AV男優

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 実は学生の「就職したい職業№1」だったりする
    • そりゃあやりたい盛りなんだもの。
    • 職業が職業なので羨ましいと思う人も多いだろうが、現実はそんなに甘くない。
      • 男優に夢を持って就職しても健康管理の難しさや現場の厳しい雰囲気に耐えられず辞める人も多いとか。
      • 熟女はもちろん過度に超豊満だったり、顔が非常に個性的だったり、果てはニューハーフ(男)まで相手にする。キツイな。
  2. そのうち飽きるのか?
    • AV女優もそうだが、セックスがもう「お仕事」になってしまい、プライベートでも楽しめなくなってしまうとか。
  3. AV女優や素人を抱けるのはごく一部。
    • 加藤鷹やチョコボール向井など、限られた有名AV男優のみ。
      • 「最近の業界」「イマドキの若年層の性」に苦言を呈したりする。
        • 「コンドームを使わない男は挨拶が出来ないのと同じ」だっけ?
    • 毎年多くのAV女優がデビューしているが、絡み役の男優は大抵決まっている。
    • 結構臭かったり不潔なAV女優もいるらしい。それでも舐めなきゃいけない時もあるらしい。
    • 単に出すだけの汁男優ってのもある
    • 嘘か本当かは不明だが、人気の男優だと女のほうから御指名がかかることもあるらしい。
  4. 撮影時には大勢の男性スタッフに囲まれて撮影する。興奮なんかできやしねえ!
    • 男同士のプレイなら問題ない
  5. 加藤鷹のギャラは1本7万円なり。
  6. プロレスにも参戦し、勝つと女性レスラーをAVに引き込む。
  7. 衆人環視の中でモッコリできるのはすごい精神力だと思う。
    • なおかつ作品の山場で必ず発射。さすがプロとしか言いようがない
  8. 咳止めの入った風邪薬は仕事前には絶対に飲まないのが業界の常識らしい。立たなくなるのだそうだ。健康管理はスポーツ選手並に気を使うらしい。
  9. 鍛えてる人もいるが、裸体を晒す仕事で腹が出てたり貧相な胸板だったりするのはどうだろう。あと体毛は処理しような。
    • 自分の趣味を押し付けないように。
  10. 職業柄、結構期間が短いとか
    • 裏方業務と掛け持ちしたり、引退後裏方に転身したり。
  11. 明星大学生協には汁男優募集の依頼がある。
  12. 日暮里となんばパークスが好き(米系の場合は特に)
    • 下北沢と軍畑駅が好き(日系の場合は特に)
  13. 大の宮本武蔵ファンである。
  14. 引退後は建築業に転職する。
  15. 歪みねぇ。
  16. 熟女物にも出なきゃいけないのでオバサンともやらなきゃいけない。それでもこの仕事をやりたい男いるか!?
    • 好きな事(子と)だけやれる仕事ってそんなに無くね?
  17. チン毛を処理してる男優もいる。
    • 理由として、陰毛に付着した性病の病原菌を女優に感染させないように。
    • フェラ顔がよく見えるように。毛が目や口に入らないように。あと、チ◯コを大きく見せるため。
  18. 出演者ではあるけれど、裏方でもある。
    • あくまでも女優さんが主役であって、基本的に男優は黒子に徹しなければならない。
      • 女優さんがやりやすいような気配りが必要。清潔感にしろ態度にしろ。
    • 自分が画面いっぱいに入ったり結合部が隠れたりしないように、アングルに気を遣ったり見せ方を工夫したり。
  19. 完全主観モノや某レーベルの「しゃぶりながら」シリーズが結構リリースされているのを見ると、男優を視界に入れたくない人が多いようだと感じる。
    • 声が苦手な人だっているはず(多分)だが、完全主観でも喘ぎ声は消してなかったりする。
      • 音響技術の問題だろうか。バイノーラル録音をウリにしてる場合は消してあったりするが。
  20. 近年は爽やか系やワイルド系の“エロメン”と呼ばれるイケメン男優も増えている。
    • 女性向けのAV・エロ動画に彼らの出るものが多い。

関連項目


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク