放送が打ち切られるテレビ番組の法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

全般

  1. くだらないネタを連発する。
  2. 凶悪犯罪が起き、作中にそれを想起させるようなシーンがある。
    • 地震等の自然災害も同様。
    • 「無関係なのに理不尽だ」と抗議してみたところで、聞き入れられることはない。
      • まれに後日放送されることもある。
  3. 制作局での放送延長が決まり、時差ネット局で放送されなくなる。(延長を決定する前に番組編成が組まれたのが原因?)
    • 放送枠移動に伴い、地方では放送されなくなることもある。
  4. メインスポンサーの降板。
    • メインスポンサーの不祥事。
    • メインスポンサーが倒産する。
  5. 放送中に事故が起こる。
    • 例としては初期のポケモン
      • 数ヵ月後に復活したが…。
  6. 視聴率がとにかく悪い。
    • 裏番組のせいにすることすらできないレベル。
  7. 大ヒットとは程遠い。つまり「大ヒットしていたら」の仮定にしやすい。
    • 「打ち切られる事はもちろん無かった。」
  8. 生放送で××××を露出してしまう。
  9. 長い歴史のある番組が終了すること。
    • 放映期間が決まっていたものを途中で終了させるのが「打ち切り」だが、長寿番組にとっては放映期間とは実質「永遠」と見なされている。
    • 製作側やファンがそうは思わなくても、誰かしらが「打ち切り」呼ばわりする。
  10. 番組の売りにしている建前と相反することをする

ジャンル別

アニメ

  1. オリジナルのストーリーとはかけ離れている。
    • 原作と設定などが違いすぎる。
    • それ何てゼノ(ry
    • 釣りバカ日誌ですねわかります
    • これはドラマにも当てはまる。
    • まんま、「さくら荘」やん。
    • 原作者の監修を受けず勝手にストーリーを作り、怒りを買ってしまう。
  2. キャラクターを改変しすぎている。
  3. スポーツアニメの場合はルールを無視している。
  4. 低年齢層向けであまり大衆受けしていない。
  5. ワンパターン。
  6. キャラクターや舞台の設定がいい加減。
    • 原作の設定からかなりかけ離れている。
  7. 原作自体が打ち切りになる。
  8. キャラクターグッズの売り上げ不振。
    • そもそもキャラクターグッズ自体が見当たらない。
    • キャラクターグッズが売れず、メーカー=スポンサーが倒産する。
  9. あり得ないぐらい失敗した声優の配役。
    • しかもせりふが棒読みだ。
  10. 作中に出たがる某監督が起用される。下手するとシリーズものであっても潰されてしまう。
  11. 作画崩壊がひどい。
    • 逆に(?)3Dを駆使している。
  12. 深夜アニメ。
    • あれは打ち切りではなく、単に放送期間が設けられているだけです。
      • だから、二期や三期が決定するものが多い。
    • 朝日放送制作日曜朝8:30のアニメは、1年でキャラ交代になったら円満終了であっても「打ち切り」呼ばわりされる。
      • 現在は一年交代の方針が出ています。あしからず。
        • 1年交代モノのシリーズは、そのシリーズの終了自体が「打ち切り」と呼ばれてしまうだろう。
    • 長寿アニメはどんなに歴史があろうと終了が宣言されたら「打ち切り」と呼ばれてしまう。
  13. 原作に追いついてしまった。
    • そのためアニメオリジナルのストーリー展開で延命を計るも視聴者から不評を買う。
    • もしくは、スポーツ中継などでわざわざ何ヶ月も潰して、結果的に裏番組をアシスト。
  14. 何の前触れもなくタイムスリップ。←死亡(放送終了)フラグ
    • それはドラマにも当てはまるような。
  15. 地方の局で放送されるようになったのはいいが、遅れネットで放送される。
    • 同時ネットでの放送が不可能であるため、(最短でも)1週間~最悪でも1年近く遅れて放送されることもある。
      • おっと、けいおん!!とマクロスFの悪口はそこまでだ。
    • 放送される期間(1クール~)が番組の改編期をまたぐ場合、打ち切りの対象になることは間違いない。
      • 2話連続放送などの対策してくれる局は放送を打ち切るよりマシな対応。
    • ましてや、地方の局がキー局より先に放送することなど絶対にありえない。
  16. そもそも原作自体が存在しないオリジナルアニメ。
  17. 主題歌がめちゃくちゃ違和感あり。
    • シリアス展開なのに明るい曲をOPかEDに採用している。
      • 無印ダ・カーポの悪口はそこまでだ
      • それなんてMyself;Yourself。
  18. 分割二期で放映予定。
    • 1期は放送したが2期は放送しない、という意味では打ち切り。
      • BSで「1期」のみ放送されたが、「2期以降」が未放送なアニメだってゴロゴロとある。
        • そういう意味では、「BSで全シリーズが放送されなかったアニメ」もある意味打ち切りといえる。
  19. 放送している局がフジテレビ(特に深夜アニメ)。
  20. 以前は、第1期打ち切り→第二期が大ヒット!!なんてこともあった。
  21. 製作者サイドのプロモーションが余りにも下手だった。
    • 実際にココロコネクトのプロモーションが物議をかもし、そうなりました。
      • あの顛末を見ていたらココロがディスコネクトされそうになった…
  22. 打ち切られたアニメの枠で穴埋めで始まったアニメは何かと悪く言われてしまう
  23. 内容などに全く触れられれず、打ち切られたという事実だけが独り歩きしてしまう。
    • 「主人公の葛藤の描写は評価する声も多い…あのキャラの扱いを巡って大論争になったのも懐かしい…それを無視して『打ち切りアニメ』って呼ぶな…!」
    • そのため、色々理由を付けて「打ち切り」と区別したくなる。
  24. 最近では作画崩壊等が理由で延期を繰り返し当初の放送予定で全てを消化できず放送が終了するパターンも。

ドラマ

  1. 裏にも連ドラ枠があり熾烈な競争に負ける。
  2. 主演がお笑い芸人やミュージシャン、モデルなど、しかもあまりにも大根。
  3. 主要キャストがバーターばかり。
  4. ミスキャストが甚だしい。
  5. 番宣が必死すぎる。
    • 場違いなイベントでも宣伝してしまう。
  6. (特に時代劇)時代考証が下手糞すぎる。

関連項目


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク