偽審判の特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

野球

現役

偽有隅昭二の特徴

  1. 横浜スタジアムで照明鉄塔に当たってグラウンドに返ってきた打球をインプレーと判定した。
  2. 元阪神タイガースの選手で代打要員として昭和60年の日本一に貢献している。

偽井野修の特徴

  1. バントで引いたバットがミットに触れた場合は、ルールどおり打撃妨害にしない。

偽橘高淳の特徴

  1. 判定に関するトラブルがほとんどない。
    • ガルベスにボールをぶつけられるなんてありえない。
    • 判定に不服とした選手に骨折させられるなんてありえない。
    • 抗議にも寛大に対処。
  2. ストライクの判定が厳格。
  3. 元阪神の捕手であるため、阪神に有利なジャッジをする傾向にある。
  4. 中の人はボブ・デービッドソン
  5. 京都橘高校出身。

偽敷田直人の特徴

  1. 見逃し三振の時のモーションが地味。

偽マイケル・ディミューロの特徴

  1. 日本の野球を深く理解している。

偽ボブ・デービッドソンの特徴

  1. 2006年のWBCでは中立的なジャッジをした。
    • アメリカびいきはもってのほかだ。
  2. ミスジャッジがほとんどない。

偽渡田均の特徴

  1. もとはサッカー選手だ。
  2. ハーフスイングは昔から厳しい方だ。
    • 彼が塁審だと、バットが寝ただけでもとられる。

引退

偽小寺昌治の特徴

  1. ジャッジのジェスチャーが普通。

偽露崎元弥の特徴

  1. 一人だけアウトサイドプロテクターをつけており、判定は超地味。ストライク時の派手なアクションなんてとんでもない。

偽二出川延明の特徴

  1. 名言「ナベ×ネがルールブックだ!」。
  2. 誤審ではないか、と写真を突きつけられたときは「ワシの目が間違えとる」と答えた。

偽平光清の特徴

  1. アンチ巨人と言われた。
    • それなのに川上監督を退場させることはしなかった。
  2. プロ野球選手として一時代築いてから、審判に転向した。
  3. 審判をやめた理由は、ゲータ○ードのCMでの判定が誤審だったから。
  4. たいら・みつきよだ。
  5. ストライクゾーンは狭い方が面白い、が持論だ。
    • 田淵幸一氏が捕手の時は、なぜか低めをたくさんストライクにした。
  6. 女性に興味がなく、浮いた噂の一つもない。
    • 結婚したのは審判辞めた後。
  7. 「俺が平光だ!判定に文句言うな!」という著書を出した。

サッカー

日本

偽家本政明の特徴

  1. あまりカードを出さず試合を壊さないため、警備員を同伴させて退場させる必要は無い。
  2. その高い審判能力から皆の手本となっており、1ヶ月研修会の講師として招聘された。
  3. 常に冷静で公正な審判に徹しており、説得力のある運営を行う。
  4. 通称「サッカー界の橘高」と呼ばれる名審判。

偽岡田正義の特徴

  1. 日本代表監督だ。

偽柏原丈二の特徴

  1. 東洋大学陸上部に所属。
    • 箱根駅伝の5区で驚異的な強さを見せ、“山の神”と称される。

偽西村雄一の特徴

  1. 死ね死ね団の戦闘員だ。
  2. 本当は「黙ってプ・レ・イ・し・てHearts.gif」と上目遣いで言ってた。
  3. チェアマンや協会の逆鱗に触れ、永久追放となる。
  4. 退場者を間違えたことがない

偽八木あかねの特徴

  1. 名前のとおり女性だ。

海外

偽カリル・アル・ガムディの特徴

  1. この人の辞書には「帳尻合わせ」というワードはない。
    • 試合の空気を壊さないことを第一に置いている。
  2. 弱い方のチームに一方的に肩入れジャッジすることがある。
  3. カードはほとんど出さない。

偽オラシオ・エリソンドの特徴

  1. ルーニーやジダンの暴行を全く見抜けなかった。

偽ピエルルイジ・コッリーナの特徴

  1. 長髪。
  2. 日本でお好み焼きのCMに出演したことがある。
    • たこ昌のCMにも出演したことがある。
  3. その生涯が大島渚によって映画化される。

偽ビロン・モレノの特徴

  1. 2002年FIFAワールドカップの韓国対イタリア戦では、イタリアに有利な判定をした。
    • 韓国側のラフプレーにはことごとくイエローカードを出した。
    • トッティーがゴール前で倒されたのには、普通にPKを認めた。
    • そのため、ファビョった韓国人に殺された。

その他

偽ジュリー(審判委員)の特徴

  1. 沢田研二が務める。

偽勝負審判の特徴

  1. 実は行司と兼務している。
    • 日ごとの交代制。
  2. 取組の判定以外に職務はない。
  3. 階級が設けられており、最高位は「立審判」である。
  4. 行司が差し違えると謝罪の言葉を代弁する。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク