人(136人)になっていたかもしれない。
        • もしサッカーが九人制になっていた場合、サッカーの1チームがthirsiex(サーシークス)と呼ばれ、サポーター番号は14(六四人目=十人目の選手)になっていた。九が独立系数詞でnineになっていた場合は、そのままnineと呼ばれる。
        • ラグビーの1チームが十一人=六五人の場合、控えを含めた1チームの入場人数は、十六人=二六四人(15+5=24)になっていた。この場合も、1チームの通称はfifsiex(フィフシークス)となる。
    • UNOのカードは九種類×四色=計三十六枚で、0から5までの六つの数字と、「❐」「∅」「⇔」の三つを合わせた九種類になっていた。
  2. 3で割り切れるので、1/9や1/27など三分割のグループでは、打率1/3が「2割」、十進法「4割打者」の近似値は打率4/9の「2割4分」(十進意訳:16/36。十進小数:0.4444…)となる。また、十進法「3割打者」に当たる3÷14(十進表記:3÷10)に近い打率16/54は「1割4分4厘」(十進意訳:64/216、十進小数:0.296296…)となるが、十進法「4割打者」に当たる4÷14(十進表記:4÷10)は六進小数だと0.2222…となって割り切れない。
    • 十進法「3割打者」は、打率1/3の「2割打者」になっているのでは。
      • 六進小数では3/14(十分の三)=0.1444…になるから、寧ろ二百十六分率(宙分率)を使って、「打率1割4分4厘」「打率が二十七分の八」って出しそう。(※六進小数0.144=十進分数64/216=8/27)
        • 数詞も、「打率が二十七分の八」は「打率が四六三分の六二」という言い方になる。既約分数の呼び方も、0.144=12/43(四六三分の六二)、0.513=11/12(六二分の六一)、0.53=15/20(二六分の六五)となる。
    • 半数が「3割」で、以降は16/27は「3割3分2厘」(=128/216)、2/3は「4割」、3/4は「4割3分」(=27/36)、7/9は「4割4分」(=28/36)、7/8は「5割1分3厘」(=189/216)、11/12は「5割3分」(=33/36)という言い方になる。
  3. 36は8で割り切れないので、野球の打率は三十六分率(滄分率)と二百十六分率(宙分率)になる。
    • 1割が1/6、1分が1/36、1厘が1/216になる。但し、別の単位が使用されている可能性も有る。
    • 1/4や1/8などの二分割のグループでは、十進法の「2割5分」に当たる打率1/4は「1割3分」(十進意訳:9/36=1/4)、十進法の「3割7分5厘」に当たる打率3/8は「2割1分3厘」(十進意訳:81/216=3/8)となる。
  4. 野球以外にも、将棋など様々な分野で六進法による勝率計算が実施されていた。しかも、勝率計算がサイコロと同じになるので、勝負事に相応しい数字感覚も養われていた。
    • 打率や勝率といった「八分割」なら二百十六分率(宙分率)が使用されるが、鉄道の勾配など「千八十(=三周)に近い数値」なら千二百九十六分率(岑分率)が使用される。千二百九十六分率(岑分率)では、十六分割(二分割を四回)と八十一分割(三分割を四回)の両方が可能になる。
  5. 陸上競技の混合競技は三の倍数で設定され、六種競技(10)、六三種競技(九種競技、13)、二六種競技(十二種競技、20)となる。延ばす場合は十八までで、二六三種競技(十五種競技、23)と三六種競技(十八種競技、30)が加わる。
  6. 十進法の36が六進法で100になるので、背番号が三桁の選手がザラにいた。
    • 野球だと、イチローは123で、松井秀喜は131。
  7. クォータータイム(1/4で休憩)よりも、サードタイム(1/3で休憩)を設けるスポーツが増えていた。
  8. 「N本安打」は、1296A本=10000本が大きな目印になっていた。従って、2592A本=20000本や3888A本=30000本の突破で記念祝賀が実施されていた。
    • イチローの日米通算安打は32115本(十進法で4367本)となる。
  9. Jリーグの歴代記念ゴールは、1、1000(=216A)、3000(=648A)の順にカウントされ、以降は3000(=648A)の倍数でカウントされていた。
    • 当然、盛り上がるのは10000(=1296A)や100000(=7776A)といった六の冪数。
  10. 試合時間は、サッカーは113分=45A分ハーフのままだが、ラグビーは100分=36A分ハーフになっていた。
  11. テニスの得点は、1回で二六点(20点=12A点)になっていた。
    • 得点の数詞も、love(0)→twix(20=二六)→fourix(40=四六)→nif(100=滄=36A)の順に増えていた。
  12. サッカーWCは、フランス大会が13130年(=1998A年)で、日韓大会が13134年(=2002A)。
    • 当然、フランス大会の表記は「13130 FIFA World Cup」や「FRANCE 130」。
  13. 年齢制限付きのサッカーWCは、3の倍数でU-30(三六歳以下=十八歳以下)とU-33(三六三歳以下=二十一歳以下)の計2種類になっていた。
    • 「U-30」は「under thrix」、「U-33」は「under thrix-three」と読む。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク