国道371号

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

近畿の国道>

  1. 主な経由地:河内長野市橋本市〜高野町〜田辺市…(林道)…古座川町〜串本町と一応のところ紀伊半島縦断国道となっている。
  2. 高野山~龍神村は高野龍神スカイラインへ。

大阪府区間の噂

  1. 河内長野〜橋本間はもともとは国道170号だった。
  2. もともとの国道170号は東高野街道という別名を持つ高槻〜橋本までの国道だったが、その国道が今のルートに制定されてから、国道371号が大阪府まで延長された。
    • 今でも紀見峠の旧道に行くと、その面影を見ることが出来る。
      • なにせ、ボロくなっても170の国道標識を見ることができますから。
        • 残念ながら、数ヶ月前にその国道標識は2枚とも撤去されました。
      • もちろん、新道(紀見トンネル)は結構古いとはいえ、その面影は残っていません。
  3. 橋本以北は交通量がかなり多い。
    • 特に、河内長野市内(特に170号線との分岐点)での渋滞が酷い。
    • 371のイメージが酷道しかなかったから、拍子抜け。
  4. ただいま河内長野市内で中途半端にバイパスができているが、旧道利用者も意外と多い。
  5. 南海高野線と同じように橋本市を大阪の植民地にした立役者。

和歌山県区間の噂

  1. ふたつの分断区間が存在する。
    • 田辺市内(旧龍神村〜旧中辺路町間)と田辺市(旧大塔村)〜古座川町間。
    • しかし、後者は林道経由でいけるので完全に分断というわけではない。
      • しかし、素人にはオススメできるような道ではない。林道にいたるまでも酷道ファンのメッカ・紀伊山地らしい酷道要素たっぷりなため。
    • 前者も数キロ離れたところにある豪華トンネル付の県道へ回ったほうが速いし快適。
  2. 橋本以南は以北と違い、観光シーズンのスカイライン以外は閑散としている。
  3. 逆に、橋本〜高野山までは酷道の要素が強い。素人は九度山町経由のR370で行くことをオススメする。
    • が、通行車両が少ないので意外にすんなり走破できたりする。
    • 371で行こうとすると、初めの方に「高野山へは370号を通れ」という内容の看板がたくさんある。
      • それを無視して進んだバカがいる。
        • もっとも、最初は↓の酷道で龍神まで向かおうとしていた。
      • ↑↑がR370はシーズンになると交通量が増えるため371のほうが早い場合も。無論落石や路肩の崩落という危険は付きまとうが。
  4. 途中、日本有数の酷道に逝くことは可能だが、その入り口がバイパスのようなやたらと新しいトンネルのため錯覚を引き起こしやすい。
  5. 南側(古座川町〜串本町)は盲腸路線ゆえに影が薄すぎ。
  6. 飛び出しこなたが建っている。
  7. 何度も県境を跨ぐ為カーナビが大暴れする箇所がある
    • スカイラインの護摩壇山以北は県境沿いを走るため路肩のキロポストに混じって「和歌山県」「奈良県」の県境標が数百メートルおきに見られる。
  8. 1974年に制定された当初は橋本市~旧中辺路町までだった。1982年4月1日から河内長野市~串本町となり本州最南の3桁国道になった。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク