女性声優ファン/は行

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ファンの噂声優ファン女性声優ファンは行

分割済み

レニー・ハートファン

  1. とにかくあの巻き舌が好き。
    • 文字で説明するのは難しいorz。
      • 「るるるるれぇぇにぃぃぃ~~ッッ、ふあああぁぁ~てえぅあおおおぅぅぅ~ッッッ!!」(訳:「レニー・ハート」)
  2. PRIDEが消滅したことは、格闘技ファンよりも悲しんでいる。
    • スーパーヒーロータイムのタイトル読みをしなくなった事も悲しんでいる。
  3. 日本ダービーと言えば2006年から2009年の4年間だ。
  4. ゲームセンターにメダル系射撃ゲームがあると嬉しい。

Pileファン

  1. ラブライバー経由ではないファンは、希少種レベル。
  2. 本職は歌手、声優業は副業と認識している。
  3. 本人カミングアウト済みではあるが、生い立ちに関してああこう言うのは野暮だと思っている。
    • それ絡みでアニサマ2015でやらかしたバカに対しては空いた口が塞がらなかった。
      • 生い立ち云々に関する議論抜きで、食いもんを粗末に扱う、アニサマはそう言う事を主張する場ではない、などなどツッコミどころ満載だった。
  4. 声の出演をしているパチンコ店のCMについては意見が分かれるところ。

朴ロ美ファン

  • 「ロ」についてはノートをご参照下さい。
  1. 釘宮理恵はぱきろみの舎弟だ。
    • テレビで見る限りだと、仲の良い姉妹に見える。
  2. 腐女子。
  3. ロが漢字表記にされていないとき、できないときには悲しくなる。
  4. これこれを兼ねる人がいる。理由はお察し下さい
    • いや、むしろここからだろ。
  5. ついに特撮にまで進出した。
    • 宿命とか業とかを背負ったキャラを演じさせたら声優としてだけでなく女優としても日本一だと09/08/17のこれを見て確信した。
  6. 嫌韓主義者には否定的。
    • 朝鮮学校出身者じゃないだけマシ…だと思っている。
  7. アニマックスでやってた『アキハバラ情報局』にゲスト出演した時のキョドりっぷりは、『福井ゆかりんかよ!』と思わずテレビの前でツッコミ入れた。
    • 舞台とかの経験豊富なだけに、謎である・・・。
  8. 最近の金曜ロードSHOW!のオープニングとエンディングは特別なナビゲーターでない限りチェックしている。

長谷優里奈ファン

全般
二大ゆりしーキャラ
  1. ファンはここここここここからが多いか。
  2. うまい棒をこよなく愛する。
  3. 一日の更新は何回であろうと、ブログのチェックは怠らない。
  4. ニコ厨にとっては野々原渚だろう。「よかったぬぇっ!!!!!」
  5. 安全運転だけは欠かさない。
  6. 事務所の移籍があっても気にしない。たとえそれが声優系以外の事務所であっても。
    • 突然改名しても気に…し…ない?
      • ・・・ビビった・・・。
  7. ゆりしーかわいそうです(´;ω;`)
  8. たとえ意味深な書き込みが本人からなされようともメンヘラと思ってはならない。
    • 雪歩役を降板したのも仕事が減っているのもゆりしーが本当にやりたいことのためだと思ってそっと見守るのがセオリー。
      • 歌のお仕事に専念しようとも見守っていくのがゆりしーファンとしての信念だと思っている。
    • …といいつつアロエだけ継続したことには感謝。
落合祐里香時代のファン
  1. どうして名前を書き間違うのかが理解できない。
    • 名前を間違ったここのゲームはもう買わないことにしている。
  2. 実際AV女優だと勘違いしてる奴も多そう。
  3. 最近のアイマス系イベントの不参加は仕方ないとは言え、涙している。
    • その分4thツアーの福岡公演は記憶に残るものだった。
  4. 12か月連続で毎月CDを買い続けることを何とも思わない。
  5. ここに会員登録していた。
    • さらにはグラビアDVDも購入した。
  6. ゆりかもめではない。ゆりかもえだ。

長谷川明子ファン

  1. 大方はおにぎりアイドルから。
  2. このお方との夫婦っぷりを、呆れながらも優しく見守っている。
    • 2011年11月に石田燿子さんとこのお方を連れて故郷新潟県でイベントをやると聞いたとき、両親へのご挨拶でもするのかとつい勘繰った。
  3. 最近ここで見るこれの広告に、CVとして名前が出てくるのには苦笑。
  4. アイマス声優陣のブログでは数少ないコメント欄があったのが嬉しい。
  5. 「おにぎり波~」にはちゃんと「磯くせぇ~」と返す。
    • 「しおしおのピストル~」にはちゃんと「ベトベトする~」と返す。
      • なんかいやらしいなオイ…って、別にアッキーが言うわけじゃねえもんな…言うの野郎の方だもんな…
    • 結婚しようともふるふるfutureのコールは「大好きアッキー!!」のままだ。

長谷川静香ファン

  1. 若い割には意外と流れが多い、何せ最初の出演作が中学生なので。
    • 主にここここか。
      • ただし後者は「実写版」での出演である。原作での影が薄いキャラだっただけに紛らわしい。
    • 古くからの人ならこことかこことかここから。
      • 天使のしっぽからの人は、らき☆すたでのこの人との再共演を喜んだ。
    • 逆に最近の人はこことかここか。
  2. 古くからの人の中でも、成長している、成長していないと両方の意見が出る。
  3. 天使のしっぽファンを兼ねている人の間では、(イヌの)ナナ(天使のしっぽ)が(雛菊)るる(双恋)をやると話題になった。
    • 天使のしっぽに(カエルの)ルルというキャラが居るため。
  4. 「エガちゃん」と呼ばれている理由を知っている。

林原めぐみファン

  1. 声優に興味を持つきっかけとなった人だったりする。
  2. 彼女のラジオ番組である「Tokyo Boggie Night」、「HeartfulStation」は必ずチェックする。
    • その関係上、特に20年以上の古参ファンはここ絶対に許さない
      • そんな中、拾ってくれたラジオ関西に対しては神扱いである。
        • HSは2015年3月をもって終わってしまったが、TBNが続いているからまだ救いはある。もっともTBNの出自自体が上の一件で、HSの関東での放送が途絶えた事に対する救済の一面もある(最初はTBSラジオローカルだった)。
    • TBNがきっかけで彼女のファンになったコサキンリスナーもいる(開始時はコサキン直後の土曜26時)。
      • 関西ならHSだけでなく「青春ラジメニア」終了と同時にラジオのダイヤルを切り替える者も多数いた。
    • 上の記述が何か違和感あると思ったら正しくは「Tokyo Boogie Night」だった。
  3. 顔の事は禁句
  4. 閣下と呼んだり呼ばなかったり。
    • しかし先輩のこの人が京都でやってた番組では凄まじい扱いされていた。
      • 「バナナへそへそ」とか「×××ネタ」とか、(日高さんに対してですら容赦なかった)リスナーぐるみで…。
  5. 性格のキツさは大目に見る。
    • まあ、江戸っ子だからなあ…。
  6. 2ch本スレの住人は、某セガ社員のサイトの掲示板の一部の住人を非常に毛嫌いしている。
    • 保志総一朗も嫌っている。
    • どうもHeartful Stationで林原の産休時に代理パーソナリティを行って、グダグダ展開になったことを根に持っているようだ。
  7. ある程度以上の年齢のファンは、ラジオ番組「気分はハートビート」のアシスタントというイメージが強い。
  8. 10~20代の若手声優(特に女性)や林原めぐみに近い世代のアイドル声優を嫌悪している場合、または全く知らない場合が多い。
  9. 長らく演ずるキャラが変わらないことが誇りだ。
  10. 檜山・森川コンビは舎弟だ。
  11. デビュー作は「めぞん一刻」の近所の女の人、幼稚園児役。セリフはそれぞれ「何時だと思ってんのよ!」「なんだあの犬!」。
    • さらに、めぞん一刻には端役として出演することが多かった。
    • パトレイバーあたりだとお天気キャスターとかかな。
  12. 本人のわがま…じゃないくてこだわりに理解することが林原道。例:ライブはラジオの公開録音のみ、ラジオの投稿は郵送が中心、など。
  13. メール嫌い、萌えアニメ嫌いが絶対条件。
  14. 声優アワード? 何それ? おいしい?
  15. 俺屍2はなかったことにしたい。
  16. 赤塚アニメといえば「おそ松さん」ではなく「おそ松くん(CX版)」と「平成天才バカボン」だ。
  17. 2017年にやっと1stライブ開催となったが、チケット争奪戦が業界関係者を巻き込んでの地獄絵図と化して涙目になった者多数。
    • 「関係者席すら足りないのか?」と思ってしまった。

早見沙織ファン

成人式パンフ
  1. 我が家のお稲荷さまで火を付けセキレイで爆発。
    • 桃華月憚も忘れないでください。
    • さすがにクラナドからはいないと思う。
    • 「そらのおとしもの」も忘れないでください。
    • 宙のまにまにも・・・。
  2. ニコ動では何故か彼女の知り合いが多く生息している。何故だ?
  3. 歌わせたら誰も敵わない。
    • とかなんとか言ってたら本職に就いた
      • んで遂に(本当の意味での)本職に。
  4. ラブプラスでは「最終兵器に挟まれた通常兵器」の如き扱い。
  5. 「ほたて」といえば貝ではなく「うさぎ」。
  6. シンフォギアに何らかの形で出して欲しいと思っているファンもいる。

原紗友里ファン

  1. 本田未央がメイン。
    • モバマス以前からだと天宮りずむだろうか。
      • あっちの項目にはLISPは黒歴史と書かれているが、飯屋のファンである以上一度は楽曲を聞いた事がある。
    • もしくは「戦国コレクション」の塚原卜伝ちゃんか。
    • ライブでは未央を意識した髪型にしているのが◎だと思う。
  2. 「飯屋」の用法が普通の人とは異なる。
    • 「飯屋のファン」といっても別に定食屋の常連というわけではない。
      • 本人はメシア(救世主)のつもりで言ったんだけどね。
    • 飯屋のイメージが定着しすぎて時々それ以外の愛称(さゆさゆetc)が何だったっけ状態になる。
      • そのさゆさゆに至っては三船さんの中の人(さやさや)と被ってしまうはめに…
  3. 飯屋 清い[検索]
    • 飯屋は決してゲスくはない。清いのである。
    • お前も流星にしてやろうか
  4. ショタコンは疑惑だから…(震え声)
  5. しーちゃんみかしー等と共にOToGi8の一人だったが、その頃は知らないファン多数。

原由実ファン

  1. 関西弁、ドジっ娘、腹ペコキャラと本人が最早萌えキャラである。
  2. 大方は銀色の王女アイドルから。
    • 他のアイマスガールズで「み」で終わる人がみんな「美」である中、唯一「実」で終わるのを書き間違うことは無い。
  3. 水は大量に用意するに限る。
    • 生放送などではらみーだけ水の量が明らかに多い事を常にチェックしている。
  4. 川´ラ`)<はやー
  5. 「ミンナイッショダヨ」は名画である。
    • まさか9thライブの東京公演でもネタにされるとは思わなかった。
  6. 前職を知っている人はその転身ぶりに驚く。
    • 本人が務めたことのある郵便局にまで足を運ぶ人もいる。

潘恵子ファン

  1. ガンダムファンであることがほとんど。
  2. 古谷徹ファンを兼ねている人が多数。

潘めぐみファン

  1. おそらくHUNTER×HUNTERのゴンから。
  2. 契約しているここたまはラキたま
  3. プリキュアに対しては複雑。

日笠陽子ファン

2ndシングル『終わらない詩』店頭コーナー
  1. けいおん!ファンである。
    • 向こうには悪いが、OPよりEDだ。
      • 上に関連して、日曜朝はあいなまとの立場の逆転振りに苦笑。しかも名前が「梓」って…。
        • 『Don't Say Lazy』聞いて脳天に電流走った者は少なくないだろう。そしてモモノキファイブとか聞いて別の意味で脳天に電流(ry
  2. この作品の本編は知らないが、ゲーム版だけは知っている。
  3. 土曜の夕方は超!A&G+を聴くのが日課。
  4. 声優なのか芸人なのかわからなくなってきた。
    • 某氏よりよっぽどマシ。
  5. モモノキファイブの隊員を目指している。
  6. 週始めの昼は教育テレビを観て過ごす。
    • 現役高校生は芸術で書道を選択する。
  7. 『もしドラ』はNHKアニメ版に限る。
    • ていうか、本来のタイトルを覚えているかどうかすら怪しい。
  8. 好きなAKB48のメンバーはまゆゆこと渡辺麻友。
    • 「てへぺろ(・ω<)」はひよっちが生み出し、まゆゆが流行らせたものだ。
  9. 2012年4月15日の笑点で「てへぺろ(・ω<)」がお題として登場したときには思わず「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!」と叫んでしまった。
  10. ファイ・ブレインのミゼルカ姉さんを愛している。
  11. 巨乳キャラが多いのに、本人は・・・、おっと誰かが来たようだ。
    • ただの日笠になってる時が面白い。
  12. これ繋がりで奈々様のライブにシークレット出演したの知って悔し涙流した俺。
    • 更に後日行った幕張のシンフォギアライブでは生演奏じゃなかっただけに、この曲の為にわざわざ初めて奈々様のライブBD買って見て、『何であの日俺は西武ドームに行かなかったんだぁ!!!!!!!』余計に死にたくなったorzorzorz
  13. 某アニメの先行上映会で面子の中で、圧倒的な存在感出していた事に「流石だ…」と思わずにはいられなかった。
    • 同じ作品のトークショーで、柚姐が好き勝手喋り放題で時間押した事にキレて「時間!!」と叫んだ辺り、やっぱり根は真面目なんだな、と再認識させられる。
  14. 横アリで開催された「P's Live02」に出演しなかった事に「解せんぞ主催者」と思ったファン&観客は少なくなかったらしい。
  15. 入籍が明らかになった時は、一瞬驚くも「まぁひよっちだしな」と納得したファンも多い。
  16. 深夜アニメは若手重用の流れの中、2016年は女性声優で最多となる25作品への出演を果たしたことは誇り。
  17. 隙あればスフィアかトラセメンバーになりたがる所は、クスっと笑う。
    • 確かに芸人的にはミューレの面々にも負けてはないw

氷上恭子ファン

  1. 大概はほてきゅ~ん超能力者うさだから入ってくる。
    • 上に関連し、委員長については下の人よりもこっち(ネイティブ神戸弁スピーカー)が適任だったのではと思っている。
      • でも、やっぱり琴音は捨てがたい…。
  2. まさか母親になるとは思わなかった。
    • しかも娘とイメージが別の作品で共通だ。
      • 自分の代では花だったが、娘の代になって実になった。
      • 更には初代の人とスリーマンセルを組んでいた過去まで発覚…。
      • 母娘揃って、後にフォーマンセルに進化した点も共通。
    • そして3年後…。今度は娘同士で「Love & Peace」ってか?
  3. 最大の親友といえば同郷で共演経験も多いこの人だ。
  4. 13番目。
  5. 風のノクターンはやっぱり日本語版だ。
  6. ヒロインや母親のイメージしかない人に、一度ここでのクールな演技を聞かせてあげたいと思っている(WPにも載っていないようなチョイ役だけどね)
  7. サクラ大戦の高村椿役からファンになった奴はニワカ認定っすか…。
  8. 一部の方々から崇め奉られる存在であることを誇らしく思っている。
    • 「デビュー作でこの人と共演すると後にブレイクする」という有り難いジンクスが存在するため。
  9. 某ギャルゲーのヒロインに「?!」となった。結局誤植だったみたいだけど。

久川綾ファン

  1. 「大きなお友達」の名づけの親であることは常識。
  2. CAROLが初の主役だったことは黒歴史。
    • あの事件により、ますます黒歴史化に拍車がかかりそうな悪寒…。
  3. 大抵は水星または委員長から。
    • こちらに書かれている共通事項は常識。
    • 変則パターンは同時期に放送されていたこっちとか。
    • 俺はここから。
  4. で、やはり三石琴乃は強敵(とも)であり戦友だ。
  5. これでセカンドブレイクが来そうな予感がしている。
  6. 文化放送でやっていたラジオは伝説。
    • う○こ踏んじゃった。
      • 小積、文一、元気かな?

日高のり子ファン

  1. サンデーズ時代からのファンは古参だ。
  2. ある意味、林家正蔵は強敵(とも)かもしれない。
  3. (静岡県限定)日曜の朝はけんみんテレビを見ていた。
  4. ETCはPanasonic製に限る。
  5. ここからのファンが多い。
    • 最近はスターラ姫かな。
    • んでグリッダ嬢から入ったファンいるかな?
    • ラブライブ!の理事長でもいるかも。
      • そう言う訳でファン層の幅はアイドル時代からの老兵から最近の作品きっかけな者に至るまで広い。
  6. ゲームにも登場していたが、何人のプレイヤーがこの人を倒しちゃったんだろう・・・
  7. 笑福亭鶴光のオールナイトニッポンで「崖っぷちアイドル」呼ばわりされていた。
    • そこで鍛えられた成果?はKBS京都ローカルで放送されていたラジオ番組で遺憾なく発揮されていた。
      • 今でこそ所謂芸人声優が増えたけれど、こんな大物に鍛え上げられた人は日高さんくらいしかおらんなw
    • 「はい金(とその系譜の番組)」リスナーの鬼畜さ情け容赦のなさは、どっかの某掲示板のアンチスレ住人など軽く一蹴していたと言っても過言ではない。
  8. 三ツ矢雄二や庵野秀明監督に対しては複雑な心情になる。

日高里菜ファン

  1. 子役時代を知るファンはどれだけいるのやら?
    • ジュニアアイドル時代のDVDはファンのお宝
    • 14歳から声優をやっている。初期は棒読み子とまで言われていたのだが、成長具合が凄まじい。
  2. 今の事務所に移籍してから、Twitterとブログ停止。残念・・・。
  3. りゅうこつ座イータ星っぽい名前なのは気のせいだ。
  4. 小学生小学生じゃないんだけどロリなんだよなぁボンキュッボンなのにロリ声が合う不思議など、ロリ声を活かしたキャラクターが多い。
  5. 今や土曜21時 文化放送A&Gゾーン顔。ファンはほとんどが相方も応援している
    • この枠の前ラジオのあの方同様、トーク力からイベントなどの司会を任される機会も増えた。将来的に跡を継ぐのだろうか?
  6. RO-KYU-BU!は神。メンバーで唯一歌手デビューしていないからね…。
    • 2015年1月〜辺りの時代も神がかっていた…。3作品のアニメのレギュラーに、接近戦のイベントだらけ…
  7. ちゃんゆい〜〜♡のファンを兼ねていることが多い。むしろ日高里菜本人が誰よりもちゃんゆいオタク
    • このふたりのカップリング(組み合わせ)に萌えや癒しを感じるファンは少なくない。特にエジソンでのあ〜ん事件や、お泊まりしまくり事件、ディズニーデート事件など、話題はつきない。
  8. この人あの人の影響でどんどん芸人声優ぽくなっているらしい…?
    • ↑の2人とはよく食事に行くらしい。いじられつつかわいがられている。
  9. 女性の交友関係が広いのは有名。RO-KYU-BU!メンバー意外にも、共演した経験のある様々な声優・アニソンアーティストと仲良くしている様子が見られる。言い方を変えれば、自他共に認めるDD…
  10. 合言葉はりなっす、及びりなりなボンバー。と思いきやファンもあまり使わない
  11. "あざと学主席"である。片手の人差し指をこめかみに、片手を腰にやって「おかしくない?」な"ちゃんりなポーズ"はファンもよくするらしい!?
    • "おしゃべりベレー帽"という二つ名をつけられる。ベレー帽はファンもよく(ry
    • 口癖は「おかしいでしょ!」「嘘でしょ!?」。ゲストであろうがファンであろうがつっこむ時はつっこむが、ファンはむしろ罵られることを喜んでいる節があるようだ
      • 花江が浅野で日高が鷲崎かと思いきや、意外と花江が日高につっこむ機会の方が多い印象
        • 多忙のためか、花江氏共々降板。残念だが仕方ない一面もあるかな。
  12. 電撃文庫関係の作品によく出てるよ。だからファンも春・秋の電撃祭には毎回数作品のステージに行く羽目になるみたい、ってミサカはミサカは説明してみたり!
  13. ファンはよく飲み会を開催しており、その写真を送っているらしい。ラジオで本人も喜んでいた。

氷青ファン

  1. 旧芸名はもちろん知っている。
    • 改名理由も。
  2. 昔からのファンはから。

平田宏美ファン

  1. ハスキーボイスと言えばこの人だ。
  2. ほぼ毎日更新されるブログは確実にチェックしている。
    • 但し顔文字の多さには苦笑。
    • どもっ(顔文字)自分です。
  3. この人も「画伯」です。

平野文ファン

  1. 恐らく殆どの人がここからだ。
    • わりと近年ではこの辺も含まれそう。
    • 東海地区限定だが「ドッキン!やばいばる」を知る人はハードコアなファンだ。
  2. こいつらに偽者呼ばわりされたら電撃の一つの喰らわせてやろうと思っている。
    • 武器は当然マグロだ。
    • ターレットで追い回して最後はマグロにする(別の意味で)。
  3. 築地は聖地。
  4. たまゆらで久々のTVアニメ出演。しかもあたる(古川登志夫氏)と夫婦役!!

広橋涼ファン

  1. 恐らく、ここあるいはここから流れてきた者がほとんどでは。
    • 後者のファンなら、この魚にも特別な思いを持っている
      • キャラクター自身のファンならウリ坊だな。
    • もしかしたらここからの流れもあるかも。
    • ところでここからの流れはダメですか、そうですか。
    • あ、あれ? これって主演だよね?
    • これだけ挙げられてこれがないのは…でっかいふしぎです。
    • TOSからきたのはマニアックすぎるよね。
    • これは?
    • これを忘れるとか…
    • これも忘れるなよ。
    • これこれも…。
  2. 今でも『らき☆すた』の泉こなた役はこっちが適任ではないかと思っている。
    • こなたのバイトの回で、涼宮ハルヒではなく藤林杏のコスプレをしている姿を見たかった人も。
  3. 2008年1月期の月曜1:30~は至福の時間帯だった。
  4. 出身地出身高校所在地の関係上、実家の寺はどの辺にあるか見当がついている。
    • なぜかWikipediaでは出身高校は禁句扱い。

深見梨加ファン

  1. 大抵がここから。
    • 最近ではこれや吹替え関連も含まれそう。

福井裕佳梨ファン

  1. ライバルは眞鍋かをりだと思っている。
    • 日テレジェニックの同期。
    • 2014年夏、久々に水着を披露したのには驚いた。
  2. 生年月日が同じこの人には親近感を抱く。
  3. 特にネットショップを開業する予定はないが、Yahoo!ビジネスセンターのチェックだけは欠かさない。
  4. Gレコから入ったのいるかな?

福圓美里ファン

  1. 「福」と書き間違われるのには・・・もう慣れた。
    • 「福円」と新字体で書かれたのを見かけないのが不思議。
      • ネットのテレビ欄だと出てくる。
      • 本人曰く、「旧字体の『』です。覚えてください」(事務所HP参照)。
    • どう変換しても出て来ないんすけどorz
      • 「まるやま」で変換するとあら不思議。
      • 「ふくいん」で変換できる。
  2. TBSの木曜深夜枠は聖域だ。
    • 第2期での登場回数増加は嬉しい限り。
    • 改変後でのメイン昇格は嬉しかった。
  3. 体調不良による喰霊の降板は極めて残念。
  4. おっぱい星人は・・・実際どうなんだろうね?
  5. 福圓美里スマして・ギャフンはもちろん毎週欠かさず聞いている。
  6. 2008年はかなりの飛躍の年ではなかったか?
  7. 結構前だけどBLACK CATのラジオでのこの人とのコンビっぷりは良かったと思う。
    • 以来共演が多いのは、本人たち曰く「腐れ縁」らしい。
      • しかし実際には3作品しか共演していない。
  8. まさかの最凶ヤンデレにガクガクブルブル…(AA略)。
  9. 2012年度の大仕事決定に狂喜乱舞。
    • ヘッドに続いて副ヘッドも…と感慨にふける。
    • そして「そういやマジックリンなんてのもあったなあ…」と懐かしがる。
      • あの当時の杉田としては最大級のむちゃぶりだったはずだったのになあ…。
    • 2年前のこれのレギュラー入りにも驚いた。
  10. 三十路岬到達も、派手さは無いがまだまだその勢いに衰えを見せない。もっと評価されてもいいと思う。

福原綾香ファン

  1. 恐らく殆どがしぶりんP。
    • 岬くんからもいるかね?
  2. 実は道玄坂登先生のファンである。
  3. もぐキチの若妻感に癒やしを感じている。
    • 食事シーンを見るとmgmgしたくなる。

藤田茜ファン

  1. プロデューサーさん支配人、そして多数決ドラマ繋がりで俺妹ファンあたりか。
    • 水本ゆかり役の清純ボイスと賢プロのプロフィール写真の清楚な容姿に魅了され、下記のニコ生でその幻想を粉々に打ち砕かれながらファンになったモバマスPは私だけではない筈。
  2. エロマンガ先生関連のニコ生で迂闊な言動がある度にファンが増えていく
    • 「三大欲求を三大性欲と間違えて言いそうになった」・「学生時代、朝の読書の時間にHなラノベを読んでいた」・夜の樹海からの生放送で驚かし役のスタッフにびっくりしながら躊躇せずノータイムで発砲etc……
      • 以降、親しみを込めて「三大性欲さん」「三大さん」と呼ぶ。但しこの呼び名はエロマンガ先生界隈からの持ち出しは厳禁である。
        • しかし彼女が担当することになった2017年冬季のラジオどっとあいでも初回の開始30秒で自爆してしまったくらいだしもう手遅れかもしれない…
      • 一門入りもそう遠くはないな。
      • デレステナイトでの「DJ☆ピュアガール」という称号に疑問を持ったファンも多いだろう。

藤田咲ファン

  1. ここからの人が多いはず。
    • そこで初めて知った自分がいます。
    • 伊波まひるで出世できたか?
    • 歳納京子ー!!
    • これと言い、最近何かと男とは縁のないキャラが多いような気がする。
    • 提督も多数。
    • プリキュアで子供たちのファンも増えるか期待している。
  2. Anime TVでレポーターをしているのを見ていた頃は、まさかこんな形でブレイクするとは予想もつかなかった。
    • メインパーソナリティーに昇進。
  3. 初音ミクのものまねにワラタ
    • 発音ミクには更に吹いた。
  4. これは何が何でも買うだろう。
  5. キャラ名に「藤田」「咲」がいて、WEBラジオで卓を囲み、CDドラマにも出たのにこれのアニメに出れなかったのは不憫だ。
  6. 緑士である。
    • 近年のホークスの戦績もあって主に某野球ラジオにおいて歩くトラウマと化しつつある。
  7. 同姓同名だったグラビアアイドルを何か意識する。

藤田淑子ファン

  1. 国民的な作品の少年役から淑女役まで守備範囲の広さに一度は愕然とした声優ファン、いやアニメファン多数。
    • トムとジェリーの吹き替え版は八代駿氏とのバージョンこそ至高だ、と思っている。←世代もバレるが。
  2. 70年代から活躍にして実は戦後生まれだと言う事も知っている。
    • あの一休さんやっていた頃、まだ二十代だったと言う事実には驚愕するしかなかった。
  3. ラジオの青山二丁目劇場でのトークに癒やされる。
  4. キテレツや初代デジモンで初めて知った人も多数いるはずだ。

藤村歩ファン

  1. もっと評価されていい声優No.1だと思ってる。
    • 演技の幅が広いどころか、演る役演る役で全て声が違うという屈指のカメレオン声優。そのお陰で逆に特徴を捉えられにくい為か、実力やキャリアに比べてあまりにも本人の認知度や人気が低い事をもどかしく思っている。
      • 何か誰でも知っている役でもゲット出来ればね。
        • イカ娘の栄子は比較的特徴ある方だとは思うけど。
        • 何故かネット局の多かった狂乱家族日記で知った人も多いのでは。
    • 何でもアイドル化すりゃ良いってもんじゃないけど、ユニットでも組めば良いのにと。歌だって唄えるし、容姿だって申し分ないし。
      • ジョジョのショタポルナレフはEDクレジット見るまで確信持てなかった(いい意味で)。
      • 裏方なら演じてるんだけどね…
  2. 愛称は『ふじゅ』。
    • ふじゅううううううううううううううううううううううう!
  3. 歩ファンなら吹き替え作品もチェックすべき。
  4. これこれとで、生徒会関連の役、しかも周囲にはひた隠ししているのに一部の人間にはバレバレ、と言う共通項が。前者は主役、後者はいつの間にかメインキャラに。これは偶然か意図的なのか?

渕上舞ファン

  1. ここここから入ったファンが多いかと。
    • ここからも流入しそうな予感。
    • アルペジオや桜Trickからもいるはず。
      • きゅーそくせんこー
  2. この御方とネットラジオやってたのを覚えているのはどれだけいるのやら?
  3. AKB48ファンから勘違いされるのは仕方ないと思っている(HKT48に同姓同名のメンバーがいるため)。
  4. ガルパン落ちていたら故郷に帰っていた、と言う発言聞いて涙した。
  5. まさかの写真集発売、当然買ったけど。
    • これに対する週刊大衆の反応には本気で殺意が湧いた。いくらゴシップ誌とは言え出版社のお詫びに対してもTwitterの公式垢で煽るとか許せないとかそう言うレベルじゃないぞ。

本多知恵子ファン

  1. 本田智恵子じゃねぇ、そっちは役名だ。
  2. ミクといっても初音じゃない。
  3. この人と間違えるのは仕方がないと思ってる。
  4. この人の前に気分はハートビートのアシスタントをやっていたことまでは気付くまい。
  5. 下と重ならないように注意。

本多真梨子ファン

  1. 間違っても本多知恵子ではない。
  2. 多くの人はここここから。

本渡楓ファン

  1. 物を大事に使う。
  2. 若手で高くはないだろう出演料で、出演作の円盤を自前で買う所にガチオタ魂が揺さぶられた。
  3. 天津向は良き潤滑剤だと思っている。
  4. 刀使ノ巫女で担当した衛藤可奈美へのガチ愛っぷりを見てファンになった人も一定数いるはず。
    • 上にある自腹で円盤複数枚購入したのも、店別特典の為、と知って更に驚愕する。ああ、ガチだこの人、と。

本名陽子ファン

  1. 多くはここここからか。
  2. 吹き替え役も多いのでそちらからのファンも。
  3. ×××を公言している。
    • twitterを始めた頃は関連団体のイベント告知などをよくしていたが、最近は見かけなくなった。

声優

声優事務所/ファンの噂 :全般 / 18禁
個別 :女性(う-おや~わ
男性(あ~おか~そた~わ) / ユニット / 18禁
偽モノの特徴 :全般 / 男性 / 女性 あ~そた~わ/声優事務所


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク