方言

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

地域別

都道府県別の言葉

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 山梨 長野
新潟 富山 石川 福井 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根
岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


方言の分布

  1. なおす
    物を片付けたりすることを「なおす」という。
    • 確認済みの県:福岡・香川・徳島・鹿児島・長崎・大阪・兵庫・滋賀・山口・熊本・佐賀・大分・奈良・福井・和歌山・岡山・宮崎
      • 工場で片付け中、大阪出身者が「この製品、どこ直しましょ?」と聞いた。その製品を受取った埼玉出身の職長は、入念に外観チェックを始めた。
      • 新潟も年寄りが使う
    • ・・・これ、方言なの?
      • いくら広い地域で用いられていても、標準語(全国共通語)として用いられていないものは「方言」。東京(関東)ローカルの言葉も他地方で通じなければ「方言」である。
    • 一方、東京をはじめ東日本中心に用いられている「かたす」も俗語かつローカルということで、「方言」である。
      • 「かたす」は普通に標準語。辞書にも載っているし、地方民にも通じる。
        • 嘘つきは○○の始まり。
        • 東京弁と標準語は別物。「かたす」はあくまで東京弁であって標準語ではないので地方に行けばまず通じない。
  2. はよしね
    「早よしね!」=「早くしなさい」
    • 確認済みの県:石川、福井、岡山、宮崎
      • 石川、福井では「はよしねま」とも言うらしい(はよ島根とは言わない。)
        • お年寄りには「はよしねぇ」と優しく言い、いつも遅くなる子には「はよしねま!」と急かす。
        • 能登では「しねぇ」が早口になり、「しぇぇ」「せぇ」に変化する地区がある。
          • それむしろ一般的な形
      • 大分では「早く死ね」の意味になる。
        • 大分というか全国的にはそういう意味に捉えられる。
      • 宮崎ではよしねって聞いたことないぞ。
  3. はよせぇ
    「早よせぇ!」=「早くしなさい」
    • 確認済みの県:兵庫・香川・徳島・愛媛・新潟・富山・福井・愛知・千葉・東京・栃木・岡山・大阪・福岡・大分・滋賀・鳥取・岐阜
    • 兵庫県北部日本海側では「はよしねー」
      • 一部地域では「はよせーや」「はよせーっちゃ」
      • 鳥取県でも。
      • 「はよしねーな」だと早くしなよと促す意味だが、「はよしねーや」だと早く死ねという意味に。
    • 京都府北部日本海側では「はよしにゃー」
    • すくなくとも滋賀県湖南地方では「はよしー」で伝わる。(北九州弁も)
      • 新潟市以南~長岡市だと「はよしーし」とも。
    • 鹿児島だと「はよせんや」
    • これも福岡では豊前方面だけ。県単位では「はよせんか」または「はよせんね」がメジャーだと思う。
    • 熊本では「はよせんか」。場所によっては「はよせんば」といふ。
    • 大分では「はよせんか」「はよせんな」だなあ。「はよせぇ!」はまず言わないのに、何故大分がランクインしているのか不思議過ぎる。。。
  4. かんます
    「かんます」=「かき混ぜる」
    • (コーヒーなどに砂糖を入れて)「かき混ぜる」を「かんます」という。
    • 沖縄だと「かちゃーする」など。
    • 北海道では「かます」。お風呂をかき混ぜる棒は「かまし棒」。
  5. えらい
    「疲れた」という意味で使う。意外と使われる地域は多いようだ。
    • 確認済みの県:滋賀・愛知・三重・山梨・岐阜・岡山・広島・山口・大分・徳島・福岡
      • 長野
        • 長野(山梨・静岡・新潟あたりも)の「えらい」は「大変」もしくは「とても」の意味だよ。えらかっつらー→大変だったね
      • 基本的に東日本は使わないような気がする。
      • 福岡は豊前方面だけでは?
      • 中国地方では「たいぎー」が使われる気がする。「えらい」とは言わない。
        • 山口だが「たいぎー(大儀い)」も「えらい」もよく使う(どちらかというと「えらい」の方を多く使う)。特に使い分ける基準はない。
      • 岡山では「えらい」とともに「えれー」も使用する。
      • 大分は疲れたら「よだきい」だよ。「えらい」も通じなくもないけどさ。
  6. ざいご
    「田舎」という意味で使う。これも使われる地域は意外と広いようだ。漢字は「在郷」だと考えられる。
    • 確認済みの県:青森・秋田・新潟・福井・富山
    • 彼らは恐れていることは、標準語圏で「ざいごっぺ」呼ばわりされることである。
  7. なんぎ
    漢字で書くと「難儀」。疲れたとかだるいとか「身体が重い」系の意味で使われる。東北から沖縄まで、かなり広い範囲で使われているようだ。
    • 「難儀」は標準語だと思う。時代の流れで東京の口語では使われなくなっただけで。国語辞典にも〔方言〕とかの註無しで収録してあるし。
      • しかし、国語辞典には疲れた、だるいの意味はない。
    • 「なんぎい」のように、形容詞化して使われている地域もある。(確認済みの県:新潟、福井、長野、沖縄)
    • 関西では「難しい」「難解な」「困難」と言う意味で使われる。
      • それから、「困った」、「困ったさま」と言う意味も。
    • 山口では「難儀なね」で「(困難な状況にあって)大変だね」といたわりの言葉かけに使う。
  8. ドベ
    最下位という意味。
    • 足立区の項目に「ドベって愛知の方言だよね」とあったが、広い範囲で使われていると思う。
      • そもそも、方言なのか?
      • 山口
      • 大分
    • 長崎ではドンベが確認。
    • 福岡でも「ドべ」言うよ。
  9. はわく
    標準語で掃くの意味。
    • 九州全域で使われる。九州人が九州を出て初めて方言と気づく単語の一つ。
      • えっ、方言なんw
      • 新潟も信濃川付近の人がたまにいう
  10. からう
    標準語で背負うの意味。ランドセルをからうと言う。
    • 九州全域で使われる方言で、ほとんどの九州人は九州を出るまで方言と気づいてない。地域によっては「かるう」とも言うが意味は同じ。
      • 北九州では「かるう」という。
      • 大分でも「かるう」という。「からう」は変な感じ…。
  11. ねまる
    標準語で腐るの意味で九州地方では使用されている。東北地方では座ることを意味するらしい。
  12. こわい
    西日本方面では食べ物などが「硬い」の意味で、北関東以北では「疲れた」の意味で使用されている。
    • いずれにせよ、「怖(恐)い」と間違えないように注意が必要。
    • 西日本の「こわい」は「おこわ」の「こわ」である。
  13. 膝ぼん=膝小僧の意味。西日本一帯で使用されている模様。膝ぼんとは膝の坊さんという意味らしいので、坊さん>小僧ということで西日本人の膝が偉いらしい。
  14. におう
    他動詞として使われる。例:これを匂ってみて(これを嗅いでみて)
    • 関西以西の人は、これが方言だと気付かず死ぬ人が多いと思う。
  15. 方言には『訛り』『単語』『外国語』というタイプに大別される。
  16. およめさん
    ねずみという意味。岡山で使うらしい。他県から嫁いできた女性が、「およめさんに」といわれ渡されたねずみ用の毒団子を食べて死亡という恐ろしい事件が。

標準語に訳せない方言

  • 北東北以北:「しばれる」=とても寒いでは済まされない痛みを伴う寒さ。
    • しばれるときに発音すると「すばれる」になる
  • 東北:「いずい」=場所によって用途がちがうが、「眼がゴロゴロする」や、「服が着ずれてる」など、幅の広い身体的不快感。
    • 「いずい」は仙台弁である。
    • 北海道でも使う所はある。
    • 岩手沿岸南部では「えんずい」といっている
  • 青森:「あずまし」=英語のcomfortableにやや近い意味。
    • 北海道でも一部地域では使う。
  • 秋田:「たばこする」=休憩する。
  • 栃木:「いじやける」=いらいらと不機嫌とまではいかないが、どこか気持ちやりようのないやきもきした感じ。
  • 茨城:「いしけー」=栃木の「いじやける」に同じ。いらいら・じりじり・やきもき・かったるいなどがブレンドされた微妙な不快感を表す。
    • 「せこい」の方が意味的には近い。が、上記も間違いではない。
    • ↑茨城では「いしけー(せこい・ケチ系)」と「いじやける(もどかしい系)」は区別して使ってるよ。
  • 北海道&関西・中国・九州北部:「わや」=(意味範囲が広かった気が。地元民様詳細求む。)-> 北海道ではどうしょもなく修復不可能な状況を指す。例:交通事故現場、雪下ろしに失敗して自分が埋まった場合、自分の部屋の中とか。->関西もほぼ同義。「滅茶苦茶」に弱気な詠嘆が加わり、その先にあきらめを伴う。用例「わやんなってしもた」「そら、わややな」
    • 「わやくちゃ」とかも言いませんか?
    • 中部、中国、四国の一部でも使う。「とても」という意味で使うところもある。
    • 青森県青森市と、弘前の団塊の世代あたりも使う。上と同じく「とても」の意。
  • 長野(&山梨):「ずく」=根性とか根気とかやる気、何かに対する粘り気?の様な物を表す。「ずくなし」で「怠け者、怠ける、面倒くさがる」に近い意味。
    • FM長野の大岩さんの番組で「ずく」は、「(~をしようとする)その気」と意味づけられた。
    • 岩手でも「ずく」は使ってます。「度胸」とか「意気込み」くらいの意味かな?
    • 岩手沿岸南部では聞いたことがありません。
    • 津軽弁では「じく」。「じくなし」=根性無し、度胸無し。」発音⇒ずィぐなし(す)。
  • 山梨:「てっ!」(「て~っ!」)感嘆。感動したときや感銘を受けたとき、ひどく驚いたときなどに使われる。
  • 岐阜:「ひっちゃく」=標準語にも無い事はないが、「不可抗力」という日常であまり使わない言葉になってしまう。
  • 富山: 「はがやしい」=腹立たしい、いらいらする、ややこしい、の3つの意味合いで使われる。音便化として「はんぎゃしい」もある。
  • 石川:「げんなめ」「げすなめ」=一応英語では「kiss my Ass!」になる。用法も同じ様な感じ。「ふざけんな!」的な用法もある。能登の一部地区(主に漁師町や北前船の寄港地)等で用いられる。
  • 福井:「じゃみじゃみ」=テレビの砂嵐のこと。福井はNHK、民放合わせて4つしかないので、チャンネルのボタンを押しても大半のチャンネルはじゃみじゃみ。民放は終夜放送をしていないので、夜中になるとほとんどじゃみじゃみ。
  • 福井:「だわ」=手抜き、怠けているさま。怠け者は「だわもん」という。
    • なお、富山にはこれに似た「だおもん」がある。意味は同じ。
  • 滋賀: 「なまずけない」=怠けている、不精である、めんどくさがりである、というニュアンスの形容動詞。「ほんななまずけないことしてんとき!」などと使う。安土桃山時代には標準語だった言葉らしい。
  • 奈良: 「おとろしい」=面倒くさい、ダルイなど
  • 「いかい」大きい でかいイカ いかいいか
    • 富士山近辺? 山口辺り?
  • 岡山:「やっちもねえ」=面白み:シラケの比率が1:9ぐらいの場合。普通に「面白くない」に近い時もある。古語で言う「はかなし」と日本語で唯一100%マッチする。
  • 鳥取:「たいぎー」=「だるい」「しんどい」「面倒くさい」などと似たものらしいがそれよりももっと違うニュアンスが含まれているんだと県民に熱く語られました。
    • 大儀でしょ?
    • 大体上の意味でいいと思います。(鳥取県民)
    • 津軽方面では主に「面倒くさい」で使われます。同意で使う「てげ(「げ」は鼻濁音)」は「たいぎ」が津軽風味に訛ったものと思われ。(個人的主観)
  • 千葉(特に九十九里沿い):「え゛」=発音(イントネーション)によって意味が変わる。人を呼ぶ時、びっくりした時、悲しむ時、喜ぶ時、怒る時、等々。女性の場合「よ」が使われる場合もあります。(千葉に限らず漁師が使う言葉と聞いた事もあります)
  • 佐賀(有明海側?):「むぞがぁ」=慈しむ、愛おしい、可愛がる。そんなニュアンスの言葉。佐賀在住の佐賀人で50代以上の人ならよく理解できる言葉。
    • 大分の方では「むぞがる」
  • 香川・徳島・高知・愛媛:「がいな」=すごい。場所によっては「ガイア」。
  • 香川・徳島:「むつごい」=食べているとすぐ飽きる、こってりした感じ。「このケーキむつごいわあ」、等と使う。
  • 青森:「~さる」=動詞の語尾につけ、「自分の意思はあまり含まれておらず、偶然そうなっている状況や受身」を表すときに使う。他県の人には理解してもらえないことが多いが、動詞の語尾に「~さる」がつくとつかないでは、意味のニュアンスに大きな違いが出る。
    • 例:図書館に行かさる(図書館に偶然立ち寄る)、洗濯物が干ささっている(干されることは洗濯物の本意ではないが、状況として干されている)
    • 秋田でも言います。偶然そうなるという感じで、~してしまった、とも違う微妙かつ絶妙な言い回し。「言わさったんだもん」
    • 栃木でも。「ろぐはかさってるかみます」と言われたときには分からず悩みました。「ログ吐かさってるか(を)、見ます」だそうです。「部品がそろって組立たる」ってのはちょっと違うか?(神奈川出身の転勤者)
    • 岩手でも使います。
    • 北海道でも使います。以前、某番組で大泉洋氏が使っていた。
  • 静岡: 「がらいか」=「わざとする」の反対。
  • 新潟:「やめる」=内科的な痛みを指す。(「病める」か?)
  • 青森(東北?)「うるがす」=何か状況が変化するまで放置しておく、様子を見ておく。
    • 主に水につけておく(食後の食器など)に使う。
      • 米にも使うな(by福島)。
  • 神奈川(西湘?):「(形容詞)えー」=「まったく(形容詞)でたまらないなあ」という感じの、実感を込めた表現。あまりお行儀のよろしい言い方ではない。「暑っちーえー」「寒みーえー」など。…あれ、でも「疲れたえー」ともいうなあ??
    • 情報募集中
  • 新潟: 「ずる」=ゆっくりと、重そうに動く。適用範囲がとても狭い。他動詞「ずらす」とはならない。「ずる」「すってった」のように使う。
    • 蒸気機関車は「ずる」が、新幹線は「ずる」とは言わない。
    • 故障車は「ずる」が、普通の車は「ずる」とは言わない。
    • チェーンの外れた自転車は「ずる」が、普通の自転車は「ずる」とは言わない。
  • 徳島: 「まけまけ一杯」= あふれ出す寸前、表面張力で辛うじてあふれずにすんでいるくらい液体が一杯になっている様子。
    • 高知でも言いますね。
  • 鳥取: 「いだきい」 = 邪魔、うっとうしい、今風に言えば「うざい」。
  • 和歌山(南紀):「かいだるい」=「かいだりぃ」とも。面倒臭いを指すが、口頭表現の強弱によりニュアンスが変わる…と新宮の友達に言われた。
  • 鹿児島: 「ももんじる」 = 袋等言う時は「ぐちゃぐちゃに丸める」。子供に言う時は「かまいたい。可愛い。ギュッとしたくなる。」
  • 広島(竹原市):「わえ」=俺、僕等自分をさす言葉。たぶん県内でもこの市」でしか伝わりません。
    • 「わえ」と聞こえますが、ほぼ全員が「わい」と言っているつもりです。はっきりと「わえ」と発音すると多分通じません。
  • 高知:「~しちゅう」で完了形、「~しゆう」で現在進行形。標準語では区別不可能。むしろ英語の方が訳しやすい。
    • 例)「雨がふっちゅう」=「雨が降っていたが、今はもう止んでいる」  「雨がふりゆう」=「雨が降っている(今でも降り続いている)」
    • 阿波弁の「~しとる」(完了形)、「~しよる」(現在進行形)も同じく。
      • 「~しとる」、「~しよる」は有明海沿岸にもみられる。これが福岡都市圏になると、「~しとう」「~しよう」になる。
  • 高知:「ごくどう」=なまけもの、面倒くさがり。高知県人が「私はごくどうです」と言っても、ヤクザとは限りません。
  • 沖縄県那覇市「じらー」=“なんちゃって”といった具合だろうか。(若者言葉)
  • 沖縄本島全域=「だぁ!」=”ちょうだい”とか、”見せて見せて”とかいう意思表示。
  • 愛知・静岡:「しゃびしゃび」=「さらさら」と「とろとろ」の中間。・・・何と言うか中途半端な粘度のこと。
  • 近畿・中国・九州北部:「よう~せん」=例、「よう泳がん」は「カナヅチで泳ぐ能力がない」の意味であるが、「泳がれへん・泳げん・泳がれん」と言えば、遊泳禁止なので泳ぐことが出来ない等のような、状況・外的要因で出来ないという意味で、区別して使い分ける。
    • 九州で使うのは北東九州だけ。北西九州は「よう泳がん」ではなく「泳ぎきらん」と言う。
  • 福岡・佐賀・長崎・熊本:「せからしか」=うるさい、じれったい、面倒だ、など意味は多岐にわたる。ただし、地域によっては一部の意味にしか使わない場合があるので要注意。
    • また場所によっては「しからしか」になったり「しぇからしか」になったりする。
    • 場所によっては「しゃーしぃ」(大分?)
    • 北九州も「しゃーしい」だよ。
  • 滋賀の「やーる」「やんす」「いやる」「よーる」。標準語では全て「いる」としか訳せないが、少しずつニュアンスが違う。
  • 福島:「そじる」=キウイとかを食べて舌がザラザラになる。
  • 福島:「もみだす」=雑巾や台ふきをよくもみ洗いしてギューッと絞る。絞らないとダメ。
  • 福島:「せつない」=風邪とかで体がだるかったり、胸が苦しい感じ。胸が苦しくても感情的なものはせつないではなくて切ない。書き分けられん。
  • 宮崎:「てげてげ」 =そこそこ、適当に、という意味。
    • これ鹿児島じゃないか?
  • 長崎:「手まぜ」=屋外の集会のときで言う砂遊び。どう言えばいいのか…。
  • 山口:「すいばり」=木を触った時に、ささくれなどが手や体に刺さったもの。「すいばりがたつ」って言うけど、標準語には該当する言葉がないんだよね。立つ前のささくれを「すいばり」って言うことはないし。
  • 佐賀:「ほとくなか」=細かい作業などが上手くできないときに、「ほとくなかけん、しーきらん」=「不器用だから、できない」という風に使うんですが、ぴったり当てはまる標準語がないので、標準語で話すときも訳せません。 手先だけじゃなく運動能力などにも使用します。
  • 長野:「なから」=だいたい、いい感じに、というような意味。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク