大阪市交通局20系電車

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

大阪市高速電気軌道の車両 > 20系・新20系

20系

現在は全車中央線に集結
  1. 路面電車以外では日本最初のVVVF制御車。
  2. 当初はGTO-VVVFだったが、近鉄けいはんな線の延伸に伴う最高速度アップ(70→95km/h)に対応するためIGBT-VVVFに換装した。噂によれば近鉄が費用負担したとか。
    • 10系と異なり車内は案内表示機と車椅子スペース設置を除きリニューアルされていない。
    • GTO-VVVFだった時代は制御装置のメーカーによって加減速の音が異なっていた。
      • 中でも2601Fは先行試作車のためか1両ごとに制御装置のメーカーが異なっていた。
    • VVVFの更新と同時に側面に行先表示器を設置した。大多数の車両は同時に側面の帯を現在のものに張り替えたが一部の車両は旧タイプの帯(ドア間のみにラインカラーがありそこに「○」に「コ」のマークが描かれている)のまま出場してきた。
      • 逆に更新前に側面方向幕の取り付けと帯の変更を行った編成もある。谷町線でも一時期新タイプの帯が見られた。
    • けいはんな線のスピードアップの為の改造だったので、近鉄側負担に乗じて全て中央線に転属させた上で改造した交通局はしたたかかと。
    • 20系とほぼ同様の制御装置を使っている近鉄7000系はソフトの改修だけで済ませた。この違いはどういうことなんだろう?
      • 近鉄7000系は最初から将来の急行運転や高速化も想定して設計されていたため。
  3. 現在は全編成中央線に所属しているが、一時期谷町線にも配置されていた。
    • 30番台の車両は元谷町線である。
    • それと入れ替わりに24系の一部が谷町線に転属し、22系の50・60番台となっている。
      • このように24系とトレードしたのは20系のVVVF制御装置が更新時期に来ていたため。
    • 中央線への転出と同時に↑の制御装置換装が行われた。
    • 谷町線所属時代も制御装置の設定を変更することで近鉄線の急勾配を走れたらしい。
  4. 東急車輛製の2637F~2639Fは他の編成と扉開閉時に発するドアエンジンの音が異なる。
    • 同様に10系の1117Fと1118Fも東急車輛製のためか同様にドアエンジンの音が異なる。
  5. 四つ橋線から新20系が1編成転用されてきたため、トップナンバーの2601Fが2014年8月で廃車。
    • VVVFインバータ制御装置は比較的新しいので新20系の更新に再利用されるかも。
  6. 近い将来中央線に新型車両を投入することが決まったので引退も近いかも。車内がリニューアルされていないことから考えても。
    • それに対して近鉄は同時期に製造された7000系をリニューアルしてまだまだ使い続ける。その差は・・・。

新20系

谷町線用22系
  1. 言うまでもなく大阪市営地下鉄の主力車両。第3軌条式の全路線に配置されている。
    • 特に千日前線四つ橋線は全部この車両で統一されている。
    • 御堂筋線谷町線、四つ橋線、中央線、千日前線にそれぞれ専用で配置されている。
    • 1の位に路線番号を取って21~25系と区分されている。実際に車体に書かれる番号は5ケタで、旧20系を基準に千位と百位の間に路線番号が割り込んだ形。
  2. 前照灯が前面の中央に2つ配置されている。何か豚の鼻にも見える。
    • 同時期に登場した相鉄8000・9000系やJR東日本251系にも見られる。当時の流行か?
      • 都営大江戸線の試作車もそう(ただし登場は上の物より数年早い)
  3. これまで大阪市交通局ではアルミ車体を標準としてきたが、この車両では軽量ステンレス車体が採用された。
    • そのためか見た目がJR205系と似ている。
      • 新20系の数が多すぎるためありがたみが薄いが、本家205系は関西では少数派で、私鉄でも南海の一部位しか導入例が無いため、何気にビード付き軽量ステンレス車体は関西ではレアな存在だったりする。
      • JR西日本の207系と223系1000番台をお忘れなく(223系2000番台以降はビードなしとなった)。
  4. 最近リニューアル工事が行われ、制御装置がIGBT-VVVFに変更された。
    • 千日前線用の25系だけ、マスコンがツーハンドルからワンハンドルに変えられている。
      • それはホームドアをつけた上、ワンマン化するため。
      • 御堂筋線にもワンハンドル車が登場した。
    • 車内もバケットシート化やマップ式の案内表示機の取り付けなどが実施されている。
    • でも両数が多いために全車両リニューアルまでには相当な期間がかかりそう…。堺筋線用66系や長堀鶴見緑地線用70系もあるので。
    • 通常側面の車両番号は下の方に書かれているが、御堂筋線と千日前線所属車両はホームドア設置計画の関係でリニューアル後は側窓の上に変更されている。
    • 千日前線の25系以外もIGBT-VVVF化が進んでいる。
      • 中央線もGTOは消滅済み。
    • 改造車は30000系風に帯が追加され、よりスタイリッシュになった。
    • 2014年に中央線の24系にもリニューアル車が登場したが、何と車内にLCDがついた。
      • 中央線は勿論のこと、実はこれが近鉄線を走る車両では初の車内LCD装備車両(特急車を除く)。
      • 同時に車内の蛍光灯がLED化されたが、他の車両と比べて車内が青っぽく見えるですぐにわかる。
    • その後、中央線所属車両は更新が進み、原型を留めている車両は姿を消した。
    • 音は京王の7000系IGBT-VVVF変更車や9000系に似ている。
  5. 旧OTS系はかっこいい。あれ、Bトレになったら絶対買う。
    • ちなみに旧OTS系だけ内装が寒色系。現在は谷町線で運用中。
    • 現在は座席のみ他車と同じオレンジ系に変更された。
    • OTS色が見れなくて悲しい。
    • 2008年に局内限定だった23~25系を差し置いてまさかの全国販売が実現。しかし沿線以外の知名度は皆無と言っていいこの車両の売れ行きは・・・
      • 実車が2本しか存在しなかったにも関わらず3本目のナンバーが収録されるという妙なエラーまであり、やっぱりネタ車だった。
  6. 御堂筋線の21616Fと21617Fは車内のLED駅名表示器が全ての扉の上にある(他の編成は千鳥配置)。
    • この旧OTS系もそうだったが、谷町線への転属時に千鳥配置に変更された。
      • これらは大阪市営地下鉄では初めてドアチャイムを採用したグループ。
      • 同時期に製造された谷町線の22618Fと22619Fでは当初はLED表示器は取り付けられず、後日千鳥配置で取り付けられた。
  7. オリジナルのGTO-VVVF音は東急9000系や国鉄(JR東日本)207系900番台、JR四国7000系と同じ
    • 関西ではソフト変更前の近鉄1220・1230・6400系が同じ音だった。
  8. 同時期に登場した66系や70系とは異なり、登場時はドアブザーがなかった。
  9. 尾灯も運転台左右の縁ギリギリに付いている。上記3形式には無い特徴で、全国的にも特異なデザインと言える。
  10. 1990年製の1次車のみ前面の車両番号のフォントが大きい。
    • 2014年8月に初めて四つ橋線の23系1次車が中央線に転用され24系の50番台となったが、1次車の特徴でもある大きな前面のナンバーは改番後もそのまま残された。
      • 職員「だってそうした方がコスト安く済むやんか」
  11. 2016年の第3次リニューアル施工車から、内装がガラリと変貌した。
    • 特に御堂筋線用は床が赤いことから「サラミ」とか呼ばれている。
      • そんな「サラミ」も民営化後の2018年施工の21612Fからまたリニューアル内容が変更され、床はグレー基調になり、扉の化粧板も木目調タイプというオシャレなデザインに変わった。
  12. 96年後期から製造された車両からドアの形状が変わった。
    • 金属帯がなくなり、ドア窓も複層ガラスに変更。更に取っ手の位置も足元付近に。
    • 四つ橋線に6R化の際に増結された中間車もこれのため、生え抜きの編成は異彩を放っている。
    • それより前の95年製造のグループから床面が茶色とクリームのツートンから茶色1色に変わっている。但し上述の四つ橋線6R化の中間増結車は編成内の他車に合わされたため、94年製以前の編成に増結された車両では「複層ガラスのドア窓+ツートン床」を見ることができる。
  13. 10系・20系までの車両のような公営地下鉄臭さを全く感じさせない車両。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク