小林製薬

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 商品名が単純明快。
    • 例:喉に塗るから”ノドヌール”、足のむくみを取るから”ムックミン”etc
    • BGMのないCMも多い。
    • ナレーター・生野文治氏のナレーションはデフォ。
    • コレに惚れた人もいる。
    • こうだと笑点のスポンサーを長く務められるのも無理はないかも。
      • ちなみにかつて笑点のスポンサーとして知られた龍角散が大株主。その龍角散と入れ替わってスポンサーに。
  2. 上司がここの社長の公演を聴きに行ったそうだが、「弊社は手前味噌な話アイデアは活かされるが、市場調査不足が原因で長続きしない」と言ってたそうな。新製品が出て話題になるも、更に良い品が出てフェードアウトしてしまうから。
  3. いつの間にか老舗笹岡薬品から「命の母」の販売を委託されてた。
    • テレビCM流したら各地で品切れ!!
    • 今度はここも老舗の七ふく製薬から、便秘薬「七ふく」の販売権を譲渡される。
  4. 実は使い捨てカイロでおなじみ桐灰化学はここの子会社。
    • 桂小枝出演のCMでお馴染み。
  5. 昔は小林脳行って言う会社がCM打ってたが、同じ小林でも資本関係はなかったそうな。
    • ただし小林脳行の営業権を譲渡されたり、現東京支社が元小林脳行本社だったりする。
  6. 「小林製薬の糸ようじ」
    • HTB「水曜どうでしょう」のヨーロッパ・リベンジにて、大泉 洋が渡辺篤史氏のモノマネをしたが、実際には氏は「糸ようじ」のナレーションはしていない。
  7. アロエ製薬は兄弟会社。事実、当社と15秒ずつ放映した。
  8. 昔は「ポリデント」「ニソーデント」だったが、別途の会社に譲渡して、「タフデント」として再出発。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク