NHK紅白歌合戦ファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ファンの噂

  1. 12月31日を心待ちにするためだけに一年を過ごす。
  2. もちろん、受信料は払っている。
    • NHK歳末たすけあい募金もお忘れなく
    • サザン桑田の発言で大笑いしたものもいる。
  3. 抽選に当選しなくても大晦日の夜はNHKホール前の広場で過ごす。
    • そして広場に設置された大画面で擬似観覧を楽しむ。
    • 実は、昭和期より2010年代現在の方が観覧の競争倍率は高い。
      • 1960年代~1970年代は大体50倍くらいだったが、2010年代は約500~1000倍。
  4. 審査員の一人だ。
  5. 年明けから「この歌手は紅白出れるな」「この歌手は出られないな」などと予想を立ててリアルタイムで出場歌手表を作り上げる。
    • 自作の表(ひょう)に入れた歌手が不祥事を起こさないかと、大晦日までヤキモキする。
      • J-POP系は9月ぐらいまで動向を見極める。
        • だがそれでも予想外、想定外の歌手が出たりする。
    • 2005年のゴリエの出演には賛否両論。むしろ、HIGH and MIGHTY COLORを出すべきだと思っていた。
    • 実際歌ってるのがてれび戦士出身だから選ばれたのかも。
  6. 出場歌手が決まっても歌う曲目を真剣に考えてみたりしている。
  7. 格闘技は嫌い。
    • それでも2003年の「マケボノ」だけはたまらず見てしまった(長渕剛ファン除く)。
  8. 実はNHKはあまり見ないほうだ。
  9. 紅白の後は、TBSのカウントダウンTV(CDTV)を視聴する人も多い
  10. 好きな歌手が紅白に出れたら狂喜乱舞。
  11. 放送が終わって「ゆく年くる年」に切り替わる瞬間を楽しみにしている。
  12. 竹島問題にヒヤヒヤしてK-POP枠の扱いに困るなら、少女時代とかよりもKARAを出した方が安全だと思う。
    • ちなみに2011年は両方出演しました。
  13. DJ OZMAにはやはり…(ry
    • 吉川晃司もヤバかった…。
  14. スポーツ新聞の「○○紅白出場内定」の記事が本当なのか気になってくる。
  15. ジャニーズ事務所の社長の自己満足であるNYC連続出場にはファンとは言えど辟易している。
    • 後釜のSexy Zoneも。
    • 最近では白組の司会も。直近でジャニーズ以外の司会はなんと2005年(2007年は紅組がジャニーズなので除外)までない。そろそろ違う事務所所属の司会者を…
  16. 放送後に発表される歌手別視聴率は必ずチェックする。
  17. 演歌ファンとしては氷川きよし・水森かおり・五木ひろし以外の皆様の新曲も聴いてみたいと思っている。
    • 演歌は一時期、出場メンバーがほぼ固定状態だったが、2013年頃から、再び売れている若手演歌歌手が出るようになってきた。
  18. もう少し紅白バランスよく勝てないものか…と常に心配している。
    • 近年行われる視聴者投票だと毎回白組が圧勝してしまうので特に。
  19. 265分間で一年間のヒット曲や名曲のおさらいができて、265分間でJ-POPも演歌も両方楽しめる唯一無二の番組だと思っている。
    • 「TOKIO HOT 100」 (J-WAVE) の 「SLAM JAM20XX」 (1年間でヒットした100曲を紹介) よりも優れていると思っている。
  20. アンチガキの使いである。
    • 低俗なバラエティは大晦日に合わないと考えていたり、良くも悪くもマンネリになってしまった「笑ってはいけない」が嫌いだ。
  21. のど自慢グランドチャンピオン大会や思い出のメロディーで、番組の最後、NHKホールの引きの映像と共に紙テープを発射されちゃうと何でも紅白に感じてしまう。
  22. 最近は相次ぐ大物演歌歌手の引退、アイドルの多用、コント仕立ての番組構成に愛想を尽かしてる。
    • 通常の『歌謡コンサート』改め『うたコン』や、『思い出のメロディー』の方が、余程紅白らしくて面白い。
    • ここで救世主となったのが、テレビ東京の『年忘れにっぽんの歌』。2017年は放送時間を紅白と同じ時間に合わせて、一斉に避難した紅白視聴者は多い。更に続けて『孤独のグルメ』SPと、『ゆく年くる年』まで時間を潰せた為、紅白も民法も見たくない層には救世主となった。

関連項目


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク