偽多村仁志の特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 頑丈。
    • あだ名は「スターマリオ」。
    • 握手で腱鞘炎なんてありえない。
    • 写真撮影でジャンプしても捻挫をしない。
    • 交通事故にあってもピンピンである。
    • 家族で初詣に行って一人だけ風邪なんかひかない。
    • その頑強さから、鉄人・衣笠になぞらえて「博多の鉄人」と呼ばれる。
      • カル・リプケンのもつ連続試合出場の新記録を達成するのが目標。
        • カル・リプケンに「俺にとって世界一頑丈な奴といえば日本のタムラだ」と賞賛された。
    • すぐ怪我して2軍へ行ったりきたりしている阪神・金本とはよく対比される。
    • いつ何時も全力プレー。
      • フライを追ってフェンスに突撃し、壊したが本人は無傷。
        • フェンス壊しまくるので各球場から修理代請求されている。
      • ただ周囲の選手がそれに振り回されてついていけず故障してしまう。
    • 彼の頑丈さを讃えるため「ゴールデンタフガイ賞」が設けられた。
    • しかし10年で現役を引退した。
  2. WBCでは何でもないフライを落球して日本を危機に陥れた。
    • 横浜ではクロスプレーで相手捕手の肋骨をへし折り病院送りにした。
      • ソフトバンクでは味方選手と交錯し腓骨をへし折り病院送りにした。
  3. 声が高い。
    • ダウンタウンの浜田からそのソプラノボイスを馬鹿にされる。
  4. 苗字は「田村」。
    • 娘さんの名前は「ゆかり」。
    • 奥さんの名前は「亮子」。
    • 父さんの名前は「正和」。
    • 姉さんの名前は「英里子」。
    • 兄さんの名前は「淳」と「亮」。
  5. 契約更改でごねるなんて事は絶対ない。
    • 一発サインどころか、電話一本でOK。球団事務所には入団時以外行ったことがない。
  6. 中学時代に父親から一家の解散を宣告され、プロ入りまでずっとホームレス生活だった。
    • プロ入り後もホームレスだったが、例の本のヒットにより日の目を見ることになる。
  7. 呪われている。
  8. ふんどし一丁に獅子舞スタイルで試合に出ている。
    • 現在は大阪で焼肉屋も経営している。
    • 「東京で売れてるプロ野球選手全員(ry」
  9. 横浜時代、応援団が彼の打撃フォームを真似て踊る「タムランス」というものがあった。
    • これで故障した団員も多数いる。
  10. 好きなゲームはスペランカー。
    • 最新作にも登場した。
  11. 仙台で神様と同居中。
  12. 改名するなどもってのほか。
  13. ベイスターズ時代から「多村仁志」名義でプレーしていた。
    • 仁志敏久と義兄弟の盃を交わしたため。
    • 最終的には仁志敏久と合体した。
  14. 「多村仁」なんて間違えられない
  15. 金子誠(公)が神のように崇めている。
  16. ドンキホーテのニックネームで知られる、パチンコ漫画家である。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク