SBI

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

SBIの噂

  1. もとはソフトバンク系列で「SoftBank Investment」の略だったが、いつの間にか離れて「Strategic Business Innovator」の略になっていた。
  2. 昔はスルガ銀行に支店を出していたが、それでは満足いかなかったようで住信SBIネット銀行をつくった。
  3. 一番倫理観ねーくせに、論語だの哲学だの表向きのカッコつけばっか
    と代表取締役社長がホリエモンにツイートされた。
    • ライブドアに資本提携(5%ずつの持合い)を提案したかと思えば、すぐに「清らかな証券市場を汚し」ているとホリエモンをボロカスに言ったりしてりゃ、そりゃそうなるわ。
    • ホリエモンが清いと思うかと言われると、そうは思わないが、ホリエモンのこの発言には共感できる。実際共感できる人が多かったようで、いつも以上にホリエモンの上記ツイートにはイイネがついたとか。
  4. 代表取締役の言行不一致が目立つ。それどころか虚言癖なのかと思うくらいに嘘が多い。もはやお家芸とも言われる。
    • 「オレはサトシ・ナカモトと会談した。」(サトシ・ナカモトは実在しないとする節が一般的。)
    • ツイッターである創薬ベンチャー企業の株をやたら推奨したかと思えば、その銘柄がすぐに暴落し6日連続ストップ安を記録した。
      • その後、SBIがその創薬ベンチャー株を買い支えた結果、SBIHDの持分法適用会社になった。
  5. カルチュア・コンビニエンス・クラブと提携して証券子会社をもうひとつ作るらしい。

SBI証券の噂

  1. 「Eトレード証券」に介入したと思ったら、遂に屋台ごと乗っ取ってしまった。
    • それを意識してか、証券会社にしては珍しく「株式会社」を社名の前に持ってきた。
    • イー・トレードとしての歴史は意外に古く、イー・トレードの前は東京の中規模証券会社がルーツ。大きく変わったのはソフトバンクが買収してからで、その影響でSBIが徐々に入り込んだ構図。
  2. 普通、証券会社に預けたお金は専用の公社債投信(MRFという)で運用されるが、ここの場合は預金に回せる。
    • 後述する住信SBIとリンクしているため。しかも預金のほうは預金保険があるのに、MRFより利回りが高い。
  3. Eトレ時代より、手数料が安くて品揃えが豊富なことが売り。
    • そのためにネット証券の大手、もしくは最大手に上がることが多い。
    • 楽天証券をかなり意識している節があり、楽天側が口座管理手数料とかを無料にするとここも対抗ですぐ無料にするなどしている。
  4. ロゴがBSジャパンとかぶる。
  5. ネット専業であるのだが、源流の関係かで実は店舗や仲介業者をいくつか持っていたりする。

住信SBIネット銀行の噂

  1. 名前のとおり住友信託銀行との合弁。そんな雰囲気は感じないが。
    • 「住信SBI銀行やSBI銀行(これは韓国系のSBJ銀行と紛らわしい)とかでもいいんじゃないか?」と言われるようだが、ネットを付けることによって窓口が原則ない(SBIマネープラザとかでごく一部は扱っている)ネット専業をアピールしている節がある。
  2. ネット銀行の中では、ソニーと並んで資産運用系。イーバンク銀行やジャパンネット銀行とは対照的。
    • そのために、他にはないSBI証券と連携して証券の資金としても出せるハイブリッド預金など、SBI証券の口座開設も半分前提条件となっている節がある。
  3. 証券会社と同一系列であることを活用し、ソニーとは違って自分で投信は売らない。
    • そちらはSBI証券にお任せも、ネット証券大手の力を活かしてSBI証券が攻めているので証券との口座を持っていれば特に困ることがない。
  4. 定期預金のキャンペーンでは、昔はソニーと並んでイーバンクがトップクラスだったが、昨今はイーバンクに代わってここがランキングに顔を出す。
  5. CSの野球中継でよく見かける。
  6. 非接触式決済サービス「Visa payWave」対応カードを日本で最初に発行したのはここらしい。

SBIカードの噂

  1. ポイント制度が極めて簡素。
    • 2種類のキャッシュバックしかない。還元率は1%以上と高いが。
  2. 海外での決済手数料の高さは有名。
    • 1$辺り3円だから、1$=90円の時は3.3%になる。標準は1.63%なのに……
    • 米ドル預金からの決済が出来るため、アメリカで使う場合はまだいいが。
  3. 余りにウケが悪かったのか、親の住信SBI銀がミライノカードを出したことによって、そちらへ事実上の統合という形でサービス終了という結末。

SBIアクサ生命保険の噂

  1. 加入から解約まではすべて電子上取引、を謳っている。
  2. SBIは撤退する模様。
    • ネクスティア生命→アクサダイレクト生命に2度社名変更。

SBIファーマの噂

  1. 実はSBIグループは製薬会社もやってたりする。
  2. SBIホールディングスの株を買うとここが作っている健康食品を株主優待で送ってくる。
  3. 免疫疾患や癌対策の新薬開発に、結構力を注いでいるらしい。

SBI生命保険の噂

  1. 元はオリコ傘下の生保会社だったのが、プルデンシャルを経て、2015年にSBIグループに。

SBI損害保険の噂

  1. SBIとあいおい損保(当時)の共同出資で設立され、後にソフトバンク(当時)も加わって2008年営業開始。

SBIバーチャル・カレンシーズの噂

  1. 暗号資産交換業者
  2. コインチェック事件の影響で、暗号資産交換業への規制が強化され、業登録に時間がかかっていた2018年。
    • HDトップの北尾吉孝が腹いせで「コインチェックはクソ」と宣ったのはあまりにも有名。

SBIジャパンネクスト証券の噂

  1. 日本に2つしか無いPTSの1つ。
    • 今や日本最大のPTS。2017年ころまでは、日本で唯一一般投資家にも開放されていた(但しSBI証券経由に限られた。)。
  2. 一時期はSBI証券しか接続していなかったが、市場間競争の活性化のために、金融庁が音頭を取った結果、松井証券や楽天証券からもここのPTSで取引できるようになった。
  3. 一時期、ゴールドマン・サックス証券も株式の50%を保有する形で資本参加していた。
    • 現在も10%近い保有割合を持つ。

窪田製薬HDの噂

  1. マザーズ上場の赤字創薬ベンチャー。
  2. HDの噂にある「ツイッターである創薬ベンチャー企業の株をやたら推奨したかと思えば、その銘柄がすぐに暴落し6日連続ストップ安を記録した」案件はこの会社の話。
  3. 盲人の目が見えるようにするための薬の開発を頑張っている。
  4. 昔は、アキュセラ・インクという会社で米国に本社を置く外国企業だった。
    • でも創業者が日本人だからという理由で、会社の三角合併を行った上で本社を五反田に移転。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク