平成教育シリーズファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

平成教育委員会(たけし先生)ファン

  1. 逸見さんが亡くなったときは「SHOW by ショーバイ!!」のファンともどもショックを受けた人多数。
    • それよりも、がん告白をされたときの方がショックだったかな。全力で復帰を願ってたんですが……
  2. 渡嘉敷勝男と岡本夏生のボケも時折楽しむ。
    • 今でもトカちゃんの「トミーと待つ」が最高の珍解答だと思う。
      • 「オグラ景、谷景、マリムラ景」も捨てがたい。
      • 個人的には「岡本と 言われるほどの 馬鹿でなし」「とかしきと 言われるほどの 馬鹿でなし」の「どっちもどっち」が未だに記憶に残っています。「言われる」か「呼ばれる」かはあやふやですが…。
      • 「み観⇔ポン観」もよかった。
    • 対極はラサール石井、高田万由子、辰巳琢郎。
  3. 田代まさしが出た話を懐かしんでいる。たけし・田代が理髪店で働くという問題には印象が残りやすい。
    • 柳生博の頭を描いたのは伝説。
  4. ナレーションが「アニメファンのアイドル」島津冴子だったころが懐かしい。
  5. ユースケ・サンタマリアと高島彩はどうも軽い気がする。
    • 2011年に高島彩が降板したらもっと「軽くなる」可能性がある。
  6. 算数の考えさせる問題が減少した現行スタイルが受け入れられないファンは「コマネチ大学数学科」へ移行した。
  7. 逸見さんの死やたけしのバイク事故のせいで呪われた番組という声も聞かれたりなんなり……
  8. 東大のわりに珍答多しと言えば、八田亜矢子よりも高田万由子だ。
    • 菊川怜よりも高田だ。
  9. 天本英世と言えば、算数お手上げ。
    • 死神博士よりもこれだ。
  10. たけしがフライデー事件で謹慎中で暇だった時期に受験問題集を読み漁っていたことがこの番組の誕生のきっかけになった、ということも知っている。
    • 「転んでもタダでは起きない」とはまさにこのことか。
  11. 裏番組から乗り換えて来たファンも多いはず。

平成教育予備校・学院(ユースケ先生)ファン

  1. 社会科工場見学の時間になると、「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」の「何を作ってるんでしょうか」を思い出す。
  2. 自分の総合成績がスタジオ内のトップより高かった経験は多数。
    • しかし、小学校時代は名門私立中学校になど行けるはずのない子供だった。
  3. 平成教育学院のナレーションはラムちゃん、IQサプリのナレーションは諸星あたる。
  4. 実は、渡辺真理が見たくてこの番組を見ている。
    • 本当に綺麗だよねぇ…
    • 班別対抗コーナーでは必ず平山あやと組まされる。そして出番が来ないまま終了…
  5. 現行のスタイルはたけし先生の頃より面白いんじゃないかと思っている。
  6. 宇治原いじりは明らかにしつこい
    • 宇治原とユースケの席を入れ換えるべきとか…、
    • 中野裕太いじりも…
  7. おバカキャラと言えば平山あやだ。
    • 渡嘉敷や岡本を越えたんじゃないかとか思えてくる。
      • 実況板の某スレでは「師匠」と呼ばれ、崇められている。
        • しかし、今年3月に全員卒業してしまい、1年1組平成教育学院としてリニューアルになった・・・。
  8. 自分の出身校の問題が出ているとすごくうれしい。
    • 公立の中高一貫校の入試問題が出ると、どこの都道府県の学校のがでていても保護者はありがたがる。
  9. 新垣結衣が準レギュラーで出演していたのは本人にとっては黒歴史なのだろうか?
    • 何気に正解率は悪くなかった記憶。人気が上がって忙しくなったのかいつの間にか「卒業」してしまったけど…
    • あの当時はガッキーよりもむしろ森田彩華(同じ席で隔週交代で出演)の方が人気あったような。どこで逆転して差がついてしまったんだろう…と「パパとムスメの7日間」で2人が共演していたのを見て考えてしまったのは自分だけではあるまい。
      • ガッキーだけではなく番組開始当初はあのライブドアのホリエモンもレギュラーだったりと今考えてみると何気に凄い面子だったな…
  10. さとう里香は本当はそこそこ賢いと思っている。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク