小田島友華

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

作品の噂 > プリキュアシリーズ > ふたりはプリキュア > 登場人物 > 小田島友華

ユカ先輩の噂

  1. 通称「ユカ先輩」。
    • 「ともか」じゃないよ。
  2. ベローネ学院の先輩で、学園のマドンナ。
    • 容姿端麗・頭脳明晰・スポーツ万能、おまけに家柄も良く、非の打ち所がない才女。ただ本人はそんなマドンナのポジションを窮屈に感じ始めていて、そんな時に出会った、自然体で自由に振舞う後輩のなぎさを意識し始める。いやそういう意味じゃなくて。
      • 「なぎユカ」や「ユカなぎ」などの言葉はあまり聞かないものの、潜在的にこのペアが好きな人は多い。そういう意味で。
      • 始めなぎさは先輩の言動や行動を曲解して嫌われていると思い込んでいた。
      • 「あの娘といると、どうもマドンナとしてのガードが緩んでしまう、気を付けなきゃ///」。
    • 様々な部活に助っ人参加している。よくありがちなスポーツ部へのヘルプだけではなく、文化部も含めたあらゆる部活に参加している超人。ただ所属している部活はちゃんとあって、何とほのかと同じ科学部だった。
      • ただ多くの習い事を掛け持ちしているらしく、決して天才という訳ではないと想像できる。むしろ姫川亜弓型の努力家か。何となく雰囲気も似ているし。
  3. 大量発生した事がある。
    • 「マドンナ」を演じる事に疲れ切っていた所をポイズニーさんに突かれ、正気を失った挙句に分身が大量発生、公園でカップルにちょっかいを出したりとやりたい放題、更に大量に発生した本人同士でお遊戯をしたりとシュールな画を早朝のお茶の間に流し続けた。
      • 中に本物の先輩が混ざっている為に攻撃出来がないと、ブラックが本物の先輩の、その麗しい顔にマジックペンで落書きをして目印を付けるという暴挙に出た。
      • 押し潰されそうになったほのかのセリフがとっても…
        • ゆかなヴォイスであの台詞に耐えられる人間なんてもはや地球上には存在しないと断言する。
        • 「出してぇ、出してぇ~っ!」、・・・(;´Д`)
  4. お寝坊お嬢様
    • かなりのお金持ちで、ロールスロイス(の様な車)で登校する姿をなぎさに目撃される。ただ毎日車で送り迎えしてもらっている訳ではなくて、朝寝坊をした為に送って貰っていたところだった。もちろん寝坊の原因はなぎさとは違って、部活の助っ人や習い事など多忙な生活によるものだと思われる。
  5. 後シリーズなら間違いなくプリキュア追加メンバーの最有力候補だった。
    • キャラデザもちゃんと作ってあって、無印に続いてMHでも出番があって、中の人も飯塚雅弓という割には、ファンの間でそこまでメジャーなキャラになれなかったユカ先輩。追加メンバーが必ず登場する現在の流れであれば、違った人生になった可能性はかなり大きい。
    • フレッシュで再度登場するものの、惜しくも(?)プリキュアにはなれず、それどころか盛大なミスリードとして扱われた可哀想なミユk・・・ユカ先輩。
      • いやキュアエンプレス
  6. なぎユカ。
    • やはり一部のお友達には根強い人気のあるペアで、特に完璧で自信家で隙の無いお嬢様である友華が否応無しになぎさに惹かれていく様は萌える。出逢って以来、常になぎさの事が気になって仕方のないユカ先輩。MHではわざわざラクロス部の合宿先にまで車を走らせて会いに行った。
      • 合宿先でなぎさに勧められて急遽ラクロスの練習に参加、見事にこなすものの、その時なぎさが突然倒れ、部屋に運ばれて寝かされる事となってしまった。その寝ているなぎさの枕元で悩みを打ち明けるユカ先輩、ほのかとひかりも流石に空気を呼んで席を外した。ちなみにこの時付けた背番号は「29」。
    • もう属性は綺麗な「ツンデレ」。「べっ、別に~」とか言いながら好きな人の事で頭がいっぱいというタイプ。しかもお嬢様だし。

関連項目



スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク