ベタなショッピングセンターの法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ベタな郊外型ショッピングセンターの法則

  1. 2階建て。
    • 屋上が駐車場になっている。
      屋上が駐車場となっている例
      • 地下1回もある。雨の日や炎天下では大人気。
        • 1階な。
      • 屋上駐車場は空いていることが多いが意外と敬遠されやすい。特に夏場、悪天候の日。
      • 3階がシネコンになっていることも。
    • 1階当たりの延べ床面積が滅茶苦茶広いので、迷子になる。
    • 3階や4階もショッピングセンターが続いてるとこも多い。
      • ○o○oの事ですね、わかります。
    • 回廊型で中央が吹き抜けになっている
  2. 帰ろうとすると、どこに駐車したか忘れ、自分の車を探し迷う。
    • それを防ぐために「区画記号」を付けているが、あんなの誰も覚えちゃいない。
      • 記号・番号では覚えにくいからと、「くま」「ぱんだ」など動物キャラを設定されるが、やはりあんなの誰も覚えちゃいない。
    • どのエレベーター(エスカレーター)に乗れば自分の車の近くに行けるのか忘れる。
    • 車に着いたはいいが、今度は駐車場の出口で大渋滞。その先も渋滞…。
  3. 服は女モノしか売ってない店ばっかり。
    • 大都市圏のデパートと比べて決定的に弱い点はココ。
    • 購買意欲を無くしたパパの行き着く先は、SC内の本屋。
      • 最近では本屋すらないところもあるので男にとっては肩身が狭い。
    • ファッションの類型でいえば3店もあれば足りる程度。
  4. フードコートがでかい。
  5. 最寄駅からは送迎バスが出ている。
    • 無料にしている所もあれば、普通の路線バスにペインティングしてるだけのところも。
    • 土日のバス乗り場は中高生であふれかえる。
    • 周辺住民向けに無料送迎バスを走らせているところもある。イオン新潟東店がその例。
  6. スタバがデフォで入っている。
    • 大戸屋も入居率高し。
    • 紅虎餃子房、カプリチョーザも。
    • 衣料品関係だとコムサ、ライトオンも高確率。あとは無印良品も多いな。
      • Honeysも割と多いような。
    • CDショップはHMV、タワー、ヴァージンのどれか。
    • No.04(フードコート)の端っこは、マクドナルド
    • 一番多いファーストフードは、ミスド。高確率で入っている。
    • 平和堂系にはケンタッキーが入っている時もある
    • 超大型SCには大抵トイザらス
    • ストーンマーケットなどの石屋
    • 関西では上新電機も多い。
    • サーティワンが入っていたら、31%OFFキャンペーンの時期やフリースクープの日はアホみたいに並ぶはめになる。
    • ヴィレッジヴァンガードもかなりの割合で入っている。
    • 最近は丸亀製麺とかはなまるうどんも強い。
    • キャラクター物の文具や雑貨を扱う店も大抵入っている。
      • 要は東京資本の格好の草刈場。
  7. 思いがけず知り合いに会う。
    • とりあえず暇ならみんな大挙して行っているので、高確率で知り合いに会える。
  8. 駐車場に停まっている車の3割ほどが他県ナンバー。
    • 多い所だと半分以上。
    • 隣県ならまだしも、「何でこんな所のナンバーが…」っていうこともある。
      • しかしそれは大抵の場合は転勤族。
    • 当然だが立地条件によって「他県ナンバー率」は大きく異なる。
      • 当然県境に近い店舗や高速道路のICに近い店舗では、他県ナンバーが多くなる。
    • 何故か、入口に近い区画などポジションのいい所ほど他県ナンバーが多い。
  9. オープン当日は行列ができる。
    • 行列を作っている人の正体は、ほとんどの場合記念の粗品目当てである。
    • 地元の地方紙では写真付のニュース記事として報じられる。
      • 「黒船襲来」との触れ込みで特集連載記事が組まれることも(宮崎など)。
      • ライバル店の関係者のベタコメント「ウチはあちらには無い○○がある。負けずに頑張っていきたい」
      • 商店街の関係者のベタコメント「大きな脅威」「市役所は何も対策を取ってくれない」「もう終わりだ」…。
      • ローカルテレビ局も取材に駆けつける。
  10. 計画時は大抵「○○最大級」などが多い。
  11. ド田舎潰し
    • そのおかげで建設地が新都心になっていく時もある。
  12. 1階の中央あたりに郵便局がある。
    • 土日・祝日も営業。
    • 銀行の出張所もあったりする。
  13. 地方の場合、鳴り物入りで開店しても、数年で過疎化して閉鎖される。
    • ピ○リ○山のことか。
    • 周りにショッピングモールが多いとこうなるのは間違いない。
  14. 目立たない場所に携帯ショップ、旅行代理店、レッスンルームがある。
  15. イベントスペースが中央にあり、ミニライブが開かれる。
    • 基本的にはローカルアイドルしか来ないがたまに大物もやってくる。
    • ヒーローショーをやることもある。
  16. 休日は駐車場が満車になる。
    • 駐車場の取り合いが平日以上に激しくなる。
    • 公共交通機関の利用が推奨される事も。
    • 地方だと路線バスがない、もしくは休日運休などで車でないと行きづらいので尚更である。
    • 休日は午前中のうちに行くのがベストである。
  17. テーマカラーはイオンに限らずピンクが多い。
  18. いろんな人の溜まり場化してる

ベタなアウトレットモールの法則

  1. 他県ナンバーの多さはショッピングセンター以上。
    • 完全に観光地。
    • 地元民は意外と行かない。
    • 旅行代理店の店先で、アウトレットモールへいく観光バスツアーのチラシを見たことがあります。
  2. バーゲンの時期は別として、そんなに安いわけではない。
  3. 食う場所に困る。
    • 暇を潰す場所にも困る。
  4. 駐車場に入ろうとする車で周辺の道路は大渋滞。
    • 入ったら入ったで、車を止める場所を探して、駐車場内をグルグル、グルグル…。
      • そもそも、駐車できる台数が限られているため公共交通機関の利用が推奨される。
  5. 遊園地でもないのに、観覧車がセットで付いてくることが多い。
    • ここのアウトレットは本当に元遊園地。拡張前はジェットコースターも残ってた。
  6. 新しく出来るところの何店かは「日本初上陸」の店。
    • 大半の客にとっては「だからどうした?」という感覚。
  7. 雪国、雨の多い地域には絶対出来ない。
    • 東北・北陸の日本海側への出店は絶望的なのか?
    • とはいえ、なんだかんだでここに出来てしまった。出店に際して天候は関係ないらしい。
  8. 大抵は都心から遠く離れた郊外にある。理由は都心では同じブランドの商品が正規の価格で売っていることからそれとの競合を避けるため。もちろん土地が安いというのもある。

ベタな駅ビルの法則

  1. スーパーマーケット・書店・CDショップ・ファーストフード店は必ず入っている。
    • 私鉄沿線の場合、スーパーと書店もその鉄道会社の系列企業が運営。
      • 駅ビル内のチェーン店(マックとかミスドとか)も実は鉄道会社系列企業が運営している場合がほとんどなのだが、利用者は知る由もない。
        • マックとかミスドとかはそれ自体が一つの「店」としてのアイデンティティだからね。フランチャイジーなのだろうけど、利用者には関係無い事だし。
    • これらの店ではSuicaPASMOなどで買い物ができる。
  2. ビルの中に改札口がある。
  3. 基本的にはデパートと同じようなフロア編成である。
    • 最上階はレストラン街。
    • 実際にデパートがキーテナントの場合もある。
  4. 一応駐車場はあるが狭い。
    • 広い場合は駅と共用している。
  5. 鉄道会社が駅ビルを所有し、且つ賃貸する事によって、不動産業にも副業として参戦して儲けている。
  6. 上記の書店についてだが、私鉄沿線は鉄道会社によって、多いチェーン店が大体決まってくる。例としては、関西のN電鉄沿線は「天牛堺書店」、K電鉄沿線は「水島書房」など。
    • 京王の「啓文堂書店」のように自社経営の所も。
      • 阪急の「ブックファースト」もある。
        • 西武の「リブロ」、東武の「東武ブックス」も。
  7. 駅と直結しているところが普通に多い。その為、駅の改札を出て直ぐに入れるところもある。
  8. ○○ステーションデパートという場合、昭和の時代にタイムスリップできる
  9. 地方だと上層階はスカスカ。
  10. これも新しいものになればなるほど名前が英語などに由来する意味不明な造語になることが多い。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク