人口が減る国家の法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 学歴社会なので教育費がかかる。
  2. 女性の社会進出が進んでいる。
    • 男女の役割が逆転しつつある。
  3. 童貞だって増えている。
  4. 女性蔑視国。
    • フェミ国家。
  5. 先進国。
  6. ソビエト社会主義共和国連邦とその属国。(特に戦時中)
  7. 紛争が絶えない。
  8. コックはイギリス人、警官はドイツ人、技師はフランス人、銀行家はイタリア人、恋人はスイス人
  9. 戦争で男がどんどん出兵し戦死している。
  10. 他国に侵略され領土が減った。
  11. 医療水準が最低。
  12. 人口ピラミッドが不安定な形をしている。
    • つぼ型というかもはや逆三角形型。
  13. 恐怖政治実施中。
  14. アメリカに移民していく。
    • 最近ではドイツや西欧に流出していく。
  15. 国名が実態と比べてあんまりだ。
    • コンゴ自由国とか。
    • 某「民主主義」「人民」「共和国」のこと?
      • 実際は×××しか楽しみがないのでむしろ人口が増加しているとも。
        • ↑に限らず、そういう国はむしろ人口が極端に増えてたりすることも。
  16. 国連に見捨てられて外国からの人道援助がまったく無い。
  17. 少子化。
    • 出生率が2を大幅に下回っている。
    • 生涯結婚しない人も増えている。
    • あまり減りすぎると、女性の絶対数が減って設備のキャパシティが増えるので出生はむしろ改善していたりする。
      • その辺になると30代くらいで結婚して不妊治療で子供を1~2人産む、と言うのが主流になる。結果論としては変わらないが。
  18. 晩婚化。
  19. 23時台の大人向けエロバラエティ番組の衰退。

関連項目


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク