寝坊する法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 理由に関わらず夜更かしをしてしまった。
    • 翌日学校や仕事が控えているのに遊んで徹夜、なんて事になると尚更たちが悪い。
  2. 目覚まし時計が鳴っているのを意図的に無視して二度寝した。
    • そもそも物凄く疲れていて目覚ましに気付かなかった。
    • そもそも目覚まし自体セットし忘れる。
      • ケータイの目覚まし機能をセット→土日が対象外になっていたので鳴らなかったも割とありがちなトラップ。
  3. 夜勤明け→「疲れたしちょっと仮眠しよう」→気が付いたら夕方になっていた。
    • 早朝に目覚めてしまう→「もうちょっと寝て時間調整しよう」→気が付いたら(ry
    • 普通に起きる→休日だと勘違いして二度寝する→気が(ry
  4. 時計を見るまで事の重大さに全く気付いていない。
  5. 長期の海外出張・留学のせいで時差ボケが治っていない。
  6. 見ている夢があまりにもいい夢で、終わるまで起きる気にならなかった。
    • 逆に悪夢だと寝坊する事はまずない気がする。余程怖かったのか頭も妙にスッキリするし。
      • 悪夢を見たせいで「嫌な気分だな、寝なおそう...」と二度寝する。
  7. 日勤と夜勤の繰り返しで生活リズムがおかしくなる。
  8. 深夜ラジオにはまる。
  9. オリンピック中継などを夜遅くまで見てしまう。
  10. 寝る前にコーラなどのカフェインが入っている飲み物をを飲んだり、パソコン・スマホを長時間している。
  11. 眠れないからといってオールナイトしようとする。

関連項目


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク