富士フイルム

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 元々は岩井商店(現双日)系の大日本セルロイド(現ダイセル化学工業)のフイルム部門だったが、現在は三井系。
  2. フイルムカメラといえばここ。
    • 悲しいかな、今ではデジカメに取って代わられた。
      • ついでに言えば、デジカメを世界で初めて商品化したのもここ。
      • デジカメではオリンパスと一緒に「xDピクチャーカード」なる記憶媒体を作ったが、今や黒歴史。一応自社でSDカードを出してはいるが…?
    • 現在、写真用フイルムを作っている企業は世界中でコダックとここだけ!
      • 写真用フィルムはローライ、フォマ、ORWO、上海、ラッキーなど世界各地で現在も製造中。
      • 但し社内での売上率は2%くらいしかないとか…。
  3. 関連会社に富士ゼロックスがある。
    • かつては子会社、今は富士フイルムHD傘下の兄弟会社。
    • 本社も東京ミッドタウン内に同居。
  4. 現在の主力製品はデジカメの他、液晶用フイルム・レントゲン用フイルム・内視鏡等。
    • ついに化粧品まで作り始めました。
      • ライバルはロート製薬っぽい。
      • 化粧品受注業務の部署は2012年1月下旬から休憩の回数が減ったことといい、入力管理番号が長くなったことといい、ストレスがたまる。富士フイルムはフイルムだけを作っていればいい。化粧品部門なんていらねーよ!
  5. 「お正月を写そう」
    • CM。古くは「私にも写せます。」など、優れたコピー。
    • 最近はサプリメントの宣伝ばかりで「フジカラーで写そう」も鼻歌になってしまった。
    • 樹木希林の奇抜なCMは風物詩だが、「金鳥かとりせんこう」のパロディCMまで作ってしまった。
  6. サッカー場の看板で、よく見かける。
  7. 表記は「フルム」。発音もこれに従う。
  8. デジタルフォトフレームは、シャープ製の液晶を使っているのがセールスポイント。
    • シャープ製の液晶ではないモデルもあるけど、安物。
  9. ミラーレスは基本APS-Cなんだけどフルサイズ機を持たず、その上は44×33の中版である。
    • 他のメーカーはセンサーサイズが違ってもレンズに限定的ながら互換性があるが、富士のXシリーズとGFXシリーズの間には一切互換性が無い。マウントから違う上に、フランジバックを考えるとマウントアタプターも使えないので仕方ないが。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク