石川の駅

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

日本の駅 > 北陸 > 石川

石川県にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。

主な駅

IRいしかわ鉄道

倶利伽羅駅の噂

所在地:河北郡津幡町字刈安

  1. あいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道の境界駅。
    • しかし、島式1面2線で無人駅である。
  2. 接近メロディーは「倶利伽羅峠の歌」。

津幡駅の噂

津幡
つばた
Tsubata
もりもと
Morimoto
くりから/なかつばた
Kurikara Nakatsubata

所在地:河北郡津幡町字南中条

  1. 能登半島の人なら必ず訪れた経験があるはず
    • しかし車社会である為普段は使わない
  2. 昔は貨物駅もあった
    • キヨスクもあった
  3. 津幡町内ではあるが、かなり町外れにある。
    • なので、町民は七尾線の中津幡駅、本津幡駅の利用する人が多い。
    • なぜこちらが津幡駅を名乗ったかというと、七尾線接続駅で優等列車が停まったからだろう。
      • かつては寝台特急「北陸」も停車していた。現在でも一部の特急列車が停車している。
    • ちなみに、町内で一番の商業施設「アルプラザ津幡」はここで降りると近い。
  4. 北陸本線がIRに分離されてから当駅の利用者が急増した。
    • ただし、七尾線から直通も含む点では注意が必要。
      • 分離前は利用者がさほど多くなかったが、IRになってから石川県で2番目の利用者になった。
  • 路線 ‐ IRいしかわ鉄道 七尾線

森本駅の噂

所在地:金沢市弥勒町

  1. 東へ向かうと金沢森本ICが直ぐ傍にある。
    • 西へ向かうと国道8号を介して金沢東ICがある。
  2. 金沢おぐら座の最寄り駅。
  3. ここから金沢駅までJRバスが並走している。
  • 路線 ‐ IRいしかわ鉄道
  • バス - 北陸鉄道バス 西日本JRバス

東金沢駅の噂

所在地:金沢市三池町

  1. 東神奈川駅と紛らわしい。
  2. 営業キロ上は金沢貨物ターミナル駅と同じになっている。
  3. IRいしかわ鉄道の本社が近くにある。
  4. 北陸新幹線建設によって駅が移転した。
  5. 星稜高校や桜丘高校などが近いこともあり、学生の利用者が多い。
  • 路線 ‐ IRいしかわ鉄道
  • バス - 北陸鉄道バス 西日本JRバス

北陸本線

西金沢駅・新西金沢駅の噂

所在地:金沢市西金沢1丁目(西金沢駅)、金沢市米泉町7丁目(新西金沢駅)

  1. 北陸鉄道石川線とJR北陸本線が唯一、乗り換えられる駅。
    • しかし、北鉄の方は「新西金沢駅」という地名であり、利用者も少ない。
  2. 石川線を金沢市街地(香林坊や『むさし』交差点)に経由したら恐らく乗換駅としての機能は持てたのだろう。
  3. 開業時は北陸本線が野々市駅、北鉄が新野々市駅を名乗っていた。
    • 大正14年に北陸本線が現駅名に改称し、翌年に北鉄も現駅名に改称した。
  4. 西金沢・新西金沢間に常設の連絡線はない。どうせなら直通列車を金沢駅まで乗り入れたほうが、野町駅が終点より便利なのだが。
    • 石川線に列車を搬入するときだけ、臨時の渡り線を設置するらしい。
  5. 金沢高校や伏見高校が近くにあることから、学生の利用者も多い。
  6. 橋上化されてから西口が完成し多くの住宅が建ったものの、駅前に出店予定だったピアゴは出店を断念し、joshinもオープンしてから3年弱で閉店した。
    • ところがここに来てなんとあのZeppがこの場所に北陸初のライブハウスを開業させる計画が浮上。果たしてこんなところに建てて儲かるのだろうか…?

野々市駅(JR西日本)の噂

所在地:野々市市二日市三丁目

  1. 野々市と名乗っているが市外から明らかに遠い。
    • 元は石川郡郷村で昭和31年に松任市編入組との分割編入を経て野々市町に。
      • 駅が開業したのはその後の昭和43年のこと。
  2. 北鉄にも同様の駅名が存在する。当駅から遠いのでどうやって区別しているのだろうか?
    • こちらは白山市境で北鉄は金沢市境。
    • 同名だから乗換駅だろうと思って、JR野々市駅から北鉄野々市駅まで歩こうとすると、ひどい目にあう。
      • 距離も遠いが、道順もかなり複雑。
        • 駅南口を出て駅前の道路を左折して、ただただまっすぐ道なりに歩いていけば北鉄押野駅に行ける。
  3. 平成29年に住居表示が実施され住所が二日市町から二日市三丁目に変更になった。
  • 路線 - 北陸本線
  • バス - 北鉄金沢バス、のっティ、のんキー、めぐーる

松任駅の噂

松任
まっとう Mattō
かがかさま
Kaga-Kasama
ののいち
Nonoichi

所在地:白山市相木町

  1. 読みはまとう。決して「まとう」ではない。
  2. 金沢総合車両所が近くにある。
  3. デゴイチが置いてある。
    • 雨ざらしでぼろぼろ…。
  4. この人はいない。
  5. 昭和30年まで北陸鉄道野々市駅と北陸鉄道松金線で接続していた。
    • さらに昭和19年までは野町駅まで北陸鉄道松金線で接続していた。
      • 言うまでもないが野々市駅以降は北陸鉄道石川線とは違うところを走って野町駅へ。
  6. 橋上化されてから駅周辺がかなり変わった印象がある。
  7. 白山市の代表駅ということもあって一部の特急が止まり、ICOCAが導入された際に自動改札機も設置された。
    • しかし、新幹線停車駅からは何故か、外される予定。
      • 北陸新幹線とは並行するが、ホームがないので停車駅にならないそうだ。
  • 路線 ‐ 北陸本線
  • バス ‐ 北鉄バス・白山コミュニティバス「めぐーる」

加賀笠間駅の噂

所在地:白山市笠間町

  1. 金城大学の最寄り駅。
  2. 白山総合車両所が近くにある。
  3. かつてここに北陸新幹線の白山駅を設置しようとする動きがあった。
  • 路線 ‐ 北陸本線
  • バス ‐ めぐーる

美川駅の噂

所在地:白山市美川中町

  1. 駅名は能美郡と石川郡のそれぞれ1文字とった開業当初の自治体である美川町が由来。
    • よって、「県一のえき」というわけではない。
  2. 北口駅舎が無駄に豪華。
  • 路線 - 北陸本線
  • バス ‐ めぐーる

小舞子駅の噂

所在地:白山市湊町

  1. 元々は小舞子海岸の利用者の為に作られた駅。
    • 海岸線から近いこともあって、駅周辺は松林だらけ。
  2. 工場が多い。
  • 路線 - 北陸本線
  • バス ‐ めぐーる のみバス

能美根上駅の噂

所在地:能美市大成町

  1. かつては北陸鉄道が鶴来まで伸びていた。
    • 現在はそこに向かうバスはもう走ってない。
  2. なぜか待合室には雑誌や小説などの本が置かれている。
  3. 駅前の通りがホームラン通り。
  4. 2015年に改名されるまで、根上にあったのに「寺井駅」だった。
    • 寺井の豪商が私財でつくった駅だったから。
  5. 寺井中心部の商店街の名前は、少し前まで「寺井駅前通り」だった。当然ながら、この通りで駅を探しても見つからない。
    • この駅前の「駅」は、今は亡き北鉄能美線の本寺井駅が由来。駅が無くなっても、ずいぶん長い間そのままだった。
  • 路線 ‐ 北陸本線
  • バス - のみバス

明峰駅の噂

所在地:小松市松梨町

  1. 駅の開業が1988年と比較的新しい。
  2. 駅名の由来ともなった小松明峰高校がすぐそばにある。
  • 路線 ‐ 北陸本線

小松駅の噂

小松
こまつ Komatsu
あわづ
Awazu
めいほう
Meihō

所在地:小松市土居原町

  1. 県庁所在地駅ではないが、2002年に高架化された。
  2. 七尾線で運用されている415系800番台の最西端駅。
    • 413系と475系もね。
  3. ケチって折り返し線を1線しか作らなかった為に、普通列車が不便極まりない。
  4. 特急が全部停まるわけではない。
  5. コマツの研修施設に設置された超大型ダンプがよく見える。
  6. 最近、引退した489系ボンネットの保存が始まった。
  7. かつては駅南に"日本最後の軽便鉄道"と言われた尾小屋鉄道(現・小松バス)が発着していた。
    • 1986年まで北陸鉄道小松線もあった。
  8. こんなところでEVバスが見られる。日中時間のみの限定運行。検査時運休。
    • モノは羽村市で走っているのと同じ。さらに言うと日野自動車つながりという経緯までが同じ。
      • 羽村にあるのはヒノノニトンやランクルプラドを生産する羽村工場、小松にあるのは日野のバスを生産するジェイ・バスの本店・小松事業所。
  9. 駅前にあった小松大和の跡地に公立小松大学が入った複合施設が2017年に出来た。
  • 路線 - 北陸本線
  • バス - 小松バス 加賀白山バス 小松市コミュニティバス

粟津駅の噂

所在地:小松市符津町

  1. 加賀温泉郷の一つ粟津温泉の最寄り駅。
    • しかし、駅の看板には「タクシーで10分」とタクシーを使うようにと書かれている。一応路線バスも走っているのだが…。
  2. かつてはここから北陸鉄道粟津線が走っていた。
  3. コマツ粟津工場が駅のすぐ近くにある。
  • 路線 - 北陸本線
  • バス - 小松バス 小松市コミュニティバス

動橋駅の噂

所在地:加賀市動橋町

  1. 片山津温泉の最寄り駅として、かつては特急列車も停車する大きな駅だった。
    • しかし加賀温泉駅の完成によって特急列車が停車しなくなり、現在では無人駅となってしまった。
      • その煽りを受けてか接続していた北陸鉄道加南線は廃止、さらに代替バスも廃止され接続する路線バスすらなくなる状況に。
  2. 石動駅同様、ここも難読駅名の一つ。
    • 東京の文京区には似たような字面の「動坂」があるが、当駅の読みにつられて「いぶりさか」と読みそうになってしまう。
  • 路線 - 北陸本線

加賀温泉駅の噂

加賀温泉
かがおんせん Kagaonsen
だいしょうじ
Daishoji
いぶりばし
Iburibashi

所在地:加賀市作見町

  1. 加賀市の中核駅。特急停車駅だが、加賀温泉という名の温泉はない。
    • 加賀市+温泉の意味です。
      • ついでに言うと加賀市街地からも遠い。市街地の最寄り駅は西隣の大聖寺駅。
  2. 駅前には唯一、観音温泉があったが、今は閉鎖されているので駅近辺に温泉はない。
  3. さらに、加賀温泉郷のどの温泉からも近くない。
    • 山代温泉・山中温泉は大聖寺駅、片山津温泉は動橋駅、粟津温泉は粟津駅が最寄り駅。
    • かつての優等列車は、上記の全てに留まって温泉客をおろしていたが、小松~芦原温泉までほとんど各駅停車状態だったので、当駅を新設した。
    • 上記のどこか1つに絞ると他の温泉からイチャモンがつくので、当時鈍行停車駅の作見駅を改造して造り、他の駅は鈍行停車駅に格下げ。
  4. 駅から見える、巨大な金色の観音像が目を引く。時間待ちの観光客の中には見物したがる人もいるが、地元の人は決して推奨しない。
  5. アビオシティ加賀がオープンしてから駅前周辺に様々なお店ができ、かなり賑やかになった印象。
  • 路線 - 北陸本線
  • バス - 加賀温泉バス

大聖寺駅の噂

所在地:加賀市熊坂町

  1. 石川県最西端・最南端の駅であると同時に加賀市役所及び市街地の最寄り駅。
    • なぜか加賀温泉駅に比べて停車する特急が少なく、新幹線停車駅から外れている。
      • その昔動橋駅と特急の停車争いで揉めた結果、間の作見駅(現在の加賀温泉駅)が特急停車駅になった影響。
        • その影響をもろに受けたのが接続していた北鉄加南線である。
  2. 駅舎の反対側にある大きな工場は大同工業の本社である。
  • 路線 - 北陸本線
  • バス - 加賀温泉バス

七尾線・のと鉄道

宇野気駅の噂

所在地:かほく市宇野気

  1. かほく市の代表駅であり、特急列車も一部止まる。
  2. PFUの本社が近いこともあって、利用者は比較的多い。
    • そもそもPFUのUは、元を辿れば宇野気のUである。
  3. イオンモールかほくの最寄り駅、シャトルバスも運行されている。

高松駅の噂

高松
たかまつ Takamatsu
よこやま
Yokoyama
めんでん
Menden

所在地:かほく市内高松 ここでは石川県の高松駅について記述します。香川県の高松駅について記述される方はこちらへ。

  1. 香川にも高松駅があるのに、どうして加賀高松に変えないかが不思議。てか北陸って紛らわしい駅が多いなぁ。
    • 初めて北陸に来た時「金沢から瀬戸内海越える列車が何本もある!?」とマジで思った。
  2. サンダーバードが一部停車。
  3. ここで折り返す列車が一部ある。
  • 路線 ‐ 七尾線
  • バス ‐ かほく市営バス

羽咋駅の噂

所在地:羽咋市川原町

  1. 駅近くに羽咋擬音石像が設置されている。
  2. かつては北陸鉄道能登線の接続駅であった。現在でも志賀・富来方面へ向かうバスが頻繁に運行されている。
  • 路線 - 七尾線
  • バス - 北鉄能登バス

七尾駅の噂

所在地:七尾市御祓町

  1. 実は石川県で最東端の駅。
  2. JRとのと鉄道の列車が事実上、運行系統が分断される駅。
  3. ミナ.クル開業に合わせて、駅前のバスターミナルも大きくリニューアルした。
  • 路線 - 七尾線 のと鉄道七尾線(車両のみ乗り入れ)
  • バス - 北鉄能登バス 能登島交通 七尾市コミュニティバス

和倉温泉駅の噂

所在地:七尾市石崎町

  1. 和倉温泉の最寄り駅だが、JR西日本は特急列車を除き入線すらしない。
    • 普通列車は七尾駅で折り返す為。
  2. ホテルや旅館の送迎がいっぱいいる。
  • 路線 - 七尾線 のと鉄道七尾線
  • バス - 北鉄能登バス

北陸鉄道

七ツ屋駅の噂

所在地:金沢市北安江

  1. 七ツ屋町から微妙に離れている。
  2. IRいしかわ鉄道(旧北陸本線)の真下に駅がある。
    • 但し、IR側には駅はない。
  3. その昔検車庫や駅舎があったらしい。
  4. 2001年、北鉄金沢駅までの区間の地下化に伴う移設により現在の駅になった。
  • 路線 - 北陸鉄道浅野川線

割出駅の噂

所在地:金沢市諸江町

  1. 五十音順に並べた時の場合、日本国内の全ての駅では最後に位置する駅。
    • 因みにローマ字順で最後は逗子駅。
  2. 北陸鉄道の本社は当駅が最寄り駅である。
  • 路線 - 北陸鉄道浅野川線

粟ヶ崎駅の噂

所在地:河北郡内灘町向粟崎

  1. 大野川の向こうは金沢市。
    • 川の向こうは元々は石川郡であったが、昭和10年に金沢市に編入。
      • その川向こうが本当の粟崎。こちらは所在地名からわかるように粟崎の向かいにある別の街。
      • ちなみに、粟崎、向粟崎、どちらも、駅名のように「ヶ」は付けない。
  2. 時速15kmで走る大野川鉄橋の先にある。
    • 鉄ヲタさんには大野川鉄橋が浅野川線唯一の撮影ポイントらしい。
  • 路線 - 北陸鉄道浅野川線

内灘駅の噂

所在地:河北郡内灘町向粟崎

  1. 内灘町の中心だが、役場から遠い。
    • 周辺は一面が住宅地である。
    • 役場をここへ移転すれば駅としては便利になると思うが。
      • 駅からバスで行けるから問題ないと思うが。
  2. その昔は粟ヶ崎遊園前駅を名乗っており、粟崎遊園の最寄駅であった。
    • 粟崎遊園は「北陸の宝塚」と称されたという。
      • ちなみに、廃止された北鉄金石線沿線にも「涛々園」という同様の遊園地があり、涛々園前駅で連絡していた。
  3. 昭和49年まで粟ヶ崎海岸まで線路が延びていた。
    • この区間は浅野川電鉄時代にいったん廃止されたが、北鉄に買収後復活した経緯があり、浮き沈みが激しい。
  • 路線 - 北陸鉄道浅野川線

野町駅の噂

所在地:金沢市野町5丁目

  1. ここから地下路線で香林坊やむさし、金沢駅に向かって欲しいと思っている。
    • 地上でのLRT構想が出ているが実現味はほぼない。
      • まあLRT構想が実現するなら、そもそも金沢市電が廃止されてないわな。
        • 地下線新設して直通した方が石川線沿線から香林坊や「むさし」の集客力に繋がるけどな。
        • 少しでもそのつもりがあるのなら、野町~白菊町間を廃止したりしなかっただろう。
          • 白菊町が残ってれば、香林坊はともかく片町あたりまでは余裕で歩けるのに。
    • どこへ行くにもクソ不便。バス偏重がひどすぎる。近いのって忍者寺くらいじゃないか?金沢って本当に観光しづらい街・・・
      • まあ、バス連絡が前提の駅&ダイヤだからね。三崎口駅と同じようなものだと思えば、腹も立たない。
      • そもそも観光路線じゃないんですわ。はっきり言って生活路線です。
      • その割に食べログなどで飲食店を検索すると、「交通手段・野町駅から1,091m」などと案内される(特に片町近辺など)。
        • あれを見て、金沢駅→西金沢→野町と電車を乗り継いで行こうとする観光客がいるのではないかと心配になる。
  2. でも、地上の駅舎を残してほしい。
  3. 鉄道駅も利便性が良いとは言い難いが、バスロータリーも狭い。
  • 路線 - 北陸鉄道 石川線
  • バス - 北陸鉄道グループ

西泉駅の噂

所在地:金沢市泉本町5丁目

  1. 駅から少し西へ歩かないと西泉に行けない。
    • 当駅から新西金沢方面へ向かうと行ける。
    • 肝心の所在は泉本町というオチ。
  • 路線 - 北陸鉄道 石川線
  • バス - 北陸鉄道グループ

野々市駅(北鉄)の噂

所在地:野々市市本町1丁目

  1. JRにも同名の駅があるが市街地はこちらの方が近い。
    • 元々の野々市町(町制施行前は野々市村)だから。
    • 駅の開業は大正5年でこちらが先。
      • 開業時は野々市連絡駅、その後上野々市駅を経て大正15年に現駅名になった。
  2. 昭和30年までは松金線と接続していて大規模駅だったらしい。
  • 路線 - 北陸鉄道 石川線
  • バス - 北鉄金沢バス、のっティ

野々市工大前駅の噂

所在地:野々市市本町2丁目

  1. 金沢工業大学への最寄駅。
    • 役場が三納に移転する前は役場への最寄駅でもあった。
    • カレーのチャンピオン本店や鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうるうろうはん)の最寄り駅でもある。
  2. 上野々市(3代目)→工専前→野々市工大前と2度の改称歴がある。
  3. 富樫氏が野々市に館を構えていたことから駅舎横に富樫館跡の石碑がある。
  • 路線 - 北陸鉄道 石川線
  • バス - のっティ

四十万駅の噂

所在地:金沢市四十万4丁目

  1. 金沢市と白山市(旧鶴来町)の境界駅であり野々市市にも近い。
    • 金沢市と言っても元は石川郡額村。
  2. 以前は交換可能駅で駅舎も存在したという。
    • 駅前が広いのはそのせい?。
  3. バスに乗り換えるのであれば南四十万か南四十万二丁目のどちらかのバス停が最寄。
    • 四十万バス停までは結構距離がある。
  4. 念のために言うと、「しまんと」駅ではない。
    • しまんとも難読地名だが、こちらもかなり難読駅名である。
  • 路線 - 北陸鉄道 石川線

陽羽里駅の噂

所在地:白山市曽谷町

  1. これで「ひばり」と読む。かなりのDQN駅。
    • 隣接する新興住宅地の名前にちなむ。もちろん、土地開発事業体の請願駅。
    • 田んぼが広がる郊外なのだが、駅開設により金沢市中心まで安定的に通勤できるというのが売り。
    • だが、石川線が万一廃止されたら目も当てられないことになるというのは杞憂か。
  2. 北陸鉄道では半世紀ぶりに作られた。石川線としては開業後、初の新設となる。
  3. 開業日は2015年3月14日。北陸新幹線の開業に合わせた。
    • どう見ても観光客を誘致するようなところではないのだが。
  • 路線 - 北陸鉄道 石川線
  • バス - 加賀白山バス、白山コミュニティバス「めぐーる」

鶴来駅の噂

  1. 今は平凡なローカル線の終着駅だが、かつては石川線、金名線、能美線が集結する県内有数のターミナル駅だった。
    • 金名線方面は路線バスがそこそこの本数で白峰まで運行しているが、能美線の方向は悲惨な状況。
      • 一時まったく途絶えていたが、のみバスが若干復活させた。
      • JAIST連絡バス(JAIST Shuttle)もあるが、一般客の利用はできない。ただし、能美市とJAISTの協定により、能美市民に限り(市役所で利用証を交付)、JAISTに用がなくても利用できる。
      • JAISTでのみバスに接続して市役所方面に抜けられる。
  2. 駅舎は昭和初期に建てられたレトロな木造建築。
  3. 鶴来の中心街からは少し離れている。
  4. 待合室には金名線などでかつて使われていたサポや駅名標などが陳列されていて、ちょっとした鉄道博物館の雰囲気がある。
  5. 北陸新幹線の愛称の由来の一つ・・・のわけはないか。
  • 路線 - 北陸鉄道 石川線
  • バス - 加賀白山バス、白山コミュニティバス「めぐーる」、のみバス、JAIST Shuttle

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク