バイエルン・ミュンヘン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

FCバイエルンの噂

  1. ドイツで人気・実力・資金力ともダントツでNo.1のサッカークラブ。
    • ドイツ代表もこのチームの選手を中心に構成される事が多い。
      • 日本でも有名なキーパーでキャプテンのオリバー・カーンや、皇帝ベッケンバウアー、爆撃機ゲルト・ミュラーなどのレジェンドプレーヤーもこのクラブから。
  2. 創立(1900年)以来無借金経営。Jリーグ各チームも少しは見習え。
  3. 現ローマ教皇もファンクラブ会員。
  4. 浦和レッズに負けたことがある。
    • ビッグクラブ恒例の集金ツアーでしょ?
  5. 日本のサッカーファンからは、標準ドイツ語に近い「バイヤン」と呼ばれることが多い。
  6. (当時)ベッカム擁するマンチェスター・ユナイテッドに、後半のロスタイムだけで2点を奪われる大逆転負けでビッグイヤーを逃した事がある。
    • 「カンプ・ノウの悲劇」。ちなみにカンプ・ノウはバルサのホームスタジアム。
  7. 前にカーンが連続何時間だったか忘れたけど無失点記録を継続していた事があったけど、その記録に終止符を打ったのは何と日本から来たスシボンバーだった。
  8. 少し前にセバスチャン・ダイスラーというサッカー大国ドイツにおいても稀に見る才能を持った選手がいたけど、度重なる怪我に心の病まで患って若過ぎる引退をしてしまった。
    • チェルシーへ行ったバラックと共にドイツ代表を支えるべき逸材中の逸材だったのに・・・。もちろん背番号は「10」で。
  9. 昔は同じミュンヘンの1860ミュンヘンの方が強かったため、なんとブンデスリーガ1部の初年度メンバーから落選。
    • ブンデスリーガ1部は1都市1クラブでの状態から始動した為。
  10. 世界屈指の金持ちクラブながら、イタリア・スペイン・イングランドのビッグクラブと違い、これまではスター選手を買い漁ることは滅多になかった。
    • ところが、チャンピオンズリーグの出場権を逃した2007年から一転してリベリー、トーニ、クローゼら大物選手を次々に獲得。2009年もロッベンを獲得した。
  11. ドイツ一のビッククラブゆえ、些細なスキャンダルさえマスコミの格好のネタとなる為、(主にアンチから)「FCハリウッド」とあだ名されている。
  12. 宇佐美貴史がいた事は互いにとっても黒歴史か?
  13. 土地柄らしく優勝したらビールかけ。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク