映画 プリキュアオールスターズファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
トークに、映画 プリキュアオールスターズファンに関連する動画があります。
キミはどのプリキュアのファン?(新宿駅
  1. 過去のシリーズのキャラクター達の新規作画があるのは嬉しい。
  2. 一部ファンは第2弾予告編で咲がかぶってるかぶりものを見て「あれっ…」とおもったはず。
  3. 2ではひかりの扱いが改善されている事に期待したい。
    • 個人的には、映画に出てるメンバーなら、りんちゃんの方が扱いがひどい気が…。
    • 残念だがひかりはEDでMHキャラのターンになっても、いるだけでほとんど踊らないという扱い。
  4. ありゃ、これは新宿行かないと…
    • 某パ○ツ先生の満薫補完ポスターに涙。
      • イース様も補完してくれました。
      • ダークプリキュアやキュアフラワーまで…GJ!
    • BD/DVDの特典になった。ありがたや。
    • 1年後にはDX3バージョンも登場。一人あたりの大きさが前年の2倍になっているので壮観。
  5. せっかく全員出すんだったらいつもつるんでる連中とじゃなく、作品の枠を超えたコンビネーションをやってほしいんだが。
    • 情熱・赤つながりでルージュとパッション。
      • なんかネタがないな。タコ回のmktnとせつなみたいな感じになるんじゃなかろうか。
        • りん「あたしフットサル部なんだけど、なんか部活とかやってる?」せつ「やってないわ」りん「そ、そう。兄弟とかいる? うちは双子の弟妹がやんちゃでうるさいのよね~」せつ「いないわ」りん「・・・・・・あ~、こ、この前のぞみがナッツハウスの中で転んで、後始末が大変でね。掃除手伝わせても逆に時間かかるし・・・」せつ「そう。お疲れ様」りん(~っ! こ、この子ホントにあたしと同じ、情熱のプリキュア?)
      • サニー、エース、スカーレットが入って多少はマシな雰囲気になるか。
    • 高齢者青つながりでアクアとベリー。
      • 水・青つながりでマリン追加。
        • えりかは最初、美希に姉を重ねてイジケる。
        • 打ち解けると「あたしファッションデザイナーが夢なんだ!」と言ってコーディネートを始める
        • 横に並ぶと凸凹凸で、端から見れば子連れのOL二人組・・・・・・おや、こんな時間に誰だろう。
        • ビューティー、ダイヤモンド、プリンセス、マーメイドも。
    • 黄色つながりでルミナスとレモネード。
      • なんか弱そう・・・。
        • 一応、ルミナスは防御力では他の追随を許さないレベル
          • だがDX2ではシロップの背中に乗って、面白生物達と一緒に高見の見物してたことをオレは忘れない。
      • サンシャインもここか。黄色はスタッフに愛されているのう…
        • サンシャインもメロンパンひまわり型バリアを持ってるし、「守りの黄色」ってところか?
        • ミューズもここですな。
        • ピース、ロゼッタ、トゥインクルの加入で後述の主人公チームに負けず劣らずのボケ空間に。
    • 白つながりでホワイトとイーグレット。
      • お互い、相方への気苦労話で花が咲く。
        • リズムもそこに加わる。
        • でもよくよく聞いていると、3人ともなんだかノロケ。
    • 花つながりでブルームとブロッサム。
      • ボケにボケ返す珍妙なボケ空間が形成される。
      • 名前も咲とつぼみで対になっている。
      • フローラも。ボケが1人増えただけだった。
    • 癒しつながりでミントとパイン。
      • ほのか&舞が合流。まったりとしたお茶会(全員着物で点茶)が開かれる。
      • こまちと奏が和気あいあいと菓子を(和洋どちらも)つくりはじめ、ますます華やかになる。
        • こまちが「ケーキにようかん入れてみない?」とか真顔で言い出し、奏の目が点になるのもご愛嬌。
      • フェリーチェはここか。
      • ハニーも癒し枠?
    • ボケ主人公つながり(?)でドリームとピーチ。
      • ラブの手料理でのぞみが餌付けされる。
        • ハンバーグを何皿食えるかと、なぜか大食い勝負が始まる。
          • デザートとしてドーナツの大食い勝負が始まると、匂いに釣られた響が乱入。
      • 咲&つぼみが合流。更にボケ空間が肥大化する。
      • 最後にブラック登場。「ありえな~い!」と、自分を遙かに上回る後輩主人公達の感性に悲鳴を上げる。
      • 更にハッピー、ハート、ラブリー、フローラ、ミラクルの加入でますますボケ空間がカオスに。
    • 癒して(守って)あげたいと癒して(慰めて)もらいたいの組み合わせで,パッションとミント。
      • 癒されたい人に泣き虫ムーンライトさん追加。
        • ビートもここかなあ。
        • マーチも?
      • 光落ちつながりでビート、パッション、スカーレット。ポンコツ紫孤高の紫キュアつながりでローズ、ソード、フォーチュンという新たな組み合わせが出来そうだ。
    • イケメン病弱兄弟繋がりで、一条和希と明堂院さつき。
    • 個人的にはポイズニーさん・アラクネアさん・ノーザさんのトリオが見てみたい。
    • キリヤ・満・薫・ウエスター・サウラーの改心した敵の組み合わせが見たい。
    • 個人的にはブンビー・ウエスター・コブラージャのギャグキャラトリオが見てみたい。
  6. その内に運動会でもやって欲しい。
    • 最大勢力はドリーム・ピーチ・ブロッサムと主役3人を揃える「組」。
      • でも素の状態だと最弱クラスな気が・・・。
      • のぞみとつぼみのどんくささはヤヴァイ。ラブも特に秀でてるところはないし。
      • この人達には不屈の精神とミラクル属性があるから、序盤は目も当てらない展開ながら終盤で一気に捲る一連の流れ。
        • つまりラスト5秒の逆転ファイターですね。ああ、主人公チーム・・・。
        • と思ったらまさかのドジを踏んでいて思いもよらないチームが、なんてものベタ。
      • ブルームも分類上はここに含まれる(はず)
        • DX2を見ると歴代主人公が全員総ボケなことがよくわかる。
      • メロディとハートが追加されて戦力大幅アップ。かと思いきや、ハッピーという新たな不安要素が…
      • ラブリーはどうなんだろう。
    • 対抗はリーダータイプのアクア・ベリー・マリン擁する知性と希望の「組」。
      • ビートにビューティ、ダイヤモンドの加入でこちらもより強力に。
        • プリンセスもな。
    • 一部に熱狂的なファンを抱えるルージュ・パッション擁する情熱の「組」。
      • いやどう考えてもここが優勝候補の筆頭。ただでさえ運動神経抜群なりんちゃんと、なんでもこなす万能型せつな。能力開放なしでも最強。
      • 能力ありならパッションの瞬間移動能力で全部勝ちだろ。
      • ブルームもこっちに入るだろう。
      • 個人的には何としても満を入れたい。あとキュアファイヤー(番君)。
      • サニー登場。相変わらず人数は少ないが優勝を狙える力は健在か。
      • エースの登場で、ムーンライトと大人の争いが繰り広げられる。
    • 万人に愛されているレモネード・パイン・サンシャインの安定した人気は侮れない「組」。
      • パイン「・・・・・・うん、わたし、信じてる」
        • ごめんなさい、山吹色ってオレンジだと思ってたら、オレンジに限りなく近い黄色なのね。と言う訳で加えておきました。
          • 英語では「Golden yellow」です。波紋疾走だとサンライトイエロー。
        • イエローハートは祈りのしるし。
      • ミューズ・ピース・ロゼッタが加わりさらに人気が加速。
      • ハニー加入。差し入れパワーでスタミナ戦が有利に。
    • やはり結成せざるを得ないホワイトとイーグレットの「組」。
      • 青組が「知性」なら、こちらは「知略」で勝負。
      • その活躍の背後には、ムーンライトという強大な影が潜んでいると思われる。しかし眼鏡が光って表情はうかがい知れない・・・・・・。
      • リズムもここだな。
    • ミントとパインは救護班ですか。
      • ブラックは審判か。
        • ムーンライトだな。そして白組は目立つことなく地味に点数を重ねており、終盤に一回大勝ちすれば優勝の位置にいる。・・・・・・ん、こんな時間に誰だ?
      • ルミナスとローズをどうしたものか。
        • 満と薫(ry
        • 応援団。そしてローズは桃組の苦戦を見て「あーもう! あたしがやる!」と飛び入りする。
          • 結構な活躍をするも、制限時間でミルクの姿に戻って大負け。稼いだ点数は全部チャラ。
          • のぞみ「んも~! なにやってんのよ~!」ミルク「うるさいミル! のぞみが自分で働く余地を残してやっただけミル!」
      • ミントは司会進行と実況、解説にムーンライトで。
        • ミントに実況は似合わなそうだけど。増子さん呼べない?
          • それこそルミナスとローズでどう?
    • ミントとブルームが浮いてるようだが、ブライトと組ませて「組」って手がある。
      • マーチ加入で緑組が正式に発足。
    • フォーチュンとソードの参戦により、「紫組」が発足。ローズとムーンライトとビートもここに振り分け。
    • なんかこのままだとそれぞれ2~3人で組が多い上に、戦力差があるんじゃないかと思うので統合をしよう。
      • 一番簡単なのは桃赤青緑白黄の3軍。それに加えてブラックは桃赤組に、ローズは青緑組に、ルミナスとムーンライトは白黄組に振り分け。
        • これなら色合いといい、戦力も案外バランス取れていると思うがどうよ?
        • 仲のいいキャラや似たもの同士も結構くっつく。のぞりん、こまかれ、かれミル、ラブせつを始め、ほの舞など。ところでいつゆりってどうなのかな。
      • 今のところ合計19人なので、人数が割り切れないのは仕方ない。あと3軍の内、青緑組を1人増やしていることで戦力調整。来年の新規参入組(5人増えて計24人キボンヌ)でまた状況も変わるだろうが。
        • とりあえず桃赤組にメロディ、白黄組にリズムを入れると、7人づつになるよな。
          • 青緑組にビート、白黄組にミューズ追加。
      • DX3の予告編や劇場用宣伝POPでの公式(?)チーム編成が割と近い。けど能力に偏りが…
        • ちなみに、ピンクプリキュア=メロディ、ブロッサム、ピーチ、ドリーム、ブルーム、ブラック  ブループリキュア=リズム、マリン、ベリー、ミント、アクア、イーグレット、ホワイト  イエロープリキュア=サンシャイン、ムーンライト、パイン、パッション、ルージュ、レモネード、ローズ、ルミナスの振り分け
          • イエロープリキュアチームが余ったメンバーで編成した感が強いのは気のせいか?
            • 実際の作品内の扱いも、ピンクプリキュア=主人公組でひたすら前へ、ブループリキュア=パートナー組で相棒を信じて、なのにイエロープリキュア=その他大勢でコメディパート扱いだった。
              • スイート追加組は、ふたりともイエローチーム入りだろうな、ボケとツッコミが一人ずつ増えそうだ。
          • て言うか主人公組はまあいいとして、明るい色(白銀黄金)と濃い色(赤青緑紫)でまとめりゃいいのに。
    • マリン」と「ドリーム」が手を組んだら、かつてのこれになっちまうな。(京葉線には2002年頃まで「マリンドリーム」という快速が走っていた。)しかも両方とも京葉線のカラーと同じ色。
  7. プリキュアディケイドと呼んではいけないw
    • 10年目が来たら間違いなく言われると思う。
    • DX2は別名『オールプリキュア対大ドツクゾーン』といっても差支えなかったと思う。
  8. 2011年の秋映画(スイート♪)は、本編と同時に2012年春映画の予告がとても気になる。
  9. ポスターだけで軽く1時間は潰せる。
    • 各キャラ1人1人に思い出や思い入れがありすぎて、1人1人追っていると時間が飛ぶ。NS2のポスターなんかもう右上のなぎさから左下のやよいに辿りつくまで、現在放送中のドキドキ組を除いても28人という大所帯。
      • 名前の挙がったなぎさとやよいだけでも、「なぎさは3年で(ラクロス部の)キャプテンになって、責任ある立場に苦悩しながら成長したっけ」とか「やよいは最初臆病で何事からもすぐに逃げ出していたけれど、最後は苦労しながらも漫画を1人で描き上げたり強くて優しい子になったな」とか、とめどなくそれぞれのエピソードが溢れ出てきて収拾がつかなくなる。
  10. 映画だけのファンに限らないが、一度でいいから歴代プリキュア総出演の「無双」や「スパロボ」のようなゲームを作ってほしいと思っている。
    • もしあったら、ここに書かれたシリーズを飛び越えての夢のコンビネーションや共闘が全部できてしまうかも。
    • シミュレーションRPG制作ソフトで自作しようとしたことがある。


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク