不治の病で死を宣告されたとき

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. アメリカ人は道連れに銃を手に・・・。
    • 冷凍保存で未来の技術に託す事に。
  2. ユダヤ人は遺産相続の手続きをした。
  3. 日本人は最後の一言を考えた。
    • もしくは死ぬまでの日をどう過ごそうか悩んだ。
    • 病気で死ぬくらいなら自ら切腹する。
    • 辞世の句を残す。「かがり火と ともに消えゆく 我身なりけり」
    • 一部の女性は恋愛相手を探し始めた。
    • アメリカ人同様無理心中とか。
  4. 特定アジア人はなんとかして日本に謝罪と賠償を請求できるネタを探す(無ければ作る)
    • 自分が病気になった理由を日本に押し付けた。
  5. 北朝鮮人は死ぬ直前まで金正日の悪口を言った。
  6. スウェーデン人は仕事や学業をやめてセックスに入り浸った。
  7. 韓国人はとくに理由はないが謝罪と賠償を要求した。
    • 相手はいうまでもなく…
    • 「不治の病になったのはチョッパリのせいニダ!謝罪と賠償を(ry」
  8. ロシア人は普段どおり飲み続けた。
    • 無論死因は酒の飲みすぎによる肝硬変であることは当然である。
  9. 中国人は好きなものを食べまくった。
  10. イタリア人は死ぬまでナンパをし続けた。
  11. フランス人は自分が死ぬまでの闘病生活をフィルムに残して「人生とは何か」映画に表わした。
  12. スペイン人は病気にお構いなくシエスタ。
  13. ドイツ人はなんとか治せないものかと日々研究を重ねた。
  14. インド人はガンジス河で沐浴をしながら来世の事を祈った。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク