長崎の駅

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

日本の駅 > 九州 > 長崎

長崎県にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。


長崎市

長崎駅の噂

ながさき
NAGASAKI
長崎
(長崎県長崎市)
 
うらかみ
URAKAMI

所在地:長崎市

  1. 三角屋根がなくなった。哀しい。
  2. 西九州のどんつき
    • 県庁所在都市の中心駅がどんづまり駅なのはここだけ。
      • 青森駅もね。(一応まだ新青森駅は中心駅といえるほど発展してないと思われ。そのうち名実ともにそっちになるだろうけれど。)
        • 青森駅は貨物線が北側の埠頭に向かって伸びているから厳密にはどんづまりでない。長崎駅はそれすらない完全な頭端駅。
        • 頭端式の行き止まりホームという意味では高松駅も該当する。
        • 但し青森駅と高松駅は複数の路線が乗り入れているので単一路線の行き止まりというのは長崎駅だけ。
        • 高松駅は、構造的にはどんづまりだが、運用上は必ずしもそうでない。一部の列車(特急うずしお)の運行上途中駅扱いされている。小田急藤沢駅のような存在。
  3. 全面改装でアミュプラザと駅舎をドーム屋根で繋げただけの、味も素っ気も無いデザインに。未だにステンドグラスの三角屋根駅舎が話題に上る。
    • 屋根下の「かもめ広場」は、くんち期間には庭先回り先のひとつとして、会場が設けられる。
  4. 駅前歩道橋のお陰で忘れられているが駅前歩道から段差なしで改札まで行ける
  5. この駅の真ん前で市長が射殺された
  6. 出口は1つしかないが近くには「東口」と「南口」というバス停留所がある
  7. 真ん前を走る国道は九州一の交通量をほこっていた。
    • ここを使わないと北部と南部が行き来できなかった。最近は女神大橋を使えば南部に行ける
  8. 新幹線が出来たらまた建て直す事に誰も気付いていない。
    • 計画では高架駅になって、現在の位置よりも奥に移動する。誰も計画通りにいくなんて思っていないが。
  9. 昔はここから長崎港まで線路が延びていた。
    • 今は遊歩道になっている
  10. 駅のロータリーが狭い
  11. 実は長崎初の歩道橋が設置された場所
    • もはや歩道橋というより広場的なものになっている。
    • 高架広場とも呼ばれてます
  12. 自動改札だが降車時には手動改札に流れてしまう
  13. 福山雅治の「18~eighteen~」が発車チャイムとして使われている。ただし、期間限定とのこと。
  14. 高知県の宿毛駅での暴走事故(2005年3月)を思い出すと怖い。
アミュプラザ長崎の噂
  1. 夢彩都がショッピングセンターという雰囲気だが、こちらはデパートっぽい
  2. 駅を出るといきなり目の前が斜面地帯の為、圧迫感がある。
  3. 新幹線開通後は新駅舎の方にお引越し。
    • 跡地にはヨドバシカメラが長崎に進出してきそう。
本線:八千代町←長崎駅前→五島町
桜町支線:長崎駅前→桜町

浦上駅の噂

うらかみ
URAKAMI
浦上
(長崎県長崎市)
 
うつつがわ
UTSUTSUGAWA

にしうらかみ
NISHI-URAKAMI
ながさき
NAGASAKI

所在地:長崎市

  1. 長崎駅の隣駅。
  2. 長崎市の代表駅ではないが、かもめが全便停車。
    • それどころか廃止したあかつき以外全部停まる。
      • 位置的には問題ない気もするが……
    • 特急停車駅にしては地味で規模の小さい駅舎。
  3. 浦上から長崎まで複線化されている。
  4. 長崎本線の新線と旧線が合流。
  5. 浦上より先は国道側から長崎新線、長崎旧線と敷いてある。
  6. 地味に客が多い。
    • そしてえてして座れない(諫早方面の場合)。
      • 上りのかもめの自由席や佐世保行き快速なんかは、ここから乗ってもほとんど座れない。
  7. まだ自動改札が設置されていない。諫早でさえ自動改札なのに
  8. 駅構内に枇杷がなっている
  9. 当初(明治30年ごろ)ここが長崎駅である。
  • 路線 - 長崎本線

西浦上駅の噂

所在地:長崎市

  1. かなり影が薄い駅。
  2. 路面電車が近くに走っているが、西浦上駅前という停留所はない。
  3. 位置的には西浦上というより「北浦上」じゃないの?と思いたくなるが、むかしこのあたりは西彼杵郡西浦上村だったらしい。
    • 徒歩圏内に「長崎市役所西浦上支所」があるのでそのせいだと思う。
  • 路線 - 長崎本線

現川駅の噂

うつつがわ
UTSUTSUGAWA
現川
(長崎県長崎市)
 
ひぜんこが
HIZEN-KOGA
うらかみ
URAKAMI
現川駅のホームから。普通電車は特急の通過待ちでかなり待たされる。

所在地:長崎市

  1. トンネルとトンネルの間に挟まれている。
    • 長崎側のトンネルには信号場が存在している
      • トンネルの中で、対向列車の通過待ちで数分停まってしまうことがある。
      • トンネル内で対向列車を待ち、さらに現川駅で追い抜き列車を待つこともあり、かなり待つことになることもある。
  2. 長崎県営バスが現川駅のみ出している。
    • 増発され往復運行になりました。
  3. 「うつつがわ」と読むのだが、他県人には正直読めない。
    • 駅近くの川は現川川。カオス。
  4. この駅で下り寝台特急<あかつき>は後続のL特急<かもめ>に追い抜かれてた。<あかつき>は本線で通過待ち、<かもめ>は下り側ホーム通過。
  • 路線 - 長崎本線

肥前古賀駅の噂

所在地:長崎市

  1. トンネルを抜けた後。
    • 上りでも下りでも。
  2. 停車時にものすごい電車の傾きを感じる。
  • 路線 - 長崎本線

佐世保市

佐世保駅の噂

させぼ
SASEBO
佐世保
(長崎県佐世保市)
 
ひう
HIU

所在地:佐世保市三浦町

  1. フレスタSASEBOがある。
    • 東口には「えきマチ1丁目 佐世保」みなと口には「佐世保五番街」のショッピングモールがある。
  2. 日本最西端の駅・・・だった。
    • あくまで佐世保駅が開業した頃の話であって、松浦線が松浦鉄道に転換されるまで日本最西端ではなくなった。しかも最西端になったといっても「日本最西端のJRの駅」または「日本最西端のみどりの窓口がある駅」。
  3. 駅前のマンションが雨後の筍のよーににょきにょきと繁殖中。中心街では珍しい平らな土地だからねぇ。
    • 高架下は全て商業施設で埋めるとかして有効に使えばいいものの殆どが駐車場。
  4. 駅前の国道の下には西九州初と言われた地下商店街が再開発時に埋められて眠ってたり。テナントの一部が駅の高架下に移ってます。
    • 高架下には、地下街の頃から営業してる佐世保一美味しい(と評判の)ちゃんぽん屋さんがあります。
  5. 長崎駅や佐賀駅が特急の本数を年々増加させているのに対して、佐世保駅は上下とも1時間に1本と昔と変わらずJRのやる気がない。
    • もっと、利用しましょう。
  6. 駅降りたら高速道路・・・って千駄ヶ谷か!
  7. 駅構内に有名佐世保バーガー店の支店が出来たが、スペースが狭く余裕がないためか店員の態度が異様に悪い。注文も取らないまま15分以上平気で客を待たせることもある。立地の良さから観光客の客足は絶えないが、このままではせっかくの名物の名を汚しかねず心配。
  8. 2010年3月にやっと自動改札機が設置された。
  9. 何気に県内唯一の高架駅であり発着率が少ない割には6番乗り場まである。
    • 高架化される前は0番のりばもあった。
    • MR西九州線ホームは一面2線でJR1番2番ホームからも行き来が可能。
    • JR行橋駅によく似た構造。
  10. みなと口を出ると徒歩1分程度に海に辿り着く。(フェリー乗り場も近い)
  • 路線 - 佐世保線 松浦鉄道
  • 隣接駅(松浦鉄道) 佐世保中央→佐世保
  • 関連項目 - みどり

早岐駅の噂

はいき
HAIKI
早岐
(長崎県佐世保市)
 
みかわち
MIKAWACHI

だいとう
DAITŌ
はうすてんぼす
HUIS TEN BOSCH

所在地:佐世保市

  1. 佐世保線と大村線の接続駅。佐世保線はこの駅でスイッチバックになっている。
    • そのため佐世保線で早岐折り返しの普通が多い。
    • スイッチバックのことは佐世保市民は誰でも知ってるが、よそではほとんど知られてないらしい。
      • 昔、他県から来た修学旅行生が佐世保駅から列車に乗って帰る際、先生を含め誰一人スイッチバックのことを知らず、早岐駅発車直後、車内は一時パニックに陥ったことがあるらしい。
  2. 最近自動放送が導入された。
  3. 0番から4番までのりばがあるのに、2番のりばが見あたらない。
    • 25年のダイヤ改正でなぜか2番のりばができて3番のりばがなくなるらしい
      • 中線がある関係だと思います。
  4. 木造駅舎としては結構有名らしい。
    • 新駅舎の完成で歴史ある木造駅舎が消滅してしまった。
      • 東西自由連絡橋が完成して権常寺方面への行き来が可能となり便利になった。
        • この連絡橋に新駅舎がくっつき西口、東口の二箇所の出入り口が生まれた。
      • 東口駅前に地元資本スーパー「エレナ早岐店」がオープンした。
  5. 戦後一時期、東京からの普通電車が日に数本あったとか。
    • その当時のダイヤでは東京駅22:40発→早岐駅13:41着。かつての寝台特急「さくら」より速い!と一瞬驚いたが、よく見ると早岐に着くのは翌々日。つまり39時間かかってたらしい。
      • その列車のサボは、「はいき行」。 一見、どこの駅行きなのかわからんサボ。(引用by宮脇俊三先生)
  6. 当駅で特急ハウステンボス号と特急みどりの切り離しが行われる。
  7. バス停「早岐駅前」は空気。
  • 路線 - 佐世保線 大村線

ハウステンボス駅の噂

所在地:佐世保市南風崎町

  1. 大村線で佐世保~ハウステンボス間だけは電化されている。
    • 佐世保~早岐は佐世保線だけど
  2. 到着アナウンスが独特
  3. 松浦鉄道が乗り入れる。
    • 早岐までしか来なくなってしまいました・・・(2011年3月)
  4. 無理矢理作った駅のせいかホーム幅がめちゃくちゃ狭い。そのお陰でエスカレータはおろかエレベータも設置出来ない模様。
    • ついにエレベータも無理矢理に作った、1番線の上に…
  5. 周辺は地盤沈下が進んでおりホームの凹凸の酷さときたら・・。
    • 最近になって工事に着手し、ホームの凹凸は無くなった。
  6. 駅前には「日帰り温泉施設」が備わったホテルがあるのみ。
  7. ハウステンボス・ゲートまでは早岐瀬戸を駅直結の人道橋を渡って5分ほど。
  8. 駅構内にはJR全日空直営の売店とみどりの窓口がある。
  9. 長崎方面に駅を発車するとすぐトンネルが待ち受けている。
  • 路線 - 大村線

佐世保中央駅の噂

所在地:佐世保市

  1. となりの中佐世保駅とは、駅の間隔が日本一短い駅。
  2. 四ヶ町商店街の買い物客のために、アーケードの上を通る高架橋脇に無理やり造った駅。
    • 商店街からだと、怪しげな路地を入って曲がった先にある。知らない人は、こんなところに駅があるとは思えない。
    • だが、松浦鉄道に限れば佐世保駅より乗降客が多いらしい。
  3. 駅ができて20年たってやっとエレベーターが設置された。
  • 路線 - 松浦鉄道

その他の自治体

諫早駅の噂

いさはや
ISAHAYA
諫早
(長崎県諫早市)
 
ひがしいさはや
HIGASHI-ISAHAYA

いわまつ
IWAMATSU
にしいさはや
NISHI-ISAHAYA

所在地:諫早市

  1. 一時期JRと島原鉄道で改札が分離されていた。
  2. 諫早から喜々津まで一応複線化されている。
    • 長崎県内で複線化されているのは諫早~喜々津間と浦上~長崎間だけ。
  3. 諫早と名のつく駅は、西諌早(JR)、東諌早(JR)、本諫早(島鉄)、諫早東高校前(島鉄)がある。
  4. 近辺には、や○らちゃんやら、き○やら、『禁則事項です♪』な隠れ宿が数件ある(あった?)。参照
    • 残念!もう御用になったよ~♪[1]
  • 路線 - 長崎本線 島原鉄道

東諫早駅の噂

所在地:諫早市

  1. 周辺はそこそこ宅地化されているが、電車の本数が鬼のように少ない。
  • 路線 - 長崎本線

たびら平戸口駅の噂

  1. 沖縄にゆいレールができたが、松浦鉄道のたびら平戸口駅は「日本最西端の駅」を譲らない。
    • 平戸市と松浦鉄道の言い分では「レールが2本あって全国と繋がってる普通鉄道」で最西端なのでそれでよし、ということだそうで。
    • 佐世保駅が(JRの)日本最西端の駅を名乗ってるのは、平戸市民は認めない。ケンカ売ってるのか?と思う。
    • 尚、実際は当駅より更に西に線路が通っている。
  2. 国鉄時代は「平戸口駅」だったが松浦鉄道になって「たびら平戸口駅」に変えて「田平」の名を入れた。
    • しかし、いまでも単に「平戸口」と呼ばれることがほとんど。
      • バス停も「平戸口駅前」のまま。「たびら」の文字はどこにも入ってない。
  3. 鉄道博物館併設。駅舎内に古いきっぷ等が展示されている。
    • 屋外には石炭車があるのだが雨ざらしのためひどいことになっている…。
  4. 鉄道ファン以外の観光客には、この駅の利用はおすすめできない。
    • この駅から平戸島へ行くのは不便。西肥バスがヤル気ないため、バスはめったに来ない。
      • 「平戸島に行きたいときには西肥バス平戸桟橋行きに乗りましょう。たびら平戸口駅はあくまで田平です。」といったところか。
  • 路線 - 松浦鉄道

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク