パクリの法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
トークに、パクリの法則に関連する動画があります。
  1. 原型と比べて随分劣化してる。
    • パクるならもっと上手に描けよと言いたくなるくらいに。
      • 逆に妙な部分が進化しているものもある
  2. 中国の国技
    • 小中国も負けてはいない。
      • パイオニアは日本。
        • つまり日本の「パクる行為」をパクッた?
      • むしろそっちの方が酷いのでは(ノート参照)。
  3. パクりデータベースはひでえな。
  4. リンクが・・・(以下省略
  5. 形はパクるが、性能はパクれていない。
    • 特に安全性がパクれていない。
  6. エロゲーでもどこかで見たことあるような展開が出てくる。
    • H2Oは設定がひぐらしっぽい(村が舞台で村八分、精霊、権力者の孫)、W触区はヒロインがもろ「ら○☆○た」。
  7. 左翼系のプロ市民は、左翼思想に毒された教授の思想をパクって活動してる。教授も実は自分の思想をパクるプロ市民がいてほしいものである。
    • たとえば、教授が「アメリカはイラクから撤退すべきである」と教授くらいしか読まないような論文で書いたら、プロ市民は「アメリカはイラクから出て行け!!」と都内の目立つところでルサンチマンの雄叫びをあげて活動してる。
      • あるプロ市民系の集会で、講演する講師が3人いて一人は教授であり後の二人は自称ジャーナリストのプロ市民だったんだけど、座る場所が教授がど真ん中に居座ってその左右に自称ジャーナリストらがいたので、座り方からして彼らのカーストは良くわかる(笑)
  8. バラエティー番組の演出
    • ビ○ォー○フターはN○Kまで使うぐらいベタ。

実はパクリじゃなかった法則

  1. ネタ元が事前に承認済だ。
    • 公式にコラボレーションしたものだった。
    • 正式にライセンス生産されたものだった。
  2. そっくりな曲だと思ったら同じ作曲者だった(パクリというより使い回し)。
  3. そっくりなロゴだと思ったら系列だった。
  4. パクリの方が有名になり、ネタ元が後から紹介されてそっちがパクリ扱いされる。
  5. 名前が一字しか違わないキャラだと思ったら兄弟姉妹だった。
  6. 類似したタイトルかと思ったら続編や外伝だった。
  7. 関係ないかもしれないが明らかにスピンオフや派生作品をパクリとかいうのはやめてくれ。
  8. 見た目が似ていると思ったら同じデザイナーがデザインしていた。

関連項目


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク