偽北海道日本ハムファイターズの特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 本拠地は札幌円山球場。
    • あるいは「月寒アルファコートドーム」だ。
    • 当初は札幌ドームを使っていたが、試合のたびに地震が発生し倒壊したため。
    • 2012年より二軍は栗の樹ファーム。
    • 実はつどーむで、ドームラン連発球場になる。
  2. 昔のオレンジ色のラインが入ったユニフォームを今だに使っている。
    • あるいは7色のまま。
  3. 未だにフライヤーズで本拠地も東京だ。
    • 親会社が大阪にあるので当然本拠地も大阪だ。
    • 東京・大阪・札幌の三大ホームタウン制を敷いている。
  4. 投手陣のコントロールは抜群だ。
    • 一方で「ビッグバン打線」は未だ健在。
  5. 監督が親分だ。
    • 大沢かブラウン(現広島監督)かのどちらか。
    • 大沢→ブラウン→大沢と来て、来年よりブラウンが監督に就任する。
  6. 元選手のアイデアで、千葉ロッテの真似をしてベンチにハムを置いてみたが、選手から大顰蹙を買ったため中止。
  7. 選手交代や伝令を無線でやり取りする。
    • またはハムに指令を書いてベンチから転がす。
  8. キャラクターはギョロタンのままで貫き通す。
    • またはキャラクターがウインナーだ。
  9. 駒澤大学出身の選手が多い。
    • 駒大苫小牧→駒大→日本ハムはデフォ。
  10. 背番号63は永久欠番である。
  11. HBCHTBのファイターズ中継は最低だ。
    • 逆にSTVのファイターズ中継は今も栄光の歴史と言えるほど勝率が高い。
    • TVhのファイターズ中継は必ず視聴率30%を越える。
  12. 大谷翔平が「半刀流」として有名。
  13. 「ハム速」と連携している。
  14. フロントは浪花節と揶揄される程の情実体制。余程のことがなければトレードはされず、泣き落としで年俸が上がる。
  15. 1960年代後半~1970年代、1980年代半ば~2000年代前半の間にも何度かリーグ優勝を果たした事がある。
偽プロ野球の特徴
セントラル・リーグ パシフィック・リーグ

偽阪神タイガース 偽中日ドラゴンズ 偽横浜DeNAベイスターズ 偽読売ジャイアンツ 偽東京ヤクルトスワローズ 偽広島東洋カープ

偽東北楽天ゴールデンイーグルス 偽千葉ロッテマリーンズ 偽オリックス・バファローズ 偽北海道日本ハムファイターズ 偽福岡ソフトバンクホークス 偽埼玉西武ライオンズ

現役選手:偽セ・リーグ選手 | 偽パ・リーグ選手
引退選手:あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行~
偽退団外国人選手 | 偽審判 | 偽マスコット
偽野球場偽甲子園 | 偽ナゴヤドーム

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク