埼玉の道路交通

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

埼玉の道路交通の噂

  1. さいたま市付近は、国道16号の南北で発展度合いが異なる。
    • あるある。良くも悪くも東京依存体質。
  2. 砂利、穴、わだちなど悪路が多いため、二輪車を操作するテクニックが高い人が多い。
    • さいたま市緑区で救急車がぬかるみにはまった。搬送の遅れが原因かは不明だが患者はその後死亡。
  3. 免許センターが1つしかない。
    • というか、大抵の県は一つしかない。2つ以上あるほうが珍しい。ちなみに東京は3つある。
      • 静岡県には東部、中部、西部と免許センターが3つある。
    • なお、福島県には2つあります。県の面積が広すぎるための措置。
    • 新潟にも2つあります(新潟長岡市)。個人的には3ついるんじゃないかと思うが…。
      • いちおう上越地区にもあります。
      • 大阪にも二つあるで。(門真・光明池)
    • 埼玉県鴻巣試験場の合格レベルは世界最難関といわれている。
      • とは言え、あの程度の問題で受からないようでは免許は持つべきでは無いと思う。
      • 埼玉県内の交通事故が多いのも一因。
    • しかも、鴻巣は田舎。電車で通うのが苦痛すぎ。
      • 電車が嫌ならバスで行けばいいじゃない。
        • 川越駅からバスで45分とかw
        • 俺は浦和から自転車で110分前後で行った。電車でも(自宅からセンターまで)1時間は軽く超えるから、「余分にかかった時間=運動に割いた時間」と思えば時間も節約したことになる。
          • 浦和駅から鴻巣駅までは30分だけど・・・
            • 自宅から浦和駅まで15分、数分待つ、浦和駅から鴻巣駅まで30分、バス停まで約5分、発車まで数分、発車してから10分。1時間超える。
              • そこまで手待ち時間を考慮してしまうと昔の大宮の試験場でも1時間超えそう。
    • 鴻巣は人形の町と言われているが、ほとんどの県民が免許の街だと思っている。
    • 駅ビルが建設中。
    • 知事が土屋でなかったら大宮からの移転は許さなかった可能性が高い。
    • 埼玉より人口の多い神奈川も一つだけだったはず。
  4. 「ゆずりあい埼玉」と標語があったが、1台譲って2台目の車は絶対に譲らない文化がある。
    • これって埼玉に限った話じゃないような・・・
    • 譲るのは1台ずつが全国的な暗黙のルール。何台も譲ってたら優先道路の方の交通が乱れる。
  5. 品川ナンバーは「品車」と呼ばれ、確実にアオリの対象となる。
  6. 熊谷ナンバーは暴走車として他県の人々に恐れられている。
    • 土浦ナンバーの前では子供みたいなもんですよ。
    • 本当に怖いのは“なにわ”ナンバーのフルスモーク車。(たいがいベンツ)5車線の一番左から右折していく・・・。
      • 熊谷ナンバーって軽の希望ナンバー多いな・・・。
    • 遠出をしても「暑いところですよね」と声をかけられたりする。けっこううれしい
    • 地元では、歩行者や自転車がいると大回りをしてよけてくれる車が多い。>熊谷ナンバー
      • 地元では歩行者優先。
    • 太田(@群馬イオン近辺で最近多少見かけるが、群馬栃木ナンバーよりはお行儀は良い>栃木ナンバー
  7. 平成18年中に川越ナンバーができる。
    • 不人気の所沢ナンバーから独立するらしい。
      • しかし、所沢ナンバーができた当時、川越市の人たちは「川越」ナンバーに反対していたらしい。
        • ところが所沢ナンバーによって所沢の知名度が上がったことに川越市民が嫉妬した結果川越ナンバー取得に躍起になった模様。
        • ついでに比企郡東松山市の住民も熊谷ナンバーからの脱却を画策したが叶わなかった。
          • しかし日高市は川越都市圏まちづくり協議会のメンバーなのに川越ナンバーから最初から離脱。
            • 市民は川越ナンバーを希望したのに議会が反対した。
    • 所沢ナンバーは不人気と言う自覚が有るのか、地元の道路状況が良くないからなのかは分からないが、運転は「アラウマい」。
      • よく言えば「旨い」悪く言えば「荒い(怖い)」。
      • 所沢ナンバー車を上手いという奴らの気が知れない。狭山に住んでた時に何度危ない目に遭わされたか…県外で見かけても車間を余計に取りたくなる。
      • 首都圏にしてはだが、北関東並みにうまい。隣の八王子や大宮とは比べ物にならない。
      • 地元として言わせてもらうと、埼玉県内ナンバーの車は総じてあまり特徴がないと思う。上手い下手や善し悪しもどんぐりの背比べのような・・・。
      • 他県から来た人間から言わせて貰うと、「アラトロイ」群馬寄りになるとそれなりにウマいが、東京に近づくと「トロい」「性格悪い荒さ」が目立つ。特に合流がヘタクソ。
  8. 作られる有料道路には必ず抜け道が用意されていて、入り口では混んでいた車が料金所付近ではなぜか皆いなくなる。
    • そのためだいたい200円~300円ぐらいなのだが、道を間違えて料金を取られるとものすごく悔しい
    • よって一応無料になる「予定」だったのが半永久的に有料のまま。
      • 償還期間終わったら借金残ったままちゃんと無料にしてますよ?最近だと熊谷東松山かな
        • 2009年8月1日から、富士見川越有料道路も無料になるとか何とか…
          • 無料化されました。
    • 神奈川の保土ヶ谷バイパス、第三京浜、横浜新道など格安(または無料)高速道路と比べ、貧弱で高い埼玉の有料道路。神奈川との差は知事の差か?
      • 渋滞の差です。そんな日本一渋滞が激しいような土地と一緒にしないで下さい。
  9. 国道に出ている○○行きの→に従って曲がると道に迷う(一本道でないのに、二度と表示が出ない)。
  10. 信号制御のずさんさは全国ワーストクラス。特に県道は数百m程度走るごとに赤信号停止を繰り返したり。県民の忍耐は限界に達している。東京、京都、広島のような同期制御の概念が存在しないのか?
    • 県警は一部道路についてオフセット制御と称しているが、そういう道路ですら少なくとも日中はノンストップで走行できるケースはほぼ皆無。
    • 土屋長期政権20年のおかげで自転車死者、旅行人気、医療格差、綾瀬川、都道府県サイトリスクなどもワースト1位になった。タモリが「ダサイ」(ダってサイたまだもん)と言ったのは根拠あっての事。
      • さらに、教育への補助金、鉄道整備などなど、埼玉は問題がありすぎる・・・。
    • 東京の方が酷くないか?16号で八王子から走らせていたら、都内はよく引っかかったのに埼玉に入った途端流れが良くなった。
      • 東京・神奈川のほうが交通事情はヒドいもんだ。
      • たんに交通量の問題。多くても少なくても、信号管理の駄目さで引っかかるのが埼玉。
        • 神奈川がダントツ最下位だと思う。埼玉は無同期であの渋滞、東京は精一杯同期させてあの渋滞、神奈川は故意に止めるように同期させて渋滞。特に相模原辺は車で近づきたくない。
      • 17号の上尾警察署管内が特に酷い。
      • 開通した県道126号もなかなか……森の中で謎の赤信号連打。やめてほしい。
    • ほんとに県内と日本中あちこち車で走ったことあるか?
  11. 「さいたま市」が出来てから、道路交通標識が分かりにくくなった。
    • それまで県道や国道に設置されてた方向別案内板で、「大宮」「浦和」「岩槻」とか細かかったのに、ぜんぶ「さいたま」になってしまい道に迷いやすくなった。
      • 最近は「さいたま(旧大宮)」などに置き換えられていますよ。鳩ヶ谷市内の全方向「川口」の方が困る。
      • 何故か岩槻区方面だけは行き先が「さいたま」でない。16号を春日部から走ると「さいたま 岩槻」となっている
      • 距離も「大宮」→「さいたま」のせいで無駄に増えてしまい、浦和以外の旧市役所まで何kmなのか分からなくなった。
      • ドライバーから批判があったからか「さいたま」の下に「旧○○」と付けられたが、なんだかマヌケである。
      • 都内の幹線道路(国道以外)では「大宮」「浦和」のまま残っている。岩槻が「さいたま」と書かれなかった理由は不明。
        • さいたま市が誕生して、道路標識を全て「さいたま」に変えた直後に岩槻も編入したもんだから、またすぐに変更し直すのが面倒くさかったと思われ。
    • 道路標識だけでなく、県道の路線名の「浦和」「大宮」「与野」も全て「さいたま」に置き換えられた。宮城県のように路線名に旧市名が残っている県もあるのに・・・。
      • それでいて合併後も住所表記に「字・大字」が残っている(苦笑)。
        • 別に無理に消さんでもええやろ。名古屋とか広島とか、政令指定都市で大字残ってる所はあるんやし。
  12. 川越北環状道路の工事に進捗が見られ、ロジャースの前から泉小学校までしか完成していなかったが、今では国道254号の城西川越高校の交差点から星野高校まで完成し、(平成21年11月現在)東武東上線を超える橋の橋脚も完成している。残る問題は、住宅地の用地と川越線をどう越えるかが残っている。
    • 川越線を越える橋脚も完成している。(平成24年5月現在)
  13. 【国道○号 ○○市○○ ノロノロ
  14. 荒川を渡る東西の幹線道路が貧弱であり、ほぼ片側1車線。同じ県内の移動に手間がかかるのはこれが原因。
    • 国道16号の西大宮バイパスは比較的、立派だと思うが…
    • 463号(浦所バイパス)、298号も片側2車線です。逆を言えば、東埼玉~西埼玉を結ぶ道路で片側2車線以上なのは国道しか無いということ。
  15. 急速に都市化したこともあり、特に道路に関してはインフラ整備が整っていないことが多い。
    • 主要な幹線道路でも片側一車線・歩道なしということも多いし(例:県道2号さいたま春日部線)、田んぼを無計画に開発しまくったから変に曲がりくねっていたり行き止まりだったりする。
    • 同じように急速に都市化した首都圏の他の県はそこまで悪くないのだが・・・
      • 千葉出身で東京、埼玉と移り住んだが、千葉も内陸部は似たようなもんだぞ。しっかりしてるのは湾岸部の埋立地くらい。
    • 「東京や横浜は空襲で焼け野原の更地になったり海岸を埋め立てたりしたから、一から都市計画を練ることができた」っていうのもあると思う。埼玉の場合は大きな空襲も無く、昔からの市街地が中途半端に残ったという要因もあるんじゃないか?

埼玉県内の主な路線

ほかにもあったら加えて下さい。

県内にある高速道路

県内にある国道

  • 国道4号
  • 国道16号
  • 国道17号
    • 早く上尾道路ができないかな。と渋滞しつつ思う上尾市
    • 新大宮バイパスは県内でも数少ない6車線(片側3車線)道路。しかし、それでも対応しきれていない交通量・・・。
      • 現道が戸田橋付近と北与野駅付近(与野大宮道路)を除いて片側1車線だから。
  • 国道122号
    • 県内の2車線区間は減るも、蓮田市以南の渋滞が目立つ(加倉、大門付近)
    • 東北道の両側を走る区間は上の渋滞さえなければ最強。県北から東京都内まで併走してる4号や17号より断然早い。
  • 国道125号
  • 国道140号
  • 国道254号
    • 早く和光富士見バイパス(仮称)つながんないかな~。
      • 仮称ではなく正式名称。ただ全区間開通したら富士見川越BPと一体化して「和光川越バイパス」になりそう。
    • いい加減土地渡しなさいよ、宗○地区の皆さん!
  • 国道298号
  • 国道299号
  • 国道407号
  • 国道463号
    • 元々は「浦和越谷線」「浦和所沢線」「入間所沢線」だったのを一つに纏めて国道化したもの。今でも浦越とか浦トコって言葉が通用する。
    • 浦和越谷線だった区間はさいたま市内は埼大通りとも呼ばれ、日本一長いけやき通りとしてアピールしている。
      • 浦和所沢線だった区間の一部だよ。ケヤキ並木は正確には北浦和駅入口交差点(さいたま市浦和区)~西新井町交差点(所沢市)間の約17km。ちなみに埼大通りと呼ばれているのはさいたま市内の区間だけでほかでは「ウラトコ」と呼ばれている。
      • 旧浦越線は「越谷街道」と呼ぶ人がいる。

県内にある主要道

  • 第1・第2産業道路
    • 第一産業道路は県道35号、第二産業道路は県道1号&5号。
      • 第一・第二ともに上尾と川口を結ぶ埼玉南部の大動脈。
        • 第二産業は桶川まで伸びる計画があるが、一向に工事が行なわれる気配なし。
      • 第二は県道58号と34号バイパスも。後者の区間には非常電話、火災報知器、消火栓付きのトンネルがある。自転車も通行可。
      • なぜ数字が小さい1号・5号線が「第二」で、数字の大きい35号線が「第一」なのかは謎。
      • 第二産業に関してはそのまま都道58号(尾久橋通り)と一体化している。
    • 気が付いたら尾久橋通りと完全につながっていた。迂闊であった。
    • 第一産業道路の渋滞は四六時中。第二産業道路は東大宮辺りの構造が酷い
      • 渋滞情報で第一産業道路の「堀の内」という地名を聞かない日はほとんどない。
      • 第二産業はなぜか東大宮付近だけ片側一車線。ここもさっさとニ車線化すればいいのに。
      • 東武野田線のアンダーパスが4車線化し、制限速度も50に変わってた。
  • 県道2号(旧国道16号)
    • ほぼ全線通して道幅は狭い。大宮駅付近は常に渋滞。
      • 見沼区内が特に狭い気がする。あと、第三公園のロ〇テリアの所はひどすぎる(哀)
      • 幹線道路で交通量も多いのにもかかわらず片道一車線。見沼区では歩道すら無く、歩行者スレスレをトラックが走るスリルを味わえる。
        • 危ないので地元民はこの道を通るのを避ける傾向がある。自転車は多少見かけるが、歩行者はほとんど見かけない。
    • 大宮第三公園の西側で拡張工事やってる。あの様子だと片道2車線ぐらいにはなりそう。
      • 大和田や風渡野付近でも拡張工事中。
    • 起点は大栄橋かと思いきや、指扇という事実。
  • 県道3号(さいたま栗橋線)
    • 県内唯一の全線4車線。交通量は国道並なのに立体交差がないのですぐ渋滞。
      • 近年までは右折帯もほとんど無かった。
    • 大宮以北の埼玉県内の宇都宮線沿線の大動脈。
      • 大宮から国道4号や東北道へのアクセス路でもある。
    • さいたま栗橋線」という名前のわりに、起点は上尾市。
  • 県道6号(川越所沢線)
    • 道路地図によると元町交差点から愛宕山交差点までの区間も6号線ということになってるが、実際に走ってみると24号線になっている。
  • 県道12号(川越栗橋線)
    • 埼玉県中部を横断する県道。事実上の終点は旧鷲宮町だが、そのまま県道さいたま栗橋線・国道125号に飲み込まれて旧栗橋町まで続く。
    • 国道254号・国道17号・国道122号・東北道・国道4号を環状に結ぶため、交通量はかなり多い。
    • 桶川市内の渋滞が半端ないため、圏央道桶川北本IC開通時点で坂田~上尾道路のほとんどの区間が片側2車線になった。
      • が、用地買収の遅れでべにばな陸橋~下日出谷が片側1車線のまま。桶川北本IC開通でさらなる渋滞の悪化が懸念される。
        • しかも、上尾道路との交差点部分も中途半端に1車線だったりするので渋滞の要因に。
          • 4車線化の完成と共にショッピングセンターも開店。旧道は見る影もなくなった。
  • 県道27号(東松山鴻巣線)
    • 東松山と鴻巣を結ぶ県道。
    • 荒川を渡る御成橋のところは「川幅日本一」である。
    • 現在、国道407号の東松山バイパスを延長する形でバイパスを建設中。
      • 最近暫定2車線で開通しましたね。鴻巣まで4車線になる日はいつになるだろうか。
      • 去年の4月から起点から国道407号までが4車線になった。
  • 県道33号(東松山桶川線)
    • 東松山と桶川を結ぶ県道。ただし、吉見西部~東松山は県道27号に、桶川の坂田~加納は国道17号にそれぞれ飲み込まれる。
    • 高崎線を踏切で越えるため、加納~下石戸上はいつも渋滞(圏央道開通でアンダーパス化予定)。
      • なので、国道17号へは北本の荒井から南大通りを経由した方が早く着く。
      • 2015年にアンダーパスが完成。
  • 県道35号(川口上尾線)
    • 産業道路とも。基本は2車線だが、一部4車線区間もある。
    • 太田窪付近で拡幅工事が行われている。
  • 県道38号(加須鴻巣線)
    • 2018年に加須市役所交差点から西に行くルートが追加(旧国道125号)。国道122号と2回も接続する。
  • 県道40号(東村山志木線「志木街道」)
    • 「東村山志木線」じゃなくて「さいたま東村山線」。県庁前からつながってるからね。
      • 浦和区の県庁前(国道17号)から、南区、桜区、志木、朝霞、新座、清瀬、東村山へ至る。国道463号とほぼ並行。
    • 荒川に掛かる「秋ヶ瀬橋」は、歩道が上流側しかない。
    • 志木市内では「志木街道」とは呼ばれない。
  • 県道49号(旧国道4号・旧日光街道)
    • 「旧4号」の他に「(旧)日光街道」と称されることもある。しかし、実際には江戸時代の旧日光街道とはズレている所が幾つかある。
  • 県道56号(さいたまふじみ野所沢線)
    • さいたま市内だけで国道17号と2回重複する。
      • 2回と言っても1回目は現道、2回目は新大宮BP。
  • 県道57号(さいたま鴻巣線)
    • この県道だけでさいたま(浦和)から鴻巣まで行く人はまずいない。
      • 元々は「川田谷鴻巣線」と「桶川浦和線」という別々の道路だったのを1つに纏めた。
      • 町谷交差点で新大宮BPに入って吉野町ICで17号現道に合流するルートが最適。
    • 治水橋近くの重複路は交差がかなりの鋭角。さらに上尾市内にゴルフ場の中を通る箇所あり。
      • 上尾のゴルフ場部分は並行する市道の方が立派な道である。
    • 新大宮BP付近は狭くて交通量が多く、車の流れに乗れるほど速く走れない自転車で通るのは危ない。
    • 起点(R17の六間通り交差点)から桜区役所付近までは「新六間道路」と呼ばれる。この区間が終わるとほぼ90度向きを変え、最後はr164(旧中山道)と重複。
  • 県道65号(さいたま幸手線)
    • 浦和から岩槻を経由して幸手へと向かう。
    • 岩槻~浦和間の最短ルート。でも道は狭いし交通量は多い。
  • 県道68号(練馬川口線)
    • 埼玉県内だけで言えば、通称「オリンピック道路」
    • 川口⇔戸田の行来は大抵このルートを案内標識もナビも案内するが、競艇場前を通る堤防道路のが早い。但し、二輪車は夜間通行止。
  • 県道79号(朝霞蕨線)
    • 川越街道(R254)と中山道(R17)を結ぶ道路で、起点付近は前者の、終点付近は後者の旧道を経由する。
  • 県道88号(川口停車場線)
    • R122(岩槻街道)と川口駅東口を結ぶ道路で、通称は「本町(ほんちょう)大通り」。終点をから先は産業道路。
  • 県道115号(越谷八潮線)
    • 草加~八潮区間には「産業道路」の愛称が付いている。県道1号、2号と紛らわしくないんだろうか。
      • 第一産業=35号、第二産業=1号・5号・34号・58号です。紛らわしさを考慮するなら「第三産業」でも良かった気がする。
  • 県道126号(所沢堀兼狭山線)
    • 東京狭山線とも呼ばれる。
  • 県道128号(熊谷羽生線)
    • 2018年春から旧国道125号の区間が県道128号になり、ルートが2つになった。
  • 県道164号(鴻巣桶川さいたま線)
    • 旧中山道。略して「旧中」とも呼ばれる。
      • 旧中山道は蛇行している箇所が割と多いけど、現在、県道164号になっている区間は右左折する箇所が皆無。
      • 起点付近の一部を除けば、全ての区間が江戸時代以来の旧中山道だが、旧中山道の面影が殆どない(特に上尾・さいたま市内)のが残念・・・。
    • 全線に渡り片側1車線。その上、市街地を通るので至る所で渋滞する。
    • さいたま新都心駅付近は自転車レーンがある。
    • さいたま市誕生前は大宮駅付近が終点で、「鴻巣桶川大宮線」だった。さいたま市発足とともに県道101号浦和大宮線を吸収し、現名称・現区間に。
  • 県道160号(川越北環状線)
    • 当初の全通予定は2010年。あの電線がネックなのか、陸橋の工事が進んでいない。
    • 2019年3月に全通予定。当初の予定より9年もかかった。
    • 16号からの2車線区間で渋滞がひどくなった。
  • 県道165号(大谷本郷さいたま線)
    • ほぼほぼ狭い。特にさいたま市内は小学生が多いので危険。よほどの用がない限り通らない方がいい。
  • 県道213号(曲本さいたま線)
    • さいたま市南区曲本(最寄り駅は武蔵浦和駅)から浦和駅西口に至る県道。
    • 旧中山道の区間が含まれている。
      • ライフ浦和白幡店前~浦和駅西口交差点。ちなみに沼影交差点~ライフ浦和白幡店前は「田島通り」と呼ばれる。
  • 県道216号(上野さいたま線)
    • 上尾市大字上野とさいたま市大宮区を結ぶ道路。
    • 上野東京ラインに倣って「上野さいたまライン」・・・とは呼ばれないな。
  • 県道295号(松戸三郷線)
    • 千葉県道295号も同じ区間。
    • 大部分が江戸川を渡る「上葛飾橋」からなっている。
      • 橋の部分は、以前は有料道路だった。橋のせいか、大型車両ほど高い料金設定になっていた。
      • 2008年に無料開放されて以降は慢性渋滞に。
        • この橋より一つ上流側の橋(流山橋)まで5.4kmも離れているのが原因。
        • 特に、朝の松戸→三郷方向は、松戸市内から外環道の三郷南ICに向かう車が使うため、どこまでも渋滞が続く。
  • 県道311号(蓮田鴻巣線)
    • 実質的な終点は北本市北部の宮内。そこから北は国道17号に飲み込まれる。
    • 国道17号の裏道としても使われる。
  • 県道312号(下石戸上菖蒲線)
    • 北本市を横断して、久喜市(旧菖蒲町)に至る県道。
    • 北本市内で国道17号と重複。そして、この重複区間を境に東西で道の性格が変わる。
      • 東側は北本市と県道12号を結ぶ短絡道。全区間片側1車線。
      • 西側は国道17号と県道33号を結ぶ片側2車線の道路。通称「南大通り」
        • なお、この界隈の高崎線を跨ぐ道の中では南大通りはかなり穴場。
  • 荒川サイクリングロード(厳密には複数のサイクリングロードや管理用道路の集合)
    • 葛西臨海公園から熊谷の荒川大橋までの90km。
    • 入間川サイクリングロード、芝川サイクリングロード、ヘルシーロード、など支線?も数知れず。全体としては日本一のサイクリングロードと言ってよい。
    • 休日は都内からわざわざ来る人も沢山。
      • 世界で戦っているような選手が普通に走っていたりする。

埼玉のバス

丸和運輸機関

  1. 桃太郎便の名前でやってる運送業者。
  2. 実は自社で配送できるエリアは足立区柏市川越市の中の狭い範囲。
  3. 小売店への配送に強いらしい。

ジャパンタローズ

  1. 引越しの桃太郎便を運営している会社が設立したバス会社。
    • 丸和運輸機関という社名は知られていない。
  2. 東武バス埼玉県東部をほったらかしている隙を狙って次々と路線バス事業を拡張した会社のひとつ。
  3. 東武(朝日自動車含む)、西武国際興業の三国鼎立状態だったさいたま市への乗り入れを果たした。
    • もっともエリアは浦和美園駅周辺と、ごく一部なのでほとんどの市民には知られていない。
  4. バスの色がピンク(一部赤)なので、遠くからでも目立つ。

ライフバス

  1. 主に富士見市三芳町を走っている。
  2. 車体の塗装は白地に赤。
  3. チョロQを思わせるバスが多い。
  4. バス共通カードはおろかPASMOすら使えない。
  5. 運賃箱に他社では見かけないと思われる注意書きがある。
  6. 元々は「日本ライフクラブ」というレジャー施設運営会社だった。
    • そのレジャー施設に送迎バスを運行したところ、足の無い沿線住民が多数入会して通勤に送迎バスを利用しだしたのが路線バス運行へのきっかけ。
    • そのため、長らく会員制貸切扱いだった。
    • そのせいか鶴瀬駅の乗場には「誰でものれるライフバス駅前のりば」の看板がある。
  7. それにしても東武は何故この地域を放置し続けたのだろうか?群馬茨城まで進出していたのに。
    • ライフバスに東武の息はかかっていない。
    • あの地域は人口が分散していてバスも幹線道路にしかない。他市(富士見市、ふじみ野市)はコミュニティバスを走らせているが、三芳町のコミュニティバス的ポジションがライフバスになったんです。
  8. 一部のバス停が物差しになっていて背丈を計れる。
  9. 回送車の行先表示が「すみません回送中です」というやけに丁寧な表記をしている。LED式にしてるバスだと顔文字も付いてくる。

マイスカイ交通

  1. 貨物運送業者が設立したバス会社。
  2. 主に三郷市東京葛飾区を走っている。
  3. 社名(MY SKY)の由来は、三郷・八潮・草加・越谷・吉川の5市の頭文字を合わせたもの。
    • しかし、この中で三郷市以外を走る路線はすべて廃止されてしまった。
  4. 金町駅三郷中央駅三郷駅の路線は京成タウンバスと共同運行。
    • このうち、金町駅~戸ヶ崎地区の区間は、東武バスの廃止された路線跡を通っている部分が多い。東武時代は本数が少なかったが、マイスカイ/タウンバスになって本数が激増し、利用者も多い。
  5. ICカード非対応どころか、定期券の発行すらしていない(割引チケットは回数券のみ)。
    • そのため、通勤で利用したくても、定期代の支給ができないという理由で通勤経路として認めてくれない会社がある。
  6. 狭い道を多く通るため、大型の車両は保有していない。

東松山市内循環バス

  1. 水色のバス。
  2. 全線100円で同一区間の民間のバスより安いが運行本数はかなり少ない。コミュニティバスなので仕方ないが。
    • 均一料金なのに後払い制。
    • 前だけでなく中扉にも出口表記があるのだが、使用できるのかは不明。

さいたま市コミュニティバス

  1. 西区・北区・桜区・南区・見沼区・岩槻区の各区に一本ずつ路線がある。
  2. 運営は国際興業、東武バス、西武バスに委託。
  3. 駅や区役所を通るルートを意識している所為か、やたらとルートがぐにゃぐにゃ状態。

イーグルバス

  1. 観光バス事業者であるが、路線バスもやっている。
    • おひざ元の川越のみならず、比企地域など。
    • 更に、空港リムジンや夜行高速バスにまで進出
  2. ボンネット風車体の小江戸巡回バスが有名かも。
  3. バスにセンサーやGPS装置などを取り付け、効率よく乗客が便利に利用できるようにダイヤやルートを策定しているとのこと。

けんちゃんバス

  1. 上尾市・桶川市・北本市・伊奈町・蓮田市エリアに路線を持つ。
  2. 埼玉では珍しい均一運賃(200円)。
  3. 最近大宮駅前にも進出した。
    • 大成循環ルートは鉄道博物館前を経由し、なおかつ特定区間運賃の100円で乗れるのでニューシャトルより安く行ける裏ルート。
    • 西口バスターミナルに入れてもらえなかったのか、大宮駅西口バス停はアルシェ横の裏道にひっそりとある。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク