国道400号

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 会津のほうにあるのは分かるんだが正直どの国道がそれだったか覚えてない。
  2. 栃木県内から姿を現すが、本当の起点は茨城県の水戸市。なぜ、こんな中途半端なところから始まるのかが、かなり疑問。
    • 実は、国道118号と国道293号の影に隠れている。
    • 栃木県に入ると国道293号上に突然現れるので驚くドライバーもいるだろう。
  3. 生きていれば総理大臣になっていたかもしれない有力政治家が居たおかげでキリ番になったというまことしやかな説が地元ではよく語られる。
    • それなんて尾頭峠に銅像建ってる人?(笑)
  4. 塩原温泉付近の渓谷美は必見。
    晩秋の塩原渓谷の紅葉
    • 車窓から滝も見られる。新緑や紅葉の時期は気持ちいいが、くれぐれも脇見運転に注意。
    • 紅葉シーズン週末の渋滞は尋常ではない。東北道出口から日塩道路入り口まで2時間とかザラ。
      • 文化の日絡みの三連休にならなければ、せいぜい1時間くらいかな。
    • 逆にスキーシーズンの渋滞はブームの沈静化で幾分マシになったみたい。
  5. 大田原市内は混みやすい。
    • 西那須野(三島・三島北)の方が混みやすい気がする。
    • 西那須野のベニマルの横から大田原の環状線(通称3.3.1号)につなげるバイパスを工事中。完成するといいね。
  6. 塩原温泉街は狭いし歩行者の往来も多いので走りづらい。
    • トラックなど事情を知っているドライバーは福渡から県道に迂回している。
  7. 南会津~西会津間の舟鼻峠と杉峠は狭小区間があるため、バイパスを建設中。(両者とも冬季間は閉鎖される。)
    • 杉峠は新道建設が凍結された。
    • 舟鼻峠のバイパスは県道に行き着く。
  8. 終点は福島県西会津町の49号黒沢入口交差点である。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク