テンプレート・トーク:ご当地バベル2

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

説明

  • このバベルは、もともとあった「ご当地バベル」と「地図バベル」を一体化させたものです。
  • 「ご当地バベル」、「ご当地バベル2」、「地図バベル」の3種類は、特にコンセプトなどは分けていませんので、お好みでどうぞ。
    • もちろん、このうち2種類以上を使っていただいてもかまいません。
  • 地図バベルのみ色彩が違いますが、いずれコンセプトの似通っている物同士の色調を合わせます。

使用例(単独)

東京 に住んでいます
ご当地バベル2
Pref13.gif




使用例(複数)

ユーザーボックス
北海道-4 この利用者は北海道生まれました
ご当地バベル
関東-4 この利用者は関東住んでいます
ご当地バベル
沖縄-3 この利用者は沖縄育ちました
ご当地バベル


江戸弁 べらんめぇこちとら江戸っ子でぇ。江戸弁喋って何が悪ぃ(わりぃ)!
方言バベル


大阪 出身でんねん。
ご当地バベル2
Pref27.gif

使い方

  1. まず{{ご当地バベル2|東京|に住んでいます|13}}のように書きます。
  2. 第一変数(上記例では最初の「東京」の部分) - Chakuwikiに登録されている分類・テーマ(左「ご当地の噂」メニュー参考。国・県・市の-単位でも可)とします。
  3. 第二変数 - 記述フリーです。ただし地図がある分、スペースが限られますのでご注意ください。例のように第一変数と、文章としてつないでしまうと良いと思います。
  4. 第三変数 - 都道府県コードか、地域コードを記述してください。コードは地図バベルのノート参照。

レベル

  • ご当地バベル」のような、第一変数のレベルの記述も自由ですが、使っている方によって違いが生じてしまうことを防ぐため、ご当地バベルのノートを参考にして記述してください。

  • 以下は、本バベルの起案者であり、依頼者でもあるTriLateralさんの、「地図バベル」のレベルに関するご意見を転載。
  • 旅行ならばリピーターか一回きりかで差がでるでしょうし、住んでいたといっても「育った」=出生地と同等なのか短期間住んでいたのか、あるいは成人してから住んでいたのかで違いがあると思います。とりあえず2と3の中間ランクを設け、場合によっては0.5刻みで微調整する、でもいいかな、と思います。
    • 完全生え抜き=無印
    • 現在居住中=無印または5
    • 出生地で記憶がありかつ血縁あり=5
    • 出生地ではないが実質的な出身地=4〜5
    • 出生地で記憶または血縁の一方のみ=3〜4
    • 出生地だが生まれただけで縁が薄い=1〜2
    • 長く住んでいた=4
    • それなりに住んでいた=3
    • 短期間住んでいた=2
    • 恒例のリピーター=4
    • それなりにリピーター=3
    • 一回きり=2
    • 通過=1
    • 全く無関係=0

御意見欄

  • ご意見・ご要望などはこちらで。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク