ラッコ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

生き物が借 > 動物 > 哺乳類 > イタチ科 > ラッコ

  1. かつては根室付近にも出没していたらしい。
  2. 1980年代にコアラエリマキトカゲなどとともにブーム。
  3. 鳥羽水族館。
    • 野生のラッコは石で貝を割るが、水族館ではオオアサリを2つ渡して互いをぶつけて割らせる。
      • 水槽の破損を防ぐため。石だと水槽のガラスを割る恐れがある。
  4. 水森亜土。
    • いたずラッコ
      • 確か3.にある鳥羽水族館のラッコが登場しましたね。かわいかったなぁ。
  5. 大食漢。あの大きさにしてはエサ代が高くつく。
    • 皮下脂肪が少ないのが原因らしい、漁師は駆除しようにも出来ないから頭が痛いとか・・・
  6. 漢字表記は「猟虎」または「海獺」…、ってあんまり可愛らしくない。
    • ちなみに「ラッコ」はアイヌ語である。
  7. アライグマシマリスとともに地上を歩き回る者もいる。
    • その者は木ノ実まで食べる。そしてスナドリネコを慕っている。
    • そして、しまわれることを恐れている。
  8. Wikipediaで管理者をしている。
    • (。・_・。)ノ <おなかすいたね。
    • 難解な読み方なので初対面の方はまず利用者ページに赴くかも。
    • お行儀良くいきましょう。
    • 辞任した模様。
  9. 実は獺の仲間。
    • 英語でも「sea otter(海のカワウソ)」と呼ぶ。
  10. 見た目は可愛いが、食生活を「石で貝をグチャグチャになるまで叩き割る」と表現するとちょっと怖い。
    • ダーウィンフィンチとカラスとサル以外で唯一道具を使う生き物…だったが、最近はゴイサギも発見された。まあ、霊長類除外した哺乳類じゃお前さんだけだ。
  11. 寝るときは流されないようにコンブを布団代わりに(?)体に巻き付けて寝る。
  12. 結構皮がたるんでいる。腋の下はポケットになっている。
    • そのことを知らない人が剥製を作ったら、綿を詰め込み過ぎてパンパンに膨れ上がった醜い剥製が出来たらしい。
  13. 皮は非常に気密性が高いため、他のイタチ共と同じくバンバカ狩られまくって一時は絶滅の危機に瀕していた。
    • 『銀河鉄道の夜』の主人公・ジョバンニのパパが持って来たコートもラッコの毛皮。密漁じゃん。
  14. 日本では見られる場所が以前より減っており、貴重な生き物となりつつある。
    • 特に、東日本では2017年秋現在、茨城と新潟の水族館にしかいないらしい。山形の加茂水族館でも見られた時代が懐かしい。
  15. お手手つないで~♪
  16. 見た目がでかいモップみたい。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク