上司に嫌われる部下の法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 仕事はできないのに自信と態度の大きさだけは一人前。
    • 挙句の果てに「私はこんな業務をするために会社にいるんじゃない!!」という始末。
    • 「俺を選んだのはこの会社だぜ!」
    • 期末面接の結果に納得いかず、さらにその上の上司に評価を上げるよう直訴した。
    • 部署に配属されて早々、「ここは俺のいる場所じゃない!」と言い放ち、転属を直訴した。
  2. ちょっとしたことでもすぐ「セクハラだ」とわめきたてる女性社員。
    • 発展途上国への出張など、身の危険があるので女性に仕事させられないといった理由から仕事を任せていないのを「女性差別だ!」と騒ぎ立てる女性社員。
      • で、やらせてみたら「私に対する配慮が足りない」だの何だのほざき、結局何もしない女性社員。
    • 「子供が熱を出したから今日は出勤できません」とか、2~3週の置きに何度も子供が病気になる女性社員。
  3. スタンドプレイが目立つ。
    • ちゃんと勝算があってスタンドプレイをするならともかく、行き当たりばったりのノープランで大概失敗する。その尻拭いを上司に押し付ける。
  4. 自分の無能振りを際立たせるような有能振りを見せる。
    • 学歴以外に誇れるものが無い。
      • 「あなたは日東駒専卒ですよね?早慶卒の私よりも知力が劣るのに、私に指導などできるのですか?」
  5. 「パパに言いつけてクビにするぞ!」が口癖の、コネで入社した役員の息子。
    • 「労働基準監督署に言いつけますよ」が口癖の、自称・ブラック企業ハンター。
  6. 仕事そっちのけで組合活動に精を出す。
    • 組合にて、上司のちょっとした注意や叱責を、パワハラがあったかのごとく誇大表現で告げ口する。
  7. 同じ所属部署の女性社員全員を敵に回している場合、大抵上司にも嫌われている。
    • 女性社員全員を敵に回す奴の共通する特徴に「臭い」属性がついている。影口はモルボル
  8. 自分が嫌っていても、同じ職の他人からはなぜか好かれている。
    • 要するに狡猾
  9. この項目を見て、ここよりはるかに少ないことに気づき得意げになる。
  10. 「あ、自分酒飲まないので欠席させて貰います。」
    • 「同居してる猫の体調がすぐれないので今日は休ませて貰います。」
    • 「A○Bのあっちゃんが卒業したため、大変ショックを受けたので休ませてもらいます(実話)」
    • 「彼女と昨晩セッ○スして腰が痛くなったので、休ませてもらいます(バイト先での実話)」
  11. うつ病を理由に休職と復職を繰り返す。
    • 体調が万全だからという理由で復職しているはずなのだが、うつ病を理由に与えられた仕事を放棄する。
    • 夏のマリンスポーツのシーズンと冬のスキーのシーズンになると、なぜかうつ病が再発する。
  12. 「飲み会の費用は上司がおごるのが当然であり、上司の義務である」と思っており、会計の時に財布を出すそぶりもしない。
    • 上司(先輩)としては「俺にとって可愛げのあるヤツにはおごるが、反抗的で無能なヤツの飲み代まで払う気は一切ない!」
  13. 嫌われているが故に、どんな些細で取るに足らない様な事やミスと言えない様な事でも、人前で罵詈雑言を浴びせられてさらし者にされる。
    • 何かあればとりあえず上司・先輩に叩かれる。ひどい場合八つ当たりやとばっちりのターゲットに。
  14. 「それは正社員の仕事なので」と言い訳つけて、仕事を完全放棄する派遣社員。
    • 依頼された仕事を一切やらないくせに、賃上げ交渉だけはいっちょ前に行う。
    • 判断責任や出張対応など一切の責務を負わないくせに、待遇だけは「正社員と一緒にしろ!」と文句が多い。
    • 団塊世代の大量引退やリーマンショック前の好景気があって、なんやかんや言っても転職活動が活発になった時期があるにも関わらず、いまだにバブル崩壊を引きずっている。
      • 口癖は「バブル崩壊がなかったら、一流大学卒の私は、こんなちっぽけな会社なんかで働いてなかった」
  15. いまだ管理職になれないでいるバブル世代入社の年上部下
    • やたら先輩風を吹かして、昔の武勇伝を熱く語るのだが、実際、今の仕事には全く役に立たない情報ばかり。
      • 自己主張に凝り固まった演説を延々と話して会議時間を引き延ばした挙句、最終的には「お前、やっておけ」とのたまう年上部下。
  16. 上司、上官、先輩、部下、下僚、後輩問わず誰に対しても尊大な態度をとる。
    • 時には軽率・見下しをしたりする場合もあり。
    • 「敬語はよそよそしいからタメ口でいい」と言われたのをいいことに、誰にでも馴れ馴れしい話し方をする。
    • 目上の人への礼儀とマナーを理解出来てない。挨拶が雑or一言少ない。
  17. 個人プレイが目立ち、バリバリ仕事ができるように見えるが、その実、おいしく目立つところだけは自分で持っていき、めんどくさくて地味な仕事は同僚や後輩に押し付ける。
    • 同僚や後輩はメンタルをやられてしまい、休職や退職者が続出。職場の雰囲気が停滞するが、外面上、実績を上げているので上司も追い出すことができない。
  18. 都合の悪い話はイメージダウン。だから、ストレスを溜めそして精神病。
    • すぐに現実逃避したがる。
  19. たかだか1・2回転勤(異動)を経験しただけで同じ支店(部署)の歳の近い同僚の前で先輩風を吹かせる。
    • まだ年齢・社歴若いくせに、いっちょ前に異動前の支店(部署)の思い出話をして大きい顔をしている。
      • ゆえに赴任先の支店(部署)になかなか馴染めない。

関連項目


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク