ペルシア湾

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
ルーマニア ウクライナ ロシア   カザフ  
ブルガリア   キルギス
ギリシャ   黒海 カフカス カスピ海 トルクメン ウズベク タジク
エーゲ海 トルコ クルド イラン アフガン 中国
北キプロス    シリア イラク パキスタン
キプロス     ペルシア湾
地中海






サウジアラビア  
 
 
バーレーン
エジプト カタール イ ン ド 洋

  UAE
スーダン イエメン オマーン
  1. イランとオマーンが鍵を握っている。石油の道。
  2. ホルムズ海峡封鎖されると致命的。過去にはポルトガルがやったことがある。
    • 安保法案に関する議論の中でも結構言及されていた。
    • 大規模な船舶の事故でふさがるリスクもありそう。
  3. 波乱万丈な人、不安定な人のことを「人生ペルシア湾」という
  4. 現地ではイラン以外はアラビア湾と呼んでおり、間違えると怒るらしい。
    • 日本海呼称問題と同じような状態。
    • 「バスラ湾」という呼称を使っているのはバスラがあるイラクではなくなぜかトルコ。
    • 一方、イランの宿敵・アメリカでは普通にペルシャ湾(the Persian Gulf)と呼ばれる。帝政時代は友好関係だったからか?
      • そもそも「ペルシャ湾」という名称を考えたのが古代ギリシャの学者なので西洋人も何の抵抗もなく使っているような気がする。
  5. かつては真珠の有力な産地だった。
    • しかし養殖真珠の普及により現在では採取法を残すためだけに漁をやっているような状態と化している。
  6. およそ1万5000年前にできた地質学的にはかなり新しい湾。
    • ただし瀬戸内海よりは古い。
  7. かつてこの海の上空を飛んでいたイランの旅客機がアメリカの巡洋艦に誤って撃墜された事件があった。
    • なおサハリン沖で撃墜された大韓航空機とは異なりスパイ飛行説は出ていない模様。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク