ソフトバンクグループ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

事業別

ソフトバンクグループの噂

実質本社の入る東京汐留ビルディング
  1. なんでも一番が好き。
    • トラブルも好き。
      • 「ハマムラさんだと?クソフトバンクの犬のクソッタレが!」by目黒区のキレる日本文化オタク
    • 「売上高世界一」を目指してたりw
  2. 球団を保有している。
    • 同じIT系企業であるここがその関係でライバルとなった。
    • その企業とは、ソフトバンク系列のYahoo!が展開する通販事業でも競合。
  3. 受付嬢まで正社員。
    • しかも全員2005年期の新卒採用
  4. 孫正義専用エレベータが存在するらしい
  5. 〓SoftBank
  6. 柔らかい銀行
    • 中国語では「軟体銀行」と書くらしい。(ちなみに中国語で軟体はソフトウェアのこと)
    • ソフトウェアって、「軟体着物」じゃないの?
      • 着物はwearだ。wareは製品のこと。
    • 因みにクレディセゾンとソフトバンクモバイルの提携で出来たクレジットカードに「Softbankカード」ってのがあるが、ソフトバンクの知名度がなさそうな外国でこれをつかったら勘違いされそう。
  7. 日本テレコム・ボーダフォンを買収した。
    • 予想外の動き。
      • 想定外と言わなかったのは(以下略)
    • ライバルが楽天からNTTKDDIに変わった。
      • 変わったというより「加わった」の方が正確?
  8. 新事業を始めるときの一番最初の宣伝手法が、他社ともめたり裁判したりして世間から注目されること。
    • 他社ともめたり、裁判を起こすのはいけないことでしょうか?(bySB的手法のファン)
  9. 勝ち目の無い携帯事業に手を出した為、ソフトバンクの株価が低迷している。
    • 「勝ち目無い」・・・ですか?フ~ン(鼻笑)
      • 携帯市場が飽和状態で業績が低迷して設備投資もできないでいる。2兆円で買収する価値が果たしてあったのかどうか。
      • その後、資金力を武器にウィルコムとイーモバイルまで買収することになった。
        • お陰で犬猿の仲だったウィルコムとイーモバイルがソフトバンクモバイルを軸に協調策をとりはじめた。
        • 白戸家、ホワイトプランを揶揄するCMをウィルコム・イーモバイルが流していた2008年頃からすると信じられない流れ。
    • 2013年に2006年の株価を回復した。日経平均、TOPIXもまだ2006年の水準には戻っていない。
      • 2013年4月のシェアは24.7%。2006年、ボーダフォン当時は16%。iPhoneを導入したauに肉薄するまで契約を伸ばした。
        • 更に経営破綻して傘下においたウィルコムも、過去最高契約数を達成している。
  10. 予想ガイです
  11. 今夏から名探偵コナンのスポンサーになった。
  12. あまり知られていないが、本業は卸問屋
    • 日本のパッケージソフトの流通網を整備したのはソフトバンク。
    • 現在も卸の事業はソフトバンクコマース&サービスとして存続している。
    • 「卸事業を通してソフトウェアの銀行のような役割を果たしたい」と言う理由から「ソフトバンク」という社名になったそうだ。
  13. 最近、JR某日本のCMをパクった。
    • ちなみにソフトバンクモバイルは元々JR系列だったらしい。
  14. 金融危機の煽りを食って株価が暴落している。
  15. 以前グループ内に先物会社があった。
  16. 昔はスルガ銀行に支店があった。
    • その名前をネットバンキング支店に改称する前に、それを運営するSBIはソフトバンクから離脱していた。
    • 「スルガ銀行(バンク)ソフトバンク支店」ってのも、よく考えれば奇妙な名称(上述理由)。
      • イーバンク銀行・シティバンク銀行などが出来た今日では深く考えない方がいいかもしれない。
  17. グループ構成が特定分野に偏っているところを見るとIT業界の京成電鉄といえる。

ソフトバンクテレコムの噂

  1. 買収後、影が薄くなった。
    • じきに、ISP事業をソフトバンクBBに譲渡したうえでソフトバンクモバイルに吸収合併されたりして。
    • CMも一切なくなった。タモリとかが出ていたのも今は昔。
  2. 一般電話、携帯電話から頭に「0063」をつけると通話料が安くなるサービスがある(申込必要)。これで稼ごうと考えているが、一般にはあまり知られていない。
  3. 一番最初は国内電話(0088)だけだったのに、紆余曲折あって国際電話のITJ(0041)とIDC(0061)も抱え込んでいる。
    • ITJとIDCはもともと「第二KDD構想」のときに揉めた結果、音声(ITJ)とデータ(IDC)に分かれてサービスを開始した国際電話会社の異母兄弟
    • どうやら0061に統一されるようです。
      • 国内は「0088」に、国際は「0061」に、それぞれ集約されました(既存ユーザーは変更なし)
  4. 破綻した平成電電の「CHOKKA」に対抗して「おとくライン」を開始して揉めた。でも破綻後「CHOKKA」などを引き受けた。
    • 名前に反して、KDDIの「メタルプラス」はおろか、NTTコムの「プラチナライン」よりもお得感がない。新規でISDN回線を引きたい人には検討の余地があるかも(メタルプラスはISDN非対応)
    • 実はサービス開始前後にYahoo!BBと同様に事務処理が破綻していた模様
  5. 公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」では、NTTドコモとNTTコミュニケーションズのそれぞれとローミング提携をしている
    • 決定的に何かが間違っている気がする…
  6. 比較的老舗のプロバイダ「ODN」を運営し、日本のインターネット黎明期は高評価だったが、最近は微妙。
    • 親会社が自前回線で全国展開したがっているが、Yahoo!BBではとてもじゃないが全国をカバーし切れてないのでODNを存続させてフレッツやイー・アクセスと手を組まなければならないジレンマ。
      • かつてJ-DSLという独自ADSL網を持っていたけど、2年弱で設備をeAに売却した過去があって、それがまだ関係として残っているだけかと
        • 正直、eAのエリアって、YBBはおろかBフレッツよりもずっと狭いし、今後のエリア展開も期待できない
    • ODNよりもさらに歴史がある、AT&T WorldNetの系譜を持つJENS SpinNetもあるが、こちらはさらにマイナー…
  7. それでも経営の問題が出ないのは、JRグループ内の通信網事業(鉄道電話)という超安定事業を持っているため。
    • というかここまでかつての鉄道通信の噂が出てこないなんて・・・。
  8. ソフトバンク労働組合がNTTやKDDIが加盟する情報労連ではなくJR総連に加盟しているのはこの会社のせい。

アイティメディアの噂

  1. 旧ZDNet Japan。提携解消後にITmediaに名称変更。
  2. 一時期はガンダムネタが氾濫していたが、ガンダムオタの社員が退職してからは少しだけ大人しくなった。
  3. IT戦士」岡田有花さんが在籍している。
    • 退職しました。
  4. 親会社の社長に取材拒否されている。

ソフトバンクBBの噂

  1. Yahoo!BB(ADSL)開始当時のネガティブなイメージはいまだにつきまとっている。
    • おとくライン開始当時にも同じことをやらかしてしまった。
  2. BBフォンも開始当時のネガティブなイメージから抜けられないが、他社回線/ISPのユーザーも利用可能なこんなサービスも提供している。
  3. 実はADSLだけでなく光ファイバーも提供しているが、提供地域・価格・知名度ともに他社、とくにKDDIの足元にも及んでいない。

ガンホーの噂

  1. パズドラの会社。
  2. パズドラしかない。
    • ラグナロクオンラインの運営もやっているのだが、パズドラで莫大に儲けてしまったために「パズドラしかない」と思われている。
  3. 買収大好きソフトバンクでは珍しく買収して傘下に収めた企業じゃない。
    • ネットオークションで立ち上げた新規事業だったのだが、それが全然ダメで韓国のラグナロクオンラインの運営権で一時代を築き上げたのが全ての始まり。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク