バラ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

生き物が借 > 植物 > 園芸植物 > バラ

  1. 品種が数え切れないほどある。
    • けど、エッセンシャルオイルやアブソリュートに使えるのはダマスクとセンティフォリアだけ。
    • ローズオットーというエッセンシャルオイルは非常に高級で、1mlで1万円近くになったりする。1kgのオイルを抽出するのに、約8t必要なんだとか。
  2. 野菜でもないのに、堆肥を十分入れないと大きく育たない。
    • 土のやせ方がこれほど目に見えて分かる植物も珍しい。
    • とにかく病害虫のオンパレード
  3. バラ作家という職業が存在する。バラの新種開発の会社も存在する。
    • 無論、最終目標はブルーローズ。
      • 2004年にトヨタが開発。
        • ↑はサントリーの間違いじゃないか?
        • 遺伝子組換えまでして作出したわりには既存の青バラと大差ない青さ・・・。
  4. 茨城県の花。県章もバラを模したもの。
  5. 誰もが一度は、バラがバラバラと言ったことがあるはず。
  6. ローゼンメイデンファンは、これを見ると頭でローゼンメイデンのOPが流れる。
  7. 牡丹と一緒にすると大変なことになる。
    • あのドラマはよかった。俺の人生観を少し変えてくれた。
  8. 男子同性愛の象徴。
  9. 美形ナルシストキャラが口にくわえて登場するのが定番。
    • そしてヒロインのライバルで美形のキャラがひとりで歩くシーンでは、背後から次々と咲く。
  10. 福山市の花。
  11. ジェラートのフレーバーのひとつ。食べてみたらおいしかったよ!
  12. 〜の包みのタカシマヤ〜♪
  13. 漢字が難しい。
  14. きらびやかな人生を「バラ色の人生」と言うが、「バラ色」ってどんな色だろう?
  15. ワイナリーにおいて、ブドウを虫から守る役。それも自らの身を穴だらけにして……。
    • 昔のヨーロッパでは葡萄の近くに植えた。葡萄につく害虫を薔薇にわざと集らせて焼いて駆除したとか。つまり葡萄の身代わりとするために植えられたらしい。
  16. ベルサイユ。
    • 気高く咲いて美しく散る。
  17. 黒バラ
  18. 情熱の真っ赤なバ~ラよ~ゆ~めを咲かせ~よう~♪
  19. 赤い花が4輪のものは、バーボンとして知られている。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク