偽オリックス・バファローズの特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. オーナーが野球をこよなく愛している。
  2. 阪急・近鉄時代からのファンをとても大切にしている。
  3. マスコットがバフィだ。
  4. 球場が常に超満員で、チケットも即日完売。
    • ファンが甲子園球場をホームジャックするのは当たり前
      • スタンドのキャパ9割をオリックスファンが乗っ取った。
    • タダ券のバラマキ?何それ
    • 前売り券だけで完売なので、当日券は全く出ない。球場はおろかプレイガイドにおけるチケ争奪戦もすさまじい。ネットでチェックすると、どこの席も常に完売の「×」印ばかり。
  5. ゆうこりんず監督。
    • 選手のみんな~今日の試合もがんばりんこだぷ~Heart.gif
  6. 株式会社アイ・オー・データ機器と提携していて、球場にはPC用品ショップがある。
  7. 実は阪急Bブレーブス
  8. 実は本拠地は東京都西東京市のひばりが丘駅南口である
    • HIBARI TOWER参照
    • 親会社が東京の企業なので、当然本拠地も東京なのである。
      • キャンプはやはり西武とオリックス合同で沖縄の北谷で行われる[1]
  9. ここから他球団に移籍した選手はまったく活躍しない
    • メジャーリーグからここに入団してきた日本人選手は大活躍する。
  10. 親会社はシダックスだ。
    • 「シダックス・バファローズ」だ。
  11. 北京五輪にもちろん出場。山本省吾、平野佳寿、金子千尋、小松聖、日高剛、大引啓次、坂口智隆の活躍によって、星野ジャパンを金メダルに導く。
  12. 兵庫県をこよなく愛しているため、主催試合を県内各地で行っている。
  13. 監督がまったく変わらない、ずっと中村常勝広監督のままである。
  14. 創立当初の本拠地は京都市の京都市西京極総合運動公園野球場。
  15. 関西で一番人気のある球団。
  16. 正式名称は「大阪オリックス・バファローズ」である。
  17. 意地でも球団を手放す気がなかった近鉄のせいで「大阪近鉄ブルーウェーブ」になった。
  18. 藤井寺と西宮の球場再建を目論見ている。
  19. かつては阪神電気鉄道が親会社で「阪神ブレーブス」であった。

偽近鉄バファローズの特徴

  1. 現存している。
  2. 日本一になったことがある。
    • 出場した日本シリーズは全て制している。
  3. 楽天に買収された。
    • いや、ライブドアだ。
  4. 近江鉄道が運営していた。
  5. 経営状態は非常に良かった。
  6. 巨人に3連敗された際、「近鉄は大洋より弱い」と言われ、その後4連勝で日本一に輝いた。
  7. 伝統的に投手が強いチームだった。
    • その中で、イチローは近鉄の野手でも代表的な選手だった。
    • ただし鈴木啓示は黒歴史。
  8. ニックネームはずっと「バッファローズ」が正式な表記だった。
  9. 近鉄電車でアクセスできない球場を本拠地にしていたことはない。
  10. 他のパ・リーグ球団同様に何度も親会社が変わった。
偽プロ野球の特徴
セントラル・リーグ パシフィック・リーグ

偽阪神タイガース 偽中日ドラゴンズ 偽横浜DeNAベイスターズ 偽読売ジャイアンツ 偽東京ヤクルトスワローズ 偽広島東洋カープ

偽東北楽天ゴールデンイーグルス 偽千葉ロッテマリーンズ 偽オリックス・バファローズ 偽北海道日本ハムファイターズ 偽福岡ソフトバンクホークス 偽埼玉西武ライオンズ

現役選手:偽セ・リーグ選手 | 偽パ・リーグ選手
引退選手:あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行~
偽退団外国人選手 | 偽審判 | 偽マスコット
偽野球場偽甲子園 | 偽ナゴヤドーム

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク