ベタなChakuwikiページの法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ベタの法則

  1. 「〇〇である」のぶら下げの「もしくは~」「あるいは~」とつけてベタが何又にも分かれている。
    • もしくは、先に何又も分かれることを見越してさきに「○○か、あるいは△△」と書く。
    • あるいは、先に何又も分かれることを見越して、最初からぶら下げで書くスタイルにしてある。
  2. CV:
    • あまりにも並べ過ぎて削除される。
  3. 体験談を一般化して法則へと落とし込む。
    • あまりに一般的でなければCO(コメントアウト)・RV(差し戻し)される。
    • 体験談そのものが書かれているとしたら過去形の文章。
  4. 一般的な特徴にぶら下げで特殊例で反論されたりすることがある。
    • 「…である事もある」といった風に、例外を示した記述である事もある。
    • 例外を一切認めないようなきつい記述だと激しい「反論」が、そうでなく「原則として~」などと緩い記述をしていれば穏やかな「補足」がつり下げられる。
  5. 「そんなことはない」「いや、ある」の応酬が激しい。
    • そんなことはない。
      • いや、ある。
        • それは一部の地域での話だろ。
          • そんなことはない。(以下エンドレス)
    • 特殊例をまず書き込んでしまって激しく突っ込まれる。
      • 「んなこたーない」も
  6. 「ベタ〜」以外のカテゴリに含まれる場合、ソートキーの始まりが下手である。
    • ソートキーは濁点が使えないため。
  7. 法則に当てはまるキャラを多くリストアップするとノート送りされたり投稿制限される。
    • キャラクターに限らず単なるリストはそのうち制限されるが、キャラクターでなければ制裁的に扱われるまでにはならない。
  8. たまにバカの法則とごっちゃになる。
    • 記事名が「ベタな〜」で始まっていてもバカの法則に属している場合もある。
    • そもそもベタの法則自体バカの法則から分割されたものだからな。
    • 正直この2つの違いがよく分からない。
  9. 海外にも存在するものでも日本国内での話に終始してしまうことが少なくない。
    • 小説やドラマにも成り立つものでも漫画やアニメ・ゲームでの話に終始してしまうことが少なくない。
  10. ファンの噂同様、こちらもその物事自体の噂になってしまっていることが少なくない。
  11. 学校ネタがやけに充実。
    • キャラクターネタも。
    • てか全体的に日常ネタが充実している。

ご当地の噂

  1. ガイドブックや一般の書籍には載らないようなことがふんだんに書いてある。
    • 中には旅行に行く前に見ておいた方がいいような内容もある。
      • 年季の入った借民なら旅行から帰ってそのような内容を残しておきたいと思い書き込むこともよくある。
    • 一般的なガイドブックなどの文章と比べると内容は辛口。
  2. 時々クスっと吹いてしまうような巧いジョークがある。
    • 地域の名前に合わせた大喜利大会が始まっている。
  3. なぜか特定国家叩きが横行しがち。
    • 関係のない話題と無理やり結び付けられることも。
    • 特定地域叩きも横行したりする。
      • 「〜にコンプレックスを抱いている」「〜に対抗意識を燃やしている」はお約束。
        • 「~と言われると怒る」「~であることに誇りを持っている」もお約束。実際に在住している人からだいたい否定される。
      • 都会の基準を過剰に上げすぎて、客観的に見ても明らかに栄えている地域も田舎扱いしたがるユーザーが常駐している。
        • 田舎扱いは、都会の基準が高いからというよりも、自分が気に入らない地域だからだったり、よく知らない地域だからだったりのほうが多い。
    • 日本国内の噂になると、明らかに行ったことのなさそうな者が単なる個人的イメージ準拠で地域間対立を煽る煽る。
  4. 基本的に「市民運動=悪」。
    • それ以外にもかなり右に寄った内容が見られる。
      • 軍拡賛美、国粋主義的な歴史観・・・。
    • 「地元の利益を訴える→地域エゴ」「開発反対→「プロ市民」の煽動」といったものが共通したパターンになっている。
  5. 熱くなりすぎた議論がトーク送りになっている。
    • 晒し首(アーカイブ)になっている事もある。
      • ついに捨札付きの獄門台(専用テンプレート)まで登場。
        • …するはずだったが、さすがにそこまでするのは、実質見送られた。
  6. 方言使用も少なくない。
    • 沖縄では「~の」が「~ぬ」になっている。
      • 誤字だと思われて直されてしまう事がたまにある。
      • 海外だと台湾と中国がそんな感じ。
  7. 結構有名な観光名所や行事に一切の言及がないケースも意外とある。
  8. たまに都市伝説っぽい投稿がある。
    • 明らかにトンデモの類に属すると思われるような内容が書き込まれることも。
  9. たまに「○○に言いたい」で書かれそうな投稿がある。こんなところに書き込んでどうするのかと。
  10. 大事件や災害により当該地域のページに投稿規制が布かれることもある。
    • 大規模災害なら期間は年単位に及ぶ。
  11. 外国のマイナーな地域の項目では、書くことが思いつかないので最初はとりあえず地名をもじっておく。
  12. その地域在住(もしくは在住していた)ことを括弧書きでわざわざアピール。
    • そうでもしないと「行った事も無い奴がネットでの情報だけで勝手に語っている」と思われる。
  13. 地域の中心都市や有名な観光地がある都市はたいてい独立ページになっている。
  14. 県境にある町の場合、よく「隣の県だと思われている」という書き込みが現れれる。

テーマ別

  1. 全都道府県揃っていることは多くない。
    • 一方、独立ページになっている県もある。
    • 常連ユーザーゆかりの都道府県は記事の量が多くなることが多い。
  2. 書き込みの量は東高西低になっていることが多い気がする。
    • 特に関東地方はたいてい多く書かれている。
    • 中四国が飛ばされることも少なくない気がする。
      • 九州に至っては記事すら無いことも。
  3. 沿線住民の噂では「〜であることに気づいていない」「〜であると思い込んでいる」等、とにかく井の中の蛙扱いをしたがる。
  4. 読めない地名においては、イントネーションが分からなくて読めない(イントネーションを間違うと嘲笑してくる人や鬼の首を取ったかのように怒り狂う人がいるかもしれないと思うと迂闊に声に出す勇気が出ない)地名というのは、考慮されない。

もしWiki

  1. 初版投稿者の想定が暗黙の了解になっている。
    • そこに連々とマジレスを書き込む輩が出て記事そのものを台無しにする。特に4.のような右に偏ってる記事に出没しがち。
      • 明らかにネタで書いている箇所にまでマジレスが入っていると萎える。
    • その暗黙の了解が明らかにおかしいことも時々ある。
    • 前提文で方向を縛っているパターンもある。
  2. 時々やけにハイレベルな議論が繰り広げられていることも。
  3. 内容が細部まで作り込まれているとかなり面白い。
  4. 右派の巣窟と化しているケースが時々ある。
    • 逆のケースはまず見かけない。
  5. 記事の統合や削除がひときわ多い気がする。
    • 初版で「当たり前のこと」しか書かれておらず、それで話が終わってしまっている。
      • 「もし」に対してうまい考察が並んでいるのではなく、単なる「事実の裏返し」ばかり並んだ記事もある。
        • 「仮定の世界の予想」を見にきたつもりが、なぜか「現実の世界の豆知識」が実質的に書いてある。
          • 「○○において●●する事はなかった。」→「へぇ、これ、○○で●●していたんだ」
        • 偽モノの特徴」で何故か実質的に「本モノ」の特徴を知ってしまうのと同じような現象が起こる。
        • 事件・事故が「なかったら」系の記事が増えているが、そのものをChakuwikiで語るのは難しいので、裏返してそういった出来事を語るための実質代替記事になっているような気がする。
        • この類のページで「なかった」「無かった」をページ内検索すると…出るわ出るわ。
          • 某ページ、句点を含んだ「なかった。」「無かった。」だけで約150も出てくる。しかも五十音でいくつか分割された一つなので、そのテーマすべてだと膨大な数になる。
      • そこから派生した言葉はなかった、と言うケースも多い。例:“もしジャイアンがいなかったら”→「#当然、「ジャイアニズム」という言葉は存在しない。」
    • 要するにミクロな題材よりもマクロな題材の方が好まれる。
  6. 海外にも影響しそうなケースでもそこまで書くのはなかなか難しい。
    • 世界史にも影響が出そうなケースなのに、日本史視点でしか書かれていないとかざらである。
  7. 「もしあの人が健在だったら」で芸能関係者を題材にした記事ではなぜかアニメや声優と関係づけられる場合が多い。
  8. 仮定の重箱の隅をつつく投稿がある。
    • 仮定の言葉尻を捉える投稿がある。
      • “もしジャイアンがいなかったら”→「#スネ夫はジャイアンではないので関係ない。」→関係なくないから!ジャイアンがいなくなる事で影響出るから!
      • そういうのはそもそも仮定自体に穴があり過ぎる。
      • 「テレビで○○が禁止されたら」→「ラジオは関係ないのでラジオで○○が残る。」
        • まあ、そう規制をすり抜けてもおかしくはないが、そこからの話を膨らませたい。
  9. 歴史的経緯などはあまり気にしない。
    • 歴史的経緯がなければ「もしも借箱」へ、とか一応棲み分けを図ってはいるんだけどね。
    • たまにどちらに該当するのかわからなくなる。というか基準が曖昧である。
  10. 「大ヒットしていたら」→「えっあの作品大ヒットしていなかったの!?」と感じる。
    • よく考えたら大コケした事で有名になった作品だった…
      • よく考えたらOPだけがネタとして独り歩きした作品だった…
    • 「していなかったら」にも記事があったりするとますますわけのわからない事に。(それぞれヒットの基準が異なる)
      • 「(覇権アニメやメガヒットした同出版社or同者の作品)並みの人気があったとして。」と書かれる。
    • 「大ヒットしていなかったら」→「○○(俳優・声優)の代表作が1つ減っていた。」
      • 1→0でもない限りは特にネタとして広がりは無さそう。
    • 特にシリーズ作品は踏襲された要素が少ない作品は「ヒットしなかった」とみなされがち。
      • 記念作品は枠移動や終了につながらなければヒット作扱いになりがち。
      • シリーズ最終作も「ヒットしなかった」とみなされがち。まあ、あってはいるが・・・。
        • 大コケはしたもののシリーズ終了に直結しなかった作品も注釈付きで「大ヒットしていなかったら」に書かれやすい。
    • 自分としては非常に没頭した作品がここに載っけられるとなんだか非常にやるせない気持ちになる。
    • 「大ヒットしていなかったら」に「話数延長はなかった」と書かれがち。(本当は次回作の企画の遅れが理由の場合がある)
    • 「大ヒットしていなかったら」→「○○(大ヒットによって意味合いの変わった単語)は今でも●●(その大ヒット以前のその単語の対象)を指す。」
      • 「○○(声優名)といえば●●(その声優の他の代表作)」。
      • 対象を抜いた残りについて述べているだけになってしまう事もある。
        • 3強の一角をなした作品だったら「(残りの2作品)の2強だった。」
        • ランキングで上位を得ていた場合、ただ他を繰り上げる記述。
    • 基本的「大ヒットしていたら」「大ヒットしていなかったら」に異議が付くことはない。
    • 人気が出たが、商業的に失敗した場合は「ヒットしなかった」扱いにされやすい。
  11. 「長生きしていたら」「健在だったら」→「○○(後に亡くなった、親交のあった著名人)の葬儀に参列していた。」
    • 「その後も~を続けている。」「現在も~している。」もお決まりのパターン。
    • インターネット普及以前に没した人物が健在だったら「自身のホームページを立ち上げていた。」。
      • Twitter、Facebookなんかも…
    • 「アニメソングを歌っていた」「声優とコラボしていた」も。
    • 「●●(後に世に出た、名前や容姿など共通項のある有名人)との共演も実現していたかも。」
  12. 「もしも地球儀」で地図が貼られるとさらにイメージを膨らませやすくなる。
  13. 歴史関連の内容でも必ずしも「歴史のif検討委員会」に入れられるとは限らない。
  14. 声優ネタ、アニメネタをやたらに持ち出す。
    • 鉄道ネタに絡められることもよくある。
      • そして管理者に叱られる。
  15. 記事によっては投稿内容がワンパターン化してしまうこともある。
    • そうなると注意テンプレが貼られることが増えてきた。
    • 「もし犬が西を向いていたら→尾は東を向いていた。」的な投稿の温床になっている。
  16. 極めて稀だが、書いたネタが後になって実現する事もある。
    • そして注意テンプレでその旨が但し書きされる。
  17. アニメ関連のもしも借箱の場合、ネタにされている作品の放送から時間が立ってしまい加筆しにくくなる事もしばしば。

バカの法則

  1. 対象の企業・作品などがバレバレの内容も珍しくない。
    • そういう内容はCO・削除された後、規制となる事もしばしば。
    • 一部だけ伏せたり取り消し線引いたりフォントを小さくしたりすれば「規制する内容:実例による説明及び、それを想起させる内容」を回避できると思い込んでいる者が必ずいる。
      • そもそも、個別の記事では規制されているものはあるにしても、バカの法則全体の規制としてはそんなものは無かった。いつの間にか勝手に追加されていたものであり、ひとまずCOされた。
  2. 中には「これが負の法則か?」と言いたくなる記事もある。
    • 正直ベタの法則に入れといた方が良い記事もあったりする。逆もしかり。
      • 両方に属した記事もある。
  3. 自虐ネタも多そうな気がする。
    • 自虐し過ぎて「非難を行う項目ではありません」とrvされてしまう。

偽モノの特徴

  1. 基本的に「偽モノの特徴」でいじられる法則に準ずる。
  2. その分野でかなり有力・有名なものがなぜか取り上げられないことも時々ある。
    • 書き込みが頻繁なジャンルだから偽モノの特徴を作れば繁盛するだろう、と思って作ってみると鳴かず飛ばず。
  3. たまに「本モノの特徴」を書いてしまって突っ込まれる。
    • 後から「本モノの特徴」になればその旨がつり下げられる。
  4. 「本モノ」の記事でボケるかこちらに書くか判断に迷う。
    • そして「本モノ」でボケてみたらいらんツッコミを受ける。
  5. 1からn-1までと、n+1からは黒歴史。
  6. 本モノの方で規制されるようになったネタの裏返しが生き残っている。
  7. よく見ると○○(表記が似ている別のもの)だった。

バカ人生相談

  1. 真面目に答え過ぎないのが鉄則。
    • 例:適度にピントを外す。
    • ボケて欲しかったのに、何を思ったかなぜかマジレスされたりも。
      • ソースを見ると<!--あえてここはマジレスで。-->などと書いてある。
    • ダジャレで返されることもしばしば。
  2. たまに質問が既出のものと被ることもある。
    • いちいち既出を調べてなどいられない。同じ質問でも情勢が変化している場合もあるし。
  3. 会話調になっている場合も多い。
  4. 質問の元ネタがマニアックすぎると回答が若干書き込みにくい。
    • 回答期限を待たず即リバートされてしまう事も。rv:マニアックすぎる
  5. 質問内容が時事ネタになっている事が多い気がする。
    • そのため、履歴を見なくてもいつ書かれたのかが大体分かる。
  6. たまに英語とかで質問してくる人がいる。
    • そういう場合大体「日本語でお願いします。」と返される。
  7. そのページの1問目もしくは100問目は、ページ数をもじった質問になる。

こんな○○は嫌だ

  1. どこか「偽モノの特徴」と傾向が似ているように思える。
    • 例:名前に引っ掛けたネタ。
  2. 笑える内容が多く見られる。
  3. ネタに対して「むしろこっちの方がいい」などという意見もたまに書かれる。
  4. 現状への批判はタブー。
    • 現状そのものではないが現状への皮肉になっている投稿がある。
  5. ページ趣旨に合ったフィクションの内容がよく投稿される。

バカの卵

  1. ネタを追加した直後の勢いがその後の運命を大きく左右しそう。
    • 中にはかなり加筆されたのにアーカイブ行きになることもある。
    • 初めは勢いが無くてもある日を境に一気に書き込みが増えてあっという間に独立、なんてことも。
  2. 管理者や常連投稿者に否定的な意見を書かれると独立は一気に厳しくなる。
    • そして、「卵」が孵化するどころか埋葬(アーカイブ)される。
    • そのような状況を突破して独立できたケースもあることはある。
  3. 当初は独立した項目だったが、内容が充実していないとここへ送られる場合がある。
  4. 油断するとアーカイブ化されてしまうので、いわばネタを背水の陣に置くようなもの。
    • 一応、一旦アーカイブされたネタは二度と戻せない、というわけではないが…
      • サルベージが行われたケースは数件しかないような。
        • 数件でも実例があれば十分。たまたま質の低い記事(候補)を作られてしまっただけでそのお題自体が今後一切×××になっても困る。
        • 最近はそのパターンが増えている気がする。
  5. 既存の記事を拡大する形で独立を果たすことも少なくない。
    • しかし、ごく稀に既存の項目を取り込んで独立することもある。
    • 何件か案がまとめられ1つのページとして独立することも。
  6. 少しずつ追加が続いているため、アーカイブされず独立もせず何年も燻っている事も。
    • 5年かけて独立した記事なんてのもあったりする。

勝手にシリーズ

  1. 個人の想像を具現化したものなので他人はちょっと加筆しにくい。
  2. よく見るとツッコミどころ満載ということも少なくない。
  3. 投稿者がどのような物の見方をしているかということが比較的分かりやすい。
  4. 地域関連の場合、地元以外を題材にした書き込みは若干難易度が高い気がする。
    • 下手なことを書くと地元人に突っ込まれかねない。
  5. 採算…何それおいしいの?

勝手に鉄道建設

  1. 全国各地に新幹線を走らせてみる。
    • 都市には地下鉄を走らせてみる。
  2. 余りにも規模が大きすぎて(狭義的な)架空鉄道と化しているものもある。
  3. ネタに走ったものは余りない。
  4. 実際に作ろうとすると難工事必至でも気にしない。

世界各国の人々の反応

  1. こちらも特定国家を叩く内容が少なくない。
  2. エスニックジョークのお約束により対立関係などは誇張されて書かれる。
    • 一部の人間の極端な意見があたかもその集団の総意であるかのように描かれる。
  3. 日本人の反応でお国柄が強調されるケースは多くない。
  4. 次第に「○○県人は~」といったご当地ネタも増えていく。
    • 更に「○○市民は~」とどんどんローカルなネタも出てくる。
  5. たまにアニメキャラや有名人が反応している。

萌え擬人化

  1. 意外と男性キャラも多い。
  2. たまにどんなキャラか具体的に想像できないことがある。
    • 逆に容姿などが細かく書かれているとかなり想像しやすい。
  3. 現存しない自治体・企業などはほとんど対象にならない。
  4. 名前を付けるかどうかは場合による。

ユーザーページ

  1. 何らかのバベルが貼られている。
  2. 趣味などの紹介が多い。
  3. トークページがそのまま投稿者自身の歩みになっている。
    • ユーザーの独り言が並んだり、お説教が並んだり…
      • 投稿の仕方をよく知らない頃に喰らってしまった{{Caution}}や{{Warning}}などが、入墨刑のようにいつまでも残る。
      • 言いがかりレベルでトークページを踏み荒らされても、ずっと残る。どれだけ気をつけていてもトークページに消えない傷を入れられる時は入れられる。
    • 長くなると別ページを作って移される。
      • ここまで至るのは、ほとんど管理人さんくらいしかいない気がする。
  4. 最近は「Chakuwiki的~」を見ることが減ったと思う。
  5. 私的なネタ帳が置いてあることも珍しくない。
  6. ユーザーカテゴリをはじめから貼り付けている人は少数派。
    • 基本は貼り付けられるが、スルーされることも珍しくない。
      • いきなり貼り付けられるのでビビるが、よく考えたら「本人以外は編集してはいけない」というルールは無かった。
        • (他者の利用者ページを編集する事を荒らし行為と判断しないとは言っていない)
  7. 当人が作成した記事へのリンクがある。
    • 最近はそのリンクに何かコメントをしている人も出てきた。
  8. 最近は簡単に作っておしまいというパターンが増えてる気がする。
    • ユーザーページを作らない事にしてる人もいる。

ファンの噂

  1. 対象そのものではなく、その「ファン」の噂なので、ファンでなくても書き込みやすい。
    • たまに対象そのものについての噂が書き込まれて削除される。
    • あまりにかけ離れた噂だとファンらしきユーザーによるツッコミが入る。
      • 場合によっては×××される。
      • たとえそのつもりが無くても、廃人レベルのファンを敵に回してしまうと「ファンを卑下する話でしかない」等イチャモンを付けられるなど徹底的に非難され、トークページに攻め込まれたり果てにはブロックされたりしてもおかしくはない。
  2. ファンを自負して、書き込まれた内容すべてに当てはまろうとするのは無謀。
  3. 「○○(名前など)といえば、■■(国民的作品のメインキャラ、有名人、など)ではなくこっちだ(その作品のメインキャラ、そのグループのメンバー、その趣味の第一人者、などの名前)。」
  4. ファンの噂が先に出来てしまった以上仕方のない事なのだが、作品の噂やサイトそのものの噂が混在している事も多い。
    • ChakuwikiでさえもChakuwikiファンより後に立てられた(→後にChakuwikiファンのページからChakuwikiへ一部内容が移設された)という事実。
    • たとえば交通機関のような、日常に広く浸透したものでは、ユーザーとファンすら切り離して考えられる。
      • 無論、外から見ればそんなの区別が付かず「ユーザーの噂であってファンの噂ではない」などと御託を並べられたところで何を言ってるか理解できないものも沢山ある。
    • ページ趣旨に合致させるため無理矢理「ファンの噂」っぽく変換して書いても、上手く行かない。
  5. 「○○ファン」より「○○オタ」と呼んだ方がしっくりくる項目もある。
  6. その俳優・女優や声優の出ているCMの商品・サービスを使う。
  7. たまに世の中に物申すと化しているのもある。

ないない大辞典

  1. こちらも「こんな○○は嫌だ」「偽モノの特徴」と傾向が似ているように思える。
  2. いかに言葉遊びができるかが重要。
  3. 基本的に既存のネタをいじくったものが投稿される。
  4. 「存在しないモノ」に比べて一発ネタ重視。
    • そっちに書いたら「くどい」だの「関係ない」だのイチャモン付けられて無残に削除されてしまうところを、こっちなら許容範囲が広い気がする。

関連項目


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク