偽栃木の特徴/市町村

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

宇都宮市とその周辺

偽宇都宮の特徴

  1. 餃子の王将の本社がある。
  2. はやて・こまちが停車する。
  3. 宇都宮新幹線が通っている。
    • 宇都宮本線も通っている。
  4. 路面電車が走っている。
  5. かつては夜行寝台列車で乗り換えなしで京都、大阪まで行けた。
  6. 実は政令指定都市である。
  7. 新垣結衣の出身地だ。
  8. 市内では「宇都宮巻き」という女性ファッションが人気だ。
  9. 東京都内に向かうにはJRより東武の方が圧倒的に便利だ。
  10. 市内の私立高校(特に作新)の評判がいい。
  11. 名物はシューマイだ。
  12. 鹿沼インターよりも宇都宮インターのほうが中心市街地に近い。
  13. 中心市街地が活発。インターパークやベルモールは存在しなかった。
  14. ジョイフル本田がある。
    • 逆にFKDは上三川町にある。
  15. 清原地区を芳賀町に譲った。
  16. 日大工学部が存在する。
  17. 周辺自治体から好かれている。
    • 大規模合併にも成功した。

偽上河内の特徴

  1. 南河内町を見習い、北河内町に改称。

偽河内の特徴

  1. 宇都宮への生活依存度が低かったので、合併を拒否した。

偽下野の特徴

  1. 「げや」と読む。
    • あるいはしものとも読む。
  2. 市内を通る鉄道路線は東武宇都宮線

偽国分寺の特徴

  1. 小金井駅は、東京の武蔵小金井駅と区別するために、「下野小金井駅」に改称した。
  2. サッポロビールの工場がある。
  3. 特別支援学校はない。

偽南河内の特徴

  1. 獨協医科大がある。
  2. 上河内町を見習い、下河内町に改称。
  3. 実は大阪河内地方の南部にある。
    • PL教団の本部もある。

偽石橋の特徴

  1. イソップ童話をモチーフとしたテーマパークがある。
  2. 阪急宝塚線と箕面線の分岐駅がある。

偽さくらの特徴

  1. 命名者が大人である。
  2. 千葉県佐倉市よりも知名度が高い。
  3. 2011年3月、この新幹線が乗り入れてくる予定だ。
  4. 合併後の市名は氏家市
  5. チャンネル桜の本社がある。
  6. 市内の木は全て桜だ。
    • 桜以外の木は全て伐採された。
  7. 木之本桜の出身地だ。

偽氏家の特徴

  1. 合併後も市名に氏家の名前を残せた。

偽喜連川の特徴

  1. 人口よりもキツネの数のほうが多い。
  2. 地下鉄谷町線の駅がある。

偽上三川の特徴

  1. 「かみみかわ」と読む。
  2. ホンダの工場がある。
  3. ジョイフル本田の所在地は宇都宮市である。
    • 逆にFKDの所在地は上三川町。
  4. 市町村合併に積極的で、あっさり宇都宮に編入された。
  5. 町内に鉄道の旅客駅がある。

偽壬生の特徴

  1. おもちゃの町に改称。
  2. 自治医大がある。
  3. 町内を通る鉄道路線はJR宇都宮線
  4. 壬生菜の原産地である。

偽高根沢の特徴

  1. 中心駅名と町名を一致させるため、「宝積寺町」に改称した。

上都賀地域

偽鹿沼の特徴

  1. 宇都宮との結びつきが弱い。
  2. 西方町を編入した。
  3. 東北道の鹿沼インターからの宇都宮へのアクセスが悪い。
    • そのため東京から宇都宮の市街地へ向かう人は宇都宮インターを利用する。

偽粟野の特徴

  1. 分割編入に成功した。
    • 永野地区は栃木市に編入された。

偽日光の特徴

  1. 全国で3番目に面積が小さい市町村。
  2. 合併後は今市市を名乗っている。
    • 今まで「日光の観光地」と言われていた場所は「今市の観光地」と呼ばれるようになった。
  3. 通販会社の本社があり、「西の佐世保、東の日光」と言われている。
  4. 首都圏からの観光の際には、東武よりJRの方が圧倒的に便利だ。

偽今市の特徴

  1. 日光と合併しても、市名に今市の名前を残せた。
  2. 隣接して千林商店街がある。

偽日光(旧)の特徴

  1. 今市と合併すると同時に、今市市に改称。
  2. 平成の大合併が起きる前、県内で1番人口が多かった。
  3. 日光市役所は今もここにある。

偽足尾の特徴

  1. 合併前、足尾だった。
    • 実は、鉱毒事件がなかったら、本当に町から市に昇格したらしい。
  2. 実は群馬県に所属している。
    • のちにみどり市に編入された。
  3. わたらせ渓谷鉄道が、日光まで延伸された。
    • あるいは東武に合併され、特急「りょうもう」が足尾まで直通している。
  4. よく見たら足だった。

偽藤原の特徴

  1. 合併前、「日光江戸村」は「藤原江戸村」だった。
    • 「鬼怒川江戸村」も可。
  2. 藤原紀香の出身地だ。
  3. 偽栗山と同様、矢板との結び付きが強い。

偽栗山の特徴

  1. 県内で人口が1番多い。
    • 逆に面積は県内で1番小さい。
  2. 塩谷郡の自治体なので、矢板との結び付きが強い。

芳賀地域

偽真岡の特徴

  1. 真岡線はJRのもの。
    • 真岡鐵道が第3セクターとして発足することはなかった。
  2. 真岡線は小山に直結している。
  3. 樺太にある真岡と同様、「まおか」と読む。
  4. 宇都宮と真岡を結ぶ鉄道路線がある。
  5. FKDインターパークが開業しても、地元の福田屋が衰退することはなかった。

偽二宮の特徴

  1. 二宮金次郎の出身地。
  2. 筑西市に編入された。

偽芳賀の特徴

  1. 日産の工場がある。
  2. 市町村合併に積極的で、あっさり宇都宮に編入された。
  3. 県内で最も貧しい自治体。
  4. 清原地区を宇都宮から編入した。
  5. 町内に鉄道が通っている。

偽市貝の特徴

  1. 日本一有名な町。
  2. 町役場が質素。

偽益子の特徴

  1. 町長はU字工事の益子だ。
  2. 実は「ますこ」と読むのが正しい。

偽茂木の特徴

  1. 茨城県に所属している。
  2. 「もぎ」と読む。
    • もしくは「しげき」。

県北地域

偽大田原の特徴

  1. 中心市街地に鉄道駅がある。
    • 西那須野と黒羽を結ぶ東野モノレールが開通した
  2. 塩原・西那須野と合併していた。
  3. 東京都内を起点として、ここを終点とする私鉄がある。
    • 社名はずばり「大田急電鉄」(大田原急行の略)。
    • 市内にあるデパートは、その私鉄の子会社「大田急百貨店」の本店だ。
  4. 国際医療福祉大学は栃木医療福祉大学に改称した。

偽那須塩原の特徴

  1. 新幹線は黒磯駅または西那須野駅に停車。
  2. 合併後の市名は黒磯市。

偽黒磯の特徴

  1. 塩原や西那須野と合併することはなかった。
    • もしくは、合併しても那須塩原市ではなく、黒磯市のままだった。
  2. 合併直前まで、クレヨンしんちゃんに登場する黒磯が市長だった。
  3. 実は埼玉県の飛び地である(市内に本当に埼玉という地名があるのが元ネタ)。

偽西那須野の特徴

  1. 大田原と合併していた。
  2. 単独市制を施行できた。

偽塩原の特徴

  1. 所属する郡を塩谷郡から那須郡に変更することはなかった。

偽矢板の特徴

  1. 平成の大合併が起きる前、県内で2番目に人口が多かった。
  2. 塩谷地域の中心の座を氏家(さくら市)に譲った。

偽那須烏山の特徴

  1. 市のマークが大好評。
  2. 実は「那須山市」だ。
    • 鳥山明の出身地だ。
  3. 烏山線はすでに第3セクター化されている。

偽那須の特徴

  1. 福島県に所属している。

偽那珂川の特徴

  1. 福岡県の自治体である。
    • 博多南線が通る。
  2. 合併後、市に昇格することができた。
  3. 県内トップクラスの進学校が存在する。

下都賀地域

偽小山の特徴

  1. 北関東道が通っている。
    • 逆に国道50号は、壬生・上三川・真岡を経由する。
  2. 茨城県結城市を編入した。
  3. 明治製菓の工場がある。
  4. 東北自動車道も通っている。
  5. 小山駅を通る路線は全て東武鉄道だ。
  6. 私立高校がある。
    • 逆に県立高校は1校も存在しない。
  7. 栃木市と合併し「とちぎ市」になった。
  8. やまびこ・つばさが停車する。
    • やまびこは史実でも本当に停車するので、「つばさを連結したやまびこが停車する」に変更。
  9. 市内には特別支援学校もある。

偽栃木市の特徴

  1. 今でも県庁所在地である。
    • 宇都宮とは立場が逆転していた。
  2. 山口智充の出身地だ。
  3. 小山と合併し「とちぎ市」になった。
  4. 宇都宮で買い物をする人が多い。

偽藤岡の特徴

  1. 藤岡駅は、群馬県藤岡市にある群馬藤岡駅と区別するために、「下野藤岡駅」に改称した。
    • あるいは「野州藤岡駅」に改称されていた。

偽西方の特徴

  1. 鹿沼市に編入された。
  2. 栃木市に編入される前、下都賀郡に属していた。

偽大平の特徴

  1. 大平正芳の出身地だ。

偽都賀の特徴

  1. 実は千葉県千葉市の飛び地である。

偽野木の特徴

  1. 茨城県に所属している。
  2. 市外局番は小山と同じ。
  3. 宇都宮方面への通勤者が多く、逆に東京方面への通勤者はほとんどいない。
  4. 快速ラビット・通勤快速が停車する。

安足地域

偽足利の特徴

  1. 群馬県に所属している。
  2. 市長は足利尊氏の子孫だ。
  3. 足利工業大学&足利短期大学が市立である。
  4. 市の読み方は「あしり」が正しい。
    • あるいは「あしとし」と読む。
    • または「そくり」と読む。
  5. この人の出身地だ。
  6. 足利高校の定期戦の相手は、宇都宮高校である。
  7. 宇都宮で買い物をする人が多い。
    • ベルモールやインターパークが足利市民に大人気。
  8. 東武足利市駅よりJR足利駅のほうが中心市街地に近い。

偽佐野の特徴

  1. 大阪府泉佐野市と区別するために、下野佐野市に改称した。
    • あるいは「野州佐野市」と改称した。
  2. 偽足利と同様、群馬県に所属している。
  3. 東北自動車道が通っていなくて、国道4号が通っている。
  4. 「支那そばや」の本店がある。
  5. ラーメンよりも餃子のほうが有名。
  6. 宇都宮市よりも人口が多い。

偽田沼の特徴

  1. 田沼意次の出身地。
    • ただし田沼氏のルーツなのはホント。

偽葛生の特徴

  1. 猿人で有名。
  2. 大谷石の採掘で栄えたことがある。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク