偽週刊少年ジャンプの特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
半保護中
このページは「IP利用者による編集強行」のため現在、半保護(匿名投稿と新規登録者の投稿を制限)されています。
詳しい経緯、及び議論はトークページへお願いします。

あ・か行

偽アイシールド21の特徴

  1. 作画がリアルだ。
  2. 脚色もなく原作そのもの。
  3. キー局と広島以外は打ち切り。
  4. 賊学の校舎はまるで新築のようだ。
  5. 実はラグビー漫画だ。
  6. マネ協所属の声優の出演が多い。
    • 故に、ネルケの声優は全く起用しない。
  7. 声優は全員、オービックシーガルズの現役選手。
    • 故に舞台は千葉県の津田沼となり、高校編でクリスマスボウル、大学編で甲子園ボウル、社会人編でライスボウルまで描かれる、キャプ翼並の長編になる。

偽いちご100%の特徴

  1. 短期間で終了。
    • 逆に「初恋限定。」は長期連載となった。
  2. テレビアニメは、テレビ東京系で放送された。
    • ネット局は、ポケモンレベルに多かった。
  3. 学園紛争体験記を基に作られたアメリカ映画。
  4. 「苺果汁100%(濃縮還元)」だ。
    • 紙パック入り。
  5. 一護100%だ。
  6. いちご0%~いちご99%まで黒歴史。

偽男塾の特徴

  1. 主人公が剣太郎
  2. 塾長がロン毛で茶髪
    • しかも「萌え~」とか言っちゃう
    • キメ台詞は「私が男塾塾長、江田内平七であーる!!」・・・って名前が微妙に違う。
    • 「え~ど~も、私が男塾塾長の江田島平八でございます・・・」丁寧な上話が長い。
      • しかし巧みな話術とウィットに富んだ話題で学生たちに大人気。
      • 「口はばったいことを言いますが、日本では江田島平八と言えばあたしひとりです」がツカミ。
        • そのたびに某国では「一人で十分だ」と言いつつ十字を切る姿が散見される。
  3. 制服がセーラー服
  4. 民明書房の本が普通の本
  5. 勉強内容が普通の高校レベル。
    • それどころか全国トップレベル
    • IT学習も優秀
      • そのせいか履修漏れ発覚。
  6. 各教室に金日成・金正日親子のにこやかな肖像画が掲示されてる。
    • 授業のウェイトの七割を「金日成元帥の幼少時代」「金正日将軍の幼少時代」が占める。
  7. 鉄道研究部がある。
    • それどころか、漫画研究会まである。
  8. 農業実習で牛の乳搾りとかさせられちゃう。
  9. 三ヶ月に一度「おゆうぎ会」がある。
  10. 極めて常識的に運営されている。
  11. ジェンダーフリーだ。
  12. ゆとり教育を熱心に推進しており、総合学習では地域奉仕を行う。
    • 農家の手伝い、老人ホームの慰問、駅前商店街の清掃など。
  13. 少子化対策の一環として、女子生徒の募集を行っている。
  14. ミッションスクール。
    • シスターが教員をしている。
  15. 体罰禁止
  16. 抜き打ちの持ち物検査があり、凶器刃物などは没収されるがエロDVDなどをこっそり渡すことですり抜け出来る
  17. アメリカナイズされていて、漢字をあまり使わない方針。
  18. 都心の一等地に建つ高層ビルが校舎。
    • 全員がIC内蔵のIDカード所持
  19. 新入生勧誘が必死すぎ。駅前で塾長が「入塾してくれた人には…」と拡声器で叫んでいる。ティッシュも配る。
  20. 中高一貫で文科省のモデル校に指定されている。
  21. 塾内でニワトリとメダカとコオロギを飼育している。
    • ウサギ小屋を建てるために数年がかりで資金を積み立て中である。
  22. 最近、個別指導塾になった。
  23. 制服がブレザー(森英恵デザイン)
  24. 生徒間の挨拶は「ごきげんようお兄様」である。
  25. 正式名称は「東京都立男塾高等学校」。
    • 都知事の肝いりで「男塾東京」に改名。
  26. 女子校だ。
    • それが故、登場人物ほとんどが女子だ。
  27. 世界史の未履修問題でマスコミに取り上げられる。
  28. 修学旅行は塾長の意向で必ず京都広島だ。
  29. 愕鴛祭の出し物がハムレット。
  30. 基本的に文科系の部活が中心。
  31. 校庭に咲く花はチューリップ。「ああ、チューリップ咲く男塾の校庭で、待ってるぜ」
  32. 校則が比較的緩い。
    • 好きな歌を自由に歌える。
    • ただし、髪型に関しては厳しい。
  33. 雷電だけ仲間はずれ。「知らないのか?雷電!」
  34. 「偽男」塾なだけに登場人物はオナベ。
  35. 所在地は広島県江田島市。

偽家庭教師ヒットマンREBORN!の特徴

  1. 声優はマネ協加盟の事務所に所属している人が多い。
    • 「ネルケ?何それ?」

偽銀魂の特徴

  1. タイトルが「金魂」。
    • 銅魂、青銅魂、鉄魂、アルミ魂、ステンレス魂、合金魂でも可。
    • 「水銀魂」でも・・・・可?
    • 「ギンタマン」でも可。
      • どんだけェ~~!
  2. 舞台が「江戸時代」と「現代」と「SF」以上3つを持ち、万事屋3人組がタイムマシンで各世界へ行く。もちろん大活躍。
  3. 実は「3年Z組銀八先生」のスピンオフ作品。
  4. ボケもなければツッコミもない。
  5. パロディが無い。
  6. アニメでは、16:9で製作されている。
  7. 腐女子ファンが皆無。おっさんや少年に大人気。
  8. 下ネタが一切無いシリアスバトル漫画だ。

偽こちら葛飾区亀有公園前派出所の特徴

作品全体

  1. 最近連載が始まったばかり。
  2. で、何度も休載している。
  3. 連載開始から2年近くでアニメ化。
    • もちろんアニメは現在もまだやっている。
    • 映画化・ドラマ化と縁はない。
      • アニメの映画は何作も続き、ポケモン・コナン等と張り合っている。
  4. 作品舞台の派出所はちゃんと実在する。
  5. 正式名称は『こち亀』だ。
    • もしくは『こちら亀有公園前派出所』である。
    • 昔から『こち亀』が通称であった。
    • 『こちら葛飾区亀有公園前交番』に変更される。
  6. 両津役はドラマでもラサール石井が演じている。
  7. アニメはTBSで、ドラマはフジテレビで制作・放送された。
  8. 警視庁監修。

ドラマ版

  1. 主演ははなわ。
    • 普通に考えてラサール石井以外ありえないかと。
  2. 銀次役は石倉三郎であった。
    • よね役は久本雅美であった。
  3. アニメと同じBGMが使われてる。
  4. かつて公開された実写映画と同様に両津のフルネームは「両津平吉」。

作者

  1. 似顔絵が変わったことは全くない。
  2. 遅筆の帝王で、出版社を常に困らせている。
  3. 趣味が少ない。
  4. 始めから警官もののギャグ作品を書こうと考えていた。
    • そのために山上たつひこの『がきデカ!』を読んで研究していた。
  5. さいとうたかをが嫌い。
  6. ペンネームを使っていたこと、そして変えたことは一度もない。

さ~わ行

偽サーキットの狼の特徴

  1. 全国各地で放送している。
  2. 頭文字Dのメンバーが登場する。
  3. 湾岸ミッドナイトのメンバーも登場する。
  4. 登場する車が軒並み機関銃やロケット砲、装甲板などで武装してある。
  5. 登場人物が軒並み弱腰でケンカも弱い。
    • 無闇に他車を煽るが、いざ絡まれるとビビって「スミマセン、スミマセン」って謝りながら泣く。
    • そして、車から引きずり出されてボコボコにされる。
    • ひとしきりボコられて、相手が居なくなってから「やってやろうじゃねぇか!」とイキがる。
  6. よく見たら「サーキットの」だ。
    • 主題歌はもちろんPUFFY。
  7. サーキット場に出没する狼の漫画だ。

偽斉木楠雄のΨ難の特徴

  1. 今でも不定期掲載。
    • 麻生周一が編集部の弱みを握っている疑いが掲載のたびに強くなる。
    • 逆に当初から週刊連載だった。
  2. モノローグを多用しない。
    • 読者に斉木楠雄が話しかけない。
  3. よく見たら「斉木楠雄の水難」だ。
  4. 同じ時期に連載された漫画の中でアニメ化が一番早い。
    • ゴールデンタイムで放送された。 
  5. アニメは基本ABパートの2話構成。大量に予算をかけており、覇権アニメのトップに躍り出た。
    • 超展開なんてありえない。展開を視聴者に投げやり?どこのクソアニメですか?
  6. しょっちゅうタイアップしてる。

偽PK学園高校の特徴

  1. クラス表記が普通に数字だ。
  2. 野球が盛んで清原和博や桑田真澄 の出身校だ。

関連項目

偽地獄先生ぬ~べ~の特徴

  1. 教え子を次々に地獄に落とすアニメだ。

偽シティーハンターの特徴

  1. 田舎モンが喧嘩で都市住人を狩る物語だ。
  2. 舞台は銀座。
    • いや池袋だ。
  3. 日本で実写化されたことがある。
  4. 時代設定は連載当時は近未来だった21世紀初頭。

偽ジョジョの奇妙な冒険の特徴

  1. 一般人相手にもスタンドで攻撃する。
  2. タワーオブグレーが学校に出現、グレーフライは学校の用務員
    • ポルナレフが近所の本屋の店員。
  3. 登場人物は全員直立不動。
  4. 台詞が普通
  5. 敵は鉄仮面。
  6. 一般人がスタンドを使う。てか、主人公が使えない
  7. 実は「ョジョの奇妙な冒険」だ。
    • 「ジョジョ奇妙な冒険」だ。最初は奇妙じゃないが…。
  8. 10週と持たずに打ち切りを喰らった伝説的作品で、今や入手困難だ。
  9. 緊迫したシーンでは背後に独特の書体の文字が浮かぶ。「ざわ… ざわ…
    • もしくは「ギャアアアアアァァァァァァァ・・・」
  10. 第4部はヤンキー漫画だ。
  11. イスラム諸国からクレームが来たことはない。
  12. ジョジョとして所ジョージが登場。
  13. 傍に立つのは電気スタンドやガソリンスタンド。
    • それで戦う。
  14. カーズが途中で地球に落ちてくる。

偽SLAM DUNKの特徴

  1. 舞台地は横浜市のここ
  2. 実は「スラム街」。
  3. サッカー漫画である。
  4. 江ノ電ではなく大雄山線が登場した。
  5. 実は「スライムダンク」だ。
  6. スポーツではなく不良のケンカ漫画。
  7. バスケットボール日本リーグを舞台にした続編もある。

偽D.Gray-manの特徴

  1. ユウとアレンのカップリングは作者公認だ。
  2. 「D.Gray-man HALLOW」は全キャストが前作からの続投だ。

偽NARUTO -ナルト-の特徴

  1. 舞台は徳島県鳴門市で、なると巻きを極める物語だ。

偽テニスの王子様の特徴

  1. 実は「テニスのおじ様」だ。
    • あるいは奈良県王寺町が舞台の「テニスの王寺様」だ。
  2. 徹底したリアル路線が特徴で、トンデモ技なんて登場しない。
  3. 主人公は遠山金太郎だ。
  4. 主人公をはじめ、登場人物の殆どが高校生だ。
  5. 人気がなく、すぐに打ち切られた。
  6. ミュージカル?何それ?
  7. 続編も週刊少年ジャンプで連載されている。

偽ど根性ガエルの特徴

  1. 主演は妻夫木聡。
    • 舘ひろしだ。
  2. 1972年版アニメは毎日放送の製作であった。

偽To LOVEる -とらぶる-の特徴

  1. 本誌に出てくる作者がライオン(作画)とオオカミ(原作)である
  2. アニメはテレビ朝日系列で放送された。
    • よってドラえもんとコラボし、劇場版コラボ作品も製作された。
  3. ジャンプスクエアにて連載されている。
  4. PTA推奨。
  5. 実はタイトルは単なる「trouble」の綴りミスだった。
  6. 実はここの話である。

偽べるぜバブの特徴

  1. ごく普通のイクメン漫画だ。
  2. 不良や悪人は一切登場しない。

偽はだしのゲンの特徴

  1. 長崎市に住んでいる
    • 家族全員助かった。
  2. 隆太と進次は似ていない。
    • 英子と夏子も似ていない。
      • 夏子ではなく夏江です。
  3. ゲンたちが「くやしいのうくやしいのう」というセリフでバカにされるシーンがある。
    • 「D・V・D!D・V・D!」
  4. ノンフィクションでは無い
  5. 「はだかのゲン」だ。
    • 行く先々でおにぎりをもらい、お礼に自ら制作した貼り絵を置いていく。
  6. 朴さんが友子が死んだときに「ざまぁみろ。」と言う。
  7. 最初から最後までずっと平和。
    • ハッピーエンドで終わる。
  8. 日系アメリカ人ゲン・ナカオカが邪悪な日本に原爆を落とすという話。
  9. 第二部も無事描かれた。
  10. 絵柄が災いして未だに小学校の図書室への導入は実現していない。
  11. かなり右に寄った内容のため市民運動の関係者からは毛嫌いされている。
  12. 平和公園に登場キャラクターの銅像が立っている。
    • 広電がラッピング電車を走らせたこともある。

偽北斗の拳の特徴

  1. 北斗神拳を極めれば人を生き返させられる。
    • お前はもう生き帰っている
  2. 読み切り版と同様に現代が舞台。
    • あるいは天変地異で文明が崩壊した世界が舞台。
  3. 断末魔が至って普通。
  4. よく見ると「北斗の険」だ。
    • 登場人物は核戦争の影響により体形や動作が人間離れしたものになっている。
    • アニメ版の主題歌は「哀をとりもどせ!!」だ。

偽るろうに剣心の特徴

  1. フタエノキワミ、アッー!は日本語の本編で使われる。

偽ONE PIECEの特徴

  1. 山賊漫画。
    • あるいは現代の海賊がモチーフ。
    • いや宇宙海賊だ。
  2. グランドライン突入前に打ち切られた。
    • アニメ化なんてしていない。
  3. 展開が早すぎて10巻で完結。
  4. 11巻以降は時代劇漫画に転向。
  5. キャラ登場時の効果音は「ばびーん」。
    • 「うふーん」も。
  6. 伏線はゼロに等しい。
  7. トーンで埋まっているといっても過言ではない。
  8. ほとんどのキャラクターの母親が健在。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク