タンマ君

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

タンマ君の噂

  1. 1968年から週刊文春で連載しており、今やロングセラーの部類に当たる。
    • ロングセラーでありながらメディアミックスには消極的。
      • 作者がメディアミックスに消極的だから。メディアミックスされたのは「サラリーマン専科」が映画化されたことくらい。
    • 単行本も文庫と電子書籍でしか出回っていない。
  2. 連載初期は「たんま君」で8コマ構成だった。
    • 後に13コマ体制に変化し、現在に至っている。
      • オチの1コマが大きいのは東海林さだお作品特有のもの。
  3. 長期連載でありながらつい最近までWikipediaにはページがなかった。
    • 最近になってページができたが、登場人物等は全く説明されていない。
  4. 主人公の本名は丹間一郎。
  5. 主人公は永遠の平社員。
    • 給与は安く、節約生活を強いられている。
      • 100円ショップの商品を愛用したりインスタントラーメンは最後まで使い切ったりする。
    • その割にはボーナスを多くもらっている。
    • 年齢については明らかにされていないが、一応青年。
      • 流石に歳をとることはないが、時代の変化は反映されている。
        • 喫煙については以前は行っており、時には独断で職場を禁煙にしてタバコをもらうエピソードがあった。
          • 最近では受動喫煙を受ける立場にもなっている。
  6. 主人公は生涯独身であるが、親しい彼女はいない。
    • お見合いはしたことがある。
  7. 主人公は他の作品に使いまわされることもある。
    • アサッテ君とは髪型が異なるだけ。
  8. レギュラー格の脇役は他の東海林さだお作品と共有しているものが多い。
    • メガネをかけた七三分けの男性とか。
  9. パンツに派閥がない。
    • ブリーフが登場する回とトランクスが登場する回がある。
  10. 課長は主人公にとって嫌味を発したり恫喝するなど、恐れ多い存在であるが、実は小心者。
    • OLが淹れたお茶に異物が混入していないか心配してしまうほど。
    • 「包丁を買いに行く」と言われただけで×××したこともある。
    • 叱責された腹いせに香水をかけられただけで奥さんに浮気を疑われ、DVを受けたこともある。
  11. 濁音まじりのカタカナ語を使うこともある。
    • 地方出身者なのか?

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク