ベタな幼なじみキャラの法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

法則

  1. 小学校就学前から隣に住んでる。
    • 親同士が仲がよく、家族ぐるみの付き合い。
    • 小学校高学年の頃から急に疎遠になる。
      • 中学時代には全く接点がない。
      • もしくは親の転勤で急に引っ越してしまい、高校で再会。
        • すっかり魅力的になってドキドキ・・・・・・って、それなんて陽ノ下?
        • 男の子だと思って一緒に遊んでいた子が、数年後再会してみると実は女の子だった。
          • 逆もある。
        • チビでいじめられっ子だった少年が、数年後には長身イケメンのスポーツマンに。
        • 逆に幼なじみとの出会いが引っ越しなパターンも。
    • もしくは小さな道を挟んで真向いに家があり、2階にあるお互いの部屋も真向いに当たる。
      • 「まだ起きてるんだ・・・」と部屋の明かりが気になる。
    • 屋根伝いに窓から行き来できる。時にははしごをかけちゃったり。
      • 台風の夜、怖がる幼なじみと一緒に寝てやる。
    • カーテンを閉め忘れて着替えてて「きゃーエッチ!」
    • 窓を叩くと呼び出しの合図。
    • あるいは単に家が近所で、小さい頃からよく一緒に遊んでいた。
  2. しっかり者タイプとダメ子ちゃんタイプの両極端。
    • 前者は毎朝のように起こしに来てくれて、弁当まで作ってきてくれる。
      • 宿題を見せてもらう。試験前には家庭教師になってもらう。
      • 親がいないときには、晩飯をつくりに来てくれる。
        • 「もうご飯食べた〜?」とエプロン持参で台所の片付けを始めて、「あ〜あ、またカップめん?」と。
        • 主人公が、幼なじみの家に食べに来ることも。
        • 当然腕前は上々。
    • 後者は毎朝寝坊に巻き込まれそうになり、相手が弁当を忘れて飯をおごらせられたりする。
      • 宿題を見せてやる。試験前には家庭教師をしてやる。
      • 親がいないときには出前をとることになるが、なぜかちゃっかり食いに来る。
        • 「寿司〜ピザ〜♪ 一番でっかいのにしよう♪」と、あからさまに予算オーバーの注文をする。
  3. クラスの人気者。優等生でも劣等生でも、地味で目立たないってことはない。
    • 勉強やスポーツなど、何かしら秀でているところがある。
      • 主人公のライバルであることも多い。
    • 地味だけど「主人公に対する思い」だけは誰にも負けない、というパターンも。
  4. スタイルはグンバツ(死語)と残念の両極端。
    • 水着姿でドキドキするか、他のヒロインと見比べて哀れむような目を向けるかの二択。
    • 最近は(作品の全ヒロイン中で)均整の取れたバランス型をしていることが多い。
  5. 異性
    • なぜか女性向作品に男性の幼なじみと言うのは少ない気がする。
      • 少女漫画でも幼なじみは定番です。特に読み切り作品。
        • どの雑誌でも最低一つ、読み切りが多いと複数幼なじみ物なことも珍しくない。
  6. 恋愛シミュレーションゲームなら間違いなくメインヒロイン格。
    • 真のヒロインは別にいることも多々ある。前世からの因縁とか。
    • 優遇はされてても、一番人気にならないケースが多い。
    • サブヒロイン扱いも多い気がするんだ。
      • メインヒロイン(主人公にとっての憧れの存在)がどういうキャラかによる。んで密かに想いを寄せていた幼なじみが学校一の人気者、という典型例は藤崎詩織。
    • ときメモにおける優遇っぷりの影響が大きいのだろう。
      • 2まではメイン。4では隠し扱いだったが、メインの人気を完全に食ってしまった。
  7. 男女どちらが主人公であっても、女のほうが先に恋愛感情を抱いている。
    • そして男は最初それに全く気がついていない。
  8. 実は平安時代からの伝統ある属性。
    • 「伊勢物語」より「筒井筒」。
  9. おもちゃの指輪など、幼年期に主人公からもらったアイテムを、後生大事にとってある。
    • 主人公は忘れている。
      • 見せたら「知らない」と言われ、悲しそうな顔で「そっか・・・。何でもないよ」と、アイテムを仕舞う。
        • 物語のクライマックスで思い出す。
          • 涙を浮かべてにっこり。
          • 「やっと思い出してくれたね・・・」
          • 「約束も覚えてる? もうただの幼なじみじゃイヤなの」
      • 両方忘れている事はない。
        • 忘れている場合、どっちかが押し入れや物置から発見する。
  10. 結果的には主人公と結ばれるが、途中で強力(または強烈)なライバルが出現する。
    • ライバルはあからさまに主人公もしくは幼馴染に好意を示し、仲を引き裂こうと画策する。
      • 学園モノの場合は転校生や後輩の確率が高い。
    • ライバル「もしかしてぇ、○○さんは○○君と付き合ってるんですかぁ?」
      ヒロイン「そんなんじゃ・・・」
      ライバル「じゃあ私がもらちゃっても良いですよね?」
      ヒロイン「(主人公に向かって)どうぞご勝手に!」
    • 最近は結ばれないアニメやマンガの方が圧倒的に多い。
    • ライバルキャラの方が幼馴染なパターンも珍しくはない。
  11. 男同士ならいたずら仲間。
    • ギャグキャラであることが多い。
    • 夏の浜辺でロケット花火を互いに撃ち合う。
    • 主人公が好きだった異性を把握している。
      • 「お前、幼稚園の頃からあの子の事好きだったもんな・・・」
    • 年上の場合、良き相談相手。人生の先輩として、アドバイスしてくれる。
      • かなり年が上だったり、頭が良かったり、力が強かったり、美男美女だったりすると、主人公は年上の幼なじみに頭が上がらない。
        • 年上の幼なじみ「幼なじみ?そんな奴は、いないなぁ」
          主人公「○○さん、俺は・・・?」
          年上の幼なじみ「ああ、ガキの頃から舎弟はいたけどね」
          主人公「・・・・」
  12. 当て馬、噛ませ率が高い。勝気、ツンデレだったりすると殆ど噛ませ。
    • 90年代の少年漫画だとそんな事は無い。
    • 噛ませどころか最大の壁になることは多々ある。
  13. 世話女房タイプが「なんでそんなに世話を焼くんだよ」と問われると・・・
    • 「私がいないと何もできない子供じゃない」
    • 「あんたの世話、おばさんから頼まれてるのよ」
    • 「お弁当、一人分でも二人分でも手間は変わらないし」
  14. 当然ながら、お互いの事をよく知っている。
    • 安心して悩みを打ち明けることができる。
      • 幼馴染「最近元気ないね。どうしたの?」主人公「別に何でも……お前に隠してもしょうがないか」
    • なんだかんだで最大の理解者。
      • 家族にすら相談できないことを打ち明けられる、ほぼ唯一の存在。
  15. 幼なじみの兄弟姉妹は、二人の仲をやきもきしている。
    • ヒロインの兄「おまえら、もう既に夫婦だろ?」
    • 主人公の姉「あんたたち見ていると、イライラするのよ!」
    • 同級生(男女問わず)とかも同じこと言うよ。
      • 「あらご両人、今日も仲睦まじく一緒にご登校ですね」
        • 完全に夫婦扱いの発言でからかったりする。
      • 片方がブルーだと「何があったの?」「なぜこっちに・・・」「だってどうせあんたが原因でしょ」など。
    • 場合によっては母親も。「○○ちゃんなら大歓迎よHeart.gif
      • ヒロインの母親「○○くんが、うちの娘貰ってくれるのなら安心だわ」
    • 主人公の弟妹「○○ねーちゃんが、お兄ちゃんのお嫁さんになるんでしょ?」
    • ヒロインの弟「ねーちゃんも、○○にーちゃんも、素直じゃねーからなぁ・・・」
    • ヒロインの妹「私だって、○○兄ちゃんのことが好きなんだから!」
      • そして、泥沼の三角関係に突入する。
      • 主人公(男)の妹ってことも・・・。
  16. 年が離れている場合、年下の幼なじみからは「○○兄」「○○姉」と呼ばれている。
    • 実の兄弟姉妹よりも仲がよいことも。
  17. 小さい頃、お医者さんごっこをしたことがある。
    • ままごとも。当然夫婦役だ。
  18. 小さい頃、一緒にお風呂に入っている。
    • お昼寝は一緒の布団だった。
  19. 小さい頃、婚約をしている。
    • 「あたし、○○くんのお嫁さんになる〜♪」
    • ただし、十数年後になってその事実にどう反応するかは両極端。
      • 「人生最大の汚点だわ・・・」
        • とかいいつつ結局くっつく。
      • 「あら、今でも本気よ?」
    • その時使った指輪なんかが物語のキーアイテムになったり。
  20. 甘え上手。
    • 頼みごとを断りきれない。
      • 弱みを握られてることも。幼少時の恥ずかしい写真が収められたアルバムなど。
      • 必殺文句は「一生のお願い!」
      • デートのお誘いとか。
        • 見たこともないような、最大限のおめかしをする。
  21. どんなに意地悪をしても健気についてくる。
    • 本気で泣かさないようにはしている。
  22. 他の男に告られると、「ごめんなさい。恋人はいないけど、気になる人はいます」
    • 主人公はそれを立ち聞きし、悩みだす。自分のことだとは思ってもおらず、あいつ好きなヤツがいたのか、と。
  23. 何かの拍子に抱きかかえられると、慌てて離れて「ず、ずいぶん逞しくなったんだね・・・(ポッ」と赤くなる。
    • 抱きかかえた方は、「おまえ、胸大きくなったな」としっかり胸をもんでいる。
  24. 主人公がスポーツ系のクラブに入ると、次の日にはマネージャーになっている。
    • もしくはなってくれと頼まれ、断りきれない。
      • 幼馴染がマネージャーをやっているクラブに引きずり込まれる逆パターンもある。
  25. 文化祭の学芸会で、「ロメオとジュリエット」「白雪姫」「眠れる森の美女」「シンデレラ」などの演劇を、幼なじみの二人が主演役とヒロイン役を演じることになる。
    • 周囲の人間も空気を読んでその二人を主役にチョイス。
    • 二人のキスシーンや抱擁シーンを脚本担当が意図的に入れ、生徒は大興奮。
  26. 女同士だと、主人公を巡って三角関係になることがある
  27. 主人公とは対照的な性格。
  28. 主人公の幼少期の逸話を話し、聞き手を感動orドン引きさせる。
    • 聞き手は大爆笑、主人公涙目。
  29. 異性の場合、まず恋愛関係にあるかドロドロとした因縁がある(どちらもない事は殆どない)。
  30. 素直になれずすぐ口論や憎まれ口を叩く通称「ケンカ仲間」。
  31. 幼なじみの幼なじみが自分にとっても幼なじみとは限らない。
  32. サブキャラも幼なじみの場合むしろそっちの方がより長い付き合いだったりもする。
  33. 初登場時は初対面の場合でも子供から大人になるまでの物語の場合は、物語が進むことで幼なじみ関係になる。

昔、一緒に遊んだじゃない

参考キャラ追記制限
このページは単なるキャラ名のみの追記を禁止しています。詳しくは投稿規定を確認してください。むやみなキャラ名の列挙防止にご協力ください。
  • 青葉つぐみ(かんなぎ)
    • 健気だし理解ある幼なじみだと思う。
    • 卵焼きとおひたししかつくれないが、それでもそれだけを弁当にする心意気は見上げたもの。
    • さりげなく積極的だが、主人公がフラグをヘシ折りまくってがっかりする仕草が似合いすぎ。
  • 安達妙子(センチメンタルグラフティ)
    • 12名の中で一番最初に主人公と出会い、主人公の在住期間も3年半とずば抜けて長い。
  • 天野ミサキ(女子大生家庭教師濱中アイ)
    • 男子生徒と家庭教師の仲を誤解し、邪推しては落ち込むボケキャラとして登場したが、最後には完全な幼馴染キャラに。
  • 大倉都子(ときめきメモリアル4)
    • ヤンデレという強力な武器を得て、ときメモの伝統を破った最強の幼なじみ。
    • ただし、半分以上は超鈍感主人公のせい。
  • 蟹沢きぬ(つよきす)
    • テスト前とかでもない限りスバル、フカヒレと共に、夜は主人公の家でダベるのが日課。
    • なお個別EDでは重篤なバカップル化。
  • 咲野香奈美(なりきりバカップル)
    • 隣の家で主人公の部屋の窓を叩いて呼び出すというのは、基本中の基本だのぅ。
  • 潮見ひかり(タペストリー -you will meet yourself-)
    • こしあん魔人
    • 手先が器用な主人公とは対照的に、想像を絶する手先の不器用さ。
  • 涼風あすか(幼なじみと甘~くエッチに過ごす方法)
    • 着替えるときはカーテンを閉めなさい。
  • 大場湊(マリッジロワイヤル)
    • 宇目田深波と宇和島伊予も幼なじみだが、こっちが典型的な幼なじみのイメージ。
      • 幼稚園からの同級生で、主人公と一緒に居たくて同じ学校に進学した。
      • 家事全般やお菓子作りが得意という家庭的なイメージ。
  • 多々良拳四郎(ヒトミ先生の保健室)
    • 女性の幼馴染み(巨乳)と同じ職場の上家も隣同士なものの、(母曰く)父譲りの貧乳派のためまったく恋愛対象と見ていない。
  • 田村麻奈実(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)
    • 両家公認&主人公の妹から嫉妬されるという王道キャラ
  • 歳納京子 (ゆるゆり)
    • 結衣と共に幼馴染だが、小さい頃とは性格が激変している。
      • ちなみに原作初期には活発な幼いきょ…おっと、誰か来たようだ
  • 永峰希美(聖なるかな)
    • 親同士の仲が良く、主人公と同日に生まれて同じような名前に(望・希美)。
  • 七瀬かすみ(トゥルーラブストーリー2)
    • 主人公の転校はかなり早い段階で知っていた。話してくれるまで何も言わなかった、という健気な娘。
  • 早坂日和(みずいろ)
    • 個別シナリオでは小学生のうちに引越してしまい、主人公が探しに行くストーリーが展開される。
    • 個別シナリオ以外では、普通に一緒に通学している。
  • 陽ノ下光(ときめきメモリアル2)
    • 小学校の頃に主人公は引っ越してしまい、高校入学とともに再会。
  • 富士タカシ(コレクター・ユイ)
    • いつもは口喧嘩をするが良き理解者という典型的な異性の幼なじみだが、お互いに恋愛感情はなく物語開始時点で幼なじみの親友と恋仲。
  • 藤枝保奈美(月は東に日は西に)
    • 世界タービン号(主人公の通学用自転車)の荷台に座布団を敷き、朝起こしに来てから指定席で通学。
    • ちなみに茉理ルートだと「取られちゃったか」というつぶやきをこぼすのがポイント。これ、テストに出るよ?
  • 藤崎詩織(ときめきメモリアル)
    • 一緒に帰って噂されると恥ずかしいしもうただの幼なじみじゃイヤなの。
    • PS版で誕生日を主人公と一緒にすると、幼い頃のおもちゃの指輪イベント発生。
  • 星野明日香(さよなら三角)
    • 美人で成績優秀で、健気で相手に尽くすという、幼なじみの模範的キャラ。
  • 見月そはら(そらのおとしもの)
    • 智ちゃんのえっち~ッ!
    • 典型的ツンデレ幼なじみと思いきや、原作終盤でまさかの秘密が明らかに。
  • ミヨッペ(イナズマン)
    • 屋根伝いに行き来する幼なじみの元祖だと思うが・・・
  • 弓野奏(Like a Butler)
    • 主人公が別の学校に進学すると言い出し・・・・・・。
    • いっしょ~~ッのお願いッ!
    • ・・・・・・お前の一生は何回あるのだ。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク