センチメンタルグラフティファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 経済力・行動力以上に、「語尾に『りゅん』を付けられても耐えられる能力」が要求される。
    • 他作品の語尾キャラを見てももはや怖気づかないどころか、「りゅん」を超える萌え語尾はないと確信する。
    • そのうち真似して自分も「りゅん、りゅん」言うようになる。キモいとか言ってはいけない。
  2. 水曜どうでしょう『サイコロ』シリーズ」を実践できそうな人々。
  3. 「2」は黒歴史。
    • そもそも「1」が黒歴史?
      • 発売された後が黒歴史(爆)。
  4. オープニングのムービーを「暗黒太極拳」「死霊の盆踊り」と言われると否定はしないが無言になる。
    • 実に前衛的じゃないか、と無理やり納得している。
    • ノートで暗黒太極拳をご堪能ください(爆)。
  5. 「前田亜季の姉の」前田愛と、「語尾に『りゅん』を付ける」前田愛の区別に苦慮する。
    • もはや「声優の」では区別不能。
    • 大丈夫、梨園の関係者か否かで判別してくださいw
  6. 「1」と「2」で声優が変わったキャラがいるが、ネタにするか火種にするかはコミュニティによっていろいろ。
  7. 最近今野宏美が好調でちょっとうれしい。
    • やっぱりこっち関係で?
    • あと『ゲゲゲの鬼太郎』(第5期)で、猫娘とろくろ首の2ショットには不覚にも萌えた。
    • これもあり。
  8. 札幌青森仙台横浜金沢名古屋京都大阪広島高松福岡長崎の名所にやたらと詳しい。
    • 特に青森と高松は(失礼ながら)「観光都市」ってイメージもあまりないし・・・
      • 津軽海峡冬景色と恐るべきさぬきうどん…あ、やっぱり微妙だ。
  9. 某アニメで某キャラがババア呼ばわりされていることについては、心中穏やかではない(?)
  10. ゲームの出来は散々だったが、アニメの出来がよかったので、それが心の支えになっている。
    • いきなりロボットアニメにされるよりは…。
    • ただ、相違点も多い(夏穂の家が経営するお好み焼き屋の店名とか)。
  11. シスプリについては「やっちゃったのね…」と思ったが、「12人の妹」というコンセプトに食傷気味になった。
  12. 『センチメンタルジャーニー』といっても、決してヒロミ夫人のデビュー曲ではない。
  13. 「正しくは『センチメンタルグラフティ』じゃないの?」というツッコミは禁句。
  14. 「1」本編の発売前までが一番盛り上がってたのも禁句。
    • 中心のないメディアミックス。本体の無い幻影に一喜一憂していた、或る意味時代の象徴。
  15. 3月になると、「あなたに、会いたい…」と書かれた無記名の手紙が来ることを待ち望んでいる。
  16. 決して「セングラ」とは略さない。
    • ファンは「センチ」、アンチは「チングラ」「チンテイ」あたり。
  17. P17nの原画家を敵視している。
  18. こいつらが出てきたときはどうなるかと思ったが、放送終了後にこいつらが騒いでいただけだったと気付いてとりあえず一安心した。
  19. 「ゆめりあ」についてはツッコミどころが多過ぎるが語りづらい側面もある。
    • とくにモネ。キャラクター設定はどう見ても…意識しすぎです、はい。
      • しかも中の人は「2」の安達妙子と同じ。
    • そのうえ沢渡ほのかの中の人も出ている。
  20. 12年目にしてまさかのPS3/PSP移植に大歓喜。さすがにエクストリームなプレイをする猛者はもういないだろうけど…。
    • 12股のことですね、分かります。
      • 日数の余裕がほぼ全くない、アポ無しで会いに行って偶然会うまでセーブロード繰り返し、鉢合わせイベントは爆弾処理のためにある、といった当にせつなさ炸裂なプレイが求められる。

関連項目

トークに、センチメンタルグラフティファンに関連する動画があります。

スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク