見ていてがっかりする光景の法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 原作崩壊。
  2. ニコニコ動画で、サムネ詐欺のタグが貼ってあった場合。
    • 釣り動画だった。
      • 昔懐かしいミュージシャンのPV動画だと思っていたら「歌ってみた」だった。
        • (cover)とか紛らわしいタイトルだった。
    • 「○○の噂」とか「〇〇の真実」とか、まとめ動画だと思ったら、ただの2ch転載の文字動画だった。
      • 10分近く、ただひたすら視聴するもオチや結論無し。締めの言葉は「~だったらいいですね」 …無駄な時間だった。
      • シークバーを動かしてシーンのサムネを確認するのがオススメ。
  3. 旅行で自分の見たいものに行って見たら、大したことなかった時。
    • 折角、欧州に行って西洋建築の粋を集めた風光明媚な街並みを撮影しようとカメラを構えるが、中国人団体客がわんさか集まってセルフィ―棒片手に写真を撮りまくり、一向に視界から捌ける気配が無かった時。
  4. 自分の好きな歌手が、突然の路線変更したとき。
    • その歌手はもうオワコンと感じたとき。
  5. パンチラで、ラッキーと思ったはずが、実はその女の人の容姿がイマイチだった時。
    • 前を歩く異性の後ろ姿を見て、理想のタイプの髪型だったが顔立ちがイマイチだった。
  6. 期待してナンパしたとき、じつはその人がオカマだった時。
  7. 興味を持った映画やアニメについて検索をかけたらwikipediaがヒット。キャスティングなどの情報を調べようとしたら「あらすじ」の項に物語の初めから終わりまでネタバレが書いてあった。
  8. 「安い!」と思ったら税抜価格。
    • (Amazonにて)「安い!」と思ったら送料別。
    • ○円台前半だと思ったのが、税込で○円台後半になってしまう。
      • 税込で最上桁が変わってしまう。
  9. 番組が盛り上がったところでCMになった(山場CM)。せっかく次の展開に備えた意識のリソースが無駄になった。
    • 「続きはCMの後で」という前置きすら無い時は特にそうなる。
    • これの反動で、番組が盛り上がってくると「どうせCMなんだろう」と警戒レベルを最高に引き上げてしまう。
      • あまりにもこういうのが蔓延っているので、NHKですらつい警戒してしまう。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク