Top Gearで悪く言われるクルマの法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

Top Gear - イギリスのBBCで放送されている自動車特集番組。

  1. パワーがない小型車全般。
    • エコカー全般。
    • この小型車は例外。
    • 逆に小回りが利かない程パワーがあるスポーツカーも余り評判はよろしくない。コーベットとか
  2. デザインがイマイチ。
    • 加速やスピードも(ry
  3. 内装が没個性的で画一的。
  4. そもそも生産元が某パクリ疑惑が噴出する車ばかり作る嫌われ者国家だ。
  5. ここと共通するかも。
  6. 焚き火の材料にされる。
    • あるいはその車を用いたクラッシュレースが開催される。
      • その車を使ってダーツとかのゲームを楽しむ。
    • ケアレス航空が輸送中のピアノが“運悪く”頭上から落下する。
    • 但し焚き火から生還すると逆にネ申扱いされる。
    • ジェレミー・クラークソンによって“華麗な破壊”という名の洗礼を受ける。
    • 射撃の的にされてしまう。
    • 爆破される。
  7. そもそも車扱いされない。
    • 丸太”“鉄屑”などと呼ばれる。
      • 「アクシデント」とも呼ばれたりw
    • 対比される車が自作PCみたく白物家電から作られたものだ。
      • そもそも、車以外の家具(ex.テーブル)と対比される。
      • 犬や人間、ラジコンカーなどと競争させられ、そして無残に敗北する。
        • 車がゴールするシーンはカットされてしまい、到着は数日後ということにされている。
  8. ジェレミーが段ボール箱を顔に被せた上で車を運転する。
  9. いわゆるキャンピングトレーラー。
トークに、Top Gearで悪く言われるクルマの法則に関連する動画があります。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク