ベタなマーフィーの法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 急いでいるときに限って何かと信号が赤になる。
    • 急いでいるときの左折に限って横断歩道をゆっくり歩く歩行者。
    • 横断歩道を渡ろうとしたら横断歩道を横切るように車が止まった。
    • 急いでいるのに自転車がパンク。
    • 急いでいる時に限って踏切の遮断機が下りる。
    • 急いでいる時に追い越し禁止の2車線道路で前の車が最高速度以下でノロノロ運転・・・。
      • 追い越しできる区間になっても対向車で追い越しできず・・・。
    • 急いでいる時に右折したいのに直進車が横切る。
    • 急いでいるのに自動車がガソリン切れ。
    • 急いで上の階に行きたいときに限って、エレベーターが上層にいる。
      • 急いで上の階に行きたいときに限って、エレベーターが各階に停まる。
    • 急いで改札に入ろうとしたときに限って前の人がICカードをタッチし損ねて止まる。
  2. 高速道路上、突然トイレに行きたくなった時に限って周りは大渋滞。
    • ご飯を食べたい時に限ってご飯屋は反対車線にしかない。
      • しかも中央分離帯があったりする。
      • ガソリンを入れたいときに限って、GSが中央分離帯を挟んだ反対車線側にしかない。
    • 朝トイレに行こうとすると父親に入られてしまう。
      • そして父親はトイレで新聞を読むなどして占拠する。
    • テレビを見ていてトイレに行きたい時に限って中々CMが入らない。
      • 自分が見たい番組のチャンネルに変えた時に限ってCMになる。
    • やっとたどり着いたSAPAに限って満車。
    • 肛門が決壊寸前な状態の時ほど、大きい方が満席になっている。
      • 一方で小さい方は誰も使っていない。
    • トイレで並んでいてやっと自分が先頭になった時に限ってなかなか誰も出てこない。
    • トイレに行きたいときに限って授業が長引く。
    • (男子の場合)女子トイレと男女共用トイレのうち、入りたいときに限って男女共用トイレが使われてて、女子トイレが空いてる。
  3. トーストにバター or マーガリンを塗っている最中に誤って床に落とすと、必ず塗った面が下になる。
  4. 空き缶を蹴ったら怖そうな人に当たるorz
    • ギャグマンガなら大型犬。
    • 石を蹴って車に当たって…
      • その車はだいたい高級車。
  5. 大事な会議がある日に体調を崩す。
    • 行きたい行事などの場合も同様。
    • 大事な会議がある日に限って、人身事故による電車遅延発生。
    • 行きたい行事に限って学校がある。しかも土曜。
  6. 一つの問題が解決すると、それが原因で新たな問題が発生する。
  7. 好きなマイナー漫画が実写化すると大概、ストーリー大型改変で原作レ○プ。
  8. 机に向かっている際、ケータイのメールを確認しようと手を伸ばしたら誤ってCDケースを落として割る。そしてメールは迷惑メール。
    • 着信音を鳴らしてはいけない場面でうっかり鳴ってしまった電話はなかなか止まない。
  9. 苦労して組んだ連鎖の点火位置におじゃまぷよが落ちる。
    • フィーバーモードに突入したのに、連鎖に点火できる色のぷよが落ちてこない。
  10. 手持ちの体力が少ない時に限って「にげられない!」
  11. 快速に乗り換えようと降りたら、そのまま乗っていた方が先についた。
    • この先の経路で事故等による障害が起きているので迂回したら、迂回している間に障害が解消され、結局迂回しない方が時間がかからなかった。
  12. 物欲センサー。
  13. に加筆しようと思ったら、つい今しがたアーカイブされてしまったばかりだった。
  14. 「アレがないから○○じゃなくて××を選ぼう」なんて消極的な選択をすると、「ついに××にも、○○と同様にアレを導入できることになりました」となってしまう。
  15. 大事な予定がある日に限って残業になる。
    • イベントがある日に限って休日出勤になる。
      • 6月の土曜日に限って休日出勤になる。
        • 定時キッカリに仕事が片付いて「さあ帰るぞ」というタイミングでトラブル発生。そのまま残業になる。
        • 定時退社日に限って退社しようとした時に残っている作業を思い出し結局残業することになる。
  16. 往復きっぷを買った時に限って、急な予定変更が生じて往路と同じ経路で帰れなくなる。
  17. 「まったく異なるもの」「全然違う」と比べられるのは、たいてい類似していて混同しやすい(ちょっとだけ違う)もの同士だ。
    • 本当に完全に異なったら、そもそもそういう比較すらされない。
      • 類似点なくして相違点は語れまい。
    • 「今までの●●とは異なるまったく新しい●●」(マイナーチェンジ)
    • 「厳密には異なる」と置換しても書いてある事の意味が大して変わらない事も多数ある。
  18. 捨てた途端に必要になる。
    • 5S活動のあるあるネタ。
    • そして捨てていなかったら、そもそも持っている事に気付かずまた新規に導入してしまう。捨てる事によって、「持っていた」と認識してしまう。
    • コンコルド効果を回避してやったと思った時に限って「もう少し続けておけばよかった!」
    • エリクサー症候群を回避したと思ったら「あの時使わなければあと1つあったのに!」
  19. 洗車した次の日に限って天気が悪くなる。
    • 大掃除で窓掃除をした日の数日後に大雨。
  20. 怪しい者は必ず「怪しい者ではございません」とわざわざ前置きしてくる。
    • 信用できない人ほど「私を信じて!」と言ってくる。
  21. 節単位編集をしている時に限って、他の節も編集したくなり、結局ページ上部の編集タブから編集し直す。
    • 複数の節を編集しようとページ上部の編集タブをクリックして編集しようとした時に限って、結局1つの節しか編集しなかった。
    • 「ページを保存」ボタンを押した直後に「あっあれも書けば良かった!」と、書き忘れていた事を思い出す。
  22. 貴重品を突然なくしてしまい、大慌てする。
    • 忘れた頃にその貴重品が見つかってしまう。
      • 見つかった頃には既に用無しである事すら。
  23. 晴れて欲しい日の時に限って天気が悪くなる。
    • 休日に限って天気が悪くなる。
      • せっかくの土曜、日曜に限って大雨、台風、大雪になる。
        • せっかくの連休に限って(以下同文
          • せっかく前もって有休を取った日に限って(以下同文
    • センター試験当日に限って大雪になる。
      • そもそも大雪の降りそうな季節にやらざるを得ない現在の制度が悪いともいえるが。
    • 七夕の時に限って天気が悪くなる。
      • 仙台七夕はこれを回避するために8月に開催しているが、やはり(ry
    • 周りはいい天気なのに自分の住んでいるところに限って天気が悪くなる。
      • 水不足の地域に限って雨がなかなか降らない。
    • 前々日までは晴れ予想が前日になって曇り。そして当日に雨が降る。
    • 自分が外出するときに限ってゲリラ豪雨になる。
      • しかも自分が帰宅した瞬間に雨がやむ。
    • 傘を忘れると雨が降りだす、傘を手に入れると雨はやむ。
    • 震災の断水で雨水がほしいときに限って、降ってくれない。
      • 降ったとしても、雨水を貯める容器(バケツ、ペットボトルなど)がない。
      • 急いで容器を用意したとたんに降りやむ。
    • 朝、台風が上陸して鉄道が混雑するだろうからと出勤時間を遅らせたら、進路がそれて快晴に。鉄道も最初から正常運転で意味なし。
  24. 占いコーナーで自分の星座に限って下位にランクインされる。
    • しかもその番組の出演者の星座はたいがい上位だ。
  25. 電車の中で迷惑行為をする奴に限って長い区間乗っている。
    • 嫌いな人、避けたい人に限って長く一緒に乗っている。
      • ワキガで臭いヤツほど、長く一緒に乗っている。
    • 嫌いなアイツほどいつまで経っても同じクラス
      • 席替えしても、嫌いな奴は自分の近くのまま。
      • 仕事に集中したいのに厳しい上司と席順が近い。
  26. 宝くじの当選番号を見ると、自分の持っている物と惜しい番号ばかり。
    • ただし、下2桁と3桁と5桁が違っていた!とかそういう次元の話。当選とは程遠い。
  27. くじ引きで、3等の商品が目当てだったのに1等が当たってしまう。
  28. 良さそうな店だ、これから通う事にしようと思った店に限って次に来た時には潰れている。
    • 良さそうなメニューだ、次からはこれを頼もうと思ったメニューに限って次に来た時には廃止されている。
  29. 麻雀で国士無双を狙うと、中張牌ばかりくる。
  30. 「決して言ってはいけない事」は、たいてい「事実」。
    • 事実といえど、その側面のほんの1つでしかなく、他の側面をすべて否定する事にもなりかねないため、やはり「決して言ってはいけない事」なのだが。
    • 「言っていいことと悪いことがある」の「悪いこと」が指すのもたいてい「事実」。
  31. 「特別扱いしない」という「特別扱い」。
  32. 「痛くも痒くもない」と自分で言って(しまって)いる場合、それは痛くて痒くて苦しんでいるさま。
    • 「同情する気が起きない」とわざわざ言って(しまって)いる場合、本当は心のどこかで少しは同情する気が湧き上がってきてしまっているさま。
      • 「こいつは極悪人なんだ、こうなるのは当然の報いなんだ」と必死に自分を落ち着けているさま。
        • 「気にしていない」とわざわざ言って(しまって)いる場合、本当はめちゃくちゃ不快になっているさま。
        • 「独り言」とわざわざ言って(しまって)いる場合、本当は決して独り言ではなく誰かに聞いて欲しい、構って欲しいさま。
    • 「深い意味はない」とわざわざ言って(しまって)いる場合、本当は当人の中でめちゃめちゃ深い意味を持っている、あるいは他人に深読みしてほしいさま。
      • そもそも、表面的には何気ない言葉をわざわざ人に聞いてもらおうとしている時点で、その言葉に深い意味がないわけがない、とも言えるわけで…。
    • 「まぁええわ」と言っているときは本当は本人にとってちっとも良くないわけであって。むしろ「もういい」と自分自信に納得させようとしている。(あれ?これ、あんまマーフィーの法則じゃないな。まぁええか。)
    • 「好き嫌いは自由だし…」は本当は自由だと思っていないし、なんなら「俺と好きなものを好かない奴ムカつく」と思っている。
  33. 「威張る奴ほど実は弱虫」と言われたくないので謙虚になろうとしたら、今度は「自虐風自慢」と言われてしまう。
  34. 「マーフィー体験談」は「あるあるネタ」として会話が弾みやすいが、やりすぎると終いには「悲劇のヒロインぶるな」と言われる。
  35. 「マーフィーの法則なんて単なる偶然」と現実主義者を気取るが、「でも偶然にしては色々とタイミングが良すぎる気もする・・・」
  36. 本をパラパラとめくっていると、見たいページのところだけ紙がくっついて次のページまで一緒にめくってしまう。
  37. 意気揚々と出かけようと思った瞬間、忘れ物をしていたことに気づく。しかも見つからない。
    • 忘れ物に気付くタイミングは駅・バス停などに到着する寸前か、ひどい場合は発車後。
    • なくてもどうにかなるものは忘れないのに、大事な物に限って忘れていく。
  38. 編集を一通り終え、「ページを保存」を押した直後に気付く誤字・書き忘れ。
    • メールやtwitter等でも同様。
  39. ウィンドウショッピングの時に限って、頼んでもないのに店員が声をかけてくる。
    • 本当に買おうか悩んでいるときに限って、あたりを見回しても店員が見つからない。
  40. 海やプールに行く時に、すぐ水に入れるようにと自宅で海パンを履いて準備した時に限って、替えのパンツを用意し忘れる。
  41. 電車に乗った時、自分の行けない範囲ではどんどん乗客が入れ替わって座れるのに、自分の眼の前の席に限って絶対に空かない。
  42. 「聞いてもいない事」は、耳障りな事、不愉快な事。
    • 世の中、自分の耳に入ってくる事は殆ど「聞いてもいない事」、だろう?聞いて得する事、あるいは特に何も感じない事はわざわざ「聞いてもいない事」なんてするはずがない。
    • 「どうでもいい事」、でも同様。
  43. スマホやタブレットでリンクしたいページにタッチしたときに限って間違ったサイトが表示される。
    • リンクしたいページをタップするときに限って、無反応。
    • 画面スライドするのにスワイプしているにも関わらず、見る気もないリンクにクリックしたことになっている。
  44. 「ファンやめます」とわざわざ宣言する人は、大抵ファンをやめていない。
    • オンラインゲームで引退を宣言した人は、大抵戻ってくる。
  45. ある分野に特化した「○○の総合商社」という謳い文句は、実態は○○の「専門商社」。
  46. 「負け惜しみじゃないんですけど~」は「負け惜しみなんですけど~」。
    • 「自慢じゃないけど」=「自慢になっちゃうけど」。
      • 「嫌味じゃないけど」=「嫌味になっちゃうけど」。
      • 「煽り抜きで」=「煽り以外の何物でもないが」。
  47. 政治家が不祥事を起こすと、何故か政治以外の分野で重大ニュースが起こる。
  48. 徒競走の練習では1位になるが、本番では最下位になる。
  49. 退職後を考えている時にやたらと仕事を増やされる。
  50. いつでも辞められるものほどなかなか辞める気にならない。
    • そして辞めない言い訳を考えてばかりいる。
  51. いいネタを思いついたと思ったら既出だった。
    • ひどい場合は以前自分が似たようなネタを書いていた。
  52. 自分が好きな番組に限って打ち切られる。
  53. いつもより遅く帰らなければならない日の帰りに乗った電車が事故で止まる。
  54. なかなか行けない観光地に行ったら主な見どころの施設が臨時休業。
    • なかなか行けない観光地に行く直前に天気予報が雨。いまいち浮かない気分で行く羽目に。
  55. 他人のある行動に「馬鹿にしているのか」と噛み付く人は、その行動が表す事柄に負い目や後ろめたさを感じている人である。
    • 特に関係の無い人にとっては、むしろそういう行動をしているそいつ自身が馬鹿にしか見えない。
      • 「土日は休みだろ?」→こいつに土日に働いている事を馬鹿にされたと感じるか、それともこいつは土日に働いている人によって自分の生活が支えられている事すら分からない馬鹿と感じるか。
    • ある「状態」をある単語で呼んでいる時、その単語を蔑称と捉える人は、その「状態」である事に何か負い目がある人である。
      • 傍から見れば訓読みもできない馬鹿なのに、ある物の名前を故意に音読みしている人に対して蔑称だ蔑称だ馬鹿にするなと騒がれても、何が何やら。
  56. 文字入力で目的となる漢字を変換しようとした時にデタラメに変換される。
  57. 「~してから質が落ちた」は、「~したから質が落ちちゃえばいいんだ」という酸っぱい葡萄的な願望。
    • 「~した」から自分は見切りを付ける、という単なるアピールでもある。
  58. 「完成度が高い」と言われるものは、そもそもその類のものに「完成」という概念そのものが存在しない。
  59. 「こんな事も守れない奴がいるのか、当然だろうが」→そうやって「こんなこと」って蔑ろにする奴がいるから“当然守るべき事である”という意識も蔑ろにされる。
  60. 名刺が切れたので新規注文するとその直後に組織改編が行われる。
    • 名刺が切れたので発注した途端、部署異動の対象になった。
  61. 「そんな事をして何が楽しいんだ?」というような言葉は、皮肉にもその行動そのものに価値を生み出してしまう。
    • そう思わせる事が楽しい。「楽しくない事だから実行するわけがないはずだ」という固定観念を叩き潰すのが楽しい。
  62. 「○○の厳しさを教えてやる」→ただのマウンティングである。
    • 「厳しさ」とやらは、教わる事はたくさんあっても教える事なんてできない。
  63. ある事に対して「当たり前の事」だと胡坐をかいていると、それは次第に「当たり前の事」でなくなる。
    • 「当たり前の事なのにいちいち注意書きをしなければいけないなんて恥だ」なんて思っていると、当たり前だから注意書きなんていらないと思い込んでいる事に恥をかく。
    • 当たり前の事は、それが当たり前である事で居続けるようにメンテナンスを行う事も当たり前の事である。
  64. あるキャラを声優も含めてネタにすると、声優が交代してしまう。
    • ある作品を監督も含めてネタにすると、監督が降板してしまう。
    • ある作品を主題歌の歌手も含めてネタにすると、続編で異なる歌手が主題歌担当になってしまう。
  65. トイレ行きたいけど電車来てるし1駅しか乗らないし降りた駅のトイレに行こう→人身事故などで駅手前で停車。
  66. 入力している文字を変換した時に自分が求めている言葉が誤って変換される。
  67. おみくじを引くと凶、酷い時は大凶が出てしまう。
  68. 足がしびれて立ち上がるのも苦痛な時に限って、尿意を催す。
  69. 食事を奮発しようとした時に限って、イマイチ好みではないものを食べることになる。
  70. バカップルは童貞の近くを選び、そこでうろうろする。
    • バカップルと童貞は、見通しの悪い曲がり角ですれ違う。
  71. わからない問題に限って先生に指名させられて答えなくてはいけない。
  72. みんなも自分と同じことをしているのに自分に限って先生に注意される。
  73. クラスの人数が偶数なのに、体育のようなペアを組む際に限って奇数人休み。
  74. 一本電車やバスを目の前で逃す→次が来るまで10分程度なら・・・と思う→そういう時に限ってトラブルや渋滞なんかで20分近く待たされる。

まとめ

  1. これらの法則に当てはまることが立て続けに起こると無性に腹が立つ。
  2. 日頃の行いが悪いとこの法則にはまってしまう。
    • どう考えても意地悪しているように思える。
      • 都合悪い時に意地悪しているように思える。
        • 意図的に自分の都合を悪くしているように思える。
  3. 備えあれば憂いなし、ならぬ備えあれば災いなし。
  4. 運が悪いとしか言いようがない。
  5. 時間にうるさい人間はこの法則にはまりやすい。
    • 「不都合」に当てはまる範囲が他の人より広くなっている気がする。
  6. たいてい「自分に不都合な法則=他人にとって好都合な法則」があてはまる。
  7. 自分の思い通りにならない時だってある。
    • 当たりはずれがあるのが人生の醍醐味。
  8. せっかちな人はこれらの法則にはまる。
    • 「急がば回れ」ですね。わかります。
  9. 「自分に都合のよいこと」をしようとする/期待すると「自分に不都合なこと」が起こる。
    • 世の中は自分の都合通りに動いていないことを理解出来る様にしましょう。
  10. いつもと違うことをすると悪いことが起こる。
  11. ドラマや漫画やコントでもなかなかないぐらいの偶然すぎる展開に焦る。
  12. 何もかも裏目に出てしまって身動きが取れなくなるほど心身ともにしんどくなる。
  13. 事がうまくいくときはたいてい覚えてなく、うまくいかないときに記憶に残っているのでマーフィーとなると思う。
トークに、ベタなマーフィーの法則に関連する動画があります。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク