偽石油元売会社の特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

偽出光興産の特徴

  1. 現在でも非上場である。
    • もしくは20世紀中に上場している。
  2. シンボルマークはペガサス。
  3. ココは子会社にあたる。
  4. Mydoの基地がある。
  5. 社長はつんく。
  6. 今もアポロマークの耳に「3」の文字がある。
    • あるいは制定時からCを重ねたマークだった。
  7. 正式な社名は「株式会社出光」だ。
  8. 現在のCMキャラクターは長野久義。

販売製品

ゼプロ

  1. 環境に悪い。
  2. テレビCM化されていない。

ZAXIA

  1. 寿命が短い。
    • 全然安心が見えない。
  2. 出光以外でも購入可能。
  3. 一目で分からない。

偽キグナス石油の特徴

  1. 親会社は富士重工業。
  2. 実は「シグナス石油」だ。
    • トヨタ・ランドクルーザーシグナスを打っている。
  3. 一度もSSの看板を変えていない。
  4. 店の看版がピンクだ。
  5. 「題名のない音楽会」の一社スポンサーだ。
  6. ヒュンダイやローバーなどは給油してくれない。
  7. 三井石油と合併する予定。
  8. スペルは「KIGNAS」が正しい。

偽コスモ石油の特徴

  1. ココの関連会社である。
    • 石油の先物取引を専門に行う会社だ。
  2. この車でないと給油してくれない。
  3. タイヤはグッドイヤー製のものしか取り扱わない。
  4. 全てのサービスステーションのディーゼルノズルが黄色だ。
  5. 2011年に昭和シェルと経営を統合した。

偽JX日鉱日石エネルギーの特徴

  1. 正式社名は「ENEOS株式会社」である。
  2. いまだに旧日本石油の看板があげられている。
  3. ジャパンエナジーと経営を統合する計画はない。
    • 現在もジョモの看板があげられる。
  4. 店舗数が一番少ない。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク