集英社

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
半保護中
このページは「度重なる荒らし」のため現在、半保護(匿名投稿と新規登録者の投稿を制限)されています。
詳しい経緯、及び議論はトークページへお願いします。
  1. 元々は小学館の娯楽雑誌部門の一で、1926年に独立した。
    • 現在、小学館との関係は大株主であること(47%強)
      • そして将来は角川と合併して完全に縁を切る。
      • キャラクターライセンスやアニメ制作では小学館集英社プロダクションとしてガッチリ手を組んでいる。
  2. 「○○ジャンプ」(男性向けコミック雑誌)の発行元。
  3. 携帯会社で言うならau
    • ここにもそんな記述が……
      • 実際こことはかなり関係が深い。
        • 最近はこっちの様な気が・・・
        • 正直テレビ東京だと思うのだが。TBSって「ROOKIES」以外何かありました?
  4. 日本版PLAYBOYと週刊プレイボーイは無関係とされているが、どっちもここ。
    • 週刊プレイボーイは2chのネタなど安直な記事作りをやめて欲しい。
    • 日本版PLAYBOYは休刊が決定、ライセンス契約も終了へ
    • 今の週プレの魅力はある意味グラビアだけだと思う。しかしそのグラビアも、最近はAKBの大幅利かせにより質の低下が顕著。(←ファンには申し訳無いが)
      • 最近では乃木坂46に回しているらしい。
  5. ローゼンメイデンファンから期待されている。
    • 20号から始まるらしい。
  6. 日テレズームイン!朝」の生コマーシャルの常連だった。
    • 『りぽん、り~ぽん♪』『るるる~MORE♪』『週刊マーガレットは(あした・きょう)金曜発売♪』
    • 『集英社の雑誌です~♪』
  7. オールナイトニッポンでも決まってCMが流れてる。
  8. BS11の土曜24時は完全指定席。
  9. 「遊栄社」ではない。…はず。
  10. 昔は「理科学習漫画シリーズ」「漫画日本の歴史」など、子供向けのお勉強マンガ本をずいぶん出していた。
    • 学研のひみつシリーズより早い。
  11. ここが出した「コバルト文庫」(当初は「集英社文庫コバルトシリーズ」)こそライトノベルの草分けと言えよう。
    • 最初の頃は専門作家が居るわけでなく、いろんな作家が試行錯誤していた。
      • 映画化され一世を風靡した富島健夫の「おさな妻」もこのレーベルである。
  12. アイドル雑誌ではジャニーズで占める。
    • 昔の「明星」は非ジャニーズのタレント(若手のお笑い芸人や俳優なども)や女性アイドルも取り上げてたのになあ。
  13. 何やかんだでここの新書は、社会情勢を上手く使っている。新書が厳しい人でもお勧め。
  14. 小学館秋田書店などと並んでスクエニ講談社とも関係が深い。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク